がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシー、ファミリアバン、C56に乗るがく




白馬へ[念願、家族で汽車遊び]




いざ、白馬へ
2016年5月28日。
午前0時30分。
目が覚めてしまいました。
あちゃー、寝不足。
酒抜けた????????
小学生ではないんですが、うれしい事があると眠れなくなってしまうのです......
そして午前3時。
酒は完ぺきに抜けました。
家族を乗せて出発~白馬へ家族と遊ぶために行きました。

白馬にて、朝ごはん
午前6時半過ぎ、白馬に到着。
白馬での休日を楽しんできました

話は前後するんですが、
白馬、外国人の方が多いですね。
理由はたぶん本当のリゾート地だからなんだと思います。
白馬の雲海

マツダ プレマシーと白沢峠
トンネルを抜けるとそこは白馬だった。
マツダプレマシーと白馬のジャンプ台

マツダプレマシーと白沢峠
空気がきれいで、
アクセラと白馬のジャンプ台
冬はウインタースポーツ、
春から夏、秋は大自然の山麓、懐で、
マツダ プレマシーと白沢峠
いろいろ楽しめてしまう。
電線が邪魔ですが
電線が邪魔くそですが、
プレマシーと白馬の新緑
本当に素晴らしいところです。
日本アルプスと青木湖と水田
日野の事がありますので移住ってのはありえないけど、
和田野へ至る坂道
出来ることなら一週間ぐらい、いや一か月でも滞在して楽しみたい、
白馬ニレ池
わたくしにとって白馬というのはそういう場所でございます。
マツダプレマシーと青木湖と日本アルプス

マツダプレマシーとログと
今回はログハウスのコテージを貸していただきまして、
子供と七輪とカーバイトランプ
初夏というか晩夏を想わせるような、
かなかなと日暮が鳴く夕暮れ時にBBQなどを楽しみつつ、
真鍮のカーバイトランプと七輪
汽車です。
ログコテージの室内
話が前後するんですが、
エポックさんのコテージ、水回りをリフォームしたそうで、
コンロはIH,温水の出る時間は短くなって、
この週末、朝は外気温10度と暖房のいる気候でしたが、
本当に快適でした。
台所回りの器具も本当にたくさん。
土鍋にガスコンロまであります。
すごい!!
そんなところを汽車を持っていくと格安で時間もかなり自由に使わせていただける、
そんな場所なのでございます。

トラバーサ、白馬にて
この週末は、前の日記にも書いた通り、
JCFC・OSLSC有志の皆様が集まった今年の白馬運転会でした。
マツダプレマシーと三輪
我が家族はプレマシーに機材一式を積み込んで、
白馬へ。

白馬でカミさんや子供に優しく接してくださった皆様、
どうもありがとうございました。
たぶん思う存分、楽しんだ様です。

貸していただいて本当に感謝であります。
新緑の中を行く小貨物列車
今年の重要な飯山線沿線遠征に向け、
この前のクリスマスからC56の分解整備を行った後の完熟走行を兼ねて、
汽車遊びをした訳ですが、
この編成が経験できたという事は、今後の汽車遊びにすごく、
大きな影響を与える、と思います。
はい。
C56は約4年間の酷使による不具合箇所の修繕を行った後で
今までとは癖が変わって慣れるのに一苦労ですが楽しくて、
C56が牽引する小貨物列車
飯山線や大糸線、さらには小海線など要は簡易線・ローカル線で、
見られた小貨物列車編成のような姿がおがめました。
最高でした。

マツダのプレマシーも家族と汽車を運んで、
狙い通りの事をこなしてくれる相棒で頼もしい限り。
非日常を楽しむ為に、日常がある訳でありまして、
あー日々の仕事があり、日々一歩づつ仕事を進めると、
秋には夢にまで見た十日町-飯山間を含む飯山線SL運行、
があるであろう、そしていつか、
家族で汽車遊び、白馬にて
写真のような線路のあるログを造るぞ、と思いを新たにした週末でした。
スポンサーサイト
  1. 2016/05/30(月) 00:03:03 -
  2. マツダ プレマシー -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



