がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシー、ファミリアバン、C56に乗るがく




市内の小学校用の脱穀機を[ミスタールマンからの贈り物とクリスマスの準備]




今日は、近所の農家の方の所に行って、自走式脱穀機・ハーベスタをもらってきました。
貰ってきたヤンマーの脱穀機
ヤンマーのマシンです。PE-1K。
エンジンは冷却水のホッパーがあるかなり古いタイプ。
購入年次は昭和52年との事。もう40年近く前のマシンですね~
昭和50年代前半位のマシンにしてとてもいい状態だと思います。
ホッパー水位計 ヤンマージーゼル
ディーゼルですが、かなりオールドなマシンです。
積もった誇りが放置された年月を物語ります。
貰った脱穀機 洗浄中
ロータリーベースで、今日は洗って次の週末に整備をしたら日野市の水田を持っている小学校に寄贈です。
あと20年はつかえるように、また整備の為にロータリーベースに戻ってこないように、入念に。

何でこういうものがもらえたのかというと、くれたおじさんいわく
竹林の前でまわる発動機 久保田鉄工 クボタ F型
部落の共有財産だった大体90年前のエンジンをちょいちょいと動かした事がきっかけだったそうです。
お兄ちゃんなら、20年くらい放置してたやつでも簡単に動かしてくれるだろうと。
実際、想像していたよりはるかに簡単にかかってよかった~という感じでした。もらってきて洗浄するのに、
大体2時間位だった日曜。

最近、会社のLADYに言われることがあります。
「BABYの写真、みせてよ~」と。
残念ながら携帯では写真を撮らないので、いつも見せることはできません。
「ブログにあげてよー」といわれるので。
笑う我が子 2ヶ月半
今朝撮った写真だぜ~

試作した基板たち CR マルチバイブレータ
俺にそっくりだべ。
どうやら先週、帰りにコーナンで買ったクリスマスツリーが気に入ったみたいです。

イルミネーション電飾ミニトレイン '13
こういう事もきっと喜んでくれる子供のような気がしてきた。

マツダルーチェとカミさんと子供と俺
これも見とくれ~
カミさんとあかちゃんとC56 129と俺

少し前の事になりますが、農作物を年間契約頂いている世界で有数のロータリー使いであらせられます、
ミスタールマン、レーサー寺田陽次郎さんが、海外出張の折に、娘の為にプレゼントを送ってくださいました。
ミスタールマン レーサー寺田陽次郎さまからの贈り物
かわいい服。
我が子は乗物好きな感じがありますから、ありがたく頂戴いたします。
ミスタールマン レーサー寺田陽次郎さまからの贈り物を我が子に着せる
ありがとうございました。

さて、今年もあと1ヶ月。
という事はイルミネーションまで時間がありません。
C56 129と機関車焼芋・汽車焼芋機
機関車焼芋に熱中している場合ではありません。
少しずつ準備です。

C56 129 ランボードを外して
三週連続、飯山→日野→戸狩という場所で走行したC56 129.
今回は無故障という事ではなく日野で、逆転機故障が発生していて応急修理で日野と戸狩を走りました。
逆転機の本修理とオイルポンプの点検の為、ランボードを外しました。その様子です。

試作したCR マルチバイブレータ回路の基板たち
これは、試作した電子基板たち。
一番左は交互にランプがつく基盤。
真中はボワーっと点いたり消えたりする基盤。
左がボワーッっと点いたり消えたりを二灯当時に出来たり交互に振ってみたり、
点滅時間を換えやすい様に抵抗を簡単に変えられる基盤です。そしてボディアースで使えて配線を
減らせるようにしました。
カンテラ点灯
コンデンサと抵抗、トランジスタを組み合わせたマルチバイブレータ回路。
前進時に尾灯・すなわち赤色がついているのはいくらイルミネーショントレインと云えどもどうかな?と思い、
黄色の球を入れてアンバーに光るカンテラにしてみた様子です。
カンテラをつけたC56 129

C56 129に仮装着したカンテラ
飯山線で現役当時、冬は雪で壊れるので前位にはめったに装着されていなかったカンテラを付けた状態。
動輪舎という会社が格安で販売してくれている逸品に球を入れました。

マツダスクラムに満載の梨の原木
三軒先の天皇様への献上梨を造ったおじさんが梨畑を整理していて原木をたくさんもらいました。
車庫のストーブを週末だけ火を入れるなら数年は焚ける量だと思われますがもっとくれるそうで、
やったね。
ロータリー野郎流 ちゃんちゃん焼

