がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシー、ファミリアバン、C56に乗るがく




汽車焼芋機[十日町プロモーション大使が造る変形ロケットストーブで目指せ雪まつり]




奥信濃の晩秋
あれは寒い雨、もう少しで雪、というような天気の中じゃった。
C56 129と現役飯山線キハ110
戸狩という北信濃の飯山線沿いで小さな汽車を走らせていた時の発案じゃった。
あまりに寒いと子供が来ない。まあ大人も来ない訳ですが......
あの雪のような雨がもたらした、福音。
「十日町雪まつりで人が集まるようにするにはただテントブースを出すだけではなく、
人が冷やかしで覗きたくなる様な汽車型の器具が欲しい。たとえば焼芋」と発案者さんの口からお告げが....
C56 129と虹
心の中に虹が出た瞬間でした。

さーて、良い発想があれば形にするのが自分の領域。
早速実現できるかどうかのテストです。
これってロケットストーブの変形と考えていいでしょうか?
巷には数年前からロケットストーブというコンロというか暖房ストーブのような物体があります。
特徴は煙突の中で火をもやし、その煙突を断熱することにより煙突が横引き出来る、という事。
雨の中、テントで汽車で焼芋という話が出る際、
汽車足湯とか汽車熱燗とかいろいろ話が出たわけですが、汽車焼芋という話が出た際、
自分の頭の中に浮かんだものは
「石焼釜の石が暖まってしまえば、断熱材と似た様な効能があるはずだから汽車空き芋は出来る」
という事でした。
発案者さんは自分の本来の趣味、自動車がらみでたくさんあるペール缶を使って何かできないか?
という事まで発想してくれました。
変形ロケットストーブの焚口
平日、帰る時、実家によって試験です。
焼けている煙突
試験結果は断熱材がなくても煙突の横引き、煙道横引きは十分成立するはず。という結果でした。

汽車焼芋 設計中
ではこれを造る事にしましょう~
汽車焼芋 3D


ペール缶を溶接する
土曜、娘は予防接種に行ったりしましたが、合間を縫って作業です。
ペール缶を灯油で洗って、溶接。
カマにして、ジスクでカマをカットしたり煙突・煙道の孔をあけたり。

カマの中200℃オーバー
実家の庭にまかれている石を拾って罐の中に入れます。
着火です。
隙間を埋めたりしながら着火20分で罐の中は200℃を越しました。
うまい焼芋は200~250℃くらいで出来るらしいです。

汽車焼芋の石焼釜の中
畑で採れた芋を罐の中に入れます。
汽車焼芋で焼けた焼芋
待つ事、約40分。
やけたー。
うまし。石焼芋機ができたー。
これをより汽車ぽくするには運転台部分のキャブがいります。
土曜はそこまで出来んかった.....
汽車焼芋 一号機と二号機になるペール缶

さて、娘が生まれて2ヶ月以上経ちましたが、週末は農業だ汽車だといってほぼ家にいませんでした。
さすがにいろいろあれでヤバい感じも漂うので、
昼は味噌煮込みうどんを作っておやつは焼芋を届けて夕食はガレージでゆっくりカレーを煮込みながら作業しました。
薪ストーブでカレーを作る
人間の欲を満たす事を行ったことで、カミさんの機嫌も上々。
夕食を造りつつ作業する、という事で実家の庭で「作業な遊び」をする事に対する「免罪符」も手に入れられて、
一石二鳥。やったね。

夕焼けの富士山
土曜は富士山も見えていい一日でした。明日は、二号釜と汽車の運転台部分をつくるぞ
ファミリアバンと富士山と夕焼け

作成中  汽車焼芋 ロケットストーブ変種
今朝、西府駅の傍の7時からやっているオリンピック系列のホームセンタに行って、ボディになる部分を買い込んで、
作業。

取敢えずほぼ完成 汽車焼芋 ロケットストーブ変種 ペール缶焼芋機 機関車焼芋機
出来たー。
汽車焼芋 ロケットストーブ変種?の石焼芋機。
ペール缶を使った焼芋機。機関車焼芋機。
これ立体商標とか登録商標行けんじゃないの???というのは置いといて、ウケる気します。
ネットで見る限り本邦初かつ世界初なんじゃなかろかと思う焼芋機。
かわいいねぇ~
今年度は今回完成した一号機と二号機を準備して、
アタッチメントタイプのヒートライザを作って、珈琲豆を炒ったりピザを焼いたりできる、
物も造るつもり。

煙道・煙管を伝う炎 汽車焼芋 ロケットストーブ変種
ロケットストーブの変種ですからこんな感じ。
煙道にたまった灰 汽車焼芋 ロケットストーブ変種
今日はあんまり灰がたまらないように焚いて、こんな感じ。

ファミリアバンと十日町市のバス
今日は社共のイベントかなんかで、十日町の下条の方々が日野にやってきていたようですが、あれです。
ファミリアバンに自家給油

アユの塩焼きを雪見酒にて
どういう形で十日町雪まつりに参加するか、しっかりは決まっていませんが、
多分、行きます出ます。
十日町プロモーション大使が造った汽車焼芋機。
夜の十日町高校の雪まつり
汽車焼芋。
もう一台、冬休みに制作して。
十日町SL運行を応援する市民の会のマスコットにしてもらおう。
そんな休日でした。
スポンサーサイト
  1. 2014/11/23(日) 17:04:58 -
  2. 十日町 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:1 -
  5. ↑TOPへ


<<市内の小学校用の脱穀機を[ミスタールマンからの贈り物とクリスマスの準備] | ホーム | 豆汽車機関士秋の陣 其の四 戸狩>>

コメント


 ☆承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2014/12/20(土) 11:06:32 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://reaps4.blog12.fc2.com/tb.php/1539-66cd64cc

がく

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search