C56 129 白馬にて[C56 129 全般検査の忘備録-17]★




新緑の中を行く小貨物列車
JCFC・OSLSC有志の皆様が集まった今年の白馬運転会。
おいらは、C56 129で、参加。
完熟走行でした。
ネジ・部品の脱落など、トラブルありましたが、
克服?して走行。
C56の大先輩が、
「おい、ひっぱってて」と、ありがたいお話。
ありがとうございました。
かつて飯山線や白馬を走る大糸線でも見られた小貨物列車編成のような姿がおがめました。
C56が牽引する小貨物列車
  1. 2016/05/29(日) 23:53:18 -
  2. ライブスチーム・ミニSL・機関車修理・準備 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



新しい工具箱




ヒノモトロータリーベース・日野十日町機関区・男の隠れ家府ガレージの作業スペースから紅葉を眺める
ヒノモトREベース。
ロータリーエンジン車と機関車のネグラです。
ヒノモトロータリーベースに戻ったフォルテVer.MAZDA
添付画像のように、
ヒノモトロータリーベース 日野十日町機関区の機械加工場
赤い工具箱と、15年以上前にスタンドから貰ってきた、
KTCのキャビネット・ツールステーション
新緑を眺める作業場にて700系改造中
等に工具・治具等が入っています。
そして、今まで出張用の工具というのは、
簡易な工具箱
家の近辺では、オープンなやつ、
KTCの古い工具箱
ミニSL遠征などでは、添付のようなものを使ってました。
18歳のころから使ってきてもうボロボロ。
そんなに丁寧にも使ってきませんでしたので.....

ミニSL・ライブスチームをやってらっしゃる方、
先輩の中で、京都鉄道博物館の展示物の製作を請け負っている、
広告代理店の方がいらっしゃるんですが、その方に、
「俺たちはイベントに出ると、みんなに見られるんだよ。
 俺たちだって昔は、今の自分達のような人をさ、柵の向こう側から見てたわけだ。
 夢をなんて言うか、配るというか、いつか自分も、って思われるような存在であった方が良い、
 せっかく汽車やってるんだから、そういう風に思われるような存在であった方が、
 良いと思うんだよね。だから、だからあんまりみっともない事はしないように!
 身なりは正しく、目標になるような人物になってくれ」

みたいなことを、以前、聞かされたわけでございます。

普段のおいらってそういう人物とは真逆な存在であります。
だらしないし、目標になるような人物になんて、なんてとてもとても。

でも、人格とか目標云々を抜きにしたら、
確かにおっしゃる通りだ、せっかく、飯山線にSLを何て言って、
小さな汽車にお供してもらって飯山線沿線に何度も行っているわけですから、
最近は少しそういう方にも気を使うようになってきてました。

自分で云っちゃうところがアチャーですね。

で、今回は出張道具の更新を兼ねて、
新しい外出用工具箱
出張用の工具箱を更新してみました。
結局、汽車がらみではまとめることができず、
一番自分が好みな、マツダラブ、全開な工具箱。
現在勤めている会社には気を使って、
MazDaというロゴやカモメマークは張ってみませんでしたが、
吉と出るか、凶と出るか。
先代であるウイングマークを張る部分はしっかりと残してみました。
書くのも大分おこがましく感じるわけですが、
小さなことからコツコツと。

現実的?なところでいうと、機関士人生80年を目指して、
一歩づつ。
そんなこんなな、戯れ事日記。 終。
  1. 2016/05/22(日) 20:41:58 -
  2. メンテ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



家族の車を家族の前で




DSC03614va.jpg
早朝、4時過ぎ。
カーバイドランプなんて焚いてみつつ。
最近汽車だなんだと騒いでおりますが、
私、本当に、ある程度クルマが好き。
仕事も車関係になってもう少しで早半年。
せっかくなので家族の前で車をいじってみることにしました。

玄関先にてクルマイジリ
玄関先にて車いじり。

家族の前で車イジリ、マツダプレマシー
楽しかったぁ~
  1. 2016/05/21(土) 18:32:19 -
  2. マツダ プレマシー -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



ゆっくりとした週末をファミリアと共に




久しぶりにゆっくりした週末でした。
人から頼まれるとだいたい何でも引き受けてしまうけど、
自分の車の事は今はあまりないんですが汽車の事があったりで、
全然進まず色々たまってきているのでそれを済ませつつな週末。
行動は全部ファミリアだったのでつい、
ファミリアとプレマシー
ファミリアもプレマシーも同じセグメントの車なので、
幅と高さ以外はほぼ同じ。

