がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシー、ファミリアバン、C56に乗るがく




東京オートサロン2009に行く




昨日、千葉・幕張で開かれている、
TOKYO AUTO SALON 2009 with NAPAC。

東京オートサロン2009にルーチェで行きました。
ルーチェと夜の幕張メッセ駐車場
お目当ては、マツダブース。
国内初披露の二代目アクセラを見たいが為に幕張へ。

上の映像は、HVR-Z5Jで、撮った物を急いで編集した物です。
登場車種は、新型アクセラ北米仕様車、プレマシーハイドロジェンRE ハイブリッド、
サーキットトライアル仕様のRX-8、アテンザ、アクセラ、デミオ、それから、
NR-A仕様のNC型ロードスターと、少しいじってある、ビアンテや、
車高がぺたぺたなビアンテ、各車種グッズや、RX-500のミニカーなどです。
一秒間に30フレームのプログレッシブ映像。
そして、内臓マイクを全編使用しています。
昨日は、素人にしては大仰な三脚
V1JとZ1J
を使うのはやめて、全部、
手で持ったり、肩に引っ掛けて、撮影しました。
なので、手ブレが出ているのが、いまいち。

と、映像のことはおいといて、今年の、オートサロンの印象は、
ずいぶん、大人しくなったなぁ~というのが第一印象。
東京モーターショーに比べると各自動車メーカブースではモータスポーツの比重が
高いけど、なんだか、改造車の祭典というよりは、プチ東京モータショウみたい。
マツダの場合は、メインステージ上には、新型アクセラと、
'09年春からリース販売が予定されているという、
ハイブリッド水素ロータリーエンジン搭載のプレマシーが飾ってありました。
会場では、家族連れがだいぶ多かった。
マツダのメインステージの奥では、親子で、ロータリーエンジンの仕組が学べる、
所もあって、オートサロンは、少し前までの、
おにいちゃん・おねえちゃんむけ、というよりもはるかに親しみやすい感じに変化しているようです。

でも、それだけではないのが、オートサロンがオートサロンな所なのかも。
VIPカー好きなら、誰でも知っているジャンクションとかのブースに目をやれば、
格闘技をやっていそうな喧嘩つよそう~な男の人が、モデルをしてたり、
オートサロンは、幅がひろいな、と思いました。

夜、映画を見て、10時くらいに、駐車場へ戻ると、
かつて、オートサロンで主役だったようなクルマが集まっているのを発見。
なんだか、楽しそうに集まってました。
でも、パトカーの監視付き。

そこで集まってても、悪い事しないって!!!
と思いながら、帰って来ました。

来年は、どんなクルマが登場するのか、楽しみだなぁ~
スポンサーサイト
  1. 2009/01/11(日) 10:36:37 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:1 -
  5. ↑TOPへ


<<FIG RIG | ホーム | ハイビジョンふるさと発 いつもそこに野球があった~広島市民球場の半世紀~>>

コメント


 ☆承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2013/04/17(水) 16:49:44 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://reaps4.blog12.fc2.com/tb.php/1028-dcedf8f1

がく

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search