FC2ブログ


がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシーやC56に乗るがく




SKYBIO-D および SKYBIO-D-GEN に関して




SKYBIO-D
総排気量    176mL
連続定格出力   2.2kW/1800min-1[3.0PS/1800rpm]
最大出力    2.6kW/1800min-1[3.5PS/1800rpm]
燃料       JIS2号軽油・天ぷら油・等
型式       空冷4サイクル単気筒直噴ディーゼルエンジン L35
おおもとの製造者     ヤンマーディーゼル
タンボにてSKYBIO-D バイオディーゼル発電機、試運転中
SKYBIO-D-GEN
最大発電容量      0.98kVA
発電機         マツダ純正 サバンナRX-7 後期用オルタネータ N370 18 300B
プーリー比       約2.5:1

以上。

なんのこっちゃな日記ですが、これが、現在自分がいそいそ造っている、
自作?バイオディーゼル発電機。
軽油で動くのはもちろんの事、使用済み天ぷら油であるWVO、未使用天ぷら油であるSVO、
バイオディーゼル燃料のBDF、はたまたピーナツオイルやココナツオイル、菜種油など、
植物由来の油で運転する事が出来るディーゼルエンジン、およびそれを使用した発電機です。
天ぷら油で運転すればてんぷら臭の排気ガスを排出します。


使用済み天ぷら油で運転している所。


未使用天ぷら油で発電し、電動車を動かしている所。


発電機開発?風景および、実使用状態の燃料消費を計測する所。
久しぶりに、溶接
エンジンおよびオルタネータが載るシャーシを溶接している所。

日本初?5インチゲージの電気式ジーセル機関車・ディーゼルハイブリッドの動く所。

Posted by 清水 岳人 on 2015年9月26日

この発電機を使用し電動車をレールの上で動かしている所。

移動している距離が短いんじゃないか?という声を頂いたので、少し軌道を伸ばしてみました。発進時若干エンジン回転が下がるのが、オルタネータの負荷だと思います。

Posted by 清水 岳人 on 2015年9月26日


以上、簡単なまとめでした。
  1. 2015/10/09(金) 04:04:04 -
  2. 工作・機械遊び -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



稲刈が出来ないのでディーゼルハイブリッド




今朝も雨が降り、稲刈りどころではないので、新築の家の打合せをしたりしつつ、
移動距離が短いんじゃないか??というありがたい声を聴いてしまったので、
軌道を少しのばして。

移動している距離が短いんじゃないか?という声を頂いたので、少し軌道を伸ばしてみました。発進時若干エンジン回転が下がるのが、オルタネータの負荷だと思います。

Posted by 清水 岳人 on 2015年9月26日


テスト

Posted by 清水 岳人 on 2015年3月8日

これは、この電動車部分を24Vで駆動した際。
八王子のレイアウトにて。
パワフルですねぇ。
こんぐらい出来る電動車ですから速度を絞ってつかったら....


日本初?5インチゲージの電気式ジーセル機関車・ディーゼルハイブリッドの動く所。

Posted by 清水 岳人 on 2015年9月26日

これは昨日の。

ディーゼルハイブリッドの動く所
2タンクにして、冬の始動性向上を狙って、軽油と天ぷら油が切り換えられるようにする、
機構のテストもしてみました。
ディーゼルハイブリッドの様子
バッチリ。
ジーゼルハイブリッド の様子
あとはグチャグチャの配線をまともにする。
それが今度の目標です。
  1. 2015/09/27(日) 16:11:07 -
  2. 工作・機械遊び -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



電気式ジーセル機関車・ディーゼルハイブリッド・スカイアクティブロコモーティブのプロト




題名を読んで嫌な予感がした方は、良い感をしていらっしゃいます。
今回はゲテモノ工作です。

本当は、もう稲刈りの時期なんですが、朝まで雨が降ってぐちゃぐちゃで出来ないので、
朝一で子供とドライブして、そしてカミさんと子供とドライブしつつ、空いた時間で、
ゴソゴソゴソ。
買い込んでいたLアングルやフラットバーを高速切断機で切って、
溶接して、
久しぶりに、溶接

日本初?5インチゲージの電気式ジーセル機関車・ディーゼルハイブリッドもしかしてスカイアクティブ?
夕方、こんなものが出来ました。
今は配線ぐちゃぐちゃですが、今後スマートになるはずです。

