がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシー、ファミリアバン、C56に乗るがく




1.0MPa・10kgf/cm^2吐出できる家庭用コンプレッサを買う




藤原産業 SK11 AB20-30 AB2030
藤原産業 SK11 PUMA コンプレッサー AB20-30 買いました。

ルーチェ、整備中
最近、ロータリー ルーチェの整備や

C56 129 バルブタイミング調整 再び
汽車のバルブタイミング調整等でガンガン使っていた10年位前に買った
アネスト岩田の100Vコンプレッサが根を上げて昇圧遅く振動大きくという故障モードになりました。

いい機会なので200Vの動力を敷いて勤めている会社のとある工場が閉鎖になった時にもらってきた
強力な日立のベビコンが使えるようになったらうれしい所ですが、
そこまではカミさんの許可が下りないのは見え見えなので、
100Vで10キロ、10kgf/cm^2、1MPaまで行けるコンプレッサ買いました。

今までのよりかはもちろん早いしインパクトレンチでホイールナットボルト・ナットの、
脱着はストレスなく出来ます。

ちなみに0.8MPa・8kgf/cm^2迄の充填時間は、
AB2030が約120秒、従来の岩田のブロンコ(壊れかけの劣化マシン)は150秒。
AB2030は1.0MPa・10kgf/cm^2迄の充填時間は約140秒。
AB2030の制御圧力は0.8~1.0MPa・8~10kgf/cm^2で、制御圧力内の充填時間は、
約20秒。という結果になりました。ホビーで使うなら十分充分。

タンク内圧1.0MPa、取り出し圧も約1.0MPa SK-11 AB20-30
タンク内圧1.0MPaをほぼそのまま取り出す事もできるし、
タンク内圧0.8MPa、取り出し圧0.8MPa ここで再起動 SK-11 AB20-30

0.8MPa・8kgf/cm^2が安定して取り出せるコンプレッサSK-11 AB20-30
たとえば取り出し圧力を0.8Mpaの状態で作業できます。
最高圧が0.8MPaで制御圧が0.6~0.8MPa位の多くの家庭用だと、インパクトレンチを使用する際、
コンプレッサが再起動する手前ではちょっと力不足....なんて事がありましたが、
もうおさらば~

トラックに20A発電機をのせて出先での作業も難なくこなせる頼もしいマシンだということも
確認しました。今度は15年くらい使えるといいなぁ~な新しいコンプレッサでした。
スポンサーサイト
  1. 2014/03/03(月) 05:06:17 -
  2. はやり物 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:1 -
  5. ↑TOPへ


<<'14 ミニSL・ライブスチームシーズンインに向けて調整走行をする | ホーム | 真岡鉄道を見に行く[アクセラ6MTリッター21キロ、3キロで動くキューロク、躍動のC12]>>

コメント


 ☆承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2014/10/29(水) 15:31:47 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://reaps4.blog12.fc2.com/tb.php/1478-45c5fa81

がく

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search