がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシー、ファミリアバン、C56に乗るがく




ライブスチーム/ミニSL遊び'16[機関士人生満25年。本当に楽しい汽車ぽっぽ]




一年のまとめで、ミニSL・ライブスチームの事を書くのは今年が5回目。
機関士になって満25年が経ちました。自分33-3歳という年のミニトレイン活動。
今年の振り返り日記でございます。

1月・2月・3月
C56は12/26からばらしてバラバラなので春までお休み。
1月早々、飯山線の嬉しい知らせが届きましたのでノリノリです。
塗装前の部品と塗装後の部品
より飯山線を走っていたC56129に近づけるべく、
小屋の中で、
ボイラ周りのケーシングもほぼ外されたC56129
作業、作業。
タテヤで咥えるLP405もどき

気筒被の様子
子供も喜ぶ、工作。
子供、シールドビームLP405にご執心

LP405 前照灯 シールドビーム 「架線注意」銘板と油灯前掛
シールドビームの前の光り輝くカバーを、
LP405メッキリングを再現
薪ストーブに間違えて入れてしまい、
こんなことに成ったこともありました。
溶けちゃったリング

LP405シールドビームヘッドランプ 車載状態
でも作り直しでより良い形状になるんだから、何が幸いするかわかりません。

LB21035 気筒被 塗装する
エンジンカバーも新調。

冬は工作だけではありませんでした。
かみさんの操縦する列車
新築中の家の前でオチビサンを使って汽車遊び。
ファミリアとオチビサン

おちびさんスチームアップ完了OS関東の運転会にもオチビサン。
なんじゃー??
上越線、真岡鉄道の本物の汽車も見て、
D51 498 新春の上州を走る
子供はどんどん汽車が好きになっている、と思います
西田井駅の発車シーン、煙と水蒸気をご覧ください 2

イルミネーションミニSLと舞う粉雪
冬の飯山にも遠征。
本命のC56が整備中なので、代役オチビサン。
これは飯山線活性化活動の一環でした。
暖をとりながら

運転席より汽車をながめる
私は子育て中の身でもありますから、
スチームアップをながめる子供
子供と豆汽車活動を始めたのも今年。
おやおや自分で操縦かい??

微調整前C56 129
そして3月末、いよいよC56復活。
うーん好きそうだ、
初火入れも子供と一緒。
なに???1歳半で罐焚の助手

C56 129 と C56 129が書かれた旗
飯山線沿線より届いた旗と共に。
つぶ貝を焼きながら

ベランダから汽車を見下ろす
そんなストーブの季節でした。

4月・5月
公園にてスチームアップ完了
毎年恒例、国立での助人機関士。

桜とC56 129
OS関東の運転会もありました。
桜のじゅうたんと汽車

子供はトーマスに乗って大喜び。
ルーチェとトーマス
中学生の頃、製作初めてまだできないボディ。
ルーチェとヘッポコ車

よみがえったC56129
蘇ったC56を、

C56 129と新緑と風と
新緑の中で。
走り去るC56 129

C56 129と向こうに見える駅舎と
八王子にある某レイアウトと、埼玉の某レイアウトで思う存分楽しみました。
家族とBFファミリアトとレール

マツダCWプレマシーと小さな鉄道
人生まさか乗るとは思っていなかったミニバンにチェンジ。
これでファミリアを退役させてもいろんなところに汽車と一緒に行ける、という事で、
父と子、汽車いじり
十日町にコッペルをつれて行ったり、
展示されたコッペル

新緑の中を行く小貨物列車
白馬にも。
家族で汽車遊び、白馬にて

6月
C56試走後
調整の時期でした。
C56 里山走行中

アジサイの咲く駅にて
アジサイの咲く里山の駅。良いですねぇ、本当。
C56 129最終調整

ダイヤ街のほうずき市で汽車
再び国立で助人機関士。

7月
名鉄7000系 依佐美にて
刈谷の鉄道の見学等もありましたが、
7月は飯山線沿線遠征がありました。
とがり夏なつまつりのステージ
今年はなぜか?
プレゼン
立派なステージの上に上ることに成ってしまい、恥ずかしかった。
この時は、汽車の話をしましたが、本当に場違いだったと思います。
ビアガーデンで汽車の魅力を話しても、そりゃみんな「ポカーン」ですよ。
はぁ、本当に恥ずかしかった。

8月
府中で助人機関士。
今年も、シェイ
夏の3days。
新幹線に乗る娘
子供も遊びに来て嬉しかったし、
飯山でも舞台にいらした御嬢さん
今年もおいしかったし、
お祭りを楽しむ

二重連
思う存分、汽車の操縦が出来て嬉しかったぁ~
終列車は急遽、信号所役

8月はお盆の、十日町からの帰りで、
榛東にも遊びに行きました。
C50
OSでお世話になってる皆様に良くして頂いて、感謝。
BR24,林間を行く

谷保天満宮にて
国立にも遊びに行きました。
新幹線
子供、もうミニ鉄道漬け。
トーマスに乗る

9月
汽車っていいよねという地道な活動
津南へ飯山線沿線遠征。
ヘロヘロレールが飯山線みたい

高原にて
芝生の上、本当に気持ちいい。
秋の風情を感じながら、小さな汽車

汽車っていいよね活動
秋を感じながら、汽車っていいよね活動でした。
C56 129 給水中

景色のいい中で
この後1ヶ月後には飯山線に汽車が来るんだから嬉しい楽しい、
遠征だったわけです。
秋の津南とC56 129
津南はOSでお世話になっている方にお世話になり、
借入機も連れて行きました。
給水塔に集う汽車
本当に良かった!!津南。