日本初?5インチゲージの電気式ジーセル機関車・ディーゼルハイブリッドの動く所。

Posted by 清水 岳人 on 2015年9月26日

多分、日本初だと思われる?5インチゲージの電気式ジーセル機関車、
ディーゼルハイブリッドカー、ワルノリするとスカイアクティブディーゼルハイブリッドロコモーティブの、
プロトカーの原型が出来ました。


今後、

軽油と天ぷら油のタンクがきれいに載る予定です。今後予定されているイベントで天ぷら油による完熟走行をしたのち、
イルミネーション電飾ミニトレイン '13
走り込みが順調に進めば年末の夜間電飾走行・イルミネーショントレインのエコ?給電車にするつもりです。
難点は、胸焼けしそうになるのと、爆音です。
利点は、もしも東京が大地震に襲われても、天ぷら油や廃油などをかき集めて、
濾紙で濾すだけで、960W、AC100Vで9A前後は供給できる発電機にも、
なる、ということ?

将来的には有蓋車チックにしてごまかすつもり。
冬には、電動機関車部分を造り変えてはみ出ないようにするつもり。
そんなこんなな今日の空き時間でした。
  1. 2015/09/26(土) 17:33:49 -
  2. 工作・機械遊び -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



陣笠にたなびく煙[娘が1歳になる]




陣傘より漂う煙
最近朝が寒い!ので前の休みの朝に薪ストーブの煙突の組み立てて、
先端には、東洋アルチタイトさんの陣傘をつけてみました。
陣傘に漂う煙、うーん郷愁だ。
自作兄さん、これは便所の臭突じゃないですよ。

現代風 男の隠れ家 ヒノモトロータリーべース・日野十日町機関区現業部にて薪ストーブで料理をしながら
本格的な冬になったら何かを煮ながら、
C56 129 ミニSL ライブスチームと薪ストーブとガレージ ここで機関車の整備をします
今年の冬は、ガレージの中で汽車を磨いたり、汽車や発動機の部品を造ったり、
そんな事をしながら外ではどんな煙を見せてくれるか、楽しみです。
陣傘より流れる煙

DSC04229va.jpg
去年生まれた娘、最近は、
よく歩きクルマを見たらブーブ、犬にあったらワンワン、マンマ、ママ、パパと言葉を発し、
いないいないバーをしてみたり手をたたいたり、気にいらない事があるとちょっと怒ってみたり、
その小さなおっぱいを撫でてはおっぱいをねだったりとだいぶ人間らしくなりました。
今の所、
ルーチェのコックピットを覗き込む子供
クルマ・ロータリー車と
一升瓶と娘
酒は大好きになりそうな予感がします。
先週末は名古屋からマツダCX-5に乗って義親さんも来てくれて祝いでした。
さてどんな子になるか??
たのしみにしてるぞぉ~
DSC04228va.jpg
  1. 2015/09/18(金) 03:38:30 -
  2. 工作・機械遊び -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



天ぷら油小型空冷ディーゼル発電機の燃料消費量を調べる




日々、いろんな事にてを出しては失敗したり成功したり。
最近は、家を建てる準備・打ち合わせや見学の週末ですが、
時間を見つけては、グフフ。
昨日は16時から17時くらいまで、天ぷら油で動く小型空冷ディーゼル発電機の燃料消費量を調べて見ました。

今回はWVOではなく、SVO/ストレート・ベジタブル・オイルです。
負荷は、充電が必要なバッテリに繋ぎました。
計画中の電気式ディーゼル機関車は、起動時や負荷変動の事を考えると、
エンジン回転数を上下させるより、バッテリを介しておいた方が楽そうだ、という事で、
結局バッテリも乗せようか??と思っています。
純然たるバッテリーカーの場合は、一日動かすと電源をもちいて充電しなければいけませんが、
小型ディーゼルを載せておくと、家での充電がいらず、という利点があるはず。
ただしそのための労力は家で充電する数倍以上。
C56とヤンマーL35
蒸機乗りなので、結局手間を楽しんでいるのかもしれません。
C56も次の仕業があるので磨いたり。
動画に詳しく出しましたが、
2分で5mL程度ということは毎時150mL程度だということがわかりました。

