FC2ブログ


がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシーやC56に乗るがく




ダバダ火振 でかうんすけ




ダバダ火振 でかうんすけ
これは、ダバダ火振 でかうんすけ
うーんこれだけあると、一晩じゃむりだなぁ~
あじのある台
これはうんすけの台。
ほとんどカウンターとかにあっておかしくないものだ...

さて、昨日は、マツダより、風籟(ふうらい)を2008年北米国際自動車ショーに展示すると発表がありました。
少しだけしかない画像は、まるっきり、かつてのCカー。
永らく国産2位メーカーだった所の700万円する、スポーツカー対策、なんでしょうけど、実際に、それに近いものがでたら、楽しい。
3ロータ、多分20Bのエンジンを搭載した、公道上を走れる、スポーツカー。
アメリカの方が、マツダを使ったモータースポーツが盛んなんだろうな、という事を実感させられる、ニュースでした。

  1. 2007/12/13(木) 06:22:39 -
  2. -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ



越乃寒梅




越乃寒梅

新潟の石本酒造が造るお酒。
越乃寒梅 をのみました。
種類は越乃寒梅吟醸特撰。
かなり高い日本酒。
普通だったら滅多にのめない感じでした。
  1. 2007/11/06(火) 05:27:33 -
  2. -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:4 -
  5. ↑TOPへ



四万十時間




ダバダ火振 栗焼酎 四十万時間地下貯蔵
四十万時間熟成した栗焼酎 ダバダ火振り 長期貯蔵つぼ入り
 を呑みました。
もう焼酎とかそんな感じがしないおいしいお酒。
本当、とってもおいしい。

地下にある洞窟で四万十時間・四年7ヶ月熟成させた、そうなんですけど、
多分寝かせて本当にうまくなったんだろうな、と思いました。
  1. 2007/10/17(水) 05:35:04 -
  2. -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



七賢




七賢
山梨、白州のお酒。
七賢。
純米吟醸酒。
うまい。
あまく、うまみのあるさけだけど、
後味すっきり、なお酒。
売り文句は天鵞絨(ビロード)の味。
ビロード。
すごいね。
名水の味だ。

これは富士スピードウェイに行った時に山中湖畔のスーパーで買ってきたお酒。
冷酒でもなく燗でもなく、常温でいくのがいいと思ったお酒でした。
  1. 2007/10/04(木) 21:17:56 -
  2. -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



北緯45度31分




本醸造 北緯45度31分 日本最北端
北海道の稚内で売られているらしいお酒、
本醸造 北緯45度31分 日本最北端
瓶には、最北端の碑が画かれ、
REFINED SAKE
HOKUI45°31'
THE MOST NORTH END OF THE JAPANESE
と記されています。

一年前のお酒だったので、少し古酒な雰囲気でしたが、
結構うまい。
おいしいお酒でした。
  1. 2007/09/25(火) 21:24:52 -
  2. -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



白州蒸溜所 樽出原酒 8年貯蔵




白州蒸溜所 樽出原酒 8年貯蔵
この前行った、南アルプス山麓にある白州蒸溜所でかった、
白州蒸溜所 樽出原酒 8年貯蔵 
57度の強めなお酒
でも、これ、うまい。
氷で冷やしてのむと、本当、うまい。
行ってよかった、蒸溜所という感じ。
水がうまいとお酒もうまい、というような事を
実感する一品でした。
  1. 2007/09/18(火) 05:37:01 -
  2. -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ



朝日山




朝日山
新潟のお酒、朝日山。
お酒を飲み始めた頃は、甘ったるい味だな~と思っていたけど、
最近は、甘みのある酒だなぁ~と思うようになったお酒。
久保田を作っている朝日酒造という会社の作るお酒。
久保田共々、おいしいなぁ~
  1. 2007/08/28(火) 05:50:58 -
  2. -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:6 -
  5. ↑TOPへ



谷川岳




雪の少ない湯沢から谷川連邦を望む
中学生の頃、部活で一年に一回は登った、谷川岳。
きれいな山です。
季節の変わり目な谷川連邦

その、山の名前がついた酒、谷川岳。永井酒造醸造。
超辛口純米酒と銘打ってあります。
超辛口純米酒 谷川岳
味はとても飲みやすい感じ。
水がうまい地域のお酒なんだろうなという感じで、水の如き味わいでした。
  1. 2007/07/31(火) 05:39:04 -
  2. -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ



ダバダ火振




ダバダ火振 栗焼酎
四国、四万十川自然郷・地の酒 無手無冠のつくる
栗焼酎 ダバダ火振。
本格焼酎。

焼酎が好きではない自分でも飲める、焼酎でした。
栗も化けるもんだねぇ~
うまいうまい。

四万十川で取れた鮎をつまみにして、酒を飲む。
いいねぇ~
ダバダ火振って鮎の漁に由来してるんだそうです。

なんだか確かに鮎の塩焼きとか、にあいそう。
小さい時は友釣で釣った鮎を沢山食べていた自分は、そうおもいました。
ダバダ火振の箱

  1. 2007/07/23(月) 05:58:40 -
  2. -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



ei




ei

ei
お酒
スイスのお酒

ヨーロッパ出張に行った会社の人に買ってきてもらいました。
eiというのは、玉子という意味らしい。

飲んでみると....

ケーキをジューサーにかけてリキュールを混ぜた様なお酒でした。
世界中にはいろんな物があるとおもったお酒でした。
  1. 2007/07/20(金) 05:34:15 -
  2. -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:6 -
  5. ↑TOPへ


BACK NEXT

がく

08 | 2019/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search