がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシー、ファミリアバン、C56に乗るがく




海水浴とアジサイと83年前の乗用車と頂き物




高幡のアジサイ山を歩く
近所の高幡不動は今がアジサイの盛り。
早朝散歩でアジサイ見学。
アジサイ山を行く母と娘
そんな早朝ののち、オヤジは小銭稼ぎのネタを仕込んでみたり、
小銭稼ぎのネタ仕込
これはDEデミオ用の寺田さんがやってらっしゃるオートエクゼのマフラー。
となんちゃってマツダスピードデミオと伊達原秘密飛行基地跡とそばの花
次のボーナス商戦時に出品してみようかなぁ。
そんなこんなで久しぶりにゆっくりした土曜。

旋盤加工を
過日、ちょっとした部品を頼まれていたので、
今日は納品を兼ねて都心へ行ってみました。
お台場の駐車場、がらがら
朝9時。台場の駐車場。
がらがら、お台場の駐車場、朝9時
がらがら。
出撃準備
出撃準備です。

さぁ、海に入るぞぉ
さぁ、海に入るぞぉ
お台場で海に遊ぶ
2時間ほど、海遊び。
胸まで使ってしまったので海水浴といっていいと思われ。

三田より東京タワーを
12時、目的地を目指して出発。

オースチン10
ドドーン。
オースチン10
オースチンのマーク
83年前の個体だそうです。
オースチン10をながめる娘
娘、釘づけ。
オースチンのエンジン約1.1ℓのサイドバルブらしい。
1.1ℓサイドバルブだそうです。
すごいなぁ。日本にもそういう個体が来るだなんて。
オースチン10の時計 スミスです。
スミスの時計。
オースチン10の速度計 スミスです
スミスの速度計。
オースチン10の計器

アジあるなぁ、オースチン10の車室内
すごい味の世界です。
方向指示器、ウインカー
方向指示器。
どどーん

オースチンの荷台。トランクになる部分です
革のトランクなんかを括り付けるための、荷台。
オースチン10の車室内
何でもイギリスの結婚式の送迎につい最近まで使っていたらしい、
個体だそうなんですが、
そんなこともあって、車内には花瓶。
リアウインドウには運転席で操作できるカーテンまでついてました。
高級車~
ちなみに83年前というと1933年。
日本でも乗用車というのは製作されていましたが、
その範となっていた海外の物と比べるとまだレベルは低かったし、
トヨタの前身が創立されるような時期に実は非公式にダットサンが真似していたらしい、
のが、オースチンとなるそうなのです。

オースチンと日産が正式に技術提携を結ぶのは戦後なんだそうで。
ちなみにダットサンは日本初の自動車製造会社、快進社とクボタの資本の、
実用自動車製造が合併したダット自動車、そして、その会社が、
日本の特殊鋼の祖、安来工場、すなわち日立金属の前身と、一緒になって日産自動車となったのが1934年なんだそうで。

この個体はちょうどそのころのモノ。

そのような乗用車を見せていただくなんて、そして運転席に乗せていただけるなんて、
もうびっくり感激。ありがとうございました。
エンジンも一発始動。すごく調子がよさそうでした。
公道復帰した暁には、またお邪魔させていただきます!!!
子供は女の子ですが、本物をみて育っていると勝手に思いました。
すきになれよぉ~
頂いた油圧リフトで。良い子はマネしちゃいけません
でもって帰りにはお土産頂きました。
プレマシーに乗った、油圧リフタ
200kgまで行ける、リフタ。
頂いた油圧リフタ
感謝感謝な日曜でした。
スポンサーサイト
  1. 2016/06/12(日) 18:29:47 -
  2. マツダ プレマシー -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


<< 東京稲作事情'16-小学生の田植え- | ホーム | 東京稲作事情'16-田植- >>

コメント


  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://reaps4.blog12.fc2.com/tb.php/1751-ab4a9391

がく

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search