そんな週末の日記でした。
スポンサーサイト
  1. 2014/11/30(日) 09:13:30 -
  2. 農業 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



汽車焼芋機[十日町プロモーション大使が造る変形ロケットストーブで目指せ雪まつり]




奥信濃の晩秋
あれは寒い雨、もう少しで雪、というような天気の中じゃった。
C56 129と現役飯山線キハ110
戸狩という北信濃の飯山線沿いで小さな汽車を走らせていた時の発案じゃった。
あまりに寒いと子供が来ない。まあ大人も来ない訳ですが......
あの雪のような雨がもたらした、福音。
「十日町雪まつりで人が集まるようにするにはただテントブースを出すだけではなく、
人が冷やかしで覗きたくなる様な汽車型の器具が欲しい。たとえば焼芋」と発案者さんの口からお告げが....
C56 129と虹
心の中に虹が出た瞬間でした。

さーて、良い発想があれば形にするのが自分の領域。
早速実現できるかどうかのテストです。
これってロケットストーブの変形と考えていいでしょうか?
巷には数年前からロケットストーブというコンロというか暖房ストーブのような物体があります。
特徴は煙突の中で火をもやし、その煙突を断熱することにより煙突が横引き出来る、という事。
雨の中、テントで汽車で焼芋という話が出る際、
汽車足湯とか汽車熱燗とかいろいろ話が出たわけですが、汽車焼芋という話が出た際、
自分の頭の中に浮かんだものは
「石焼釜の石が暖まってしまえば、断熱材と似た様な効能があるはずだから汽車空き芋は出来る」
という事でした。
発案者さんは自分の本来の趣味、自動車がらみでたくさんあるペール缶を使って何かできないか?
という事まで発想してくれました。
変形ロケットストーブの焚口
平日、帰る時、実家によって試験です。
焼けている煙突
試験結果は断熱材がなくても煙突の横引き、煙道横引きは十分成立するはず。という結果でした。

汽車焼芋 設計中
ではこれを造る事にしましょう~
汽車焼芋 3D


ペール缶を溶接する
土曜、娘は予防接種に行ったりしましたが、合間を縫って作業です。
ペール缶を灯油で洗って、溶接。
カマにして、ジスクでカマをカットしたり煙突・煙道の孔をあけたり。

カマの中200℃オーバー
実家の庭にまかれている石を拾って罐の中に入れます。
着火です。
隙間を埋めたりしながら着火20分で罐の中は200℃を越しました。
うまい焼芋は200~250℃くらいで出来るらしいです。

汽車焼芋の石焼釜の中
畑で採れた芋を罐の中に入れます。
汽車焼芋で焼けた焼芋
待つ事、約40分。
やけたー。
うまし。石焼芋機ができたー。
これをより汽車ぽくするには運転台部分のキャブがいります。
土曜はそこまで出来んかった.....
汽車焼芋 一号機と二号機になるペール缶

さて、娘が生まれて2ヶ月以上経ちましたが、週末は農業だ汽車だといってほぼ家にいませんでした。
さすがにいろいろあれでヤバい感じも漂うので、
昼は味噌煮込みうどんを作っておやつは焼芋を届けて夕食はガレージでゆっくりカレーを煮込みながら作業しました。
薪ストーブでカレーを作る
人間の欲を満たす事を行ったことで、カミさんの機嫌も上々。
夕食を造りつつ作業する、という事で実家の庭で「作業な遊び」をする事に対する「免罪符」も手に入れられて、
一石二鳥。やったね。

夕焼けの富士山
土曜は富士山も見えていい一日でした。明日は、二号釜と汽車の運転台部分をつくるぞ
ファミリアバンと富士山と夕焼け

作成中  汽車焼芋 ロケットストーブ変種
今朝、西府駅の傍の7時からやっているオリンピック系列のホームセンタに行って、ボディになる部分を買い込んで、
作業。

取敢えずほぼ完成 汽車焼芋 ロケットストーブ変種 ペール缶焼芋機 機関車焼芋機
出来たー。
汽車焼芋 ロケットストーブ変種?の石焼芋機。
ペール缶を使った焼芋機。機関車焼芋機。
これ立体商標とか登録商標行けんじゃないの???というのは置いといて、ウケる気します。
ネットで見る限り本邦初かつ世界初なんじゃなかろかと思う焼芋機。
かわいいねぇ~
今年度は今回完成した一号機と二号機を準備して、
アタッチメントタイプのヒートライザを作って、珈琲豆を炒ったりピザを焼いたりできる、
物も造るつもり。

