FC2ブログ


がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシーやC56に乗るがく




Memories of SAVANNA RX-7[さよならFC3S マツダ サバンナRX-7 十日町・長岡へ]




mazda_savannaRX-7_FC3S" />
私事ですが、わたくし、中学生になったその日から、免許を取る日まで、
ホントに毎日、親に「免許を取るお金とロータリーエンジン車を買うお金を貸してください」
と呪文のように唱え続けました。
サバンナRX-7 FC3S と紅葉
顔を合わせる日は、本当に毎日。
そのおかげあってか、RX-7に乗ることが出来たのでした。
サバンナRX-7 FC3S 乗鞍にて
しかし楽しい日はそう毎日続くわけはありません。
大体、免許取り立てで、RX-7、もったいないにもほどがある。
案の定、不動になるのでした。

当時の自分にとって、FCという高性能車は、
はっきり言って自分の腕には合わないクルマでした。
今でも自分の能力よりはるかに上のポテンシャルがあると思っています。
自分は出力が高い車にたまに乗るのは好きですが、
日常の脚は64馬力のファミリアや約110馬力のアクセラなど。
そんなに力がなくても操安性がよければ、
それは、ただただハンドルを切ったらその通りに曲がる、
どこまでもそんな感じで、最終的にはどアンダーになるような車ではなく、
ブレーキや荷重移動、欲を言えば後、アクセルの入れ具合で、
すいすい曲がる車であればそんなに不満がないのです。
ようはマツダに乗っていれば大体いつもニコニコという具合です。

そして、そういう力のない車に乗っていてもカミさんに言わせれば、
そんなに飛ばして平気??なんて言われる位ですから、
FC/FDだとどうなることやら、です。

そんなことが、のんびり走っても様になるロータリー車、ルーチェを選んだ、
理由かもしれません。
サバンナRX-7は、

「いつか乗る」

そう考えて、全額、数年かけて返済し、保管しました。

いつか乗るはずでしたが、自分の趣味はご覧の通り、四方八方に広がりつづけ、
夜のロータリーエンジン@ヒノモトREベース
ロータリー以外に、

元旦早々、雪見汽車
汽車だ
汽車焼芋 十日町駅前にて、焼芋
SLだ
ひとっ走り終えた、フォルテ

HVR-Z5Jで見せる化、工程管理用の映像を撮る
カメラだ、とか比較的お金のかかるものに手を出す始末。
大体、これもタラレバ話ですが、汽車になんか手を出さず、
業務用ハイビジョン、レンズ交換式ビデオなんて世界は見向きもせず、
民生用のビデオや普及版の一眼レフ程度に抑えておけば、
車以外の趣味につぎ込んでしまった金額を考えれば、
ルーチェとコスモスポーツ
とっくのとおに、コスモスポーツ位乗ってるはずです。
ルーチェに乗り続けていたとしても、です。
比較的多趣味なので、いいなぁと思える物がすべて手に届いたわけではないんですが、
そんななかRX-7の復活に関する順位は上昇することなく、
いつまでたってもRX-7復活にはいたらず、家庭を持ち家を建てるという段階に差し掛かり、
家庭平和の為にサバンナRX-7を手放す、という事になってしまいました。
たぶん、ルーチェに乗る親父、
マツダルーチェカスタムGR2・ロータリーとグリーンベルトの桜と嫁と俺

竹林で薪を割る俺
薪を割る親父、

準備する俺
汽車をいじる親父
C56 129でニューグリーンピア津南を走る俺
汽車に跨る親父
鉄橋を超えて


さー脱穀するかぁ~??
農作業する親父、
タイタンへの荷役

どれと比べてもRX-7で走る親父の方がかっこいいかと自分の感性は、
思う訳ですが、
日記に書いた通り、ヤフオクに出品しました。

直接交渉してくださった方がいらっしゃり、そのの中で長岡の方に決めさせていただき、
今日、長岡にもっていきました。
昨日、
積車に乗る、俺
積車を借りてきて、
さらば、サバンナRX-7 FC3S 西日を浴びてたたずむの図
近所の駐車場で積み込み作業をしました。
さらば、サバンナRX-7 FC3S  たたずまい

さらば、サバンナRX-7 FC3S 西日を浴びての図
久しぶりに見るサバンナRX-7。
さらば、サバンナRX-7 FC3S ある駐車場にて
ちょっとかっこよすぎる。
さらば、サバンナRX-7 FC3S 西日の図
名車のオーラ、出てるね。
さらば、サバンナRX-7 FC3S の図
うん、素晴らしい。
さらば、サバンナRX-7 FC3S 佇まいの図
そんなことを考えながら、でした。
自作兄さん、手伝って頂きありがとうございました。

