FC2ブログ


がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシーやC56に乗るがく




父親たちの星条旗をみる




ロータリーなミーティングに行ったあと、久しぶりに映画を見ました。
見たのは、父親たちの星条旗。
本当は、森林公園へ紅葉のライトアップを見に行こうという予定でしたが、雨で映画へ変更~

かなり衝撃的な映画です。
重いです。
本当、シートに押さえつけられるような...
目をそらしたくなる所まで行った後は、製作者もそれを見越してか、工夫してくれている感じでした。
珍しかったのは、たまたまかもしれないですが、エンドロールが流れ出しても誰一人、席を立たなかったということ。
それだけ重かったということ???

でも、みて良かったと思いました。
アクセラと外灯
今の自分のような若者がいる世の中は本当、幸せなんだと思いました。
  1. 2006/11/27(月) 00:03:48 -
  2. 映画 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:4 -
  5. ↑TOPへ



カーズのDVDを見る




カーズDVD
昨日、amazonから届いたカーズのDVD。
今見てます。
クルマが擬人化されている映画、個人的には、今年の夏のNo.1注目映画、でした。
一度目は二人で、二度目は一人で見た映画です。

国産車では一番初めに判別できるクルマとして登場する、NA型ユーノス ロードスター、マツダ ミアータ、マツダMX-5や、主人公のマックイーンの元ネタはマツダの親会社のレーシングカーと世界最王手メーカーのスポーツカーな様ですが、マックイーンのフロント五角形グリルやヘッドライトはマツダのRX-8、SE3Pの様だし、アンダーボディラインはアンフィニRX-7、マツダRX-7・FD3SやNBロードスターの様でもある。非常に楽しみがいのある映画でした。

DVDでみても、かなりおもしろい。

各映像の芸も細かいし、かなり、佳作チック。
歴史上のクルマも出てくるし、効果音もかなり凝ってる。

本当、永い間手元におきたいDVDです。
  1. 2006/11/09(木) 00:03:26 -
  2. 映画 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:9 -
  5. ↑TOPへ



カーズを見る2




カーズを見る2
またまた、カーズを見に行きました。
でも今回は、一人。
やっぱり、良い話でした。

風景画が見ていて和む感じがしました。
二回目という事で、一回目より、風景等を細かく見れたような気がしました。

カーズのサントラとパンフレット
久しぶりに、映画のサントラと、パンフレットを買いました。
多分、高校の頃の、もののけ姫以来、久しぶりに買った、パンフレット。

本当に細かい所まで造り込まれている感じで、私が、クルマの動きで不自然に感じたのは、ロールの方向が逆の事が多々あることくらい。
画的には、テールスライド=ドリフト中も、あの姿勢の方が旋回に挑んでいるという感じがしなくも無いですが、クルマの挙動とは、逆....というのが、まったくの野暮と言える、作品でした。
NAの尻軽な感じも話的には、感じ取れる部分があり、愉快の一言!!!!
DVDが出たら、即買い!!!!と言う感じでした。

'06/08/07 加筆
  1. 2006/08/05(土) 23:36:05 -
  2. 映画 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



ケド戦記をみる




南大沢へ、ケド戦記を見に行きました。
訴えているテーマはわかりました。

映画を見終わって、ラ・フェット多摩へ行きました。
マツダのデミオ、アクセラ、プレマシー、MPVが場外展示されていました。
野外展示会

  1. 2006/07/29(土) 21:34:46 -
  2. 映画 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ



カーズを見る




カーズ
カーズようやく見に行きました。
もちろんルーチェで。
夏休みという事で、映画館は、大混雑!!!
最近、映画のCMは、他の最新作ばかりになりましたが、かなり良い作品!!!

他の方々のブログやHPにも書かれているように、大人が楽しめてほろりときちゃう映画でした。
懐古できて、今を考えさせられるみたいな。

CGは実写?特に景色は実物なのか???という感じでしたし、ハエというかコガネムシみたいな虫の効果音は、2スト!!!!
芸が細かい感じでした。

登場する車種の多くは、アメリカ、そして、ヨーロッパの車種ばかりでしたが、唯一、国産車で一発で識別できる、車種は、マツダが製造した、ユーノス・ロードスターorマツダ・ミアータ、MX-5でした。
型式で言えば、NAです。
映画を製作した方々の中にも、欧州、米国の歴史あるクルマ、スポーツカー並に、マツダが造った小さなスポーツカーが認知されているような気がしてうれしかったです。

さてさて、この映画、子供向けの筈ですが、子供に理解できるか???
というのは、結構疑問。
日本も含め、大人の世界も、私が判る範囲での子供も、ドライになり続けている昨今では、どうなんだ???という感じ。
私が小さかった頃、NHKで夕方に放映していた、大草原の小さな家という番組がありましたが、親が見ても、子供には見せ辛い回とか、子供が見て判るんだろうか??という回の様なテイストを含んでいる感じでした。

これからも、夏の大作ががんがん登場しますが、見て、損では無い映画という感じでした。

  1. 2006/07/23(日) 20:04:28 -
  2. 映画 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



