がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシー、ファミリアバン、C56に乗るがく




ニュー・グーリンピア津南にてC56 129を走らせる[妻有クラフトフェアにてミニSL]




C56 129 津南でも「ただいま列車」ニュー・グリンピア津南で9月14,15日に開催された、妻有クラフトフェアの片隅で、
C56 129を本務機に据えた、飯山線SL再運行を願うミニSLしてきました。

9月14日、早朝3時半、東京日野を出発し、午前7時、ニュー・グリーンピアに到着、
7時半に芝生のグランドに、レールを敷き始めて、
KATOもどきで試走 グリーンピア津南にて午前9時、先ごろ導入した、簡易線と、東工のオサガリ軌道を組み合わせた、ニュー・グリンピア津南線、完成。
C56 129でニューグリーンピア津南を走る俺そして、午前10時、C56 129 本走行開始。

ニューグリーンピア津南の登場したC56 129と簡易線とおんぼろ軌道こんな感じの広大な芝生のグラウンドでミニSL・ライブスチームを。
たまらん。


芝生の上でミニSL ニューグリーンピア津南にてこれを実現するために、
1年近く前から話をつけてくれていた、十日町在住の飯山線SL運行を応援する市民の会、事務局さんに、感謝。
その熱意にこたえるべく、今回は、フラットバーという帯状の鉄の棒を使ったレールと、
普通のレール断面をつなげることができるジョイナーを造って、
簡易線と呼ぶことにした一周・80mの普通レール断面のレールと、
高校の頃もらってきた、東工・日工大で使っていたフラットバーレールを、
組み合わせて一周・110mの軌道を仕立てました。
来年こういった場所でやるならもう少し延ばせるかな????
そんなレールの上を、自分は、二日間・計10時間、41年ぶりに津南に戻ってきた、C56 129を走らせると。

ミニSLの操縦って、加減弁という車でいうアクセルの操作と、
カットオフという車でいうとギア、それは無段変速器みたいなもんなんですが、
の操作の他に罐の中の火の燃え具合の調整、
石炭の種類・石炭炭投のタイミングと投入場所・火床の状態・ブロアの強弱、
そして、罐への水の補給を、一人で全部うまくやらないと走り続ける事が出来ません。
火の具合はいつも違うし、罐の水の量も圧も違って、牽引荷重も毎度違うので、
圧が低くても走り続けないといけない場合は、極力使う蒸気量を減らすように、
加速してカットオフを効かせて、長い距離、アクセルオフ状態の惰行出来るようにする、
とか、いろいろあるので、毎回毎回違う状況下での真剣勝負。
少しでも気を抜いたら、たちどころに走り続ける事はできなくなります。集中力を切らさないように、
着実に周回を重ねて行く........


グリーンピア津南の芝生の上を走るC56 129 運転台より芝生の地平線は遠くの山脈と青空が見るロケーション。
最高すぎる。

ライダー登場飯山線SL運行を応援する市民の会 スーツアクターが自慢の新作、
初代ライダーになって盛り上げてくれます。
ライダーも乗って

芝生の上のC56 129十時から十二時、十二時四十五分から十六時過ぎまで、
走行した、C56 129。
一日目の感想は、芝生を汚さないように走るのは、結構難しいと感じました。
灰箱の蓋を閉めていても漏れてる.....
飯山からも飯山線SL運行を目指す方々がお見えになって、うれしかった。
芝生の上を走るC56 129

木工KATO十六時過ぎからは少々、お遊びタイム。
十日町に預けた電動動力車はこのように化けました。
木工KATO。

うーんたまらんね芝生の上の軌道この感じがたまらないね。
芝生の上の簡易線 5インチゲージいいねぇ

C56 129と夕日夕日とC56。夕焼けとC56 129。
夕焼けC56 129

ニューグリーンピア津南でみたきれいな夕焼け初秋の気配が漂う津南高原。
素晴らしすぎる。

グリーンピア津南の露天風呂さて、二日目、朝から雨。
ニューグリーンピア津南の露天風呂から眺める、雨空。だぁー。

C56 129 黒煙を噴き上げてでも小雨だったので予定通り十時、運行開始したけれど、C56 129に雨が降る十一時過ぎ頃、嵐がやってきて、運行休止。
有煙炭で埋火して、待機開始。
もうお終いかな?と思っていたけど、奇跡的に一時間後に雨が止んで、運行再開出来ました。

緊急メンテ実施中 C56 129走るぞ~としばらく走っていると、どうにも火が燃えない。
埋火した後、十分に火床を整えたはずだけど、燃えかすがくっついて固まった物をクリンカーがというんですが、
それが灰箱の中で再びくっ付いて、空気を塞いでしまったみたい。
なので緊急整備を開始。一度、全部火を落として、C56 129をゴロンと傾けて、灰箱の中を突っついて、
クリンカーを落として、再度火を入れて走行再開するまではKATO君に助けてもらって。
ひゃードキドキした。
発車ーそして、走行再開。
いつ雨が降るかわからないので、がんがん行って。
十六時まで雨に降られずに済みました。
嵐を避けるようにC56 129 全力疾走

足は降ろしちゃいけないぜ、ミニSLおっと、足は降ろしちゃいけないぜ~
ニューグリーンピア津南最高!ミニSLクラフトフェアは全く見に行けなかったけど、

C56 129 芝生の上から青空に向かうように素晴らしい景色の中でミニSLできてほんとによかった。
ニュー・グリンピア津南のスタッフさん、津南町のみなさん、越後妻有クラフトフェア実行委員会の方々、
そして飯山線SL運行を応援する市民の会の方々、ホントにどうもありがとうございました。

マツダタイタンと伊達原秘密飛行基地跡タイタンに約1tの機材を積んでいった、今回のイベント。
嵐がなんとか避けててくれてほんとによかった。
山古志から千手に来たアルパカちゃん山古志から千手に出張してきたアルパカ君も雨に打たれる、敬老の日は、
完遂した道路台風で嵐。
十日町から南魚沼に抜ける道路は、自分が通過した後、八箇も大沢山も土砂崩れで通行止めになってしまった、
らしいけど、無事に帰ってこれて思ったことは、

C56 129 嵐の合間を縫ってホントにいいイベントに参加できてよかったな、という事と、
自分ひとりじゃ絶対できないイベントを、みんなで出来た事がうれしかった、という事でした。
飯山線沿線でのミニSL運行、次回は当初予定していた十月の十日町は、十日町・日野のスタッフ共に、
農作業があるので、なくすことにしましたが、11月の飯山・戸狩があります。

今年もまだまだいろいろ、楽しみです。

いい週末でした。



スポンサーサイト
  1. 2013/09/16(月) 21:09:01 -
  2. ミニSL・ライブスチーム -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


<<'20sオールドエンジン始動[約九十年前の久保田石油発動機を直す] | ホーム | マツダルーチェロータリーと初秋の休日[三軸ジャイロヘッドと釣とエアタンク]>>

コメント


  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://reaps4.blog12.fc2.com/tb.php/1428-055f7c6f

がく

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search