あけの赤城山
一夜明けて関越を北上です。

サバンナRX-7 FC3S 富沢家本陣にて
三国峠を越して、

マツダルーチェと魚沼スカイラインの朝焼け
歴代愛車で何度も行った、
HCルーチェと魚沼スカイラインの朝焼け
魚沼スカイライン
RX-8と魚沼スカイライン

霧の魚沼スカイライン
十日町展望台
ファミリアバン 魚沼スカイラインにて
という景色のいい場所へ。

ファミリアの軌跡
こんな事もした駐車場に行きました。
マツダアクセラとファミリア

鍬柄沢?ワンステップ付近より
魚沼スカイライン、
魚沼スカイラインは雲の中
雲、霧の中でした。
積車で魚沼スカイライン

サバンナRX-7 FC3S と十日町展望台
もうこれが最後ですから、
サバンナRX-7 FC3S 十日町展望台

マツダサバンナRX-7 FC3S と十日町展望台
撮って、
サバンナRX-7 FC3S 最後に十日町展望台

サバンナRX-7 FC3S 最後に十日町展望台に行く
撮って、
DSC04152va.jpg

サバンナRX-7 FC3S 十日町展望台にて
撮りまくり。
サバンナRX-7 FC3Sと積車

マツダサバンナRX-7 FC3S 十日町展望台にて
マツダのサバンナRX-7。かっこいいなぁ。
サバンナRX-7 FC3S 十日町展望台にて

サバンナRX-7 FC3S 魚沼スカイライン十日町展望台にて
ルーチェ、特にV6のHCルーチェを残すなら、FCの方がいいんじゃない???
サバンナRX-7 FC3S サイドビュー十日町展望台にて
といろんな方に言われました。
確かにそうかも.....
なんて少し後ろ髪ひかれつつ、
あたらしいオーナーさん、クルマに強そうで頼もしい限り。
よろしくお願いしました。
ルーチェと魚沼スカイライン
いつか治ったら、家族でルーチェに乗って見に行かせてください。

自分が初めて運転した、ロータリー搭載車。
父親もREの事が気になりだして直6を載せたR33スカイラインクーペGTSから、
RX-8に乗り換える原動力になったであろう、
RX-8,RX-7,RX-4_SE3P,FD3S,LA22S
マツダ サバンナRX-7。もう一度乗る、というのはあきらめちゃったので叶わなかったけど、
がんばれよぉ~
サバンナRX-7 FC3S 祖父の家にて
  1. 2015/09/05(土) 23:55:04 -
  2. マツダ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ



Mazda Heritage ~広島に育まれた、今に続くマツダの挑戦の歴史~





この映像は2013年7月に社内向けに制作したものです。
これまで、ご来社されたお客­様や社外講演等で上映しておりましたが、
ご覧になった方から公開して欲しいというあり­がたい要望を頂いておりました。
この度、ほぼそのままの映像と音楽で公開します。
この映像を通して、マツダのヘリテージを知って頂けましたら幸いです。

マツダが生まれた広島の風土、創業者 松田重次郎の誓い、
戦後復興時の生産、飽くなき挑戦などの史実や、
今日に続くマツダの­志をご覧いただけます。
私たちマツダはヘリテージを理解し、
将来へも一貫した考え方を­もって挑戦を続けています。

以上 タイトル・原文をそのまま引用

こりゃマツダオールスターゲーム2015で特別に枠つかって、そのまま流した方が.....

REのくだりも最高だぁ~

ちなみにルーチェは、
5:12 '70年代前半のルーチェかコスモかカペラ
5:23 初代ルーチェのスケッチが右端に。

で出てきます。

5:20 ラージサイズセダンのハーフボディ解析はマツダ解析やってる方に言わせると、
3代目位のカペラじゃなかろうか??だそうで。
だったのですが、内部の方が年寄りさんに確認したところ、
HCの可能性が高い、だそうで。

良い映像でした。
  1. 2015/06/11(木) 07:45:16 -
  2. マツダ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



幌馬車みたいな軽トラ[1月10日17時現在積雪218cmの故郷 十日町へ行く準備]




去年11月、四週にわたってミニSL週末機関士行脚を行い、最終の戸狩遠征を終えた翌週、
自分はとある工作をしていました。
出来上がった物がこれ。
C56 129と機関車焼芋・汽車焼芋機
ロケットストーブの原理を応用し、ペール缶を溶接して造った、機関車の焼芋機、汽車焼芋。
取敢えずほぼ完成 汽車焼芋 ロケットストーブ変種

今年の第46回十日町雪まつりに地元の方々がこの焼芋機をつかって参加する事になっています。
あっ、もちろん自分も参加します。

当日持っていくとセットアップが大変だし、まず、どのくらい芋を焼くか?とか、
薪はどのくらい準備する???誰が係りを??等の話もあるため、
明日、十日町にこの機関車焼芋機を持っていくことにしました。

ただし、本日17時の観測データで218cmという積雪になっている十日町。
六日町との境の峠は大体3m位雪が積もっている地域、かつ明日も雪予報なので、
明日の十日町行に充当予定のマツダスクラムの荷台に屋根を架けることにしました。

