がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシー、ファミリアバン、C56に乗るがく




水素ロータリーエンジンRX-8と環境技術展へ行く




マツダのR&D横浜で開催されている水素ロータリーエンジンRX-8と環境技術展へ行ってきました。
講演会
RX-8ハイドロジェンREが入場して、講演が始まりました。
話は、環境問題の話から、マツダの環境への取組み、その歴史を説明された後、水素ロータリーの話になりました。
環境問題に関しては、とても身につまされる話でした。
水素の事、ガソリンとの比較、燃料電池と異なる点などを駆け足の講演でした。

詳しくは、私のホームページ、ロータリーイーグルの
水素ロータリーエンジン 2005/6/17 TOKYO BIGSITE 
  と
水素ロータリーエンジン 2005/10/30 TOKYO MOTOR SHOW
に載せてあります。
興味のある方はどうぞ~

目の前を走るRX-8ハイドロジェンRE
目の前を走る水素RX-8。

展示されいたプレマシーハイドロジェンREハイブリッドとプレマシーFCEV
場内には、プレマシーハイドロジェンREハイブリッドとプレマシーFCEVも展示されていました。

ロータハウジングとロータと水素インジェクタ
ロータハウジングとロータと水素インジェクタ。
東京モーターショウでみたロータには水素インジェクタを装着する穴の部位にある冷却水路は金属パテの様な物で塞いでありましたが、今回のは、ハウジング製造時から水素仕様で製造された様な気配でした。

走るRX-8ハイドロジェンRE
RX-8ハイドロジェンRE同乗試乗会。
くるくるくるくる研究所構内を走ってました。
マツダの車両群とRX-8ハイドロジェンRE


RX-8ハイドロジェンRE車内に置いてあった記録表
今回の同乗試乗は後席でした。
車内には、運行記録表がありました。
見ると、いろいろ書き込まれてました。
実はこのRX-8、ナンバーを見る限り、おととし東京モーターショーで乗ったRX-8のようでした。
走行距離は10280kmでした。

RX-8ハイドロジェンREのエンジンルーム
まるですでにディーラーで販売されているRX-8のエンジンルームの様。
水素漏れを検出するためのセンサがバルクヘッドについているのがノーマルRX-8違うなぁと思わせること位。

今回の頂き物
今回の頂き物。
2006マツダ 社会・環境報告書とストラップとRX-8ハイドロジェンREのトミカ。
RX-8ハイドロジェンREのトミカ

今回の展示会は今後到来するであろう、水素時代への啓蒙活動であったように思えました。

MRYとルーチェ
今回、R&D横浜へはルーチェで行きました。
瑞穂埠頭はトラックがガンガン入っていっていて、普通に橋を渡って進入できそうな気配でした。
中華街
帰りは、中華街。
裏路地のお店に入りましたがおいしかったです。
昨日はラジオから守護神で使われるブライアンアダムスがパワープレイ状態で、それもまたうれしい一日でした。


スポンサーサイト
  1. 2007/02/04(日) 07:41:03 -
  2. 水素ロータリー -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:6 -
  5. ↑TOPへ


<<アクセラのフロントスピーカーを交換する | ホーム | いくぜMRY!>>

コメント


 ☆

 水素エンジンですか、ロータリーと相性が良いと聞きますが、燃料電池車と比べたらどう良いんですかねぇ?
 数年前まで電気自動車とハイブリッド齧っていたので興味あります
 
  1. 2007/02/04(日) 10:39:10 |
  2. URL |
  3. 川原 #-
  4. [ 編集]

 ☆

川原さん
燃料電池と比べて良いといえるのは、コスト、貴金属類の使用が現状では圧倒的に少ない、インフラ整備の途上では、水素供給不可地域で従来のガソリンで走行できる、また、純度の低い水素での動作が燃料電池では現在は不可能な所、エンジンでの使用は可能、という様な点が燃料電池よりも優れている点だと思います。

P307HDiさん
燃料電池とエンジンの作動時の効率を比べると水素時代への過渡期以降、エンジンが燃料電池に勝る点というのはない気はしますね。
貴金属の使用が現在よりも少ない状態で、燃料電池の作動が可能になったら、製造時の価格もぐんと下がると思うのでエンジンの時代は終わってしまう様な気がします。
ところで、P307HDiさんのリンクされているページを見ると、最後に、車用としては水素エネルギーに可能性が無いということが~の記載があります。

将来のクルマがどうなるのか、楽しみですね。
今のクルマが好きな自分を含めた人々は今のうちに楽しんでおくのが良いと思ってます。
自動車でもサーベイランス試験を部分的に実施して何かのデータを収集しようとしているので。
  1. 2007/02/04(日) 21:41:55 |
  2. URL |
  3. がく #-
  4. [ 編集]

 ☆今、戻りました

 講演会とても興味深い物でした。 マツダらしく真面目な講演の進め方にとても好感を持ちました。今後地球がどの様になって行くのかの説明はわかっているつもりでしたが改めて危機感を持ちました。 タウンミーティングでも技術担当の方々の丁寧な回答に時間を忘れて楽しみました。 正直な所、単にアピールだけのイベントだと思っていたのですが商品化に向けた現実味のある話が聞けて良かったです。 がくさんにお会いできれば更に楽しかったのですが(笑) そういえば展示スペースに「ルーチェ」がありましたね!!
  1. 2007/02/06(火) 00:32:44 |
  2. URL |
  3. 323mps #-
  4. [ 編集]

 ☆おつかれさまでした

323mpsさん
日曜の方に参加されたとの事、遠路お疲れ様でした。
講演の題名に水素REとうたっていないだけのことはあって、かなりの時間、環境についての話、されてましたね。
身につまされる話でした。
もうあの、モアイ像のある島みたいに地球上がならないといいという感じです。

展示の方は、配置が変わっていて、かなり新鮮でした。
ルーチェはいまも収蔵されているのか??と思っていたら、鎮座してて良かったです。
ルーチェ、きれいでうらやましい感じでした。
  1. 2007/02/06(火) 07:58:08 |
  2. URL |
  3. がく #-
  4. [ 編集]

 ☆凄くいい!

燃料電池よりも圧倒的に良いと思います! だって、燃焼するから走りも良いし、今まで通りエンジンサウンドも楽しめて、エンジン音で歩行者が気づくから安全性も高い! そしてガソリンも使え、バッテリーを使用しないから処分時に余計な有害物質も無く、不要=電池生産時のCO2も出ず、コストも安い!!

車両価格は、燃料電池車の10分の1の価格らしいですね~。
  1. 2007/02/14(水) 18:25:33 |
  2. URL |
  3. 水素ロータリー! #-
  4. [ 編集]

 ☆

圧倒的によいかどうかは、わかりませんが、将来、水素時代が到来した場合、水素ロータリー車も一般民に発売されるといいですね~!
  1. 2007/02/15(木) 22:10:58 |
  2. URL |
  3. がく #-
  4. [ 編集]

  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://reaps4.blog12.fc2.com/tb.php/645-4110f96e

がく

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search