天ぷら油ディーゼル発電機、発電の様子
鉄でしっかり台を造りベルト圧が一定になると、
もう少し燃料を喰うかもしれませんが、
エンジンが700rpm程度でオルタネータは約1500rpm程度。
ICレギュレータがフル発電指令を出すと10~20A程度発電する状態で試験してみました。

そんなこんなな、土曜の夕方と日曜の朝でした。
  1. 2015/08/30(日) 09:32:29 -
  2. 工作・機械遊び -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



ヤンマーの造った小型汎用ディーゼルエンジンを天ぷら油で




今はもう見かけることのない、ヤンマーの詩。ヤン坊 マー坊かぁいいねぇ。
地方のラジオなんかではまだやっている所もあるかもですが、
大きな物から小さなものまでヤンマーディーゼル、とあれは記憶に残る唄でした。

ヤンマーはロータリーエンジンをやっていた会社でもあります。
はくろう病対策のロータリーチェーンソーや、
船の船外機など。船外機のCMには、吉幾三が起用有されていたとか。

我が家は戦前よりクボタが多かったですが、
久保田F型、雨でも回ります
時たまヤンマーが転がり込んできたことはありました。
小3の頃から大学に入るころまであった中古のハーベスタもヤンマーでした。
貰ってきたヤンマーの脱穀機
画像は去年、仲介みたいな感じだったハーベスタ

でもこれからは、しばらくヤンマーにもお世話になりそうです。
農業ではなく.......道楽で。

巷ではエコだなんだという事で廃天ぷら油で動くディーゼルがあります。
それをミニSLにも使えないか???
とひらめいてしまいました。
きっかけは府中。
バイク屋のお兄さんがいらっしゃってエンジンで動くのいいジャン!!って話になっていた所、
福知山の花火の一件以降、ガソリン発電機をはじめ、ガソリンエンジンは締め出しをくらいはじめている、
という話になっていった訳ですが、
「あれ??ヤンマーにあったよな??ちっさいの」
という事で早速ヤフオクで買ってしまいました。
最近はちいさな汽車に熱中する一方ですが、俺は内燃機関・エンジンが好きなんだぁ~
そんなこともディーゼルでなんとかしてみよう、と思った一因です。

L35が'83年登場時に世界最小汎用空冷ディーゼルエンジンで、L40~70とか10刻みで設定されていて、
100迄であったのか??今は70と100が生産されています。
ヤンマーL35 超小型汎用ディーゼルエンジン
L35は排気量176mLの小さなディーゼル。
ヤンマーL35_出力軸側
L35は出力をギアで1/2にしているので最高回転は1800rpm。
ギアで1/2に減速しているってことは、トルクはほぼ倍、あるってことだ。
肝心の数値はよくわかってないですがトルクの塊ディーゼル、
1/2減速ってことは、きっとトルクの塊だぁ。
大体3馬力のエンジンです。
ヤンマーL35 排気側
このエンジンはアイドルから最高回転数が1800rpm程度ということは、
有用な回転域幅が狭いわけで、レシオカバレッジを拡大して起動・加速用・巡航用と、
ギアやベルト掛けで減速しようとすると、段数が多くなってしまいそうなので、
ヤンマーL35 燃料ポンプ側
オルタネータとVベルトで繫ぎ、電気を造って、その電気でモータを廻そう、とお盆の十日町で閃いてしまった訳です。
祖父のお蔭か???我ながら面白い事を考え付いてしまった、と思いました。
ウハウハしながら打ち明けたら、カミさんは呆れ顔です。
こら凄いもんを造らにゃ、半殺しだという事で、昨日は家を建てる相談を建築会社さんに行ったりしたのですが、
いろんな間の時間を縫って......

