がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシー、ファミリアバン、C56に乗るがく




QCV-見える化-




私事ですが、HVR-Z5Jを買ってから早4ヶ月が経ちました。
普段は、週末や夜間にZ5Jをいじってますが、
少し前から、昼間の仕事で、Z5JとMRC1Kを使うようになりました。
HVR-Z5Jで魅せる化、工程管理用の映像を撮る

またまた私事ですが、自分は普段会社でモータやポンプの設計・実研をしています。
商品開発というより、商品設計の前段階の実研・設計・実研手法の確立と開発、
商品開発に使用する試験装置の開発が主な仕事です。

そんな自分が最近、担当になった仕事は、職人技で造っている、
おなかの中の赤ちゃんをみたり、体の中が見えるセンサの
製造技能を伝承できるようにしろ!というお題。
世代交代の準備です。

自分は技術で、品質管理やら生産技術という仕事ではないですが、
マツダのロータリーやミニSLとか、農業とかビデオとか仕事以外の趣味見たいな事で
培った何かを生かせ、みたいな感じで新しい課題が自分の手元にやってきました。
HVR-Z5Jで見せる化、工程管理用の映像を撮る3
という事で、普段の設計や実研の他に、
職人技を誰が見てもわかるように、映像化、そして数値化し始めました。

HVR-Z5Jで魅せる化、工程管理用の映像を撮る2
感に任せていた箇所の管理数値を設定できるようにデータを採って
見やすくて、みればわかって造りやすくなるような映像の撮影も。


最近製造業界ではやっている、技能伝承のための見せる化って奴です。
製品を道路にたとえるなら、製造開始という出発点から、
完成という目的地までを案内する道案内みたいな物である
製品製造の道案内といえる、工程管理表や作業指導表。
そのQC工程管理表や作業指導表を職人技がいきる製品に当てはめようとすると、
文章化してもよくわからない、伝わらない物になる事が多々あると、
製造や品管の人から聞きましたが、いま、一応あるものをみても、
結構、ちんぷんかんぷん。
でも、現状の物をみて始めはちんぷんかんぷんだった自分が
前の自分と同じような人にわかってもらうように撮るわけなので、
文章のものよりか、はるかにわかりやすいものができるはずです。

HVR-Z5Jである製品の製造過程を撮る

実際の作業中の手先も撮って、技を盗むって感じ。

照明をかりて、くっきり映るようにして撮っていると、
部品相手に、部品の背景をぼかしてみたり、
無駄に、背景だけ動かして部品は同じ大きさのままにして、
部品に目が行っちゃう様にしようとしたりで、
撮影は本当に、楽しい。

そんなこんなで、毎日HVR-Z5Jに触れて、たのしいなぁ~
な今日この頃でした。

スポンサーサイト
  1. 2009/03/11(水) 21:32:41 -
  2. カムコーダ・電気・電子 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


<<第4回平山季重まつりにてミニSL走ります | ホーム | ルーチェと雪>>

コメント


  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://reaps4.blog12.fc2.com/tb.php/1049-48751b02

がく

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search