がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシーやC56に乗るがく




国立石油発動機運転会に行く




去年、モペッドで国立と府中の境近くにある朝7時からやっている業者相手用みたいな、
西府のホームセンターに行く途中で国道20号バイパス沿いの畑に、たくさんの人々が
あつまって発動機をバタバタやっているのを見かけました。

午後、もう一度行くと既にお開き、お片付け中なようで......

来年は行くぞ!!!と思ってましたが、いよいよその日がやってきました。
安塚石油発動機運転会
発動機運転会はもう何年も前に生まれ故郷にほど近い安塚に行ったの以来、10年ぶり。

畦道を行く石油発動機を載せたミゼット
約55年前の三輪トラックに約90年前のエンジンを載せて、汽車でも大変お世話になっている、
隣街の国立へ。
国立の古い家とミゼットに乗ったクボタF型

国立発動機運転会
家の事をやって、発動機運転会では撤退時間も間近な昼に会場へ。
なんかいいなぁ、発動機運転会
南魚沼とかからも参加している人がいてびっくり!!
このような可搬機も
うわすごいすごい!!

マツダT600用のV2、OHV空冷エンジン
ロータリーエンジン研究部の故 山本さんが若き日に関わったと言われる、

マツダT600・三輪車の空冷V2エンジン。
マツダK360 
画像はK360ですが、これの600ccバージョンに乗っていたエンジンです。
国際的な自動車評論家、山口京一さんのWEBの記事を見ると、
昨年、亡くなられてしまった、ロータリーエンジンの育て親であらせられた、
山本健一さんがその三輪車にどのようにかかわったかが、記されています。
良い物見せて頂いた。
マツダT600エンジンの説明書き
マツダのオールドエンジンの横に置かれていたカストロールの缶。
いいなぁ。
古いカストロールの缶、いいなぁ

エンジンとコンプレッサ

国立の発動機運転会
いろんなエンジンがあって、ほんとにいい感じ。
焼玉エンジンもまわる
焼玉エンジンも、回る!!!

ポコポコ楽しい音ですね。
焼玉エンジン

会場を走っていたラビット
会場をラビットが走り回る。
ミニSLと似た様なもんですね。

運転会で回る我がクボタF型
さてさて、部落の共有財産を払下げてもらった我がクボタF型も、爆音を響かせて。
囲まれた?我がクボタF型


今日は、ビデオの方は不真面目だったので、

以前撮った映像を。


なんだか春の気配を感じる良い休日でした。
スポンサーサイト
  1. 2018/02/26(月) 00:00:04 -
  2. 石油発動機 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


<<ルーチェ手元に来て7回目の車検 | ホーム | 汽車の事>>

コメント


  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://reaps4.blog12.fc2.com/tb.php/2007-66d83d05

がく

03 | 2018/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search