がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシー、ファミリアバン、C56に乗るがく




信濃川沿いミニSL運行まつりで飯山線を走っていたC56 129のミニチュアを走らせる




9月のシルバーウィーク、十日町に行きました。
稲刈シーズンの妻有十日町で開催された、信濃川沿いミニSL運行まつり。

1日目は、
十日町駅西口広場にてC56 129
十日町機関支区の構内・詰所や、
C56 131号機
信濃川発電所の軽便鉄道の基地があった十日町駅西口広場、にて。

2日目は、
中里グラウンドにて
JR東日本さんが一日に使う電力の25%を生み出すための水を取水する宮中ダムの横にある中里グラウンド、にて。

3日目は、
芝生と青空の下にてミニSL
信濃川発電所のある千手から宮中ダムまで伸びていた、
十日町の昔、軽便が走っていたという、跡
軽便鉄道の掘割が残る吉田クロスカントリー競技所、にて。

飯山線に再びSLがやってくる事を願ってやまない人々が集まって。
十日町のSLを望む方々は、12年の40年振りにSLが飯山線に戻ってきた時以来、
凄い頻度とかそういう訳ではなかったですが、とだえることなく活動を続けてきてらっしゃいました。
映画を日活から借りて上映したり、雪まつりに出て活動したりとか。
その延長線上で今回のミニSLまつり、という事に相成りました。

予想外にお客さんがやってきていただいたので、2,3日目は体験用軌道を敷設するという事は、
取りやめになりましたが、
さぁ、自由にさわって汽車をすきになってくれぃ!!!
貸していただいた機材も使用して、機関車・汽車の事が好きになっちゃうように、
いろいろ、やりました。
ちなみにかわいい汽車の後ろ、塩沢の「ケロケロ」さん、まじで珈琲うまいです。
中里グラウンドのにぎわい
十日町駅前に人が集まるのは想定内でしたが、
宮中ダムの横にもこんなに人がやってきて、宮中ダム魚道を見学したり、
信濃川とC56 129
信濃川の秋を感じたり。
C56129 宮中ダムをバックに
そんな方々をお見受けしました。

芝生にゴザを敷いて汽車を眺めていただくという、ローカルな雰囲気もあって、
とてもよかった、です。
十日町市の信濃川・清津川対策の方が見えている最中に汽車のカマタキの具合をしくじって、
恥ずかしい所を見られてしまったり、いろいろありました。
3日間のイベントで各日場所を替えたのも、それはそれは大変でした。
これを一人で
日野から十日町に行く際の荷づくり3時間、
十日町から帰ってきて荷下ろしするにも1時間半かかり、それは一人だし、
目にシンダがぁ
シンダが飛び込んで来て目が痛いし。
そんな苦行も、沢山の笑顔と、少しでも汽車が楽しい、という何かの足しになっているんじゃなかろうか?
という具合で結局すべてが楽しくなってしまうという、そんな気分でございます。
妻有の夕暮れとカブ
ご覧の様に運行終われば、原付で故郷を感じて、
妻有の夕暮れと家族
うろうろ走り回ったり、上手い物やお酒を頂いたり。
本当に最高でした。
農道と風を感じて
こういう事をさしてくれる家族にも感謝だし、
関わってらっしゃったすべての方々、十日町で奔走してくれる方々に感謝です。
今回、コーヒー屋さん、ポップコーン屋さんとか、綿あめ屋さんが来てくれたり、
おぉ、すごいなぁ、と思いました。

C56 走る 吉田のクロスカントリーにて
3日間、走り続けたC56、頼もしい。
本当は補機なしで行きたいところですが、
クラブで走っていて何かあったらしばらく止まってられる、
というような環境ではなく走りつづけないといけないので、今回は、補機を入れました。
補助機材を貸し出してくださった方にも本当に感謝です。
C56 流し撮り
3日間素晴らしい天気の下、秋風の吹く中最高でした。

信濃川と飯山線、そしてC56はとても関係が深い訳でありまして、
C56が現役当時は、信濃川、千曲川の横を縫うように走っていた訳であり、
信濃川鉄橋を渡るC56
[故 登坂先生遺作写真集より引用]

信濃川にかかっていた軽便鉄道、千手までは三線軌道だったそうで、
C56が信濃川を渡って千手まで走った事もあるそう。
C56、本物ではないんですが、小さくなって、十日町で走る。
そんな3日間。

この前、府中でなっぱ服や帽子一式頂いてしまったので、
ついにオタクの姿となる
十日町駅前では従来通りつなぎでした、が、ついにこの格好に。
本当に楽しい3日間でした。
汽車に目が釘付けになって、
芝生の上をよちよち歩きする、我が子と同じような年恰好の子供達を見て、
あぁいつかこういう場所に一緒に行きたいなぁと思ってみたり、
またまたいろんなことを考えさせられるイベントでした。

宮中ダムを眺めつつ
さて飯山線にSLはもう一度走るのでしょうか?
この秋、何かしらの発表があるらしいのですが、
どんな中身になるのか楽しみな十日町でした。
スポンサーサイト
  1. 2015/09/23(水) 13:06:34 -
  2. ミニSL・ライブスチーム -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


<<電気式ジーセル機関車・ディーゼルハイブリッド・スカイアクティブロコモーティブのプロト | ホーム | BF継続検査[自作特派員より]>>

コメント


  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://reaps4.blog12.fc2.com/tb.php/1625-48fa4c5e

がく

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search