ファミリアとプレマシー、リアビュー
使いやすい訳だ!!
マツダファミリアとマツダプレマシー

田んぼで初めてトラクターに乗る子供
カミさんが立川の歯科に歯の定期検診に行ったので、娘と一緒に、
東村山小島屋
少し足を延ばしてまた小島屋さんに行ってみました。
テイクアウトで約1300円分の饂飩と汁と天ぷらを買ってみたり
東村山小島屋さんの裏口
お茶を飲みながら
お茶の準備

再来週に迫った白馬遠征の準備を、
アストロプロダクツという工具屋に行きつつゆっくり行い、
子供と一緒に客車の色を塗る

子供と一緒に火を熾す
アジを焼いたり。
アジを炭火で焼く
久しぶりにゆっくりした週末、
ファミリアで娘とデート、楽しかった!!
  1. 2016/05/15(日) 16:06:54 -
  2. マツダ ファミリア -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



マツダの公式ブログにMSJでの一コマが




マツダ株式会社が運営している、
マツダ公式ブログにモータスポーツジャパン2016の様子が掲載されました。
モータースポーツジャパン2016が開催されました ~「Mazda Women in Motorsport Project」第2期生を発表~
そのなかで、

マツダ公式ブログに
以上、モータースポーツジャパン2016が開催されました ~「Mazda Women in Motorsport Project」第2期生を発表~
より部分引用

このようにルーチェとわたくしが少々掲載され、

動画にはコメントが。

マツダを愛する家族の新春

40秒付近から1分8秒あたりまで、わたくしのコメントと一部、
その言葉を発した小太りオジンが映ります。
カミさん大笑いでした。
四十数年前のマツダのロータリーエンジンを載せた、
マツダ ルーチェと現代の車の事、そして現行アクセラなどをオコガマシクも喋らせて頂いた一部です。

コンパクトカーと比較しても.....
という発言は、車格は違うけれど、
ホイールベースや車幅という、自動車の性能、性格をつかさどる、
重要な諸元がマツダ 四代目 新型デミオ 真横より眺めるの図
現代の
マツダスピードデミオDE5FSと大菩薩ライン
コンパクトカーと、
マツダスピードデミオDE5FSと牧場
じつはそう変わらないルーチェが長距離走行や、その搭載しているエンジン等、
44年前に登場した車がまだまだ現役で、
その得意分野に的を絞れば、それはもちろん環境性能では全く違う土俵にいるけれど、
まだまだ現役、現代の車よりも優れた部分がある、というようなことを、
言ったような?

それから、いままでマツダのCセグメントカーには、
マツダファミリア、白馬にて
ファミリア時代の個体から何台か
マツダファミリアSワゴンと魚沼スカイライン
乗ってきて、
マツダアクセラスポーツとマツダファミリアSワゴン
初代アクセラにも乗って、
現行のアクセラに関して、
その、今までのCセグの車に乗ってきたなかで、
BM型アクセラの出来が相当いい。
BMアクセラスポーツ15S 6MTと新緑
上記、添付映像の撮影時は数日後にはアクセラが旅立って、
マツダ'スカイアクティブ'プレマシー CW型
プレマシーがやってくるという日でしたが、その現行型のアクセラが、
他社の同じような車と比較しても、
相当頑張っている、というよな発言の一部を、
映像にしていただいた、

そして、マツダは自分の人生の友。
こんな「決めゼリフ」をピックアップしていただき、光栄です。

永い事、マツダマツダと言って、オタク的な活動をしてきました。
ルーチェは10年以上、時には少し無理して乗ってきました。

夢の本丸だった自動車業界でも広島で働くという事は、
もう15年近くも前、当の昔にあきらめちゃったけれど、
広島にはいけない理由というかその内容がミスタールマン・寺田さんの目にとまり、
お野菜食べていただだくようになって、本当人生何があるかわからない、
そして今回は個人の方ではなく、
このような形でマツダに貢献?できて、こんなうれしい事はありません。

