がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシー、ファミリアバン、C56に乗るがく




ライブスチーム/ミニSL遊び'14[C56 129とオチビサンで走りまわる]




一年のまとめで、ミニSL・ライブスチームの事を書くのは今年が3回目。
今年はかみさんの妊娠出産絡みで非日常へ誘ってくれるルーチェに乗る機会は激減し、
収入と支出の関係でV6ルーチェは泣く泣く車検を切るに至り、
日本人としては比較的多趣味らしい自分の趣味の中で一番熱中したのが
このミニSL・ライブスチームなんじゃないかという一年だった訳ですが、
機関士になって24年目・自分が32歳という年のミニトレイン活動は、
幸いにして今年もいろいろあった事の振り返り日記です。

‘14年1月
新春フォルテ初め'14
新年2日、ミニSL走初めの日。
新年2日の走り初めを初めて早4年目。
カミさんと番犬とC56 129
お飾りを煙室扉につけての正月仕様で走り初め。
今年は、カミさんと2人で走り初め。
‘13年はいろんな所に遠征したC56とフォルテ。
今年もよろしく、フォルテとC56
2014年も地元・飯山線沿線での運行がすでに予定されている訳で、Myシゴロク、しっかりせにゃー!
今年も頼むぞぉ~

12日
OS AT-67を状態のいい客車に着ける
ミニSL作業初めの日
個人的には出初め式みたいなもんです。
一昨年の十日町・飯山線SL運行を応援するミニSLから始まり、
その後「飯山線にSLを」活動の一環として十日町の旧十日町機関支区跡付近や
飯山・津南で走る事になった我が機関車、C56と、おちびさん。
プライベートでの白馬・佐久間・自宅や地元を含めると1年間で203km走ったC56 129。
日々のメンテナンスは欠かせないし、機関車以外の客車・軌道他機材の整備・準備も欠かせません。
4月以降のイベントが盛んな時期に新規物の導入をすると試験・調整にも時間を
裂く必要があるけれど、結婚1年未満の青二才にそんな時間はなかなかありません。
そこで、この日をミニSL作業初めとして、十日町に客車も常備する為に、
3両目の鋼板客車を準備する事にしてその作業をしました。
3輌客車があれば1台は飯山線沿線の十日町に常備しても大丈夫!って訳です。
‘14年のイベントでは、’13年の時点で飯山線沿線の方より直線300m化を打診され、
300はちょっと無理だけど100mくらいなら.....
ということで現状約80mの直線をさらに増強する事にしました。その作業もぼちぼちやっていかないとね。
ポイントも準備したいし、いろいろやりたいなぁ。


18日
坂を登るフォルテ
OS関東新春運転会。
OSフォルテとC56129で参加。
いいねぇ。
C56 129 14年 新春 小川精機 OSLSC関東運転会
昼の七輪とナベのうどんもいい。こういうのんびりした、イベントじゃなくただのんびり走れる日もいいなぁ。
こういうのんびりした感じの中でいろいろ訓練できます。
青空の下 C56 129 14年 新春 小川精機 OSLSC関東運転会 今年の飯山線にSLを!に使う予定の客車を従えて


‘14年2月
2月1日。
C56 129の蒸気と朝焼け
丘の上に登ってプロモーション用写真撮影。
C56 129の煙と朝のひと時


2月8日。
C56 129 豪雪の中
明日はOSLSC関東の運転会、そんな時、8日土曜の早朝より雪が降り始めて朝の時点で東京にある日野十日町機関区の積雪は早くも5cm。
C56 129 雪景色
去年に引き続き雪見機関車です。
C56 129で雪上を走る

ところが雪は見る見るうちに強くなって.....
現役当時の飯山線状態に。
うひょー。
たまらん。寒くて鼻水ずるずるで風邪ひきみたいになっちゃったけど、だけど楽しいなぁ。
いっこうにやむ事のない雪。
どか雪であっという間に運休になってしまいました。

17日
そして驚くことに翌週、東京にはより大雪が降って結局またやってしまいました。雪のSL遊び、
最高。雪のミニSL、楽しいなぁ。
豪雪地帯を行くC56 129
考えている事は子供のままですね。でも最高です。
タンボに餌を探しに来た野鳥


‘14年3月
OSLSC関東の運転会がありました。前の月は雪で中止になってしまいましたが、今回は無事開催。
春からのミニSLイベントシーズンに向けて、野球でいえばキャンプみたいな調整練習を、
C56 129とDD16
機関車・機材機関士共に行いました。
昼下がりの構内