マツダスクラムの荷台にポリカ波板で屋根をつける
朝アパートの横で........
ポリカ・ポリカーボネートの波板で屋根をこさえます。
今回使用した波板は9尺。
西部劇や大草原の小さな家に出てくる幌馬車みたいな屋根が出来ました。

幌馬車みたいになったマツダスクラムに載った分解された機関車焼芋機と除雪機
荷台には分解された汽車焼芋機と除雪機が載っています。

アストロカートを買う
この汽車焼芋機は十日町にこれからづーっと配備されます、ラジオフライヤーごと預けるのはちょっと、
あれなので、工具屋さんのアストロカートを買いに行きました。
現品を売ってもらえることになって安く買えました。組み立てる手間も省けて、うひょひょ~

幌馬車みたいになったマツダスクラム
朝、十日町で祖父の家の除雪、昼前に長岡で用事、昼過ぎ汽車焼芋機の配車と明日も楽しい一日になるように
峠をはじめとする雪道が俺を呼んでるー

という土曜でした
  1. 2015/01/10(土) 17:37:04 -
  2. マツダ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



我が家のマツダと'14-ルーチェ以外のRX-8、アクセラ、ファミリア、スクラム、タイタン、CX-5-




'60年代に初代ルーチェを買って以来、長い事マツダに乗ってきた祖父。
今年はついに歳には勝てずBFファミリアから降りた訳ですが、50年近くマツダ一筋でした。
そうなりたいなぁ。

わが父は、国内最大手と二番手メーカーのスポーティカー、マツダでいえば、
サバンナRX-3・RX-7のライバルやルーチェのライバルに乗ってきた父が、
まずはトラックからマツダになり始めて18年、乗用車も、直6を搭載した2ドアの、
ルマンにも出場した国内二番手のスポーティーカーからRX-8に乗り換えて、
今年で11年経ちました。

今年もマツダの車にはお世話になりました。
V6ルーチェの車検は切って、祖父のファミリアバンが自分のライブスチーム活動用にやってきました。
そして、結婚したカミさんの義父さんにはCX-5に続きキャロルをお買い上げいただきました。

今回は。我が家のルーチェ以外のその思い出日記です。
RX-8 雪上
まずはRX-8.
マツダ RX-8 雪上
普段だったら絶対貸してくれないクルマですが、
アクセラに乗りたいからRX-8を貸すよという事で、
新年は中京地方にRX-8で遊びに行きました。
マツダRX-8とアケチ13

マツダRX-8と岩村城下町
走るかな??C12
マツダRX-8と大正村
子供も生まれたしこれからもっと行くようになるなぁ。
マツダRX-8と四季桜の丘 瑠璃光山

一年の計は元旦にあり アクセラとC56 129
去年の12月にやってきたアクセラ。
いろんなところに行きました。
BM スカイアクティブアクセラと秋葉原
BM アクセラスポーツ 檜原の雪上にて一枚
これからは子供も載せていろんな所への脚になってくれることでしょう。
BM アクセラ ナンバープレート位置の案
マツダアクセラとC12 66
BMアクセラスポーツ15S 6MTと多摩の新緑
 6MT車なのでカミサンガ運転できず、さてどうなるか??な面もありますが、いい車です。
マツダBMアクセラとC56 129

マツダファミリアバンと参道
祖父が26年乗った、ファミリアバン。
祖父が手放すというので、もらいました。
BFマツダファミリアバンにC56が積めるか?検証3D
このファミリアの一番の目的は、家族で汽車遊びをする際のトランスポータになる、という事。
マツダファミリアバンに載ったC56 ライブスチーム
検証の後、早速積載です。無事乗りました。
白馬にも家族でいけるぞ~
マツダファミリアバンにマツダの旗を使ったカーテンをつけてみるの予想図
このファミリアは、現代社会で子供連れが走っていると、
一体どんだけ貧乏なんだ??・というクルマです。
めちゃくちゃ古い訳でもないし、ただただボロイという。
マツダの旗を使ってファミリア用のカーテンを造る、その準備
そこで、マツダラバーズぶりをアピールして、
訳あって乗ってるんだよと。
物品提供頂いた広島のお方、ありがとうございました。
マツダファミリアバン 出庫準備完了
六本木ヒルズにも行きました。
マツダBF ファミリアバン 六本木ヒルズに行く

ファミリアバンとC56 129
ファミリアバン 魚沼スカイラインにて
長年すごした新潟にも行ったり来たり。
でも楽なクルマです。
ファミリアバンと魚沼スカイラインのコーナ
ファミリアバンに載ったBBQ用具
ジャンジャン汚せるので、野外活動にもぴったり。
ファミリアバンと富士山と夕焼け

ファミリアバンとフォルテ
 C56では無いですが汽車遊びもバッチり。
らいねんもよろしくー。

マツダスクラムに満載の梨の原木
スクラムは小さくてたくさん載るという事を生かして今年もガンガン走ってくれました。
マツダスクラムと白馬のジャンプ台
白馬にも行きました。
雪見を走る、マツダスクラム
雪も得意。面白いように滑って走ります。
マツダ スクラム軽トラにのった除雪ロータリーとスノーダンプとスコップ
来年もたくさん降るかな~??