今年は長い年月をかけて来たことが実を結ぶ年だと感無量です。
もう一つはマツダじゃなくて汽車、秋の飯山線に、
SLがくるであろうというという内容な訳ですが、記念すべき年だなぁ。と思ってます。

また7秒付近、参加各メーカの中で、
一番の巨体を誇る?日野も登場します。
マツダのロゴがエンドマークとして登場する公式映像に日野!?
お時間ある時、御笑覧、いや御高覧下さい。
マツダ様、わたくしなどを登場させていただき、どうもありがとうございました。
  1. 2016/05/13(金) 04:36:55 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



連休最終日




ジョイホンにて
ロータリー人生とうたっておりますが、
現在わたくしが勤めている会社はトヨタカレンダーという、トヨタの稼働カレンダーで
動いているので今日は休みでした。
本当はお台場に潮干狩りとか、どこかにお出かけした気分だったのですが、
玄関の前でお茶
近場が良いとの事で、家の前でお茶した後で夢のようなホームセンター、
ジョイホンに小さなログハウスを見に行ってきました。
いつか建てたいぞぉ!とカミさんに宣言。
ちいさいんじゃだめなんでしょ???とよくおいらの事をわかってる発言を聞きました。
頑張ってお金を貯めよう。

そして雨が早くから降ってきたので、汽車遊びはせずに
C56のロッド。ちょっと気を抜いたらあらら、腐食
磨いたり、
発動機と子供
発動機の低速での回転を楽しんだり、
日野豊田名物鳥モモ味付肉を焼く
連休最後のBBQをしたり。あー、夏休みが待ち遠しい、な連休最終日でした。
  1. 2016/05/09(月) 23:37:42 -
  2. マツダ プレマシー -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



日野新撰組祭りにいく




新撰組祭り、甲州街道にて
日野新撰組祭りに行ってみました。
日野一小付近を歩く、新撰組の方々
旧国道20号、甲州街道を通行止めにして開催される、このイベント。
新撰組に成りきっちゃってる方々が参加します。
馬に乗った土方さん
馬に乗った土方さんも登場。
甲州街道にて新撰組祭り
昔は産業まつりと同時開催だった気がするんですが、
大いに盛り上がって大変なことに成るので別れた?
いまでも新撰組のファンが多いという事が実感できるイベントでございました。

角上魚類で一尾200円、大きなアジ
さて、これは近所にある寺泊が本拠地の角上魚類で買った、
大きな真アジ。
一尾 200円。
アジを焼く
さばいて焼き魚用の切り身とお刺身に。
おろして刺身にして角上で買ったアジ
GWは楽しいなぁ。
  1. 2016/05/08(日) 23:55:47 -
  2. 地元 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



東京稲作事情'16-もみふり・発動機の横で-




籾振りと子供
今年もやってまいりました。
籾振りの時期です。
籾振りをてつだう子供
今年からは子供も手伝います。
圃場で遊ぶ子供
良い苗になるんだぞー。


傍らでは、昭和3年頃製のクボタF型発動機がぽっこんぽっこん
黄昏発動機
良い種まきでした。
  1. 2016/05/08(日) 17:46:26 -
  2. 農業 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



パドルシフトが面白い・スライドドアがとっても楽ちん




プレマシーと雪国の春
もうそろそろ走行距離が2000kmに届いてしまいそうな、
プレマシー。
早朝、慣らし運転
早朝馴らし運転も、もう終了です。
だいぶAT車にも慣れてきました。

マツダのATというと、HCルーチェやGCカペラの頃の、
電子制御EC-ATになったばっかの頃から
つい最近までシフトショックが大きくて.....
EC-ATというのは、HOLDモードにすると、基本的には1,2,3速が完全固定されて、
'80年代当時としてはAT車の中でもっともMTに近い操作ができるミッションでしたが、
レスポンスがとんでもなく遅かった。
4→3とかならまぁ良いんですが、他は感覚的には、
2秒くらいかかるんじゃないか???というような。