さて、前年からこの頃までに飯山線沿線から小さなC56のオファーを頂いていた訳ですが、
3月に入って、「 ローカル線は地域の財産になる時代が近い将来必ずやってくる・
みんなでしあわせになることができるローカル線」」を掲げてローカル線活性化を目指している
いすみ鉄道の応援団・友達から4月末にオファー頂きました。

日程的にはOKでしたが、実施場所が電動では良いだろうけど、
ライブには少し狭隘な場所かつ勾配もきついという報告を頂き、
「一度確かめてください」と云われたので、早朝確認しに行き、オファーをお受けしました。
いすみ鉄道国吉駅の駐車場の大きさを測定する


‘14年4月
四月の声を聴いたら、勤めている会社で社葬を行うことになりました。
自分はクルマの運転手とスチルカメラでの記録を担当して、
葬式が終わってお坊さんをお寺までお送りした後、葬式場で持たされた弁当を食べるべく
世田谷公園にいきました。
C57 57 走る
桜の中走っている1/5の汽車を見ました。
砧に保存されているC57 57が小さくなって桜の中を走ってます。
もともと蒸気で動いていたというC57 57 。
平成17年まで蒸気で走っていたというライブスチームでした。
今は電動ですが元蒸気・ライブ機という事で、相当しっかり造られているように見受けられました。
調べると国鉄工場製。そりゃしっかりしているわけだ。
世田谷の小さな汽車、線路の傍でカメラを持った子供が走り回っています。
世田谷 ミニ鉄道 子供が手伝う光景
汽車が来ることになるとおもむろに踏切の遮断機の操作を.......
そう、ここの鉄道は子供も手伝っている小さな鉄道でした。
あれ?すごく懐かしい。とその瞬間感じました。
自分もかつて、幼かった頃に小さな鉄道の鉄道員の仲間に入れてもらった経験があります。
日野のミニSLで小さな汽車の機関士見習いにさせてもらう前、うろちょろして邪魔者だった自分を
石炭補給役にさせてもらった事がありました。昔の本物でいえば庫に入ったばっかりの
見習いが炭水車に石炭を放り上げるみたいな感じの。それがあったから今の自分がいる訳で、
機関士見習いになって、その後、機関士になりました。お手伝いを許してもらったのは今から四半世紀前の事。
昔の自分を思い出しつつ、懐かしく微笑ましいその光景を眺めました。
いいねぇ。
そしていよいよイベントシーズンインです。

 5,6日
ミニSLイベントシーズン開幕です。
N700とC21とC56 129
第一弾は日野のお隣、国立のさくら祭りへ、休日機関士しに行きました。
国立は去年に引き続き二度目。運行機関車はすべて他の方の物で、
OSのC21を二日間まるまる自分に預けて頂き、思う存分操縦しました。
楽しかった。ロケーションがいい場所なので、R5のカーブは曲がれないC56を持って行って写真を撮りました。
C56 129 桜をバックに
国立はケータリングも飲み物も最高です。良いですよぉ、国立。

 12日
今年から使い始めるポイントの調整を。
C56とフォルテと8番ポイント

 20日
C56 129と満天星躑躅の新緑と芝桜の簡易線
日野十日町機関区構内の岩場にて。芝桜と満天星躑躅と共に。

 27日
いすみ鉄道沿線に遠征しました。
DSC07419va.jpg
腕木式信号機にキハ30と一緒に。貴重な経験をどうもありがとうございました。

 29日
マツダタイタンダッシュに遠征用機材を積載'14
OSLSC関東運転会。27日に国吉で火格子・ロストルを焼損してしまったので、
応急的に、ステンレスのFBでロストルを造って試験しました。前のに比べて火床整備した時に
落ちる燃えカスが多い気がする。焚くのが少し難しい.....津南では気をつけないと。


 ‘14年5月
例年5月のGWは十日町いきいき旧車ミーティングで生まれ故郷の十日町へ行っていた時期ですが、
今年はカミさんの事もあるし、子供が生まれて少し大きくなったら旧車イベントは
復活ということにして、3日、きものまつりで記念撮影会、4/5日にグリーンピア津南に遠征しました。
C56 129 プラレール広場にて
水勾配のだいぶ付いているけど雪山と桜を眺めつつ広大な土地の上を。
ミニSL運行 終了間際、会長 C56に乗る
たのしぃ。試験なしのお初の場所で急勾配、とくればちょっとしたことでカマの圧力があっという間に….
.という事で、初日の午前中は久しぶりに悪戦苦闘の悪夢だったけど、
午後には無事復調。いい運転会ができました。
津南の葉桜とC56 129
よかったよかった。

