FC2ブログ


がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシーやC56に乗るがく




クボタ アステ




クボタ アステ
クボタ アステ
我が家にやってきたのは、私が、小学生だった頃。
すでに12~14年近く、畑、田圃を耕しています。
私、初めて、四輪の原動機付の乗り物を乗りこなしたのは、このアステでした。
北海道や、私の田舎、新潟の大規模な農家のトラクタと比べると、ミクロなトラクタですけど。
車体より幅のあるロータリーをもつ、トラクタ。
この、トラクタに乗ったおかげで、車幅感覚が養われたような気がします。

クボタアステのエンジン
排気量は898cc、3気筒ディーゼルエンジン。
出力は、シリーズ最低の15馬力。
ラジエタは、エンジン後方に配置されています。
当時、鉄道の方では、新しいエンジンを搭載した気動車がJR各社から登場して、従来と比較して、軽いエンジン音を誇っていましたが、その雰囲気に近い回転を誇っていました。
でも、15馬力なため、近年は、お疲れ気味。

スラントノーズなクボタアステ
冷却性能が不足気味だったといわれる、ラジエタの配置位置。
でも、そのおかげで、当時の小型トラクタには無かったスラントノーズを実現。
非常にスマートなデザインでした。

いよいよ、新型トラクタの導入が行われる様です。
スポンサーサイト



  1. 2006/04/23(日) 19:25:45 -
  2. 農業 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


<<クボタ キングブル | ホーム | 幕張に行く>>

コメント


  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://reaps4.blog12.fc2.com/tb.php/413-c99420ba

がく

12 | 2020/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search