がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシー、ファミリアバン、C56に乗るがく




マツダルーチェに乗って十数年が経ち




2002年3月、自分は学生で一昔前まで昭和シェルの研修所を兼ねていたガソリンスタンドと、
日野の企業公社でミニSL操縦のバイトをしてた頃、
2歳とか3歳の事から、ずーっと自分で運転してみたいと思っていたクルマを、
北海道の旭川に日帰りで飛んで買った事がありました。
ルーチェと上越国際
それが今でも乗っている、マツダルーチェ。
12Aロータリーエンジン搭載車。

購入価格は確か38万円。
回送価格を含めても50万円弱で買ったと思います。

それから15年。
その間に部品取りを買ったりして、
部品取ルーチェ
これからもルーチェに乗ろうと思ってます。
マツダルーチェと天池
それにしても部品取りは2台で数万円とか、ルーチェは長い事不人気でした。
ルーチェカスタムとルーチェワゴンとルーチェハードトップ
いまでも、そう人気があるとは思えないし、
REという事で、壊れやすいイメージで敬遠されているんだと思います。
ルーチェと山の中
しかし、普通に乗った場合、REは決して弱くないし、
霧の中のルーチェ
相当楽しい、と個人的には思うわけでございます。
レシプロにはないエンジンの感触、ビート、
ルーチェと夏の弁天池
車重が軽く1t程度の為、操縦して楽しい。
マツダルーチェとC11 325号機が牽引する信濃川ロマン号
50年後に乗ってるかどうかはわかりませんが、乗れるところまでずーっとずーっと乗っていたい。
それが、ルーチェとわたすとの関係です。
V6ルーチェと夏の八ヶ岳山麓
V6も寝かしているけど、これも何とかしたなぁ。

突然何を言い出したのか????
といぶかしがる方もいらっしゃると思うのですが、
仕事を変えて日野にある会社に勤めて日々、いろんな車の情報に触れて、
心が少し変わったと言いますか、
マツダとトヨタが相互資本提携・業務提携をしだした、
はたまた、かつて夢のエンジンと言われた、
ロータリーエンジンを世界で唯一あそこまでモノにしてたマツダが、
REデビューから50年後に、再び夢のエンジンを発表する、
これはSKYACTIV-Xの事なんですが、
いろんな環境変化に伴い、
自分もたまには自分の名義でマツダ以外の車に乗ってみようか???
なんて考えを起こす個人的な天変地異が起きた訳でございまして.......
[つづく]
スポンサーサイト
  1. 2017/09/15(金) 23:59:08 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


<<谷保、うさぎ屋 銀静へ | ホーム | フキプランニング BE30 エンジン左側ケース内の様子>>

コメント


  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://reaps4.blog12.fc2.com/tb.php/1943-85e58c2d

がく

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search