がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシー、ファミリアバン、C56に乗るがく




冬のスマタでかわね路号とトロッコ、寸又峡温泉を楽しむ




マツダルーチェ 杉尾はなのき展望台にてマツダルーチェに乗って、大井川鉄道が行っている冬のスマタに行ってきました。

SAの日の出新東名で日の出を迎えました。
わくわくするなぁ。

千頭駅を見下ろす静岡SAからくねくね山道を走って千頭へ。

井川線の旧客車井川線の旧型客車。
かわいー!
うわおぉー、模型みたい!

ヘロヘロ感がたまらんこのヘロヘロ感がたまらない。
そんなこんなで千頭の資料館へ。

新旧東工の9600そろい踏み 千頭の資料館小学生のころから触れている、東工の9600が。新旧そろい踏み。

東工のカマ 2新旧両方のカマがあったりして。
東工のカマ 1

何気に煙管と過熱管煙管と加熱管もあります。

来年の夏には、本物が本線はしるね来年の夏には、本物が走るね。

元京阪 3000系千頭から金谷方面への電車に乗ります。
元京阪のテレビカー 3000系。
えらい揺れます。がたごとがたごと。
びっくりです。興奮です。

This is Cafe 新金谷駅にて新金谷について改札出たら、カフェがありました。
おしゃれ!
新金谷駅のカフェ、改札横やるな大鉄
新金谷駅のカフェ、改札横にて

お世話になりますお世話になります、C11 190。

のりこむぞぉー乗るぞぉ~

駅弁とビイール、うまそうサッポロと駅弁がたまらん。

ここは昭和か?すでに気分はタイムスリップ。

うへへ、楽しいぞ、大井川鉄道発車ー!!!!!!うへへ、楽しい。
がたごと感がたまらん。
客車、超ぼろいです。でも味です。それが味だと思いました。
すごく労力をかかる事を何気なくさらっとこなしてる。
働いてる人がだいぶ若返った印象を受けました。
自分の見た限りだと、楽しみながら仕事をしてそうで、うらやましぞ~!
客車内の画像もあるんですが、いまいちなので省略。
たまりません、このメカメカしさあっという間に千頭です。
土曜はこれですでに2時間半以上、列車・電車に揺られてますがほんとにあっちうま。

旅情ですね えきそば千頭でSLファン拡大イベント開催中。
この親しみやすさがいいねぇ、ファン拡大!楽しそうに機関助手さんが罐に登ってる。
いいねぇ~
あれま、罐に登って緊急作業中

千頭の9600 49616キューロクもあります。ぼろぼろだけど。
9600用投炭練習機にて投炭練習機もあります。

大井川鉄道井川線に乗ります続いて、井川線。
がたびしがたびしがったんごとごと。
リアルトロッコ。客車が小さいので隣の方とのふれあいも増加。
子供ずれのおばあさんに芋をもらいました、うまかったです、ありがとうございます。
ゆっくり走って長島ダムへ。
90‰の勾配をアプト式で登ります。
アプト式の車窓これ、車窓に置いたカメラそのままの角度。

こういう道路並みの急勾配を登ります道路並みの急勾配です。
土曜は5時間近く、鉄道に乗ってました。
退屈になるんじゃないか?眠くなるんじゃないか?と思っていたけど、
そんなことは全然なく。アドレナリン出まくり。
やっぱり自分は
9600とC56、日野のスポーツ公園にて鉄道も好きだったんだ!
自分は結構こういう物に跨っているんで手をふることに慣れている気はしていたんですが、
沿線の結構多くの方々が結構手をふってくれて、嬉っ!
もう大井川鉄道は一種のテーマパーク状態です。
温泉施設の露天風呂からすっぽんぽんの男衆が手をふってたり、なんなんだ?でも楽しいぞ!