荷物を運ぶ、タイタン
我が家のメイントランスポータ マツダタイタンダッシュ。
今年も大活躍でした。
マツダタイタンと魚沼スカイラインの紅葉と雲海

マツダタイタンと飯山線の臨時列車
飯山線沿線遠征はもちろんの事
マツダタイタンと野澤の紅葉

タイタンに脱穀機を載せる
農作業はもちろんの事、
マツダタイタンダッシュに出張運転用機材を積むところ ミニSL・ライブスチーム 準備の様子 
ミニSL・ライブスチーム活動にも
マツダタイタンダッシュと日野の中央公園

タイタンとニューグリーンピア津南さんの格納庫
素晴らしい景色の中を高い運転席から眺める事が出来ました。
マツダタイタンと桜
来年も飯山線沿線遠征が数件決まっているので来年も楽しみだ~
マツダ タイタン と桜

義父のCX-5
長年、中京地方でそこにある世界有数、世界一の時もあるメーカーの車に乗っていらっしゃった、
義親様たち。
娘が結婚した相手は、気がくるってるんじゃないかという程、マツダという自動車会社にご執心で、
結婚挨拶の時も酔っぱらってマツダ賛歌を唱えていたそうです。
そしたらありがたいことにぶち切れではなく心の広い方たちなのでなんとマツダに乗り換えてくれたのが、
一昨年。
CX-5 ロータリーベース 男の隠れ家へ
今年は子供が生まれたので日野にも数度来ていただきました。
マツダの車に乗り換えて頂き嬉しかったのですが、キャロルも一台お買い上げいただいて、
それはおふくろさんの田舎がある大分で使っていただいているそうです。
見に行かなきゃね。
義親さんのCX-5がヒノモトロータリーベースに

そんなこんなで今年も何かするにはずーっとマツダの車が隣にいて楽しい一年でした。
来年もよろしく~
  1. 2014/12/26(金) 23:56:26 -
  2. マツダ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



義親さんがマツダでやってくる[訪問されても汽車いじり]




あるくカミさんと子供を乗せたベビーカーとマツダのつなぎを着た俺
義親さんもこの週末日記を読んでいた.......という事が解ってしまった今週末。
ちょっと俺、大丈夫かな??と思う訳ですが、
今週もいつものような日記をかきます。

煙管清掃中 ミニSL・ライブスチーム 整備の様子
土曜、朝4時より6時まで、汽車の整備。
[画像はイメージです]

8時半から準備をして9時より9時半まで、一気に
BM アクセラスポーツ 檜原の雪上にて一枚
アクセラ、

マツダ スクラム軽トラにのった除雪ロータリーとスノーダンプとスコップ
スクラム、

BF マツダファミリアバンと十日町の夜
ファミリアのタイヤを交換。
アクセラとスクラムの冬タイヤを洗う
[画像はイメージです]
タイタンで大量にもらってきた落ち葉 府中現業センターより
9時半から10時半まで、府中市にお勤めだった親戚のつてを使って、
府中市の現業センターから過積載なんじゃなかろうか??と思うほど大量にもらてきた落ち葉を、
タイタンから降ろして、
[画像は半分くらい降ろした状態]

10時半に買い物に行って、お昼を作って食べて.....
今週末は中京地方という世界最大の自動車メーカーの本拠地でずーっと、
そこの車を愛用していた義理父・母様が、
日野にやってくる、ということで、その準備です。
マツダに乗り換えてもらって早一年。娘の顔を見に、
CX-5 ロータリーベース 男の隠れ家へ
マツダ CX-5でアパートにやってきて頂きました。
宴、楽しい~。
孫のお顔をみて安心されたようです。よかったよかった。
さて、義親さんが来ても、結構マイペースなのが、俺。

今朝も4時過ぎから6時前まで、作業。
昨日は12時45分から13時くらいまでの間に、
PANDO グランドパッキン EA351BB-1
PANDO グランドパッキン EA351BB-1というパッキン・シール材を、

グランドパッキンをピストン棒に詰める
C56のピストン棒のシールを、
気筒後蓋詰物押エ LD26218相当の部品を外して詰めてみたり。

C56 129と現役飯山線キハ110
戸狩の冷たい雨の中、ピストン棒付近からも白い気体みたいなものが噴出しているのを、
見つけたので交換です。寒いのも悪い事ではありません。
小さな汽車は自己満みたいな小さな調整が乗ると、
如実に表れるのが、本当に楽しい。
次の運行が楽しみなわけですが、
イルミに向けて汽車の整備も余念無くです。
一年間で少しずついたんだ箇所も調整・修正。
イルミ本番はいよいよ明々後日。
C56 129 と トーマス イルミネーショントレイン イルミ SL ミニ ライブスチーム
そんな週末の日記でした。
  1. 2014/12/21(日) 17:40:48 -
  2. マツダ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



