がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシー、ファミリアバン、C56に乗るがく




Be a driver. Experience at FUJI SPEEDWAYを見に行く




子供に初めてレーシングロータリーを見せた。
春のイベントの時は雨で見れなかったけど、今回は無事走行するところがおがめました。
マツダ787B達
チャージマツダ787Bは寺田さんがドライブ。
お野菜食べていただいてる方が運転してるんだよ、と説明しつつ、秋の富士でした。
爆音に驚く娘


はしる787B
’60~’90年代のロータリー車が走る姿、かっこよかった。
サバンナRX-3

かつて戦っていたRE車達はその先天的要素により炎を吹き出しやすかったり、
吹き出す炎 レーシングロータリーより

とんでもない音を響かせたりと、かっこいい要素が満載な訳ですが、
エンジン音を真似しているらしい
子供もそんなことを感じたらしい。
レーシングREの感想は「かっこいい」「大分、うるさい」だそうだけど、
甲高いレーシングロータリーを口真似していて心の中に何かを刻むことに成功した気が.....

ロードスター、総生産台数約100万台、RE車、約200万台。
そしてロードスター以上にRE車がたくさん集まっている所が見れてとてもよかった。

底辺の活動もそれはそれで重要だと思うわけですが、
自分が小さいころに休日午後にやっていたレースの放送には、
トップカテゴリで走ってるマツダの姿がまだ映っていました。
でも今は、もうそういったことが一切ない。
地上波でレースというのもほとんどない、良い時代に生まれてたんだなと、しみじみ。

スポーツカーを造っているというのなら、出来ることなら日本で、それが無理なら、
海外ではまだまだ続いている活動をより本格的にやっていただき、
マツダがトップカテゴリのレースに挑んでいるところを見たい、そんな気がした日曜でした。

スポンサーサイト
  1. 2016/09/26(月) 00:20:46 -
  2. レーシングロータリー -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


<<飯山線SL最新情報[’16/10/1] | ホーム | 飯山線SL運行告知ポスターが届く>>

コメント


  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://reaps4.blog12.fc2.com/tb.php/1795-fe63f648

がく

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search