滴る天ぷら油
濾紙を透過して滴る使用済み天ぷら油。
それでエンジンを廻します。
天ぷら油で動くディーゼルエンジン。WVOディーゼルです。
俗にいうバイオディーゼルです。カーボンオフセットで二酸化炭素がどうのこうの、です。
案外簡単に回ります。
エンジンが暖まっていれば、天ぷら油での始動も楽々でした。


ヤンマーL35とFC3S・サバンナRX-7から外したオルタネータをこんな感じで
こんな感じにすれば発電ユニットになります。
オルタネータの方はサバンナRX-7から外した公称DC12V-80A発電するオルタ。

超小型ディーゼルでつくる発電ユニットのテストベンチ
ということで、こんな感じでテストベンチを造って、
ディーゼルじゃなくてロータリーでもいいかもね。
しかしまぁこのエンジン、本当に燃料喰わないです。
アイドルだと10mLで15~20分くらい廻るんじゃないでしょうか??

小型ディーゼル発電ユニットと5インチゲージの電装走行ユニット
発電した電力でモータを。
おぉーまわったまわった。
小型ディーゼル発電ユニットです。
公称値通りに計算すれば約1000W発電するので、非常時にはAC100Vを約10A近く取り出せる電源にもなります。
それが軽油でも廃天ぷら油でもいい。なんだか楽しいです。
なのでチャッチャと造って5インチゲージ・ミニSLの電動ユニットを動かしてみました。
オルタネータはマツダのサバンナRX-7から外したものです。

ディーゼルでもリコイルでかかっちゃうもんなんですね。
かからないとデコンプ効かせた状態で何度も引くので肩パンパン。
騒音と振動は二工夫位くらいすればなんとかなりそうです。
L35のフライホイール やっぱりセルモータが噛むギアは無いよね
グローなんかはないエンジンですから、こら冬大変だ、
ということで上位機種にはついてるらしいセルモータがつけられるかどうか、
みてみました。
フライホイールはプレーンな鉄の塊でした。
セルをつけるにはフライホイールも変更しなきゃいけないみたい。

ディーゼルシリーズハイブリッド・電気式ディーゼル機関車の構想ポンチ図
天ぷら油ディーゼル・WVO[Waste Vegetable Oil] ディーゼルカーの走り回る姿が脳内に浮かんだひと時でした。

日野スポーツ公園内でのフォルテ
以前、十日町で数度の本務機を務めた頃のおちびさんを、
いろんなチューニング遊びをした後、
その総称としてスカイアクティブライブスチームなんて、
訳のわからないことを言ってましたが、
今度は、スカイアクティブバイオディーゼルハイブリッド、
という訳のわからないことをまた言いそうです。

白馬はエンジン音の問題でだめだと思うんですが、
OS関東とかでも音がうるさい!!!と嫌われないように、
サブマフラの事を考えたり、しばらく楽しめそうです。

L35 天ぷら油で運転中
何はともあれ、小さなディーゼル、最高です。
今週も良い週末でした。
  1. 2015/08/23(日) 18:41:04 -
  2. 工作・機械遊び -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ



回転半径が直径1.5mと小さくおそーいトロッコチビ新幹線を造ってみるが失敗する




この話は、今年の1月に動き出していた話です。
2.3平米のミニ鉄道、いよいよ準備開始
2.3平米のミニ鉄道。
走る車両は新幹線がいい、と依頼主さんがおっしゃっていたので、
(依頼主さんはカミさんでもジイジィバァバァでは無く、我が子用ではありません。)

部品自体は、冬の間に加工し終えていたので、ようやく組立してみました。
一応走ることは走る、世界一回転半径が小さく(直径1.5m)世界一遅いトロッコチビ新幹線
一応、走ることは走るのですが、
子供の体では車輪が粘着しないで空転してしまいまともに走らない....
4WD/AWDなら走るんですが、チビ新幹線
総輪駆動・AWD-4WDだったら、満足に走ってくれるので、
ちょっと考え方を替えて出直すことにしました。
電動も奥が深いなぁ。

高幡のお山の紫陽花とファミリアバン
今朝は近所の古刹、高幡不動は紫陽花が咲き出したので
6月の高幡不動
俺みたいに朝5時には起きてしまう娘を連れて散策に行きました。
紫陽花と親子
紫陽花、きれいです。
高幡不動の紫陽花

うへ?
チビ新幹線の失敗を癒すためにまた明日も行こう、そんな土曜日でした。
  1. 2015/06/13(土) 17:32:54 -
  2. 工作・機械遊び -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