我が家のマツダと'13-ルーチェ以外の8、デミオ、ボンゴ、スクラム、タイタン、アクセラ、CX-5-




'60年代に初代ルーチェを買って以来、長い事マツダに乗ってきた祖父。
来年は免許を返す予定だそうですが、50年近くマツダ一筋。そうなりたいなぁ。

わが父は、国内最大手と二番手メーカーのスポーティカー、マツダでいえば、
サバンナRX-3・RX-7のライバルやルーチェのライバルに乗ってきた父が、
まずはトラックからマツダになり始めて17年、乗用車も、直6を搭載した2ドアの、
ルマンにも出場した国内二番手のスポーティーカーからRX-8に乗り換えて、
今年で10年経ちました。

今年もマツダの車にはお世話になりました。
ボンゴとデミオが旅立って、タイタンとアクセラがやってきました。
そして、結婚したカミさんの義父さんにはCX-5をお買い上げいただきました。

今回は。我が家のロータリールーチェとV6ルーチェ以外のその思い出日記です。
日野に戻ってきても雪がついていた年末はデミオでカミさんの住んでいた十日町に行きました。
東京に戻ってきても、雪が付いている位、寒い冬でした。

約100kmほど雪の中を疾走したマツダスピードデミオ
2月、十日町雪まつりに行ったのもデミオ。
マツダスピードデミオ雪の中
デミオ、楽しかった。
マツダスピードデミオで雪上ドリフト
年末26日、アクセラの替わりに下取車で旅立ちました。
さよなら~

マツダボンゴ、2000mの峠に登る
ボンゴ。17年前から我が家のメイントランスポータだったマシンです。
いよいよさよならする時が来ました。
嫁いだ先は知り合いの家なんですが、さよぉならー

マツダ商用車・マツダの働くクルマ タイタン ボンゴ スクラム
ボンゴに替わってタイタンがやってきました。
かつてルーチェにも載っていたエンジンを積んでいますが、すごくいい車です。
たまげるねぇ。

マツダタイタンとたんぼ
ミニSL活動に、ほんとに活躍してもらいました。
マツダタイタン ダッシュと渓流

タイタンダッシュと長野の山々
名古屋にも行っちゃった。
マツダ タイタン ダッシュ と埠頭

収穫した籾袋を積載したタイタン
勿論農作業にも大活躍。

マツダボンゴとタイタン
タイタンダッシュ、これから30年はよろしく!

マツダRX-8と伊達原秘密航空基地跡の蕎麦畑
我が家にやってきてから10年経ったRX-8.
まだまだ現役。
大人4人が乗れるスポーツカー。
今年は家族四人、親とカミさんと自分で十日町にも行きました。
まだまだ頼むぜ~
RX-8と伊達原秘密航空基地跡の蕎麦畑

マツダスクラムに載ったC56と白馬ミニトレインパーク
軽トラックのスクラムも大活躍。
汽車を載せて白馬-飯山-秋山郷-十日町なんてロングドライブもしました。
楽しかったなぁ。
マツダタイタンダッシュとスクラムそして夕焼け空

CX-5 買っちゃった
東海地方、国内最大手メーカのお膝元に住む、カミさんの両親。
勿論いままではTの車に乗っていました。
でも、義父さんはかつてREにあこがれていた事があるらしく.....
ならば話が早い!

ロータリー人生お得意の酔っぱらって演説する迷惑な技を使って、
そして広島のロータリーエンジンはやっぱりやめられない自動車でCAE屋さんをしている方にも
ご協力いただいて。

CX-5をお買い上げ頂きました。
やったね!!

フルスカイアクティブアクセラ15S 6MT
そして、勢いは止まりません。
マツダの株価がうなぎのぼりなことにあやかって、
10月26日、フルスカイアクティブアクセラを購入。
スカイアクティブアクセラ 15S 6MT BM
12月26日納車。
すごい車になりました。
ファミリアからアクセラに替わって、ここまで来たんだ!!!すごい。
まだよくわからないことだらけだけど、これからよろしく!

