FC2ブログ


がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシーやC56に乗るがく




MAZDA3 SKYACTIV-X搭載セダンの注文書




MAZDA3 SKYACTIV-Xセダンの注文書
2019年7月21日。
関東マツダで一通の注文書が作成されました。
上部のみ露出し封筒などに隠れている注文書には、
MAZDA3 SKYACTIV-X搭載セダンの注文に関することが書かれています。
価格はコミコミ430万円。

2003年4月後半に納車開始されたRX-8を、
16年前に予約注文して4月末に納車された我が家、
その時でさえ、コミコミ360万円でしたらから、
マツダRX-8とスノー
もうその値段にびっくり。

ちなみに今回のMAZDA3の車両価格は約360万円ですが、
360万というと、
HCFS V6ルーチェ マツダR&Dセンター横浜へ
この最後のルーチェが登場した約30年前、
登場直後、V6-3000ccが登場するまで、
最上級モデルだったロータリーを搭載した、
ロイヤルクラシックが車両価格350万円だったので、
(当時の値段表を見ると物品税でした。)
ルーチェの一番いいやつよりちょっと前までファミリアだったクルマのほうが、
高いの!?!?
と目からウロコがドボドボ落ちますが、
車体の大きさもルーチェよりも全長が30mm短いことを除けば、
全幅もホイールベースもドレッドもすべてMAZDA3のほうが大きいわけで、
初代アテンザとほぼ同じようなサイズのクルマですから、まぁそういう値段もありなのか?

昨今の消費動向を考えれば、
5人というか実質4人乗りのセダンを買うということは、
同じような値段を払えば7人くらいが乗れて
大トルクでグイグイ走るらしCX-8も買えちゃうわけですから、
よほどの道楽モノか新しもの好きか初期不良に苦しめられたいという、
M気質の人間くらいしか、そんな値段でMAZDA3のSKYACTIV-X車を買うなんてことは、
しないと思うわけですが、
世界初の燃焼を取り入れたエンジンの初号車がやって来ると思えば、
エーンやコラ、と購入者は思っているに違いありません。

スポンサーサイト



  1. 2019/07/21(日) 23:31:25 -
  2. マツダ ファミリア/アクセラ/3 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


がく

06 | 2019/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search