タテヤTL-550SでSK材を削ってみる




5月に我がガレージ工房、すなわち、
ヒノモトロータリーベース兼、日野十日町機関区という、
発展途上の男の隠れ家ガレージにやってきた、
小型汎用旋盤タテヤTL-550Sで
タイタンと旋盤 新緑のなかで
鉄を削ってみました。
SK材・機械構造用炭素鋼で新しく準備するおもちゃの、
駆動軸を削ってみました。

既に1月には、前からあった小さな旋盤で造った部品はあるんですが、
2.3平米のミニ鉄道用の車輪と動力
せっかくなので、もう一度、という事で。
やっぱり良いなぁ。ちゃんとした旋盤。
OKK-RAMO で突っ切り
タキセ製作所のOKK-RAMOちゃんほどのあれは無いけれど、
良いなぁ。
ハンドルの感触がまんず、いいです。
任意の場所に動かせる、
タテヤ 主軸 回転中
キリコミダイヤルやタテオクリダイヤルを任意の基準位置に合わせて、
するする回るハンドルを回して、
はたまた自動送りをかけて表面をきれいに仕上げて。
良いなぁ。こりゃ一生の相棒だ。
当分はワシノがほしいとか言い出しませんので安心してください。
カミさんと義親様。

SK材を切削中
鋼用の超硬バイトをつけて、するするー。
センタドリルでセンタリング
センタドリルでセンタ穴をあけて、
SK材をドリルで穴開け中
ドリルで、するする。
突っ切りバイトで鉄の棒を切断中
突っ切りバイトで棒を切断もするする、
SK材を使って、ドライブシャフト切削中
切子の生産は、楽しい。良いねぇ。

高校の頃、学校で実習で使っていたワシノや、
会社で試作品造りの補助に使うダイワは一旦、モータを停止してギアチェンジする、
ギアボックスが付いていました。
モータ・主軸回転中にギアを替えようのもなら、
ガリガリとそれはそれは盛大な音を....やっちゃいけない事です。
ギアスライド式のギアボックスや、
ベルトかけ替え式の旋盤に触れあっていた身からすると....
DSC03241va.jpg
タテヤのTL-550・800はノンストップ変速機って面白い。
本体には販売 株式会社ヤマモト 製造 サン精機株式会社
SHM-02-4型変速機と書かれています。
調べてみたらもうこの会社では作ってないみたい。
このミッション、モータを回転させたまま、ゴンゴンとギアが変わります。
クルマでいえば、シーケンシャル、ドグミッションみたい。
2馬力とかの出力のモータを相手にしている旋盤なので、
これでいいのかもしれません。
農機具なんかもベルトクラッチ+スライドギアをつかっていた、
昔の機構ではなくなっているみたいです。
比較的最近のマシンである我が家の田植機・稲刈機も、クラッチをきることなく、
ドコンとギア鳴りなしでクラッチを切ることなく変速できるので、
適材適所、という事でしょうか?
前造った、ドライブシャフトと今回作ったドライブシャフト
さて、そんな旋盤を用いながら、何を造っているのかというと、出来上がったシャフトを使うのは、
700系と娘
娘用の
700系、ライトが光ります
おもちゃではありません。
700系に跨った娘
立派な5インチゲージじゃなくて良いから、
超簡単に移動できる軽便5インチゲージがほしい、というお方がいらっしゃいまして、
それ用の5インチゲージ造りです。

ヒノモトロータリーベース・日野十日町機関区にて、700系改修
ボディは立体3Dな700系。
N700系
N700もいいんですが、自分の感性でいうと、
N700ってかっこよくない。
0系、新横浜駅に停車中
0系、
グランドヒカリ V編成 100系と新横浜駅
100系、それから
200、400、
500系
500系あたり譲ってE2まで、
がかっこいいと思える世代なので、あえて少し前の
700系新幹線
700系を
700系
ベースに。
新緑を眺める作業場にて700系改造中
子供相手なら対応できる超低速走行用のユニットを入れて、
というマシンを造りました。
レールはたたき売られていたR0.75のレールでも曲がれるように車体側をイジイジ。
日本一遅い軽便トロッコ新幹線を造るつもりです。