という具合にマツダのクルマ道楽三昧の'13でした。
来年は少し抑えていきます。

  1. 2013/12/28(土) 00:54:45 -
  2. マツダ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



2013 東京モータショーへ行き、マツダのプレスカンファレンスを見る




2013 東京モータショーへ行き、マツダのプレスカンファレンスを見ました。
  1. 2013/11/20(水) 17:12:27 -
  2. マツダ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



義父、マツダを買う[マツダと汽車と船、乗物三昧の夏休み]




今年のお盆は妻と一緒のお盆でしたが例年以上に乗物漬でいろんな人と交流した夏休みでした。
活動場所は地元・日野に生まれ故郷の十日町、それから名古屋も。
義理の父親がマツダのクルマに国産最大手のメーカから乗り換えてくれたり、ホントに盛りだくさん。
思い出日記です。

タイタンダッシュ 関越トンネルへ 8/12、十日町に汽車の道具一式を積んだマツダタイタンで、ドライブ。

爆煙 C56 129十日町駅西口公園でC56 129を走らせた、
十日町駅前でC56 129を走らせるお盆を過ごした、8月12日。

マツダ BF ファミリア バン と 千曲川翌8/13は、祖父のマツダファミリアバン- BF3Vで十日町-長野、片道約100kmを千曲川信濃川沿いの景色を楽しみながら、ドライブ。
27年前の車だけど、よく曲がるクルマで楽しかった。
夜はもちろん酒盛りとお墓参り。楽しー!!!!

マツダタイタンダッシュのサイドミラーバーに乗っかったアマガエルそして8/14 朝、タイタンのサイドミラーに乗っかったアマガエル。かわいい。

由屋の御蕎麦を出前で今年も由屋のおそばを食べて、

マツダ タイタン ダッシュ と千曲川今年から始まる、お盆の名古屋行を開始。

今日は透明 野沢温泉 滝之湯野沢温泉の滝之湯は緑の濁り湯ではなく透明だった!!!びっくり!!!!!!

赤いコスモスの咲いた117号線国道117号線を走り、
中乗さん木曾谷、国道19号線を通過して、名古屋へ。6時間くらい走って、酒盛り。

伊吹山のお花畑翌朝、8/15は早起きして滋賀-岐阜県境の伊吹山に登りました。
伊吹山山頂より滋賀県の方を見るすずしぃ!!!!!
イブキトラノオイブキトラノオという伊吹山固有の植物を見たり、いいねぇ、お盆。

依佐美送信所記念館の中依佐美の旧海軍→米軍の長波送信所跡にも行きました。

依佐美のレイアウト送信所跡にあるフローラルガーデンよさみには、1周250mのミニSLレイアウトがあるので、見に行きました。
よさみのレイアウトの駅

鉄橋もあるよ 依佐美のミニSLいいねぇ、いいねぇ、走ってみたいな!!!
ターンtテーブルもある ヨサミフローラルガーデンのミニSL

ベランダBBQベランダでBBQもしました。
新婚旅行で買ったサッポロビール特製の南部鉄器ジンギスカン鍋で。最高!!!
野菜もサッポロビール特製ジンギスカン鍋で

マツダ タイタン ダッシュ と埠頭 8/16は名古屋港にマツダタイタンで訪問しました。

きその模型名古屋港金城埠頭フェリーターミナルにはちょうど、

本物の、きそ 名古屋港に入港太平洋フェリーの、きそ、が入港するところでした。
総トン数1万6千トン、国際総トン数換算では、4万トン近いという太平洋フェリーは、
旧いしかり-きそ-新いしかりで連続21年もフェリーオブザイヤーを受賞しているという、船。
すげぇな。
金城埠頭 フェリーターミナルに接岸開始 きそのってみたいなぁー。
ルーチェか汽車を乗せたタイタンでと。
ファンネル かっこいい!!

なんてて思いながら午後になると、義理の父が、「がくちゃんマツダに行こう!」
と誘ってくれました。
名古屋ですから国内最大手のメーカーの地方です。
もちろんそこのメーカのクルマにずーっと義理の父は乗っていました。
東海マツダのとあるお店本当は蒲郡のこどもの国に行って、
ナローゲージが見たいんだけどと思ったけれど、義理の親2人と嫁さんと僕で東海マツダのお店に。
あーアテンザ良いなぁ~
RE積んでFRだったらもっと最高!!!
ホントにルーチェよりいい車な気配がプンプンですよ。

CX-5 アテンザの幟十日町にすんでいた嫁さんを連れて初めて中京に行って「おじょうさんと結婚させてください」と言った夜、
自分は酔っぱらって、大胆にも国産最大手の工場がある地方で、
そこの車に乗っているご家庭の方相手に、そこのメーカの悪いところと、自分の大好きなマツダの違い、
それはもちろん弱点を含めてですが、ロータリーエンジンやスカイアクティブの事を話しました。
嫁さん曰く、義母さんは、ちょっと嫌な顔をしていたそうなんですが、
義父さんは、若いころ、マツダのREってすごい!!!って思っていた方だったようで、
その頃の思いが蘇ったのか?CX-5に乗りたい!と結婚式の時に自分に喋ってくれていました。
社交辞令かと思っていたけどいよいよその時が来た???????
見に行くだけ!!!!と言っていたけど、話はとんとん拍子で進んで、
あっという間に契約してしまいました。ヒー!!!!!!