しぶき橋でしぶきを浴びてすごい、大井川鉄道、観光鉄道であり保存鉄道とお見受けしました。
元名鉄マンの方がもう何十年もいろいろやっていらっしゃるそうで、
今の大井川鉄道があるそうですが、感銘を受けました。

C56 クリスマスイルミネーショントレイン 前よりこっちの活動に、大井川鉄道で分けていただいた創造・イマジネーションと情熱・パッションを、
思う存分発揮したいと思っちゃたりして......
やべぇやべぇ。

ペンション寸又峡のお部屋冬のスマタで選ぶことができる宿の中で、
カミさんが選んだ、ぺンション寸又峡に到着。
2人用風呂・ペンション寸又峡タイル張りのお風呂。
泉質最高!!!!硫黄のお湯でぬるぬるすべすべ。野沢もいいけど、寸又もいいね。4人用風呂・ペンション寸又峡
夕食は鹿鍋です。
ジンギスカンOKな自分は大好きな味でまじウマ。

寸又峡感謝祭の入口そしてこの週末は、回湯51周年記念 寸又峡温泉感謝祭が開催されてました。
おかみさんにもらったチケットを首から下げて会場へ。

寸又峡感謝祭 天狗様・権現様の御一行天狗の権現様が登場。言い伝えがある方らしく、見ていたら、
寸又峡のお湯をかけられ中、無病息災になりますお湯をかけられました。
ひゃー。無病息災になるらしい。

寸又峡感謝祭の熱気寸又峡感謝祭、すごいイベントです。
首から下げる魔法のチケットがあれば、熊・猪・鴨・キノコ・鹿鍋食べ放題。
もち、そば、パンも食べ放題。
ビール・ジュース・熱燗は飲み放題。
各温泉宿にも行き放題入りたい放題。
すげぇ何なんだ?冬のスマタ。

寸又峡感謝祭 彦一団子盛り上がったところで、
寸又峡感謝祭 ステージSMZ音楽に合わせて花火が上がります。

寸又峡感謝祭 打ち上げ花火 静岡発JAZZと花火の共演満天の星空、かつ超寒いけど、関係ないね。
寸又峡温泉感謝祭の打ち上げ花火 静岡初JAZZと花火の共演また行きたいです、寸又峡温泉感謝祭。

マツダルーチェとペンション寸又峡何度も温泉に入って、お肌つるつる。
美人づくりの湯という寸又峡温泉。それを感じました。

ペンション寸又峡も最高でした。夢のつり橋天竜川水系も吊り橋多いですが、
大井川水系も吊橋天国。

猿飛橋渡るの怖い。
ペンション寸又峡のそばにあるカフェ・晴耕雨読もいいし、手つくりの店も良かった。
いいねぇ寸又峡。

マツダルーチェと寸又峡そんな寸又峡を後にして、

マツダルーチェと長島ダム昨日行った長島ダムに行ってみました。
びっくりしたことがあります。車なら5分くらいのところが、井川線だと30分くらいかかるのです。

井川線の列車いまから50年くらい前だと道路が造れないので、
鉄道で輸送という事だったらしいんですが、土木工事の進歩を目の当たりにさせられた瞬間でした。
そりゃ、森林鉄道が生き残れない訳だ.....

両国機関区を眺めるがんばれ井川線!

堂々の7両編成さて、昨日はみれなかった走行シーンを見に行きました。
場所は塩郷の吊橋。
220mの吊り橋の上から汽車を見ました。
カミさんが橋の上からがいい!といって、そこに行ったけど、揺れ具合に二人とも悶絶。ひぃー。

近づいてきました 急行かわね路1号きたきたー。
なんか汽笛の音が変。水罐みたい。
迫力あるなぁ C11 190をぉー!かっこいい!!!!
そんなこんなな見学も終了。
浜松の方々、無事に東京に戻ってこれましたよぉ~

新金谷機関区にてC11 277とC10 8新金谷機関区に行って、C56を拝みたかったけど、
整備中らしく庫の奥に鎮座されてるようで、対面できず.....
残念。
今回の旅では朝10時くらいから夕方4時まで鉄道に乗っていろんな事を楽しみました。
鉄道沿線にいっぱいの人がいて、他の地域ではもうなくなってしまったロードサイドの食堂があったり、
多彩ないろんな観光が仕掛けてあったり。
蒸気機関車が人を呼んでいることがいい方向にまわっている気がしました。
飯山線と沿線の活性化のヒントをたくさん見た気がした2日間でした。
マツダルーチェとC11 325号機が牽引する信濃川ロマン号飯山線にSLを。
十日町・飯山・津南が連携していい方向に話が行くといいな。
でもとってもいい旅でした。
スポンサーサイト
  1. 2013/12/08(日) 21:50:38 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


<<2013イルミネーショントレインの準備をする | ホーム | 第43回 東京モーターショーを楽しむ[ロータリーと紅葉]>>

コメント


  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://reaps4.blog12.fc2.com/tb.php/1447-696f1ac5

がく

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search