話を旋盤の方に戻すと、
この旋盤はいま東芝のVF-nC3という簡単お手軽インバータで駆動していまして、
取説には、ノイズ対策を必要に応じて行う事と書かれていました。
裸の状態だとラジオにノイズがうっすら乗るかな??
ヒノモトロータリーベース・日野十日町機関区の旋盤作業場
という感じでしたが、5年前くらいに勤めている会社が廃棄した物を、
貰ってきておいた、ぱくって来た訳でなないですよ、
な日東工業のRA20-64制御盤キャビネットにインバータを入れたら、
ラジオを聞く限りノイズさんさよおならぁ~
会社が5年前位に捨てた日東の配電盤にブレーカーとインバータを入れて。残るスペースは壁掛けキャビネット??
だったので、とりあえずこれでいいかな??
ひろびろした空いたスペースは、物入れとしてしまおうか。
盤内の温度は底面と背面に換気孔をあけ、自然対流通風で、
インバータの200V三相出力電流で4A程度でも外気温のプラス3~5℃なので、
温度の方もOKそう。

制御盤の中に入れると、インバータの制御は外部から行う必要が出てくるので、
ワイヤードリモコンも作ってみました。
旋盤を動かすためのインバータにつなげた有線リーモートコントロール・ワイヤードリモコン
 NKKの画像表示ISスイッチを仕込んだリモコン、なんてのも面白そうなのですが、
古風な旋盤に合わせて、簡単なスイッチとボリュームを使っての有線リモートコントロールにしました。
ボリュームのつまみは無段階回転調整用のつまみ。
出力0Hzから60Hzまで、任意の周波数を設定できます。
スイッチのノブは左から運転スタンバイ、周波数指令1、周波数指令2、仕様準備工事済の空きスイッチ。
周波数指令1,2を使うと
周波数指令1,2共にオフはボリュームの指示する運転周波数で運転、
周波数指令1オン・周波数指令2オフで、67Hz
周波数指令1オフ・周波数指令2オンで、72Hz
周波数指令1オン・周波数指令2オンで、75HZ
で出力、という風に調整してみました。
VF-nC3 周波数画面

6Pモータに変更したので75Hzの出力で大体4Pモータの50Hz運転状態になるはず、
という事です。
東芝インバータVF-nC3、電流画面
さて、次の週末は各部品を700系に実装してみましょう。
  1. 2015/06/10(水) 05:23:34 -
  2. 工作・機械遊び -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ



タテヤTL-550S/G・800S/G 取扱説明書




程度の良さそうな個体が安く出てくると、さーっと売れてしまう、汎用旋盤。
タテヤの旋盤もこの一年くらいのヤフオクとか中古機械屋さんの事を、
みていたら、そんな感じを受けてました。
プロが使うにはちょっよ不足な部分があるんじゃなかろうか?とも思います。
台湾製の物も使われている方はたくさんいらっしゃるようですが、
古い汎用旋盤でもまだまだ強力な相棒になりそうだなと思ってます。

幸い、自分の手に入れた個体には、取扱説明書がありました。
自分の忘備録を兼ねてアップします。
後程出てきますが、取扱説明書と、自分も高校の頃ならったことのある事や、
[自分は総合学科の工業メインで高校生活を過ごしました]
バイトの研ぎ方など、教科書的な記述もあり、たぶん、趣味で手に入れて、
取説がない人なら喜ぶような内容なのではないかと思い、
アップする次第です。

実は株式会社エツキさんに、欲しい部品の供給、
面板なんですがそれを依頼しまして、
来週にはその部品が届きます。
担当になった方とやりとりをする中で、
快く対応いただきました。が
TL-550に関しては今造ってないので.....。
TL-500だったら、スムーズに部品を出せるんだけど、550に関しては、
部品を送ってもらって、見極めてから....
という事でした。
そんな機種で部品番号XXXXをY個、下さいなんて言われたら、
人のよさそうな担当様が困ってしまうのが脳内に浮かんできたので、
あえて、員数とか部品名称はぼかしを入れることにしました。

趣味ベースでこの機械を使っている方々は結構いらっしゃると思います。
「おい、なんでぼかし入れてんだ??使えねぇなぁ」という方は、
メアドを書いてコメント下さい。たぶんPDFが。。。。が、ゴニョゴニョゴニョ
[追記 17年1月現在、ファイル破損によりゴニョゴニョできなくなっております。復旧中]