10月
今年は国立の助っ人機関士はお断りしてしまいましたが、
脱穀
農作業と、販社さんのサービス技術コンクールの観客役などでの休日出勤をし、
飯山線ロマン号を畦道から見る親子
平日に飯山線にやって来た汽車見学などをしつつ、
第11回平山季重まつりにて
日野・平山にも参加。

11月
日野産業まつり
勾配を下る貨物列車
今年もやってまいりました。
日野の産業まつり。
C56の牽引する貨物列車
タキセ製作所の協力で小貨物編成実現。
水蒸気の中、C56
このイベントでわたくし、機関士人生満25年。
C56と貨物列車
家族も遊びに来て、毎度毎度同じことを書きますが、楽しかった。
家族を乗せて

C11とC56
今年は念願かなって飯山線のSLがやってきました。
自分の中ではようやく皆さんのビデオ素材が集まって、
ようやくビデオの編集が始まる段階だし、
署名もあるし、雪まつりは2月、という事でまだSL運行に関する後のことがそこそこあるので、
まだ興奮冷めやらぬ感じですが、
C56 秋の中
C56を十日町に連れて行ったのも11月。
本番の飯山でのイベントは断り、汽車の見学に徹しましたが、
飯山線を行く汽車、本当によかった。

12月
C56 129 変形ポイントを行く
OS忘年運転会にて。
C56 129 ダブルクロスを行く
レールつくりや施工にもかかわった八王子の某レイアウトももう出来てから15年近く経った訳でして、
何度も走ってますが、毎度楽しい。
C56 129 ダブルクロスへ

イルミトレイン
そして先日の日野市役所前でのイルミ。
イルミネーショントンネルをくぐるイルミネーショントレイン

とまぁ、今年もだいぶ汽車を楽しみました。
年間の休日のうち1/3は汽車に触れていたとおもいます。
25年、小さな汽車の機関士をやっている訳ですが、今年も思う存分楽しみました。

機関士になって25年。え??あっという間に25年、という感じです。
いろんなことがありました。
本当に貴重な入口からミニSLの機関士になったと思ってます。
日野の産業まつりで走るミニSL、すでに30年近い歴史を有しています。
毎年多くの子供たちが興味深そうにミニSLに乗ります。
毎年2日間で4~6000人ほどの乗車数な訳で、
5000×30年となると15万人と単純な計算になる訳でありまして、
15万人というと結構な人数だと思います。
その15万人の中で子供時分から、
小学生の時に見習いになって中学生で客扱いをしていたという、
ミニSLの見習はたった2人。
本当に幸運な稀なケースだと思います。
ここまで来るともう止まらないし止まる気もありません。
幸せな機関士人生だったと思います。

10歳 念願のミニSLの機関士見習になる
15歳 学校を休んで日野産業まつりの準備から関わるようになる
18歳 形見としてコッペルやミニ工作機をもらう
22歳 地元日野で開催された大河ドラマ新撰組のイベント会場で1年間機関士をする
28歳 OSのフォルテオーナーになる
30歳 飯山線にSLを活動に関わるようになる・C56のオーナーになる
33歳 C58のオーナーになる
35歳 機関士人生25周年・本当に飯山線に汽車が来た

ターニングポイントはミニSLに触らせてもらえるようになったのと、
大河ドラマがらみで大学生の時に日野企業公社の臨時職員になって1年みっちり機関士をしたこと、
そして28歳から30歳の時にかけて自分のカマが増えていった時期、だったとおもいます。

日野の臨時職員の時に一気に操縦の腕がよくなったと思いますし、
数年前から近隣の国立、府中の同好の先輩方に腕を見込まれ
機関士として声をかけてもらうようになる、その素地ができた時期だったと思います。
本当に輪が広がりました。
ミニSLという遊びの中で、良い事も悪い事もいっぱいあった。
けど今となっては良い事ばかりだったような気もします。
自分の汽車を手に入れて、しかもそれは飯山線を走っていた、
C56で、生まれ故郷である飯山線沿線に出向いて、
飯山線にSLを呼ぶために小さな汽車を走らせる。
本当に幸運、いいめぐりあわせで活動できたと思います。

人生80年といいますから、自分の場合はまだ45年近く、この遊びができるわけです。
酒飲みなのでそこまでいかずにポ○リかもしれないけれど、
今までの経験を元に、これからも楽しく遊べるといいなと思います。

来年は、より家族と楽しむ汽車遊びの機会をより増やそう、と思ってます。
今年1年、お世話になった方々、どうもありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2016/12/27(火) 04:15:31 -
  2. ミニSL・ライブスチーム -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


<<マツダプレマシーと'16 | ホーム | 続 冬になりカブるので>>

コメント


  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://reaps4.blog12.fc2.com/tb.php/1836-2da8e49f

がく

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search