ATはそういうところが嫌だ、と思ってましたが、そんなことは今の物は全然なく。
SKYACTIV-DRIVE,シフトがとんでもなく速い。
特にシフトダウンはブリッピングを勝手にやってスパンと決めてくれる。
今は5→4速時にショックが少しあるんですが、
CX-5 ロータリーベース 男の隠れ家へ
義父様のCX-5は特にそんな感じを受けたことはないので、
個体差かな??と思いますが、
新しいAT車。まぁー乗ってて面白いです。
プレマシー、パドルシフト
シフトが早いので、パドルシフトを使って走るのが面白いなと思う今日この頃。
ゲームみたい。

ベンリだスライドドア
それから、後席スライドドア車って、小さな子供がいる家族には、
本当に楽だ、という事を実感しております。
最高です。
目からウロコです。
まさか自分がこういう車に乗るとは思ってなかったけれど、
日常の足として悪くないねぇ。と思っている今日この頃。
  1. 2016/05/07(土) 23:23:09 -
  2. マツダ プレマシー -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



大衆割烹・網焼亭・修理屋のGW[十日町の春の味覚を楽しんで自然と汽車と戯れる]




大衆割烹 十日町の春のメニュー
大衆割烹ロータリー汽笛屋、本日のメニュー。
十日町は八箇峠付近でとれた、
木の芽の天ぷら
木の芽とウドの天ぷら、
木の芽のおひたし
それから木の芽のおひたし、ウド。
木の芽というのはアケビの新芽なんですが、これがうまい!!!

良く澄んだ青空
このGWは晴れているととんでもなく天気が良いです。
秋川の清らかな清流
またまた秋川に遊びに行ってきました。

秋川の清流
ヤマメの稚魚がすぐそこに見えて、うはぁ。
秋川の清流で遊ぶ
子供がもう少し大きくなったら釣に行きたいなぁ。

秋川を歩く親子
今回はBBQではなく、前から気になっていたお店に、
深山のお庭
そばを食べに行きました。
深山

深山の味のある風景
安いのに、本当においしかったです。
深山お庭にて

子供、タキセ製作所にて
そして汽車。
トーマスの制御器が壊れた?との事で、修理。
再び動いたトーマス
子供も乗って修理後の確認。

網焼亭も大活躍。
結局今回は、全スケジュールが七輪二台使いで終わってしまいましたが、
炭火網焼 筍
筍を焼いてみたり、
皮をむくとご覧のとおり、炭火網焼き筍

肉を炭火で焼く
炭火で肉や魚などを焼いてみたり。
あー、もう少しでGWが終わってしまう、さびしいなぁ~
  1. 2016/05/05(木) 16:40:52 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



十日町きものまつりを楽しむ




十日町 飯山線SL運行を応援する市民の会ブース
十日町きもの祭りに行ってきました。

十日町 飯山線SL運行を応援する市民の会ブース
通行止めになった国道117号線に出た、たくさんのブースの中の一つに、
飯山線SL運行を応援する市民の会のブースがありまして、
会長の写真の横で
その会の会員でもあります私も会長の写真展の横っちょに、
展示されたコッペル
コッペルを。

小さな子供も一緒に行って家族で楽しむという事で、今回は搬入搬出に手間のかかる、
C56はお休み、という事だったのでした。
でもって、コッペルを使った汽車っていいよなぁ~活動です。
汽車っていいよなぁ、活動
自動車用バッテリーと12Vコンプレッサをコッペルにつないで、

汽笛だけなる様態で、まな板の上のコイならぬ、
ラジフラの上の汽車になってもらった五月三日。

焼きそばに木の芽入りタケノコご飯を
まつりにはいろんなブースが出てきますが、
焼き鳥と焼きそばと、木の芽入りタケノコご飯を堪能。
イチムラ
良いなぁ、十日町の春。

国道117号を往く娘
子供は、子供用着物をお借りして、
きものを着た娘
ご機嫌で、
娘 十日町を行く
交通整理の人が持っていた誘導棒を借りて楽しそうに走り回っていました。
娘、ラジオフライヤーに汽車と乗る
良い春の一日でした。
  1. 2016/05/04(水) 23:59:04 -
  2. 十日町 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



十日町きものまつりへ行く準備




マツダルーチェ、第10回いきいき旧車ミーティングに出る
かつて、十日町きものまつりの、いきいき旧車ミーティングにルーチェで出たり、
十日町きものまつりにて記念撮影マシーンになったC56 129
飯山線にSLを活動が始まってからは、C56 129を展示マシンとして、
展示してみたり、そんなかかわりが10年以上続いていた十日町のきものまつり。