タテヤ_TL_表紙a
タテヤ_TL_目次a


タテヤTLP1

タテヤTL_P2-3

タテヤTL_P4-5

タテヤTL_P6-7

タテヤTL_P8-9

タテヤTL_P10-11

タテヤTL_P12-13

タテヤTL_P14-15

タテヤTL_P16-17

タテヤTL_P18-19

タテヤTL_P20-21

タテヤTL_P22-23

タテヤTL_P24-25

タテヤTL_P26-27

タテヤTL_P28-29

タテヤTL_P30-31

タテヤTL_P32-33

タテヤTL_P34-35

タテヤTL_P36-37

タテヤTL_P38-39

タテヤTL_P40-41

タテヤTL_P42-43

タテヤTL_P44-45

タテヤTL_P46-47

タテヤ_TL_背表紙a
  1. 2015/05/26(火) 04:44:44 -
  2. 工作・機械遊び -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:11 -
  5. ↑TOPへ



ロータリー人生 タテヤ 旋盤を買う[もうできる事はとことんやるしかないでしょ?]




私、この日記にロータリー人生と唄っております。
でも本当にロータリー人生!?
自分でも思う、確かにロータリー一辺倒ではありません。
レシプロ・CE車(マツダ流のレシプロエンジン車の事)にものるし、
内燃機関のレシプロ車の源流である、外燃機関の蒸気機関も扱います。
でも心の底にはいつもロータリー、そんな気概をもったヘンテコ野郎の日記です。

荷台が軽くー梅小路状態
過日、縁あり、数台の国鉄蒸気のうち、C58がめでたく自分の罐になりました。

C58 バックゲージOK!
しかし、この兄弟たちの問題は、現在主流である五インチゲージのバックゲージに適合しないという事。
自分のポイントはバックゲージを狭めに手配しましたがこれは本流ではないサイズ。
やるなら「いまでしょ」・「いましかねぇ」ですよ
という事で、子供8ヶ月、結婚から二年の青二才が、ロータリー車の様にいろんな意味で火の車な、
というか、またまた家庭の事をあまり顧みないで、一応考えて入るんですが.....の日記です。

タキセ製作所、あるいは幹線親父から、旋盤いるでしょ~
といわれるようになって早数年。
近所に製作所があるので、そこに行けば機械を使わせてもらえるんですが、
やっぱり自宅で出来るとなると、いろいろ早く仕上がるし、空いた時間で、
ちょこちょこ勧められるので、半年ぐらい前から本格的に探してました。
義父さまのお父さん、つまりカミさんのおじいさんがワシノで旋盤を造っていた方だそうなので、

4~5尺の旋盤
ワシノのLR-55とかLPT-35、

OKK-RAMO で突っ切り
はたまたマツダの創始者、松田重次郎さんが、大阪で起業したといわれる、
現在の 大阪機工、OKK-LAMOのT-37-8あたりが、自分のこれかやろうとしている事に関して言えば、
本当はベストなんですが、
200V三相動力、置場のスペースの件で今回はあきらめざるおえませんでした。

そこで白羽の矢が立ったのが、
安藤機械→タテヤ→エツキそれからトップマン岡田産業がやってらっしゃる、
一連の小型旋盤に目を付けました。
横幅が1300mm程度なので、なんとかおけます。
振りという旋盤で加工できる直径も290mmとのことで、
うんこれしかないでしょう。という事で、急遽探しました。

安藤機械の創始者はOKK・大阪機工の職工だったらしいし、そんな事も、
もうそれを選ぶ口実です。

本当は、メカニックス・寿貿易、コスモキカイなどの大型卓上旋盤も視野に入れていて、
埼玉の方まで見に行ったりもしたんですが、どうにもこれというで物がなく。
最近、値段と状態をみてうんこれならよさそうだという物を、
見つけたので買いました。

ベビコン 3.7kW さよなら どなどな
雨空で農作業は無しになりタイタンに廃棄する鉄屑等を積んで家をでました。
鉄屑として引き取ってもらいましたが、東南アジアにドナドナされるらしいです。
タイタン、荷台より鉄屑を