‘14年6月
7日、JCFCとOSLSC関東の合同運転会で、自分は一日だけ白馬に行きました。
行きはひどい雷雨で、中央道も国道20号線大垂水峠も通行止めになってしまい、

上信越道周りで白馬までいって一日目一杯、C56で20km程走ってきました。楽しかった。
いいなぁこういうの、汽車と家
初めて他のC56と重連しました。そして、いいねぇ、汽車遊び!!!を実感しました。
小海線のC56 144と飯山線のC56 129の重連
大好きなマツダでドライブして(製作会社さんは他社さんなので純血マツダでは無いんですが....)、
マツダスクラムと白馬のジャンプ台
豊かな自然の中で汽車に乗って、温泉に入って、とまぁこんなに充実する事なんて....
たとえは波乗りや山登りとか.他にもある事はあるだろうけど、自分にとってはパーフェクトな休日です。
さて、白馬の行き帰りで考えていた事がありました。それは軽トラで
白馬を日帰り往復するのは年齢的に少ししんどいな、ということと、子供が生まれたらどうしよう??
という事です。
もともとタイタンで移動するつもりでしたが子供1人までしか対応できないじゃない???
と道中考えてしまいました。
ほんとはアテンザあたりがいいんだろうけどそんなお金は持ち合わせていないので
参道と踏切とファミリアバン
今年免許を返上する’60年代からマツダに乗っていた祖父の最後の愛車・最後の
マツダフラッグをふるロータリー人生
マツダ製ファミリアバンを頂くことにしました。ファミリア、C56と乗用台車、
運転用機材を飲み込んで大人2人と子供だったら2人が乗れるクルマです。たのしみだー
BF型ファミリアバンに載ったC56

小千谷のコッペル
21日、飯山から十日町入りして、さらに隣町までいって第二回機関士育成会。
有煙炭で圧を落とさないで走れるようになるか???をお題にして走行会しました。
マダニがわんさかいるのには閉口しますが竹林の中のミニSL、いいねぇ。
竹林線でオチビサン、走る
マツダという会社に在籍していた人でも、
「ロータリーを早めにやめて資財をレシプロに集中投資したほうがよかった」
という方がいらっしゃって、現状を見ると確かにそうかもねぇ。
とも思うところもあるわけですが、
かつてのマツダが、ロータリー、レシプロ、ディーゼル、
軽からアッパークラス(今でいえばEセグメント・5ナンバーフルサイズ)、商用車
まで全方位やっていた頃のように、
ロータリー野郎はまだまだ全方位にお金を使っていくぞぉ~家庭崩壊しない程度に。

28日 今年二回目の国立。一日めいっぱい乗りました。となる所のはずが、一日雨は降っていたので中止に。残念

‘14年7月
7月12日

東京土建日野支部のイベントの準備で、中央公園へ。
緑の中を走る C56 129
ここは自分が30年近く前に初めてミニSLを見た場所で、24年前に初めてミニSLを操縦させていただいた場所です。
C56 129 で始めて日野 中央公園を走る
日野の産業まつりは去年から向う数年間は他所での開催が濃厚という事だったので、
紫陽花の咲く 中央公園
C56で中央公園を走る事は当分無いかなと思っていた中で意外なチャンスを頂きました。
初めてミニSLを見て、初めて操縦した場所を、自分の国鉄制式機で走れる。
夫婦で中央公園ミニSL
個人的にはとてもいい想い出になりました。
ロータリー野郎 C56 129で初めて日野の中央公園へ


27日 とがり夏まつり
去年に続いて2度目。このイベント自体、スタッフ高齢化問題を抱えていて、
来年が最後らしいんですが、今年もお呼び頂きました。
小さなC56 129と現役飯山線
飯山線にSLを活動の一環です。
夜のC56 129
いやはやほんとに暑くてて熱中症になるんじゃないか??
とがり夏まつりにて
という状況で水を浴びながらですが楽しかった~。
とがり夏なつまつりのステージ