今年はたぶん間違いなく汽車が来るという、記念すべき年でしたので、
家族で遊びに行くことにしました。
国道117号線を数時間通行止めにして開催されるイベントです。
小さな子供もいるしC56は持って行って鳴物担当させようにも、
搬入搬出に手間取るし、持て余すこと確実、持ってこなくていい!!!
という事で、
父と子、汽車いじり
変りの物を子供と一緒に準備しました。
こどもはなにやら8mmのスパナを持って遊んでいます。
有望有望。

汽車山車'16
でもってこれ、移動山車。
12Vのバッテリーと12V用の簡易なコンプレッサーがトゥギャザーすると、

こんな風にピーピーピーと。
大昔、十日町-川西・千手-越後田沢-下手に小千谷の方まで、
国鉄信濃川発電所の工事にて国鉄、雨宮や深川造船のケ150,160に混ざり、
ケ200というコッペルが信濃川発電所の工事に供されていたようですが、
その随分小さくなった兄弟、という事であります。

屋根のペンキを塗る俺
屋根にペンキを塗ったり、
ペンキを塗る俺

ホタテとジンギスカン
BBQ/ジンギスカンを
サッポロビール園のジンギスカン鍋とジンギスカンの肉
したりしつつ、準備準備。
つぶ貝を、焼く

汽車山車とプレマシー
たのしみだ!!十日町きものまつり。
きものまつりのある瞬間

  1. 2016/05/02(月) 16:40:46 -
  2. 地元 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



早春の飯山線[十日町-飯山間]




この秋に向けて月一回の非公開会議を行っている、
飯山線沿線地域活性化協議会。さてさてどのような内容になっているのか??
十日町、飯山、共に実行委員会が立ち上がり当日の事を相談しているそうなので、
8月後半、秋の臨時列車ダイヤ発表時に飯山線にSL臨時列車が走る、
というのはほぼ間違いないと思います。

これはもともと3月中旬に書いていた日記?
なのですが、公開する機会を逸してしまい、さてどうしようか??
お蔵入りか??だったのですがもったいないので急遽、中身を少し変えて、
になります。



今回は、飯山線の十日町以南に飯山までの道すがら、よさそうなところを走ってみました。

十日町-旧大黒沢仮乗降場・土市間の羽根川鉄橋
十日町-旧大黒沢仮乗降場・土市間の羽根川鉄橋
羽根川鉄橋に迫る、おいこっと
ここ凄く人が出ると思います。
飯山線羽根川鉄橋を行くキハと春

渡哲也にC56が迫る、手前は川地民夫
昔、渡さんが撮影に来ていた所。
渡哲也に飯山線のC56が迫る
ここを渡る汽車、見てみたい!!と小学生の時からずーっと思い描いていたことが、
いよいよ現実になろうとしています。感無量。
羽根川鉄橋を渡るC56牽引の臨時お座敷列車


信濃川鉄橋
今は発電所が出来ましたが、ここもかつての名撮影地。
信濃川鉄橋を渡るC56重連臨時列車

津南のお堂
この近辺もいいですねー。

信濃川沿いを緩い弧を描いて
絵になるだろうなぁ。
紅葉と汽車と大河。
森宮-足滝間

森宮-足滝間のトンネル
良い所がいっぱいだぁ。
森宮野原駅に至る築堤

森宮野原
十日町の次に長時間停車になるかもしれない、森宮野原。
じつはここ、転車台の穴は壊さずに埋まっているそうな。

矢垂-下境の

下境と千曲川
線路付近の旧117号からもよし、
下境と千曲川と
現117号からもよし。
大河に寄り添う飯山線

手持ちの写真を見ると、
戸狩-信濃平-北飯山間の写真はないんですが、広々とした平野を往く、
SL,良いだろうなぁ。
本物のC56 129と小さなC56 129で、汽笛は小さな方が
本物のC56 129も久しぶりに生きる蒸気と対面することになるでしょう。
青い空、新緑と残雪と木に咲く花、そしてちらりとのぞく信濃川と飯山線
いやはや本当に楽しみです。
日本の原風景を走る飯山線