RX-8と、あぜ道自分の父親も国産二番手の直六エンジンを積んだスポーツクーペからRX-8に乗り換えてもらった、
過去があったけど、
CX-5 買っちゃったまさかまさかの義父までも乗り換えてもらうことに成功。
シェア、超ちょっとだけ奪ったぜ!!

立派な柵と屋根の中に保存される C12 69それからC12 69号機を見に行きました、
しっかり保存されていて、いいねぇ。
昭和19年からしばらく飯山機関区にいたカマです。
C12 69 安城にて素晴らしい!!!!
C12 69を後ろから

マツダタイタンに清水???なぜかタイタンに清水と書かれた個体にあったりして、
乗物祭りの様相です。

いいねぇ、奈良井宿 そして8/17は奈良井宿に早朝訪問。
朝の奈良井宿いいねぇ、奈良井宿。
人の居ない宿場町、いい感じ!!!!!

おちたツバメの雛巣から落ちたツバメ、無事に大きくなったらいいなと思いつつ、

木曽福島のD51 775木曽福島のD51を見たり、

奈良井宿の道の駅のそばにあった、森林鉄道の機関車と客車とトロッコ奈良井宿にいた木曾森林の酒井や客車、トロッコを見たり、

奈良井宿のC12 199奈良井宿のC12 199を見たり。
飯山機関区には昭和22~30年に在籍し、木曽福島機関区に移動後も度々、飯山線に出稼にきてました。
飯山機関区にいた罐はいっぱい残ってるなぁ
C12 199とタイタンダッシュまるで自分が子供みたいにいろんな乗り物を見学した、
マツダと汽車と船、乗物三昧の夏休みでした。
  1. 2013/08/17(土) 20:32:08 -
  2. マツダ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



Memories of BONGO TRUCK[十日町・飯山にミニSLを運ぶラストドライブ]




マツダボンゴ、1966年の初代から、生産されている、マツダの四輪商用車、
バンとワゴンとトラックな働く車です。
我が家では、自分が高校生の頃に新車でやってきた、三代目にかれこれ17年近く、
農作業の友、そして、ミニSLライブスチーム活動のトランポとして、
つかってきました。

ボンゴの荷台と堆肥堆肥を載せたり、

ボンゴにハーベスタを積んで農機具を載せたり、
ボンゴに乗った田植え機

ボンゴに満載の籾収穫したお米を載せたり、

ボンゴに載った木材とフェンスの向こうは横田基地木材を載せたり、

ボンゴに載ったユンボユンボを運んだり、

ボンゴと朝焼け時には、森林浴したり、
マツダボンゴの姉妹車と森の中の道

草満載のボンゴ草を載せたり、

田植え中、ボンゴとレインボーと農作業に活躍したし、

マツダボンゴと白馬のジャンプ台白馬や、
ボンゴとC56 佐久間に到着佐久間、そして十日町、

今日もありがとう!マツダボンゴ横浜や、

日野市役所前にボンゴ地元の日野での、

円周約80mのエンドレスレールと2ポイントと引込線と9600とC56等を積み込んだボンゴミニSL/ライブスチーム活動の、
強力な援軍でした。

自分が運転を覚えたのも、このボンゴだったし、
中越地震のとき、祖父を助けに行ったときのいろんな資材はこのボンゴだったし、
マー君の新婚道具を運んだし、嫁さんもこのボンゴで、十日町から日野にきたし、想い出、いっぱいのトラックです。

この週末、嫁さんと一緒に最後のボンゴドライブしてきました。
ミニSL C56 129のトランポです。
戸狩の方々が戸狩野沢温泉駅前に集まって駅前ロータリーに集まった人たち。

現役飯山線のキハ110と小さくなったC56 129この夏のイベントに向けて、テストです。
飯山線のキハ110と、C56 129と2ショット。

けみーよ><け、けみー。

いいねぇ、戸狩野沢温泉駅前で、ミニSLいろいろ楽しみです。
戸狩の方々、ほんとにどうもありがとうございました。
泊めてくださった、リゾートハウス千曲の皆様、どうもありがとうございました。
いい温泉で、戸狩スキー場誕生秘話やいろんな話、楽しかったです。
そしておいしい食事、富倉そばみたいなオヤマボクチそばもおいしかった、ビールも酒も。
飯山の美しい風景美しい景色も!


ネポンパールトイレのかんばんネポンパールトイレの看板も見れました。
うれしい。

塗りなおしたC56 129色を塗りなおしたC56 129も見れました。

リゾートハウス千曲の内湯・温泉です!リバーサイド千曲の内湯・温泉です!
よかった!!!

熊の手洗湯熊の手もよかった。

滝之湯源泉温度78℃の滝之湯もよかった!!!
リアルな熱湯風呂です。そのままじゃ絶対入れないし。

野沢温泉・滝之湯

数年中にマツダのボンゴが生産中止になるというということで、
最終型を導入しようかと思っていましたが、
ひょんなところからボンゴよりより大型なトラックの導入のめどがついたので、
17年お世話になった、ボンゴ、さらば!