中古機械にて、つるされる、タテヤ・安藤・エツキ
帰りは人生で2台目になる旋盤を載せて家に帰りました。
タイタンと旋盤 新緑のなかで

この一週間で買った工作機械は、会社の井上の縦フライス・北村のペンチレース、それから自分の、
タテヤと人生でもうこんな週は無いんだろうなとおもいます。

サカイ・トヨML210で咥えるLP405もどき
18の頃手に入れたミニ旋盤は直径10cmの加工物を咥えるのがやっとでした。
これは現在 C56 129をより飯山線仕様に近づけるべく造っているLP405シールドビームですが、
いまはもう生産中止になっちゃったというトヨ→サカイML210だとこのくらいの加工物でも結構大変。

タテヤで咥えるLP405もどき
でもタテヤの旋盤なら。ご覧の通り、楽チン楽ちん。
中古機械にて、つるされる、タテヤ・安藤・エツキ
今回買った旋盤は、今はもう廃業しちゃったタテヤ・立谷川機械工業のTL-550Sです。
この旋盤290mmまでOK。
タイタンと旋盤
加工を受託する、自分の分と併せ動輪を加工する国鉄機が数台あるので急ぎ探しました。
この旋盤たぶん昭和39年製。
安かったので1/1000の精度は厳しいかもしれませんが1/100なら余裕。
汽車や古い発動機という相手ならまだまだ現役。
カミさんに納得してもらったうえで家に連れ帰ってきました。
モータ換装ちゅう
主軸を超低速でも回せるように4Pから6Pモータに変えインバータという電源を、
タテヤ っモータ換装
制御する機械を繫いで運転してみました。

タテヤ・安藤 回転中
超低速でもしっかりまわり動輪相手の加工も楽そうです。
タテヤ 主軸 回転中
と、ここまでが、土曜の事。もう以前のように一日中.....
買い物に行ったりしつつ時間を見つけてはゴソゴソです。
小さな子供がいる父・パパとしては、相当こういう事に時間を費やしていますが.....

娘 午前7時10分 もーくセンターにて
日曜の朝、娘と初めて2人でドライブしました。
子育てタイムです。
朝7時、隣町・府中で7時から開店しているお店に、
旋盤の痛んでいるVベルトを買いに行きました。
お店の中でもニコニコ、ファミリアに乗せてもニコニコ。
あーあーあーと言葉を発して何か楽しそうです。
BFファミリアにのって、微笑む娘

実家で調子が悪いという動噴を治していると、
お世話になっている庭師さんが来てくれました。
タイタンの荷台から
雪中梅一升でタイタンから旋盤を降ろしてもらいました。
ありがとうございました。

旋盤、運び込み中 おすとちゅう
後は1人でいろんな合間を縫って車庫の奥に運びこみです。
コロとバールのテコを使って、うんしょうんしょ。
旋盤、運び込み中
物があふれかえっていますが、ちゃんと綺麗にするぞ、とは思いつつ、
結局汚い環境下で作業。
でも事故は無いようにそろりそろりです。
旋盤 置くえ奥へ チェーンブロックで吊る。
床に鎮座です。あとは、ブロックを敷いて高さを調節すればもう完璧。
数年後のガレージ予想図
去年の夏ごろ、数年後のガレージはこうしたいみたいな絵空事を書きましたが、
あれれ?ずいぶん前倒しで。
ちょっと汚くなり過ぎた車庫の中をきれいにするのは夏ごろまでには、
合間を縫ってロフトをつくってなんとかするつもりです。

旋盤、安い買い物ではありません。

でもこの先、もっと子供に付きりになったりお金がかかるようになると、
もうこういうものはなかなか買えない訳で。
なので買いました。
C58という、手造りのマシンを完調にし、それを維持するとなると、たぶんこの位いります。
C56も現在のように運用していくと、ガタが出てくるのは目に見えているので、
数年先、あるいは数十年先を見据えた買い物という事で、許しを得ました。
カミさん ありがとう。

カツオに火を
という具合に結局道楽な事ばかりしていますが家庭の事も一応やってます。
完成、カツオのタタキ'15
カツオのタタキを造ってみました。
カミさんが喜んでうまいオッパイが出るといいなぁ。と念じつつ。
完成 かつおのたたき’15
幸いその作戦は成功したようです。
いい週末でした。
  1. 2015/05/18(月) 05:38:41 -
  2. 工作・機械遊び -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ


BACK

がく

12 | 2020/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search