‘14年8月
夏休みです。
C56 調整
C56の登板予定は秋までありませんが、秋に備えて調整を。
そして、我がガレージについにちゃんとしたフライスがやってきました。
ヒノモトロータリーベース 日野十日町機関区の機械加工場
思い起こせば小学生の頃、機関士の見習いにさせ貰った頃に、
日工大のミニSLの世界大会やタキセ製作所の汽車BBQにミソで参加させていただいて、
心やさしいおじさま方に「俺の汽車にのってみな!」「運転してみろ」と言われていろんな汽車に乗った頃、
自分で汽車を造るには、工作機械が必要なんだという事を知りました。
だいたい工作機械というのはタキセ製作所で始めてみました。
かたーい金属をガリガリ削る凄い奴でした。
そして見習いになって数年たったある中学生の夏、
タキセ製作所で初めて旋盤とフライス盤を操作させてもらったことがありました。
「あぁ、楽しい」それがその瞬間の感想だったと思います。
小学校に入りたての頃、「いつかミニSLを運転したい・いつかミニSLを造りたい」と思っていたワタクシ。
いつかは汽車を運転したいは数年でかなえる事が出来ましたが、
工作機を買うなんてことは相当先になるだろう、50歳とかそのくらいかな?
その当時は具体的な事はなにも想像できなかったけれど、
いつか、自分の作業小屋に工作機を入れて汽車を造るんだ!と思ってました。
たぶん深層心理の目標になっていたと思います。
そして、あれから20年。
旋盤は、キサゲ職人のT部さんから形見分けしてもらったコッペルと一緒にやってきた
トヨ・サカイのML-210があるので、フライスがやってきたことで
汽車絡みの部品が小物だったら自前の工場ですべて製作可能になりました。やったねー鬼に金棒。
動輪切削は無理という訳ですが、機構部品に装飾部品は自前の工場で製造できる体制になりました。
このフライス導入には新幹線親父さんが奔走してくれました。
「整備はあるし、新しいのも造るだろう?月賦でもいい」なんて男気あるお言葉で。
ロータリーテーブル 割出盤 エンドミル チャックなど付属多数
刃物、割出盤、ロータリーテーブル、バイス、コレットや各種チャックを
月給の手取り以下でそろえてくれました。ありがとうございました。

自分のカマとして国鉄制式機に乗れるようになるのは少なくても還暦を迎える頃くらいまで
いろいろかんばり続けないと無理なんじゃないか?と思っていた事を
2年前に達成してから、明らかに何か流れが大きく変わった気がします。
国鉄制式機運用と自前の工場を30歳代前半で実現できました。
家族を含め周りの方々にまじで感謝です。

9月
カミさん出産してくれました。やっぱり嬉しいもんですね。
生まれて1時間しない時間の娘

28日
平山乗り重まつり
小さな汽車に武将が乗る
春から移動したイベントで機関士です。久しぶりに9600に乗りました。
C56にも乗りました子供が生まれて2週間で豆汽車。狂ってるかもね。
C56 129 平山で走る
最近東工製の9600はずいぶんおくたびれな様で、C56の方がパワフルかも??と思ってしまった一日でした。
(長い事、東工の9600に乗ってきましたが、新造状態なカマで比較するなら、
間違いなく9600の方が粘着するしパワフルです。)

さて収穫シーズンが終わると今度は秋のイベント行脚に突入です。
その前に、飯山線沿線遠征秋の陣から導入する機材の準備も子供が生まれる前後で実施しました。
レールと枕木を溶接する
直線軌道18mを追加調達する為にレールを溶接。これは子供が生まれる前。

飯山線の冬装備。氷柱切とスノープロウ。
C56 129 スノープローと氷柱切を装着し
これは子供が生まれた後で、炭火焼をしている時や、みんなが寝ている早朝に作業して完成。
たぶん5インチのライブスチーム・ミニSLで氷柱切と雪かき同時装着は本邦初だと思うんですが、
飯山線冬装備を再現したミニC56の誕生です。

10月
25日、国立。
国立の汽車ぽっぽ公園を走るN700
イイねぇOSのカマ。ほんとうに乗り易いです。
国立の汽車ぽっぽ公園を走るC21
自分が次に造る汽車はコンくらい操縦が楽な奴でも良いなぁ。
ほんとに気楽に乗ってられます。来年はどこかでシェイを預けて頂くことになるかもしれません。
早くもそれはそれは楽しみです。OSのBR24ベースにC56をもう一両、というのも、いいかもですね。

