がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシー、ファミリアバン、C56に乗るがく




NEVER STOP CHALLENGING(飽くなき挑戦)




NEVER STOP CHALLENGING
いよいよ届いた、NEVER STOP CHALLENGING(飽くなき挑戦)
ピエール・デュドネ著 / MZRacing データ制作・和訳協力
大判33cm x 27.6cm 重量約3kg
オールカラー350ページ日本語版価格11000円 + 消費税550円
(日本国内 500部限定)

いやぁ、分厚い、分厚い。
重さ約3kgで約30cm四方の本。
内容は、まぁー本当に濃いです。
本当にびっくりするくらい。

今まで、マツダとルマンに書かれた数々の日本書籍には、
マツダが発行していた熱い、熱~い、
ポールポジションがあり、その他には、

ル・マン―偉大なる草レースの挑戦者たち 黒井直志 著 
は、ちょっとアングラ!?な視点で、マツダ以外にも、
ルマンに挑戦した2つの大手メーカのルマンへの挑み方、
そして、それに関わった、各々日本のレース界を代表する、
人々の群像を描いた書。があり、

勝てる組織はいかにしてつくられたか―マツダ「ル・マン」制覇の軌跡
                        高橋 健二 著
は、開発当初のレース活動からを追い、そして、
主に、マツダのルマン制覇直前にマツダスピードと、
マツダの社内で起きた事が書かれ、

ル・マン、午後四時―伝統あるル・マンを制覇した人間たちのドラマ
                    寺田陽次朗 著
は、御存じ、マツダスピードの社員であり、
マツダワークスドライバーであられた寺田さんが書いた、
マツダスピードとマツダが永い時間をかけ、負けてもいつかは!と、
ルマンに参戦し続けた歴史、レースと人生のかかわりを、
レーシングドライバーの視点から書かれ、

マツダチームルマン初優勝の記録 
             GP出版 編
は、マツダのル・マン挑戦の歴史・91年の事・13B以降の、
レーシングロータリーに関する3部構成、
ドキュメント・ルマンに賭けたマツダ・ロータリーの苦闘と栄光 桂木洋二
ルマンを戦ったロータリーエンジンの技術的変遷 船木準一
マツダチームのルマン挑戦の歴史 三浦正人
という構成に別れていて、

船木準一氏は、当時はパワートレイン設計部RE設計Grに属し、
現在もマツダのパワートレイン開発の方、
三浦正人氏は、当時はマツダスピードの広報、今は、
MZ Racingの代表の方が書かれているので、
特に、レース本番中の事や技術的な内容に関して、踏み込んで書かれ、
ている気がする、

その他、‘91年優勝当時のレーシングオンやオートスポーツ、
CG、カーマガジン、それ以後、単発的にあったCGのロータリー特集や、
今年のオートスポーツなど、787Bやマツダのルマン参戦の歴史を、
紐解く書はいろいろありますが、
ピエールさんが書いた、NEVER STOP CHALLENGINGは、
’68年のマラソン・デ・ラ・ルートにコスモスポーツ/110Sにて、
参戦して以来の、主に欧州でのレーシングロータリーの歩みと、
その中でも最も苦戦したっと思われるル・マンについて、
詳しく書かれた本だと思います。

NEVER STOP CHALLENGINGのレイアウトは、大きな写真と詳細な文章、
そして”みだし”がページをめくるごとに交互に目に飛び込んできて、
次は?次は?という気分になる感じ。
もちろんマツダの現社長や、寺田さん、松浦さんをはじめとする、
さまざまな方々へのインタビューもあったり本当に見どころが満載の一冊。

ページ数が多すぎて、見どころはたくさんありますが、
“ルマンに勝つことは、単なるスポーツでの快挙に留まるものではない。
それはマツダ全車種の性能と耐久性の証明なのだ。
更にはその特徴を生かしてより力のあるメーカーに立ち向かうという、
メーカーとしてのダイナミズムをあらわすものなのだ。”
以上、 NEVER STOP CHALLENGINGより引用。

20年前に、マツダがルマンで勝った価値を端的に、
まとめているな~と思わせる”みだし”があり、
そういう、箇所がたくさんあって、マツダ、万歳!
という感じの本に仕上がっています。

“この本は、故大橋孝至とこの冒険の成功のために
寄与したすべての人々に捧げられる”
なんて事、いま、国産自動車メーカではマツダでしかいえないこと。
もう20年も経ってしまったわけですが、重みがある、そんな感じです。

でも中には、これ、読んだ元エースドライバの方は、
怒っちゃうんじゃない?とか、翻訳に協力されたという、
MZ Racingの人がどう翻訳するか、躊躇しただろうなという個所もありました。

最後には、永い本文の後半には、
今年は、ALMSシリーズチャンピオンになった北米マツダがメインとなって、
活動している旨を簡単に載せ、マツダとモータスポーツは、
今でも密接なんだぜ的な様子も載っていて、
いろいろ考えて書かれたんだろうな、と思いました。

いろいろ感想を書きましたが、

NEVER STOP CHALLENGING 手元に届いて良かった!
と思う宝物にしたい一冊でした。
スポンサーサイト
  1. 2011/11/26(土) 04:04:12 -
  2. レーシングロータリー -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


<<マツダスピードベア | ホーム | 第45回日野市産業まつりでミニSLはしります~雨のレール敷設・秋晴れの運転~>>

コメント


  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://reaps4.blog12.fc2.com/tb.php/1258-ad2aca44

がく

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search