がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシー、ファミリアバン、C56に乗るがく




新築の家




新築の家、一階は車庫
家が建ちました。
入居です。

一階の車庫部分には今は.....
一階の大部分は土間です。
車庫部分にはタイタンも入ります
タイタンも入ります。
本当は、
ヒノモトロータリーベース・日野十日町機関区の機械加工場 古いクルマと旋盤とフライス盤があるガレージ
男の隠れ家ガレージの車両整備設備及び、
旋盤やフライス盤、をはじめとする機関区機能、
ガレージの薪ストーブに火を入れて汽車を磨く

現代風 男の隠れ家 ヒノモトロータリーべース・日野十日町機関区現業部にて薪ストーブで料理をしながら
癒しの場を竣工時に移設したいとも思っているわけですが、
「臭い」「うるさい」等の理由でそれはできず.....
今回は引っ越しの日記です。
引き渡し後、自分でやることなどをゴソゴソして数日。

これが二階に運び込む荷物
タイタンの荷台に乗ったこの荷物と、
車上生活者ではありません。この荷物も運びこみます
まるで車上生活者みたいになっちゃったファミリア
ファミリアに積んだ荷物
の荷物を
二階に運び込みます。
ちなみに、金曜18時20分ごろから小一時間でこの荷物を、
車両たちに積み込むのを手伝って頂いた、自作さん、ありがとうございました。

LADY達の城、台所
LADY達の城、
ここもカミさんの城

カミさんの城
カミさんの城、
LED電球を仕込んだペンダントライト
喫茶清水、米どころ清水亭、麺屋清水
喫茶清水、清水亭 麺屋

玄関より、階段へ
に至る階段
がプレーンな状態は昨日まで。
土曜早朝より運び込み、開始。

笠松電機の鉄道型ブラケット裸電球はLEDにしてます
笠松電機の鉄道型ブラケットとセードが応援してくれてます。
さぁやるぞぉ~
と思っていたら、
飛ぶドローン
ドローンがドローンと祝いに来てくれました。

新築の家に入っていく
でもって運び込み。
新築の家にて

一夜明けて
新築の今からは、夢の男のガレージが見る
ガレージには、野郎がゴソゴソする日曜がやってきました。
陣笠煙突より立ち上る煙
陣笠煙突から立ち上る煙、風流です。

さて、今日は引越後の荷物の収納などなどをする、
という日でしたが、子供がいると.....というありがたい出来事があり、
近日中に取り壊されるレイアウトのプレさよならイベントに、
ルーチェで行くことにしました。
広々していていいなぁ
広々していていいなぁ。
これ、東京西部のとある場所。
いいなぁ。

いいなぁ、ブリタニア
実はここ、自分が「マツダのルーチェとファミリアで教習できる教習所」を高校の頃探して、
BLアクセラ教習車達
通っていた教習所のそば。
今は最新のアクセラに切り替わってますが、
20年位前、まだマツダの教習車より他社のシェアが多かった頃から、
マツダだった場所です。

娘、汽車に興奮する
話がそれましたが、汽車を見て興奮してます。
OSのカマたち
娘も俺も。
娘、 汽車を見る

汽車の搬出を見る娘
おっ、汽車が出てきたよぉ~
C11 よくできてるなぁ
C11だ!!!
C11 ライブスチーム
くぅ~かっこいー。

C57 1 後姿
おっ、C57もいるぞぉ~
日本とイギリスの優等列車を牽引したカマ達
日本とイギリスの優等列車を牽いてたカマたちの競演。
C57 1 号機についているヘッドライト
素晴らしいカマだ。
C57 1 発車
9時に家に出て、途中で家具屋さんに寄って、小物を買ったりもしたので、
帰ってきたのはもう12時半。
オヤジと娘が旧車でドライブ。
うーんたまらん。
新築の家、マジックアワー
という具合に今回も何がなんだかな日記になりましたが、
河津桜の向こうに見えるルーチェ
いろんな方々に感謝です。ついに家族で住む家を何とかできました。
家族と共に
人生ますますハリが出る、本業をもっとがんばろー
スポンサーサイト
  1. 2016/02/28(日) 17:40:52 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