ピンクパンサーを見る




ピンクパンサー
この映画、笑えない人はいるのでしょうけど....
私、大笑いしました。
終いには、笑い疲れ!!!!
ドリンクを取ろうとしたら、隣のおばさんのモモを触ってしまう始末。
楽しかったです。
  1. 2006/05/25(木) 20:12:29 -
  2. 映画 -
  3. トラックバック:1 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



海猿を見て




海猿
話題の新作、海猿。
公開から一週間後に見ました。

座礁したのになぜ、あの沈み方??
はしごに注ぐ水は、底に近いデッキから噴出してんのだろうか?とか、ありましたけど、かなり、楽しめました。

とくに、こう、ゴムボートとかヘリコプターが、一斉に沈没現場に向かうシーンとか、かなり、きました。

今回の主題歌は、伊藤由奈。
JOURNEY、B'zと、かなり、いい曲そろいでした。
かつて、かなりのB'z好きだった私が、三曲に順位付けするとすると、

1位   JOURNEY OPEN ARMS
同率2位 伊藤由奈 B'z

という感じでした。

はやくDVD出ないかなーという感じです。


  1. 2006/05/15(月) 21:28:37 -
  2. 映画 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



頭文字DのDVDを借りる




レンタルした頭文字D
力が入っているというのは伝わってきました。
でも、戻ってしまっているシーンもありで。
話的には、ヘイオイラーズのほうが、一種の楽しさがあるかも?!
高校に入った頃始まった、一番初めの頃の、どきどきする、イニシャルDを読んでいた身とすると、サイドで、一瞬、後輪の回転が止まるのが見えてしまうのは、ちょっと、残念でした。
でも、普通の人で、ああいう走りを出来る人はそうはいないわけであり、FCが結構出てくる映画でもあり、楽しみました。
  1. 2006/03/14(火) 05:55:48 -
  2. 映画 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



スピリット




映画 スピリット
2002年製作

"あきらめずに頑張れば、いつの日か必ず帰れる"
だいぶ臭そうなセリフですけど、それがテーマないい映画。
お馬さん活劇です。
どことなく、大草原の小さな家とか、ああいう話の流れを感じる作品。
馬はしゃべらない代わりに、ブライアンアダムスの歌と、マッドデイモンのナレーションがいい雰囲気をかもし出してます。日本の公開は2003年4月。
ただし、日本人はああいう表情が非常にアメリカンなアニメーションを好まない人はいたかも...
映像特典で、ブライアン氏の姿もちゃんと見れます。

さて、2002年7月、日本テレビ系列でドキュメント'02 で、当時開発中のマツダRX-8が1時間にわたり、取り上げられました。それが、マツダ 再生への道でした。
その番組のラストで流れていたのが、スピリットのテーマ曲であり、サントラにもちゃんと入っている、ブライアンアダムスのI Will Always Returnとメロディーと歌詞も良く似たThis Is Where I Belongでした。
劇中では始めの方に使われていました。
発売を一年後に待つRX-8が疾走する映像に、ブライアン氏の歌声。しびれまくり!!

スピリットは馬が困難にくじけず故郷に戻るという話。
マツダ 再生への道は、いろんな意味で多難を極めたという、マツダ SE3P、RX-8&レネシスの開発の話。
RX-8が発売されたことにより、REは量産自動車用エンジンとしてカムバックできたわけです。
田島氏の言葉どおり、マツダがやめたら、そこでおしまい!という状況だから、やり続ける事に大いなる意味があるというようなことなのです。
結構、通じるものがあると思いました。

マツダ再生への道、スピリットのサントラ、プロジェクトX、の私的感想は、こちらへ

マツダ再生への道

スピリット サントラ

プロジェクトX 技術者魂 永遠に 比較

最近、スピリットのサントラに入っている曲がテレビでよく流れています。
年末のBSでやったゴルフの番組とか、椎名 誠氏の自然探訪記とか。いい音楽です。
'06/08/25のNHKスペシャル「熱闘612球・早実VS駒大苫小牧」でも、インストが初っ端に流れていました。

今回、ようやく映画本編を見たわけなのですけど、本当に、いい話でした。

'06/08/25 加筆
  1. 2006/01/08(日) 22:35:09 -
  2. 映画 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



DVD ロビンフッド




20051207064158
'91年公開、ロビンフッド。
主演、ケビン コスナー。
助演、モーガン フリーマン、クリスチャン スレーター、アラン マックリン 他

DVDです。
最近は、まだまだあぶない刑事、春の雪とか見ましたが、久しぶり買ったDVD。
日本の時代劇が凄く好きな私には楽しい作品。
勧善懲悪なのがいいと思うのです。

主題歌はお気に入りなブライアン アダムス (Everything) I do it for you
二枚組なのでライヴシーンも入っています。
いい買い物でした。
  1. 2005/12/07(水) 06:42:02 -
  2. 映画 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


BACK NEXT

がく

12 | 2020/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search