さて現地では撮鉄さんたちとドローンをどうするかを含め、
さまざまな準備が始まっているようです。

地方の新聞には詳細なことも載り始めています。
それを見ると、どうやら本運転以外にも本当に楽しそうなことがいっぱい。
100キロを超える長大な運行ですから追っかけする人々も本番以外でもたくさん、
お見えになるともうのですが、交通取り締まりには気を付けていただいて、
ぜひ飯山線沿線で買い物をするとか、
いろいろ楽しんで頂きたいと思います。罵声大会も必須というような感じもしますが、
さてさてどうなりますか。
10月中旬から11月中旬が今から本当に楽しみです。
  1. 2016/05/02(月) 05:36:30 -
  2. 十日町 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



連休、小さな汽車をプレマシーに載せて




青空と庭園鉄道
連休です。
マツダCWプレマシーと小さな鉄道
連休2日目は、夢のような小さな鉄道に家族でプレマシーに乗って、
行ってまいりました。

居間から見える景色
居間の窓から見える景色。
GWって空気が澄んでいて本当にいいなぁ。
筍を炭火で焼く
前日は筍を焼いて、前祝です。

このお出かけは、マツダのCW型プレマシーに、C56を載せて、
家族で楽しく移動出来るか??という事を試すドライブでもありました。

プレマシーにC56129という汽車を乗せる
結果から述べさせ頂きますと、バッチリ!!です。
防臭ボックスと脱臭剤とソーラー脱臭も用意したので、
走行後の帰宅中の停車中も臭くならずウシシです。

分解されたC56 129 足回り
昨年12月26日に始めた、C56の分解点検、
全検に近い物も無事終わりました。

さーて、走りますよぉ~
さーて、父ちゃんの、一番かっこいい姿を見せるぞぉ~
子供、オヤジの後ろにて
ほーうれーぃ。
小さなC56に乗る娘

プレマシー。長く付き合うことに成ると思います。
C56との運転用の機材、それからパラソル等アウトドア用の荷物を、
ルーフキャリアにも載せて、充分移動できました。

一応乗車定員7名という事は、55[kg]×7[人]という事で、
358[kg]までなら少なくともなんら問題ない、という事。

C56がテンダ込で約140㎏。
家族3人で現状、約120kg。
運転用機材石炭、約50kg。
アウトドア用品、約30kg。
計340kg。
子供2名、小学生位までなら、お泊り用具を載せても十分対応可能、
という事がわかりました。
高速を走っても100km/hを超えるとキャリアの騒音は大きいし、
燃費も目に見えて悪くなるけれど、そこまでの、
100km/h程度までなら快適に走れる事が確認できました。
ちなみに往復約140kmで車載の燃費計はリッター約15kmと表示してました。
そんだけ走れば、充分だねぇというのが率直な感想です。

マツダCWプレマシー、芝生の上にて
C56を長く付き合うことに成るであろうマツダの車を見つつ、
マツダCWプレマシー、とある小さな鉄道にて
家族でお遊び。
とある鉄道の駅舎にて
いやーよかったよかった。
プレマシー、C56、乳母車
青空の下で食べるご飯も本当、おいしかった!!

C56 129よ木立
ということで、
走り去るC56 129
前の日記にも張った
C56 129と向こうに見える駅舎と
画像たちをもう一度。
C56 129と新緑と風と

C56 129 スチームダウン
本当にいい時間でございました。
小さな鉄道、ライブスチーム・ミニSLに魅せられてもう少しで30年。
まさか30代でこういう状態になれるとは思ってなかったけど、
いいGWです。

飯山線を走っていた頃の姿に以前よりだいぶ近づき走りも最高。
やったーです。ハイエースやキャラバンに近い、
マツダでかつてラインナップされていたボンゴブローニィ、
そしてマツダ製タイタンダブルキャブは今回も結局購入できなかったけど、
プレマシーも家族でドライブ出来て汽車もつれていける
良い相棒になることが確認できて大満足な一日でした。
白馬もこれで家族が快適に行けるようになりました。よかったー。
  1. 2016/05/01(日) 01:31:24 -
  2. マツダ プレマシー -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


がく

04 | 2016/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search