私の趣味に関してめったに体験出来ない事だったと思われること




私、この新春、転職しました。
以前の会社では素性は丸わかり、道楽者として扱われ、
C11の運転台に座る、がくと
出張で京都に行っては博物館に寄るとか、
それはそれで好き勝手に行動してきましたが、
転職したばかりの会社でも、早速その素性がばれてしまいました。
入社前から偉い方々にばれていたらしく、あちゃー。
近日のブログのアクセス数をみる限り、どうやら通常のアクセス数より、
大幅に増えてまして、同じフロア内の人々に、このブログの存在が、
徐々に知れ渡っていることを考えると、
いろんな人が見ちゃってるような気がします。

仕事中に、「ねーねー」と声をかけられると平常心では居られませんので、
わたくしの趣味に関して、抜粋して書こうかという次第です。

まずは車関係。
マツダ787Bに座るなどの画像は、10年も前のパソコンが壊れた時に、
吹っ飛んでもうないんですが、
ルーチェと上野
ロータリー40周年記念イベントで上野の博物館の前に、
車両が展示されるとか、
マツダルーチェと767Bとユーノスコスモとコスモスポーツ
こういった車両と、とか。
そこそこいろいろマツダルーチェと筑波サーキット
筑波にて、とか、
ルーチェと筑波サーキットのパドック
あったと思います。

マツダのR&Dセンター横浜にも結構行っていた、と思います。


ルーチェ、大好きです。

でもって次はカメラ。
8Mクレーンは、組立結構たいへん
こんなことなどに交じっていたこと、あります。
8mクレーンに載ったV1Jとその他、V1J-2台とZ5J
クレーン、映画みたいな画が。
地上約200mの庭に登った自作クレーン


毎年ではないですが東京モーターショーのプレスパスをもらうこともあるので、
出せる範囲でいうと、こういうことをしたこともあります。


もう少し古い機種になりましたが、
HVR-Z5J、廃道の橋にて
Z5Jという業務用機と、
VG20という民生用のものを使っています。
アレックスモスボードを使用した3軸ジャイロヘッドとVG20


でもって、汽車。
初めて、中央公園にてマレーに乗った頃の写真
小さな汽車に小さなときからかかわっている、というのがばれちゃってるんだから、
もう隠せません。
C56 139 神奈川臨海鉄道の帽子をかぶって
走行中のC56の運転台に載せてもらったり、
C56 129 と C56 139 の図
今自分では走れないC56の中で一番状態のいい横浜のC56 139と....
C56 129 と139

ロータリー人生 C56 139 機関士席にて
などなど。
走行中のC56 運転台の機関士席から


古き良き頃の鉄道 新幹線の運転台より
いつとは言えないけれど、100系の運転台にとか、
ありえない事、いくつもさせていただきました。

C56 129の蒸気と朝焼け
わたくしは今メインでC56 129という飯山線で走っていた汽車のまたがっております。
旧客を牽いて走るC56 129


出会う人、友達、先輩に恵まれている、と感じております。
新しく勤めている会社の方々、どうぞよろしくお願いいたします。
  1. 2016/02/27(土) 23:34:06 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



雪まつりへ




雪まつりです。
早朝ドライブ 大澤山とスクラムトラック
去年はロンリー、
幌馬車チックな軽トラ マツダスクラム 雪に中を走る
C56と十日町のキナーレに行きましたが
十日町雪まつりに姿を現した C56

今年は、家族と一緒でした。
キナーレにて

新装間近、C56 129 雪まつりへ
改修中のC56は、生首状態で参加。

旗とC56 129の
飯山に本物のC56 129が保存されているので、
飯山線SL再運行をアピールするための旗の試作品には、
今回、C56 129とナンバーが入りました。
旗が出来たので十日町にてお借りしました。まさか運用してるカマが旗になるなんて‼
雪の中の生首

生首と汽車焼き芋を見て
雪まつり会場から六坪さん、

お店にて
かみさんが十日町で着物作りを終えた後、お世話になっていたお店に届け物をして、
そして
アクセラ、芝峠へ

今回は芝峠 雲海という、
〽蕎麦焼酎~雲海 的な節回しが似合いそうな芝峠雲海、に行きました。
家族と旗のおかげで、酒がうまい!!!妻有ポークをはじめとする、
懐石料理と日の出蕎麦、地酒松乃井が超美味かった。

