がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシー、ファミリアバン、C56に乗るがく




いつか再び走る為に




越後妻有大地の芸術祭2015 開幕一ヶ月を切った十日町へ
HB型ルーチェ
マツダがマツダの上級車・高級車セダンにもREをイチオシとして用いていたのはHB型のルーチェ/コスモまで。
HCルーチェはREはサブになってメインは....
ボクサーのちの大きなタイタンには'70年代より6気筒エンジンがありましたが、
乗用車用の6気筒として、マツダの乗用車用としては
マツダV6ルーチェHCFSと横浜港
初の6気筒車だったルーチェを積車に積んで、
HCルーチェ旧宿場にて
三国峠を越して行ってきました。
ここの旧宿場は、おらがREルーチェに乗ってはじめて十日町に帰った時、雪の降る中、寄った場所。
ルーチェと二居の富沢家本陣
祖父との思いでポロポロ旅。

伊達原飛行秘密基地跡にて
伊達原秘密飛行基地にも細い道を抜ける覚悟で侵入。
ちなみに、地元のおじいさん曰く、終戦前に飛行機着てたよ!とのこと。
歴史に残すために書いてみました。

さてさて、今回の積車は日野のやつ。ベースは2トン車でワイドボディでバス並みの全幅をもつ奴です。
日野の日進レンタカーで借りたローダです。
積車4tセルフローダー
以前のったフルサイズの4tに
積車にのったルーチェ
比べてちょっとなん有り。
でも慣れれば楽勝。
汽車焼芋  準備
雪まつりでは、最新鋭の汽車焼芋機と
十日町雪まつりに姿を現した C56
C56という、十日町の飯山線SL運行を応援する市民の会としては現在考えられる、
最強の布陣で訪問した、道の駅のクロス10の隣にあるキナーレ。

キナーレの蓬莱山 建造中
キナーレでは蓬莱山を造っている最中で、

十日町駅の芸術
十日町駅の北越急行の駅舎である西口には、
光をうまく使った作品が。
いろんなところで作品作りが進んでました。豊かな自然を生かした作品を見てみたい方は、ぜひ、十日町へ。
お越しください。

HCルーチェ 着陸
マツダが日本市場ではトヨタのクラウン・マーク2三兄弟、と、
日産のセドグロ、ローレルに挑むためにつくった、セダン。
HC型五代目、かつ最後のルーチェ、いつか再び走る為に、準備です。
最近、汽車汽車騒いでいますが、マツダは俺の生甲斐。
このブログに書くオラの欲望はだいたい叶っています。
いつかもう一度......走ってもらうから。よろしくねー。

母娘、トラック見学
帰ってきたら、母と子が積車見学に。ようこそ。
でかいねぇ。このトラック。

久しぶりに、BKアクセラ
前々愛車の初代アクセラにもあえて、いい一日でした。
スポンサーサイト
  1. 2015/07/04(土) 20:41:38 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


<<とある休日の様子 | ホーム | 真鍮の岩に水を垂らし炎を燈す物>>

コメント


  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://reaps4.blog12.fc2.com/tb.php/1605-07deec4f

がく

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search