がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシー、ファミリアバン、C56に乗るがく




機関士になる週末'13-冬-




C56 129 八王子のレイアウトにて客車をつなぐここは、東京西部の多摩地方。
この週末、2日間は、おもいっきり機関士しました。
働き盛りで夢が捨てきれなかったロータリーエンジンが好きな30男が、機関士になる週末'13-冬-

C56と万願寺土曜。
近所の公園にて。

C56 クリスマスイルミネーショントレイン 前より C56 イルミネーショントレイン以来の長距離走行。
運行約3時間で約9km少々を走行し、
水を約30リットル、
石炭、約4kgを消費。
C56,昼食後再スチームアップ中

日曜。
八王子にて。

十日町産業フェスタ2012で飯山線SL復活を応援する市民の会として飯山線SL復活を祝うミニSLを走らせる 20歳になるかならないかの頃、
レールを300m以上造って、自分も敷設したこのレイアウトを、
フォルテで初めて走ったときも、何とも言えない気分になりましたが、
今回は、国鉄のC56 しかも飯山に保存されている129で、ここを走れる日が来るとは。

坂を登るキューロク東工のミニSL教室に通ったキサゲ職人さんの遺作の9600や、

D51型ライブスチーム_春-'12 D51、そしてフォルテでこのレイアウトはもう何百周走ったか、わかりませんが、
C56 129 八王子のレイアウトにて 冬これからはC56でも、走れる。すごい喜びだ。

C56 129 八王子のコースにて 冬 C56 129で、はじめて、八王子のレイアウトにコースイン。
まずは鉄路を単機で走ります。

C56 129 八王子のレイアウトの長い坂に挑む 冬いい感じ、いい感じ。

午後は、客車をつないで。
いいねぇ。
C56 129 八王子のコースにて客車をつなぎ坂に挑む 冬運客状態でもがんがん坂を駆け上がれます
レールを刻む音が、前からは、カッタン、カタタタンと、先輪×1、動輪×3のサウンドが聞こえ、
後ろからは、客車のタターン、タターンと聴こえる。
郷愁です。
C56 129 debutナンバープレートを造ってくれたマイクロキャストの方にも喜んでもらえて、うれしかった。
C56 129 八王子のレイアウトにて客車をつなぎ坂に挑む 冬今日は、10時半から1時半、実質運行2時間半で約10kmを、
水は約40~45リットルを使い、
石炭は6kgぐらい使ったと思います。

そして、運行終了。
ヒノモトロータリーベースに戻って、C56 129、清掃と点検。
煙管のチューブ突きをしたり、
ハングオン?C56 129ハングオン?C56.
これはスピードを出しすぎておっとっとしてるわけじゃなくて、
下部のゆるみがないか確認する C56 129機関車下部の軸動とか、各配管や足回りにゆるみがないかの確認。

C56 129 約20km走った後昨日今日で約20km走ったC56 129の足回り。
ドロドロ。

C56 129 約20km走った後 ぼろで磨いてこれをぼろで磨きます。
磨いてどろどろだった鉄が輝き出す瞬間が、たまらん。

エアラチェットで強制潤滑油圧送 C56 129小平の立派なレイアウトの方にも、
シリンダ錆かすなよ~ とアドバイスいただき、シリンダにオイルを送り込んで、
ドレンから滲んできたオイル C56 129ドレンからオイルが滲んで、とりあえず、清掃終了。

機関士になる週末'13-冬-
ボイラを降ろしたC56このC56を手に入れて、分解整備、点検をして以来、で初めて1日で10km走ったわけですが、
いろいろ収穫がありました。

まずは、東工制作やミニSL教室関連の9600や
9600で20人を牽引してフォルテほど
発車するSKYACTIVE LIVESTEAM フォルテ Ver.MAZDAと駐機中の9600まだ罐に完璧に慣れていない、という事がまず一つ。
操縦中の機関士の動きがあたふたしている。

D51に初めて乗ったときでもここまで焦らなかったわけで。
狭火室ってやっぱ広火室に比べると難しい気がします。
普段より多く太平洋炭を使ってしまった。
がんがん走る走り方に関しては要訓練だと思いました。

そしてもう一つは、力強いなぁ~という事。
客車に人を載せても個々の長い長い坂をがんがん駆け上がれる。
らくでいい。
飯山線絡みは客車を増結しようか????なんて考えたり。

大井川の44号機みたいなドラフトは相変わらずですが、
重荷をひいて、超低速で走ると、蒸気圧での運転時でもときにはちゃんとボボボボというドラフトが、
聞こえてきたので、調整はもう少し粘れば160号機のようになりそうだ、という事。

水の使用量の見当がだいたいついてきた。

もう少し操縦に慣れたら今年は、
ライブスチームとBBQ佐久間ダムの社宅や、

フォルテVer.MAZDAと中央線もどき白馬、そして十日町の方にC56で行きたいなと強く思いました。
飯山線SL運行を応援する市民の会FACEBOOKページに

雪景色のC56 129が紹介していただけるほど、
十日町や飯山線沿線の方にもこのC56は期待してもらってる?と思うと、訓練訓練。
なわけで。

今週末は、台場で旧車が集う、ニューイヤーミーティングがあった週です。
毎回、自分は参加していないですが、結婚してからも、
マツダルーチェとC11 325号機が牽引する信濃川ロマン号
ルーチェと、汽車、ビデオはやめられないと思いつつ、
今後の事も考える、週末。絞るところは出てきますねぇ。
さらば、道楽三昧の独身貴族。
C56 129 と切り倒されたばかりの竹そんな感じの、結局楽しい、道楽な週末。
働き盛りで夢が捨てきれなかった30男が、機関士になる週末'13-冬- でした。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/27(日) 05:04:31 -
  2. ミニSL・ライブスチーム -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


<<13B-MSP レネシス 排気管からの水蒸気に | ホーム | マツダルーチェと堀之内の火の見櫓'13>>

コメント


  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://reaps4.blog12.fc2.com/tb.php/1371-ca7bfe86

がく

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search