雲海
午前2時頃には雲海が見えてましたが、日の出前には風霙に流されて消えてました。
今度はしっかり見てみたいと思いました。
芝峠雲海にて

芝峠雲海の展望露天風呂
遠くの明かりは苗場山麓のスキー場。
しょっぱくて茶色でちょっとなんか特有のにおいのする温泉、最高でした。

汽車遊び
雪まつりの帰り、某鉄道に寄って、楽しい雪まつりの旅でした。
某鉄道にて

ちょっと今日の日記はどうかこうか迷って味のない日記になってしまいました。
楽しい楽しい雪まつりなのに。

なぜかというと、その理由は、会社の重役さんが、入社試験時には既にこのブログを、
読んでいた、という事を先週金曜に知ってしまったからです。
がーん!!
「俺に隠し事があるだろ!!」と仰っていたのはそういう事だったんだ!!ひゃー。
  1. 2016/02/21(日) 20:00:09 -
  2. 十日町 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



C56 129 とんちきへっぽこ旋回窓[C56 129 全般検査の忘備録-12]




旋回窓のつもり
豪雪地帯を走っていたC56 129。
C56 129 現役当時 冬
ワイパーの代わりに旋回窓がついていました。
窓装着中
うーん、もう少し大きな輪で良かったみたい。
なので、とんちきへっぽこ旋回窓。
これはもしかしたらもっと大型の輪に切り替えるかもしえません。

LP405シールドビームヘッドランプ 車載状態
うーん、早く組み立てたいぞぉ~。
整備中のC56の外装部品たち

  1. 2016/02/15(月) 00:00:57 -
  2. ライブスチーム・ミニSL・機関車修理・準備 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



日常の一コマ




新しい家に、侵入
もう少しで完成の○○。

カーテンレールの塩梅を
カーテンレールの具合を見てみたり、

子供なにかであそぶ
遊んでみたり。
新しい家のベランダから見える、桜

新築用に買ったライト
新築用のペンダントライト。
複数準備してあります。
アクセラとコッペル
OS 2月の運転会は見学のみ。
マツダアクセラとトーマス

  1. 2016/02/14(日) 16:53:20 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



C56 129 架線注意を再現するしたLP405[C56 129 全般検査の忘備録-11]




C56 129 現役当時 冬
飯山線を走っていたC56 129。
飯山線での現役当時は前照灯はLP405シールドビーム、
「架線注意」銘板と油灯前掛を付けた状態でした。

LP405 前照灯 シールドビーム 「架線注意」銘板と油灯前掛
そこに少しでも近づけるべく。

さていまついているリング、前回までのとちがいます。
C56 129 に載せたシールドビームLP405 塗装済

前回までのリングは、薪ストーブに間違って入れてしまい、
溶けちゃったリング
なぜかこんな姿に。
あちゃー。
  1. 2016/02/13(土) 06:17:41 -
  2. ライブスチーム・ミニSL・機関車修理・準備 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



昔バイトしていた場所へ。そして新築の事。




ファミリア、昔バイトしていたスタンドにて
土曜日の朝の話になるんですが、ファミリアの給油をするために、
早朝ドライブで十数年前にバイトしてた
かつての日野南平給油所にて
スタンドに給油しに行くとレギュラーが100円を割ってました。
98円。やったー!!もっと下がってバイトしてた頃の値段まで下がるかな??

足場が外れるまじか、わが家
幼馴染がコメントしてくれちゃったので、何となく、
ちょっと新築の事です。
もう少しで足場が外れます。
玄関に
玄関。

夕闇の裸電球の街灯・笠松電機製251と91
わたくし、笠松さんのファンでもありますので、

いいなぁ~笠松電機
アイデンティティを示すべく、
いいなぁ~笠松電機の笠電・マウント

ジオラマみたいな、笠松電機の笠電・マウントと裸電球
今まではこんなことに使用していたわけですが、

笠松電機さんの鉄道型ブラケットと街燈セードの組み合わせ
新しい家の玄関には、こういうもの、笠松さんの街燈セードと、
鉄道型ブラケットをつけようと思います。

階段を登ります。
基本的にこの家は下は男の夢が詰まったスペースに徐々になる筈ですから、

女の方々が台所を
二階は女性の城にしてもらい、日々喜んでもらうために。
母と娘、台所にて

以上、報告を兼ねた日記でした。
  1. 2016/02/08(月) 00:52:14 -
  2. マツダ ファミリア -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



C56 129 架線注意を再現する準備[C56 129 全般検査の忘備録-10]




動輪舎さんが架線注意のプレートを販売されているので、
ありがたく使わせていただくことにしました。
その準備の様子です。
C56 129 前照灯についていた架線注意を再現する為の部品
飯山線のC56 129はヘッドライトの下に、
架線注意の銘板があり、その下から前方に前石油燈掛けが映えている、
という状態だったので、それっぽいものを。