煙道・煙管を伝う炎 汽車焼芋 ロケットストーブ変種
ロケットストーブの変種ですからこんな感じ。
煙道にたまった灰 汽車焼芋 ロケットストーブ変種
今日はあんまり灰がたまらないように焚いて、こんな感じ。

ファミリアバンと十日町市のバス
今日は社共のイベントかなんかで、十日町の下条の方々が日野にやってきていたようですが、あれです。
ファミリアバンに自家給油

アユの塩焼きを雪見酒にて
どういう形で十日町雪まつりに参加するか、しっかりは決まっていませんが、
多分、行きます出ます。
十日町プロモーション大使が造った汽車焼芋機。
夜の十日町高校の雪まつり
汽車焼芋。
もう一台、冬休みに制作して。
十日町SL運行を応援する市民の会のマスコットにしてもらおう。
そんな休日でした。
  1. 2014/11/23(日) 17:04:58 -
  2. 十日町 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:1 -
  5. ↑TOPへ



豆汽車機関士秋の陣 其の四 戸狩




C56 129 発車ー
さてさてまたまた豆汽車機関士の週末が来ました。
国立・飯山・日野と来て戸狩です。
本当は属するクラブの運転会が次の週末もありますが、ここでいったん終了。
そんな週末の様子です。

奥信濃の晩秋
土曜、午前7時台、奥信濃の晩秋。
山の上は雪みたいです。
飯山戸狩、一日雨でした。
C56 129と虹
時たま止んで綺麗な虹も拝めましたが、基本、雨。
うひゃぁ。寒い寒い。
目と鼻の先は雪だったみたいで、あれです。雪の方が楽だったかも!
一日目走り終わった後の夕焼け
片付け終わったら、夕日が出てきたりして。ついてないなぁ。
セブンイレブンのくじでお酒が当たった反動でこうなったのかな~??
うーん明日は晴れろ。
一日目 午前10時から午後4時まで走行。

国鉄の宿?岸田屋さんでおいしいご飯とお酒と戸狩温泉を楽しみました。

さて翌日。今日です。
準備する俺
準備する俺
C56 129と切符
はしるぞー、C56 129

晩秋の戸狩野沢温泉駅
山の上は本当に雪化粧です。
C56 129と現役飯山線キハ110

想い出に残る子供達
結構たくさん走りました。
楽しかった。
本物の飯山線を見て、雪化粧した山、紅葉を見ながら走るのは、最高です。

さて戸狩恵比寿講。
メダマは、福玉打上花火。
あっしも参戦です。
タンボで遊ぶみんな 当りくじの入った打ち上げ花火からの券を拾う
どうですか?これ、まじで興奮します。
ボーンと打ちあがった花火が炸裂して、券がひらひら舞い降ります。
それを拾うためにみんなが泥遊び。
ちょー楽しいです。

野沢温泉の夕暮れ
運転終わって野沢温泉。
滝之湯ぐっじょぶ
滝之湯、本当にいいお風呂です。
由屋でへぎそばを食べる
土市の由屋でへぎそばを食べて。
北信濃の晩秋

いろんな方に会いました。
飯山では乗れなかったけど、乗れたー という方
夏まつりでも乗りました という方
旦那が会いたがっています という方
お菓子やお酒、お土産を頂いて、カミさんによろしくね という方々
俺もほしいけど...... という方

そして

また来年、来てよね!と言ってくれた方々。それは大人も子供も複数の方が、
仰ってくれてました。
嬉しいです。

飯山線を走っていたC56 129が眠る飯山の街に、
小さなC56 129が走り始めて2年。
「また来年」
という言葉が、うれしいです。

日野の産業まつりのようになるには何十年もかかりますが
芽が出て少しずつ心に残るミニSL・ライブスチームになれているなら、うれしいな。
そんな豆汽車機関士 秋の陣でした。

しばらくはおとなしくするつもりですが、子育てと並行して
イルミネーション電飾ミニトレイン '13
イルミネーションの準備や
夜の十日町高校の雪まつり
十日町雪まつりで芋を焼く汽車というオブジェを登場させるべく制作するヘッポコ細工の様子など、
アユの塩焼きを雪見酒にて
これからもまだまだ楽しむぞーな週末でした。

飯山・戸狩の方々、そして補助していただいた十日町の助っ人さまや、
新幹線野郎さん、どうもありがとうございました。
  1. 2014/11/16(日) 23:14:07 -
  2. ミニSL・ライブスチーム -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