11月
3日
飯山えびす講
飯山本町を走るC56 129
ついに戸狩りのお隣、飯山市の最大の街、飯山にも進出です。
C56が飯山線で現役だった頃、雪が降る季節の前には、
スノープラウとトンネルから垂れ下がる大きなつららを叩き斬る、つらら切が装着されていました。
それを再現した姿で飯山です。小さなC56にもそれを模したものをつけて。
飯山線にSLを活動、2016年に向けて再加速です。
50歳以上の方々から、いつも以上に、懐かしい!!!!という声を聞かせて頂きました。
またどこから出てきたの??と思う程の人々でしたが、結構複数の方が、
「あー、あの公園にあるSLだ」という声を聞きました。
飯山に保存されている機関車の事を思い出してもらえただけで、もう充分!おなかいっぱいです。

スノープラウのベースの難しい形は自分ではつくれる自信が無かったんですが、
頼んだ方が、忙しくて無理、ということになったので、自分で造った訳ですが、
それにより実物よりもたぶん少し大きめかつC56 129についていた物の写真と
比較すると中央部分の形状が違うんじゃなかろうか?と思う訳ですが、達成感ひとしお。よかったよかった。。
ちなみによくよく見ていると大町の94号機が129についていたスノープラウに似ているような。
C56 94 大町西公園にて
行ってはかってこよう。

8・9日
日野産業まつり。
C56 129と秋の紅葉
機関士になって24年目になったその瞬間のイベントです。
ガンガンいきます。のつもりでしたが、1日目、逆転機故障で運用離脱。ひぃ~。
日野市産業まつりで走るC56 129

でも速攻で修理完了して翌日はOK!!!!
C56 129とフォルテ
自分の関わっているミニSLのイベントで、規模は最大です。
7日敷設、8・9日運行。日野市で最大級のイベントらしいので、
たくさんの方々がいらっしゃいます。C56は故障発生しましたが2日目は
最終列車まできっちり走って今年も楽しかった!!!!


15・16日
戸狩えびす講
C56 129と虹
今年も飯山線沿いを行ったり来たり。レールを延ばしたので踏切まで到達です。
いいねぇ、秋の飯山。
想い出に残る子供達
戸狩野沢温泉駅前からみえる戸狩温泉スキー場、野沢のスキー場は既に雪が降っている様で真っ白。
そんな中の汽車なので寒い寒い
1日目は最悪な天気でしたが2日目は良い天気。
一日しっかり走って汽車って楽しいですよ、という事はアピールできたんじゃないかと思います。

これで小さな機関車、豆汽車機関士秋の陣は終了。
C56 129と機関車焼芋・汽車焼芋機
戸狩の冷たい雨の中で汽車焼き芋機の話が出ました。よく週末、造ったのがこれ。
来年の飯山線にSLを活動はミニSL以外の小道具もありますよぉ~
さて今度はクリスマスイルミネーションの準備です。

12月 
14日 OS忘年運転会に少しだけお邪魔。
ファミリアバンとフォルテ
そのあと、イルミネーションの準備。
走れトーマス ぴーぽっぽ

24日

日野市役所の前でイルミネーションミニSL・イルミネーションミニトレインをしました。


日野ウインターフェスタのイルミネーションミニトレイン
今年はいつも以上に気合入れました。綺麗だった~
今年もいろんなところで汽車だったな。しみじみ無運転でした。
X'mas illumination train '14 JNR C56 LIVESTEAM C56 イルミネーショントレイン
今年締めを飾るべく、久しぶりに会心の走りでした。
客車に蒸気が回る様子

新婚で、子供が生まれた訳ですが、今年も全力疾走しました。
いろいろなことが起きました。今年はC56は去年の2/3位の距離、
大体130kmくらい走行でした。
細かい故障は出ましたがこれは何日もかけて修繕しなきゃ駄目だーという
大きな故障もなく終われて楽しい一年間でした。
1年の休日は週末と祝日を合わせると大体120日位ありますが、
今年は27日位汽車に跨ってしまいました。
という事は休日の1/3近く、汽車に跨りました。来年はどうなるでしょう?
今、入ってきている予定を見ると来年までは今年と同じ位、汽車に関わるかもです。
地元、地元周辺、飯山線沿線、白馬それからもしかして日工大とかもしかしたら、
古参会員に連れられて??。
神戸とかにはなかなか行けないけど、長野・埼玉なら、大丈夫。今からわくわくです。