C56 129 前照灯についていた架線注意を再現する
梯子にも。
架線注意のプレートを梯子につける

という報告的な日記でした。
  1. 2016/02/07(日) 19:42:18 -
  2. ライブスチーム・ミニSL・機関車修理・準備 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



サンポールと電気と亜鉛で電着亜鉛メッキ




昨日作っていた、縦フライスでメタルソーを使うためのアーバ。
メッキをかける前のメタルソーアーバ
材質はS45C。
あんまり使うものでもないので、いちいち油を敷くのも面倒なので、
メッキすることにしました。
自分で何でもやりたい人の間では有名??なサンポールメッキをすることにしました。

サンポール、原液
サンポール、原液。
サンポール電解液
約5倍に希釈して電解液とします。

亜鉛板を+に、工作物を-につないで、
メッキ前
どぼん!!

サンポール電着亜鉛鍍金、反応が始まりました
反応始まりました。

サンポール電解液の中で
サンポール電解液の中でぶくぶく、工作物に亜鉛が移っていきます。
メッキです。
ぶくぶく、サンポールメッキ

サンポールメッキ、ひきあげて
約0.1Aで2時間ほどメッキした後ひきあげると、おぉー鍍金されてる。

メッキ前、後
一つの部品も2時間程度で、
サンポール 亜鉛メッキの様子
見た目は良くないけれど、後からやった方の部品は少しはましに見えます。
弱い電流で長時間メッキするようにするときれいにメッキされるらしいので、
昨日から今日にかけてアーバ部を浸してみました。
一晩サンポールメッキをかけた後
今日も一日、ゆーっくりやってみるつもりです。
亜鉛は、鉄と組み合わせると、かなり防錆性が高いものです。
あんまり触らないものに簡単にメッキできるなら見た目は悪いけど、
管理が楽になるし、こりゃいいなぁ。

簡単めっき、こりゃ簡単だ!!!
LB21035 点検孔は可動
この部品、真鍮メッキしようかな????
  1. 2016/02/07(日) 02:01:48 -
  2. 工作・機械遊び -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ



C56 129 LB21035 気筒被 ほぼ完[C56 129 全般検査の忘備録-9]




今朝3時くらいからの事でした。
工作時間確保のためにその時間から作業して、
夜間にも、工作、ミニSLのエンジンカバー
LB21035 気筒被も進めました。

薪ストーブの上で焼き芋
薪ストーブで家の中にいる家族に献上するべく、焼き芋を焼いて、
焼き芋、焼き芋
作業小屋に入って、朝は終わりきらなかった左右両方の工作をして、
LB21035 を気筒にかぶせる
左右の気筒被、エンジンカバーほぼ完成。
LB21035 点検孔は可動
点検孔は可動です。
昔からついていた部品はだいぶ変色してしまいました。
真鍮メッキ、しようか、どうしようか??
  1. 2016/02/06(土) 16:58:13 -
  2. ライブスチーム・ミニSL・機関車修理・準備 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



メタルを割るために[簡易メタルソーアーバ]




飯山の方に頼まれた発動機のコンロッドメタル製作。
アキツ石油発動機のメタルを造る、確認しながら
諸般の事情により止まってました。
理由。
前職場にあった横フライスは退職によりつかえなくなり、メタルソーを使えなくなった。
のでした。
という事で、家の縦フライスで
縦フライス、旋盤が使える我が工場「こうば」
メタルソーがつかえるようにするために、
ごく簡単なメタルソーアーバを作ることにしました。
メタルソーとS45Cの丸棒
今朝3時くらいからの事でした。
この時間帯の活動ならば、かみさんと子供に迷惑をかけることもなくできる??
最近休みの日は目が早く覚めてしまいます。
歳をとったのでしょうか??

シャンク部の切削
がーっと切削。

下穴をあけて
下穴をあけて、

インバータでゆっくり旋盤の主軸をまわしてタップたて
インバータでゆっくり旋盤の主軸をまわしてタップたて
アーバー部、削り終わった

中ぐり加工
固定するためのものも作って、
メッキをかける前のメタルソーアーバ
ちゃっっちゃのちゃ。
ちょっと肌が荒すぎる??
様子を見てもう少しきれいに仕上げるかもしれません。
後はサンポールメッキをかければ完成です。
飯山の方に頼まれた発動機のコンロッドメタル製作、これで再開できます。
  1. 2016/02/06(土) 07:00:17 -
  2. 工作・機械遊び -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


がく

01 | 2016/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search