がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシー、ファミリアバン、C56に乗るがく




2011年10月17日 天声人語 より




以下、朝日新聞朝刊 2011年10月17日 天声人語 より
原文のまま引用。

 企業イメージを決定づけた商品がある。成長期の菓子業界でいえば、明治がチョコで森永はキャラメル、ロッテならガム、グリコの場合は楽しいオマケだった。貢献度は小さくなっても看板商品は色あせない▼

マツダのカタログからロータリーエンジン車が消えると聞いて、トキ絶滅にも似た寂しさを覚えた。ただ一つの搭載モデル「RX―8」の生産は来年6月まで。研究と開発は続けるが、45年の歴史にひと区切りである▼

マツダはドイツからロータリー技術を導入し、世界で初めて量産に成功した。その「コスモスポーツ」は、エンジンに劣らぬ独創の外観で、子ども心に宇宙や未来を思ったものだ。オート三輪と軽の企業イメージは一新された▼

ピストンが往復する代わりに、おむすび形のローターが回る簡単な造り。小型高出力、高回転域の強さはサーキットに向いていた。名高いルマン24時間レースを、日本勢で初めて制したのもロータリー車だ。ひときわ高い排気音と、打ち振られる日の丸が耳目に残る▼

弱みは燃費だった。石油危機は総力戦でしのいだが、エコカー全盛の世には厳しい。累計200万台。なべて横並び、世界ものまね大会のような乗用車市場にあって、稀有(けう)な存在といえた▼

ロータリーの「R」は、アルファベットでクエスチョンの「Q」の次。その順番通り、幾多の問題を乗り越えた看板商品として産業史に刻まれよう。孤高の技術と、それを走らせ続けた人たちに、チェッカーフラッグを捧げたい。

スポンサーサイト
  1. 2011/10/17(月) 06:26:21 -
  2. ロータリーエンジン -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:4 -
  5. ↑TOPへ


<<東京稲作事情'11-家の稲刈りと小学生の稲刈りと籾摺- | ホーム | 初ロクロ、初徳利、初皿>>

コメント


 ☆

いやぁ、寂しいねぇ。がくちゃん寂しさのあまり死なないでね。
きっといつの日か燃費問題を解決して戻ってくるよね!
  1. 2011/10/17(月) 23:37:06 |
  2. URL |
  3. ケダモノ #-
  4. [ 編集]

 ☆

ケダモノ
そうねぇ、マジでさびしい。
でも時代の流れですね。

戻ってくるまで今のに縁り続けようと思うですよ。
  1. 2011/10/21(金) 06:54:02 |
  2. URL |
  3. がく #-
  4. [ 編集]

 ☆管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/10/27(木) 11:14:16 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

 ☆管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/10/27(木) 13:20:36 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://reaps4.blog12.fc2.com/tb.php/1252-f0a0a95d

がく

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search