最近はネット、それからFBみたいなSNSが発達しております。
FBで見学したいという事を伝えられてくる方もいらっしゃるし、
実際に汽車を運転している場所でも凄く興味深そうに見ている男の方々にお会いしますし、
ネットを介してこの日記に日に数件は「ライブスチーム」・「ミニSL販売」・「タキセ製作所」という、
検索ワードで入ってこられる方がいらっしゃいます。

ミニSLをやってみたい、と考えている方々に向けて、に最後に書かなきゃいいかもなことを書かせて頂きます。
ベテラン機関士さん達には全く関係のない話です。

ミニSL/ライブスチームをやっている方々にも高齢化社会、というのは着実に迫ってきております。
でも車両を持って自分で始める人の中で若い人って自分の周りでは数人しかいない。

この趣味を始めるにあたって、ハードルがいくつかあって、
それが原因でミニSL・ライブスチームにはなかなか足を踏み入れられない
んじゃないか要因じゃないか??と思っています。

高いハードルとは

ハードル1 
子供のぷらレールの巨大版、しかも跨って乗るという遊びな訳で、周囲の理解が得られない。

ハードル2 
子供の趣味な様でいて、投資金額は0では無い。むしろ簡単な電動車以外に手を出そうとすると、
クルマ1台買える金額を要する。

ハードル3 
電動車は簡単だけど蒸気になると運転にも整備にも経験を要する。
仲間がいないと、それもとっつきやすい先輩みたいな人が周りにいないと厳しい。

ハードル4 
ハマッていくにしたがい、整備用の道具や工作機まで欲しくなるが、置場が捻出できない

などなど。

ヨーロッパやアメリカではあまり問題にならない事でも人間性や国土の狭さがあって
日本では問題になるみたいに思います。

いきなり国鉄制式機を造ろうとしてとん挫しかけてしまう、
あるいはOSのキットですら完成させられない人がいるらしいし、この趣味、
事に蒸気をやるのは、情熱と先達みたいな仲間と労力が必要なようです。

項目別に分ければ、

・観察力
・構造を理解する。(対人関係においても)
・罐焚き、操縦法を理解する
・レイアウト建築まで行う場合は、軌道敷設に関するいろは
・お金(すくなからず絶対かかる)

これは最低限、必要だとおもいます。
いきなりすべてを手に入れるのは高額納税者さんでもほぼ不可能だと思う訳で、
進行速度の速い遅いはあるにしろだれでも順々にステップアップしていきます。
ここがミソで一度でも踏み入れたら、煤がいやだ!!にならない限り、
遅い速いはあるにしろ、絶対、ステップアップしていくと思います。
だって、好きで始めているんだから。いっぺんのって、やっぱいいや~の人はそこまで好きじゃなかった、
という事になると思われ。

たぶん好きで好きでしょうがなくてなってみたいと思ってどこかの常設レイアウトやイベント、
それはたぶんイベント業者さんがやっている場所じゃなくてレイアウトを持ってクラブとしてやってらっしゃるような場所、
人が参加しているイベントに顔を出して、顔を覚えらっる様になって、しばらく
足を運んでいればすぐ、という訳にはいかないですが絶対始められると思います。
その時にウザがられるようなことをしなければ、きっと始められると思います。
やってみたい、と思っている人はハードルなんかは乗り越えてぜひ始めてみてほしいなー。と思います。

最後に来年への抱負です。
かつてC56を導入するにあたり40年くらいはC56で遊びたいと書きましたが、
まだまだこれからも楽しく走り回るぞぉ~という2014年でした。

日野以外でのイベント依頼が初めてやってきたのは、
ふるさと十日町。それ以降、国立や飯山、津南といといろ膨らんできましたが、
来年もう一か所増えるかもしれません。そこは身一つで行く、
国立みたいな感じとのことですが、さてどうなりますか?
家業に子育て、そして会社での仕事とミニSL・ライブスチーム遊びを両立したい訳ですが、
いろいろ頑張ります。20年をめどに一輌、汽車を造る。
それから死ぬまでには固定式レイアウトも自前で持ちたい。やるぞぉ~

今年もどうもありがとございました。
スポンサーサイト
  1. 2014/12/29(月) 16:51:16 -
  2. ミニSL・ライブスチーム -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


<<マツダルーチェと'14-ロータリーとV6- | ホーム | 我が家のマツダと'14-ルーチェ以外のRX-8、アクセラ、ファミリア、スクラム、タイタン、CX-5->>

コメント


  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://reaps4.blog12.fc2.com/tb.php/1548-0bfd5a89

がく

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search