がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシー、ファミリアバン、C56に乗るがく




けなげな菜の花[ロビンエンジンをもらう]




遅ればせながら、定植しなかったダメ苗が菜の花を咲かせた
定植時期に、思い通りの苗になっていなくて、畑の片隅にほっぽかれていた、
苗箱から、けなげに生き伸び?発芽した菜の花が咲いているのを見つけました。
がんばっている感がなんかいいなぁ。

タイタンでもらってきた鉄パイプ
20号バイパスの八王子みなみ野方面への伸長工事に被って、
田んぼを辞める方から稲の架け干し用鉄パイプを頂き、雨ざらし清掃の準備をしたりしました。

リアカーで近くの梨畑に
元JA組合長のところから治せば使える筈というロビンエンジンを貰ってきました。
リアカーに乗っかった動噴・エンジン
腐ったガソリンを抜いて、
キャブの簡単な整備、フロート弁の修正と、ジェットをケミカルでシューシューだけで、
エンジン復活。
エンジンだけ使ってよ、と言われてもらってきましたが、
一緒についてる動噴も使えて散水用のポンプとして使えそうです。
貰ってきたエンジン・動噴

さて、休みの日の楽しみは、工作・整備なわけで、今週もです。
3月半ば過ぎ、夜明け前のヒモノトロータリーベース・日野十日町機関区
早朝4時すぎくらいから子供が起きるまでがまず第一のお時間。
土曜の夕方に最後に薪を入れておいて、空気を絞っておくと、
翌朝に灰の中にまだ火種が残っています。
熾きに紙を近づけて火を起こして、
薪ストーブの熾きで火を起こした直後
車庫、俗に言うヒノモトロータリーベース・日野十日町機関区で整備と工作です。
C56 129 ミニSL ライブスチームと薪ストーブとガレージ ここで機関車の整備をします
先週の走行の後の整備を。
先週、幹線職人さんから、東工での高校時分の経験を伝授していただいたので、
ペチコート形状とブラストノズルの変更をして見ようと思い立ち、
その下準備をしました。
ペチコートは、いちいち母材を旋盤で削り出すと、失敗時のもったいない感が、
半端ないと思うので缶コーヒーの缶からを使っていろいろ試すようにしようかと思います。

休みの日は、たのしー!という感じの春の週末を満喫できて嬉しかった。
スポンサーサイト
  1. 2015/03/23(月) 04:28:16 -
  2. 地元 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


<<カーアンドドライバーという雑誌に取材された内容が載る | ホーム | あるレイアウトへ>>

コメント


  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://reaps4.blog12.fc2.com/tb.php/1570-6cd8b1da

がく

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search