FC2ブログ


がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシーやC56に乗るがく




タイタンの荷台にミゼットを一人で載せられるようにする




ウインチでミゼットをタイタンの荷台に積む
この冬休み、やりたかったことがほとんど出来ていません。あひぃ。
実は、冬休みの後半にタイタンにミゼットを載せて下町に行って、
駄菓子屋めぐりをしようと思っていたのですが、とてもできる体調ではなく....
でも、一度載せておこうか?ということで、
買っておいた部材をつかってタイタンにミゼットを載せました。

タイタンの荷台にミゼットを積む
sin、cos、tanのサインあるいはタンジェントってやつを使うと、坂道を降ろうとする物体の、
荷重が簡単にわかります。
なぜか?鐙板の長さはわかっているのと、
車体最後尾の高さもカタログの載っていて、
ご覧のように下駄を履かせて下端を低くした場合でも、
その高さは簡単に実測できるからです。

ミゼットは約400kg、重い発動機を同時に載せても、だいたい600kg。
画像の鐙板の角度からsinθで鐙板を降ろうとする重さは、ミゼット単体なら、
150kg程度。もしも荷台に発動機を載せていても引っ張る力は200kg程度で
済むはずでして、ウインチは1300kgまで引ける物を買ったので、
楽勝でひっぱれました。
良かったよかった。

さてなぜこんなことをするのかというと、
移動速度が低速なミゼットを遠方に連れ出せるようにしたいから、です。
今年は、5月10日に開催予定の十日町いきいき旧車ミーティング、
連休最終日ですから参加出来ないかもしれませんが、
何年ぶりかに故郷十日町の旧車イベントに....とか、
秋の青梅旧車懐古同窓会、運営の手伝いを頼まれているのですが、
そこに今年はミゼットを、とか、
実際に実現するかどうかはわかりませんが、ほぼプロの写真家の方と、
SLと三輪車という題材で、とかまぁ、そういう悪巧みがありまして、
こういうことを準備したわけでございます。
一人でタイタンの荷台にミゼットを載せられる、ということは、
とても素晴らしい事でした。
タイタンにミゼットを積む

スポンサーサイト



  1. 2020/01/06(月) 00:00:49 -
  2. オート三輪 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


<<豆汽車を見たら、自分もウズウズしてきて、北風吹きすさぶ冬休み最後の日に汽車を磨く | ホーム | 愛知こどもの国の軽便鉄道で2020年の初蒸気>>

コメント


  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://reaps4.blog12.fc2.com/tb.php/2328-73a57049

がく

07 | 2020/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search