がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシー、ファミリアバン、C56に乗るがく




春、古い世代の動力源を楽しむ




C56 129と薪ストーブとガレージ
春です。都心では桜がだいぶ咲いているそうな。
でも朝晩、ガレージの中はまだまだ寒いのであります。
ガレージの薪ストーブで暖をとりつつイベントに向けて先ずは汽車磨き。

まわる発動機 久保田鉄工 クボタ F型
昼過ぎ少し時間があったので旧 久保田鉄工所,現 クボタの発動機 F型 昭和年間初期製を運転しました。

クボタ農業機械愛用者の琺瑯看板
我が家は戦前、祖父の代からクボタの愛用者。
祖父は部落の共有財産だったF型発動機、
後輩たちを従えて、クボタのAHCとGA85-K700Aと共に
父はテーラ→耕耘機→そしてトラクタなど、
久保田のほぼ最新型のトラクタとF型
クボタの農機具が多い一家でした。

去年の秋、我が家に部落の共有財産が「永く所有し運転できる状態にする事」を条件に払下げられて、
初めての春。
そんなエンジンを運転しました。
竹林の前でまわる発動機 久保田鉄工 クボタ F型
いいですねぇ、このスローな感じ。
長閑な春です。

機構がよく見る発動機
機構部が丸見え。
ピストン・シリンダー・コンロッド・クランク・マグネト点火装置。
クランク、シリンダ、ピストン、コンロッド、マグネト点火装置こんなによく見る発動機
可動している機構部が見える。


 AHCより低速で回る、

 
 F型、重量感がある気がします。



そんな春の一日でした。
スポンサーサイト
  1. 2014/03/29(土) 20:10:12 -
  2. 石油発動機 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


<<重要部を検査し、配管が疲労により折れ、それを治す | ホーム | 春から始まるいろんな事に備える三連休>>

コメント


  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://reaps4.blog12.fc2.com/tb.php/1485-50b2507a

がく

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search