FC2ブログ


がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシーやC56に乗るがく




北越雪譜




北越雪譜
江戸時代に書かれた北越雪譜。
鈴木牧之 編撰
江戸の頃の魚沼や妻有、頚城辺りの出来事や特異な事、雪との暮らし振りが書かれています。
長岡の方の浮島の事や当時から噴出していたガスのこと、アーケードのご先祖と思われるがんぎ(雁木)のことも記されていて、当時の越後・新潟がどんな様子だったのかがわかる一冊。
言葉が古語なので、読むのかなり大変です。
スポンサーサイト



  1. 2006/09/28(木) 21:17:21 -
  2. 書籍 -
  3. トラックバック:1 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


<<RX-8と三国峠の宿場 | ホーム | 水銀灯に照らされたマツダ ルーチェ>>

コメント


  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

  北越雪譜について-日本の心-四季折々の風情を感じ...

北越雪譜北越雪譜(ほくえつせっぷ)は、江戸時代|江戸後期における越後魚沼の豪雪地帯|雪国の生活を活写した書籍。初編3巻、二編4巻の計2編7巻。雪の結晶のスケッチから雪国の風俗・暮らし・方言・産業・奇譚まで雪国の諸相が、豊富な挿絵も交えて多角的かつ詳細に記されて
  1. 2007/02/10(土) 23:56:09 |
  2. 日本の心-四季折々の風情を感じ...
↓↓トラックバックURL↓↓
http://reaps4.blog12.fc2.com/tb.php/545-d29844a9

がく

06 | 2020/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search