がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシー、ファミリアバン、C56に乗るがく




数か月ぶりにルーチェに火を入れる[フライス盤がやってくる事に備える]




ロータリールーチェと14年夏の朝焼け
午前四時、休みの日だってのに眼が覚める。中年症候群が発症しているらしいです。
隣で寝ているカミさんを起こさないよう扉の鍵を閉めて、
明けの明星を見ながら実家のガレージへ歩いて数分。
2ヶ月くらい放置してしまったルーチェのロータリーエンジンを始動です。
ぐずることなく一発でかかる42年前のマツダ12A-RE。
うれしいなぁ。冷却水とオイルが暖まってから日野と立川近辺で早朝散歩をしました。
マツダルーチェのカーラジオ ナショナルのステレオ
カーステレオからはJ-WAVEのフィラー番組、J-セレクション。
しゃべりはほぼなく80年代の音楽垂れ流しという番組。
エンディングに流れるセントエレモスファイヤーが昔の走れ歌謡曲のエンディングを連想させます。
マツダルーチェロータリーと14年夏の朝焼け
REサウンドと相まって素晴らしい朝焼けが楽しめました。
マツダロータリールーチェと14年夏の朝焼け
今日も楽しい一日になるといいなーと思いながらのロータリーエンジンドライブでした。
というのは早朝。まだ涼しい時間。

ファミリアバンも持って生まれた美点を生かして大活躍
日が昇る頃、朝ごはんを食べて実家に再び。
これはファミリアバンですが、最近、持って生まれた美点を生かして大活躍してくれています。
会社から帰ってくる時に少し埃っぽい物でも気兼ねなく物を買えるっていいな。

戸狩で頂いてきたパレット
さて戸狩で頂いたパレット。木の良い匂いが漂ってきています。頂戴しましてありがとうございます。
週末はこれで夏の工作をしようと思い、3Dでスケッチ書いてみました。
3Dで書いたヒノモトロータリーべース・日野十日町機関区というガレージの予想スケッチ
夏の終わりのガレージ予想図になります。
中学の頃からいつかはこれを、これを持つ男になるんだと思っていたフライス盤が近々やってきます。
ますます分不相応な感じになりますが、しょうがありません。
大先輩でありタキセ製作所さんの僚友、新幹線親父さんが、自分の現状をみて、
「修理もでてくるだろうし、どうせ新しいの造るだろ??
見つくろう。月賦でもいいから、もう必要だろ???」
と言って手配してくれた工作機がたぶん近々やってきます。
カミさんも新幹線親父さんには結婚式などでお世話になっているし、
新幹線親父の奥さまかお花をもらたり、新幹線親父の秘密基地にも連れて行っていて、
こりゃ猛反対しても止まらないだろと観念いただいた様子で、
「昔から買う気だったんでしょ?オスキニ」みたいな感じで無事?交渉完了。
大体話が出たのは結婚直後だしね。
という具合で、
中古の何十年も前のブツですが精度等も汽車を造る分には問題なさそうです。そんな縦フライス盤です。
フライスが運用できるようになると従来の旋盤と併せクルマやC56の
機構部分の小さな補修パーツは自前の工場でも時間さえかければできるようになります。
子供が生まれる前に最後に最後のひとあがき。
諸先輩方にならって、20年スパン位の時間軸で一台くらい汽車を造り始めるかぁ~
というのはあれですが、そのための準備を。

初夏のヒノモトロータリーベース'13
今まで、ガレージの整備スペースはいろいろバージョンはありますが、
C56 129 ミニSL ライブスチームと薪ストーブとガレージ ここで機関車の整備をします
こんな感じでしたが、反対側は目覆うようなデットスペースでした。
友達たちからは、何とかしろっといわれていた訳ですが、いよいよ実行の時です。
きったなーいガレージ
先ずはデットスペースの物品を引きずりだしましたが、なんだこりゃの物が多々。
昔のっていたファミリアや初代アクセラの部品まで出てきました。
どうしよう・・・・・・

頂いたパレットを連結して
考えてもしょうがないので、手を動かします
パレットを繋げて、

棚を繋げて倒れないように
空中に。
組みあがったパレットを空中へ
途中でカミさんを立川の歯医者さんとデパートに送り迎えするのは想定範囲内だったけど、
父のトラクタのエンジンが出庫時にかからない(バッテリ上がり)、
畑の真ん中でロータリーという耕耘装置の固定ピンが吹っ飛んで自走不能になってレスキューに行く、
というのは想定外でした。暑さもあってロスった時間が多めで今日中に
すべてを終わらす筈だったのが中途半端になってしまいましたが
ルーチェのメータパネルはどこへ飾ろうか??

配置して片付すれば、完成のはず。ヒノモトロータリーベース・日野十日町機関区の加工部門
ここまでできてきました。
夕方は人生の楽園で飯山が出ている時間に家に戻って。今日の作業は終わってしまいました。
浜松に住む幼馴染が彼のカミさんを新潟まで送る途中で寄ってくれたんですが、きったなーい物置を見て、
きつい一言を残して去っていきました。
少しはきれいに作業できるように成長しなきゃ。明日は片付です。夏の休日は楽しいな~な一日でした。
スポンサーサイト
  1. 2014/08/02(土) 21:00:22 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


<<雹害での板金より戻ってくる・ガレージ内の工作がほぼ終わる | ホーム | 第39回 とがり夏まつり にてC56 129を走らせる[飯山線にSLを]>>

コメント


  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://reaps4.blog12.fc2.com/tb.php/1517-a2233c61

がく

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search