マツダボンゴとタイタンとスクラム我が家に少しの間だけそろう、マツダボンゴとタイタンとスクラム。
ファミリアピックアップ、が居たらまたいいけど、まぁまぁ、まー。
近日の日記予告。
Welcome TITAN[タイタンがやってきた]

マツダボンゴ、2000mの峠に登るありがとう、マツダボンゴ。
  1. 2013/06/16(日) 20:58:40 -
  2. マツダ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



ボンゴラストドライブ[軽井沢-草津-飯山でC56を塗装する-十日町へ]




マツダボンゴ、2000mの峠に登る我が家のメイントランスポータ、マツダボンゴ。
今年で17年くらいのってるトラックです。
高校生の頃、新車でやってきて、自分も運転を覚えたトラックです。
いろいろ活躍してくれたボンゴですが、今後の事を考え、近々、機材変更します。
そんなこんなでボンゴのラストドライブをしてきました。

マツダボンゴと旧軽井沢旧軽井沢に行き、

マツダボンゴと草津湯畑草津湯畑に行き、
荷台に載っているものは気にしないで~

硫化水素の出る地帯硫化水素の出る地帯を抜け、

マツダボンゴのF8、76馬力エンジンを全開にして草津白根ラインを駆け上がる国道299号、標高2000m近い峠道をわずか76馬力のマツダF8、1.8リットルSOHCエンジンで、
駆け上がります。きもちーいーーーーーー
マツダのクルマって感じです。

草津白根山からのぞむ遠くに見えるアルプスの峰々そして、雲の向こうに浮かぶアルプスの名峰を見ながら、
白根山 残雪と桜残雪と桜を見ながら、
草津白根山の六月桜

湯釜草津白根山の湯釜へ。
よくある観光ですね!!!
嫁さん光孝はここまで、ここからは、ロータリー人生ワールド炸裂。

毛無峠の索道の残骸かつて硫黄鉱山があり、須坂と小串鉱山を結んでいたという索道跡が残る、毛無峠に行きました。
ここで、荷台に乗ってる、荷物をオープンにして、

標高1823m、毛無峠に登ったC56標高1823mの毛無峠に登ったC56129

毛無峠に登ったC56うひょー!!!!!

C56と荒涼とした大地ピントが合ってないのがさびしい、

C56と荒涼とした大地にていいねぇ~
C56と青空

ロータリー人生ワールド炸裂はさらに加速、
白いC56 129ほへ????飯山に眠る本物のC56 129が白くなってる????
これは、飯山倶楽部(飯山商工会)の方々や地元有志の方々が、ぼろぼろになったC56を綺麗にしようと、
5月から活動し始めた活動に、自分もお邪魔しました。

みんなで塗り塗りみんなで塗り塗り。

C56 129にペンキを塗るロータリー人生オイラもぬりぬり。
嫁さんも塗り塗り。

野沢温泉の青空の下でミニSL去年、国鉄OBの方々の山菜パーティに野沢温泉に行ったとき、
お世話になった民宿のオーナのお孫さんにばったり、びっくり。

本物のC56 129と小さなC56 129で、汽笛は小さな方がさてさて、ボンゴで行っているということは、やっぱこれだねー。
本物のC56 129の前で、小さなC56 129が、罐に火を入れて、汽笛を。
夢があふれてる。

塗れてきました、C56塗れてきました。C56 129
ぬれてきたよぉーC56 129いいねぇ、よくなった。
現地では、かつて飯山線でC56や86に乗っていたという2名の国鉄機関士OBさんたちにも見てもらって、
アドバイスいただいたり、って充実時間。
ここまで間近で、3時間以上も観察できるって、本当に貴重な経験!!
C56 129の運転台の中
元機関士さんたちも、C56のの精巧さや汽笛には驚いてました。
大小C56の後ろを通過するキハ40系を改造したトロッコ列車

マツダボンゴと戸狩野沢温泉西口 727 戸狩野沢温泉西口駅前でC56 129飯山側でも本格運行開始です。
飯山の方々、昨日もどうもありがとうございました。
貴重な経験ができて、ほんとに楽しくてうれしかったです。

リアOHと、C56とボンゴのその後、十日町からカブでリアカーを牽引して、
応援に駆け付けた方と一緒にリア王をトラックにのせて十日町に行って、
飯山線の枕木の家飯山線の枕木で造られたという、家で休憩して、
十日町でご飯を食べて、おしゃべりして21時に東京へ向けて出発して、
23時半過ぎ、日野に帰着という、ボンゴラストドライブでした。
楽しかった。
  1. 2013/06/02(日) 07:14:53 -
  2. マツダ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


BACK NEXT

がく

09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search