豆汽車機関士秋の陣 其の三 日野




今年もやってまいりました。日野の産業まつり。
今年で48回目という、日野市産業まつり。
結構大規模、日野のイベントの中ではかなり集客力がある方らしいんですが、今年もミニSLを走らせました。
マツダタイタンで、日野市産業まつりの準備
準備の日。
金曜日、会社を休んで、レール敷設です。
我が家のメイントランスポータ マツダタイタンが主だった機材を搬入して、レールの敷設作業です。
日野のスポーツ公園にレールを敷き始めます
敷けたらナットとボルトで締結していきます。
レール敷設が終ったら、確認!
軌道の完熟走行

C56 129と秋の紅葉
 C56129も有火状態にて軌道の確認です。

土曜日
本番1日目
日野スポーツ公園内でのフォルテ
久しぶりにおちびさん機関車、フォルテに火を入れました。
秋のフォルテ
ちょこまかちょこまかと走るフォルテ。やっぱりいいです。
C56 129とフォルテ
C56 129二も火を入れます。
はしるぞ~
しかしラスト30分というところで、故障。
逆転機(車で言えばギア)の加減リンク内にある滑り子のねじ緩みと逆転軸腕のピンが
折れてバルブタイミングが狂い、牽引不能になって1日目が終了しました。
バルブクラッシュにならなくて、よかったぁ~
幼馴染と自作さんと飲みに行く前に修理は完了。
あぁ、最終列車増量サービスやりたかったなぁ。

日曜日
本番2日目
日野スポーツ公園の駅
朝雨が降っていて、あちゃーな天気でしたが.....
C56 129とフォルテ
持ち直してきました。
日野市産業まつりで走るC56 129
ほぼ曇りで推移です。
日野スポーツ公園で走るC56 129
日野スポーツ公園を走る汽車
はしるC56 129
紅葉の林とC56 129
紅葉の中を午後3時過ぎの最終列車まで走り、
2014年、日野市産業まつり、終了
はしるC56 129

今年は東京の紅葉もここ最近比較すると若干早かったようで久しぶりに落ち葉の舞う中での走行となりました。

落ち葉を眺めながら走っていて、ふと懐かしい事を思い出しました。
それは一昨年まで会場として使用されていた、日野市中央公園での出来事。
大体四半世紀前の事で当時、自分は小学生の真ん中の歳位でした。
毎年、秋になると中央公園にやって来るミニSLを運転したい一心でお袋に弁当を造ってもらって、
汽車がよく見える場所に陣取っていた時期です。
その年は雨上がりで落ち葉がすごくて、少年は何を考えたか高箒持参で公園に行きました。
落ち葉がすごいので葉っぱを掃きました。今考えると何とも厚かましい奴です。
今も分野によってはだいぶ厚かましいですが、当時からその気があったみたいです。
それからレールを東工の一本3mあるお下がりレールではなく、持ち運びが楽なように新規で、
1.8mのレールを造って初導入した事もあり、ぬれ落ち葉とレールの塗料が混ざって列車が、
勾配をろくに上れない、という事がありました。
あの時、レールを拭くのを手伝ったり、箒で落ち葉を掃いたりした後は、
ミニSLのそばでちょっかいを出しても追い払われなくなりましたから、
自分が乗る側からスタッフ側になった瞬間だった.....と思います。
古い事なのでおぼろげですがそんな事があった事を思い出しました。そうか、葉っぱのおかげかぁ~
いやいや、葉っぱのおかげだけじゃない。
タキセ製作所のおじさん、新幹線親父、鉄道マニアさんにあの世に行っちゃった戸部さん。
みんなにお世話になりました。
小学生のころから毎週毎週、タキセ製作所に行って運転練習させてもらっていたなぁ。
みんなにお世話になって好き放題やらせて頂いて、ここまでこれました。
感謝感謝。
やっぱり産業まつりは落ち葉がいっぱいあった方が風情あっていいなぁ。
そんなこんなで初めて汽車を運転させてもらったのが今から満23年前の11月。
それからいろんな事がありましたが、今年も自分のC56で産業まつりに参加しました。

今朝は運転したそうな方がお見えになったし、自分が小学生の頃から、
日野市の職員さんでミニSLの係りだったという、
おばさまもお見えになりました。
「子供が生まれたそうで、おめでとう」と言われ、うれしかった~
そう、自分が親の立場になって初の産業まつり。
これからも続くならより一層、気を付けてやるぞ、というか、
なんか感慨深い日野産業まつりです。

そして毎年、産業まつりの後はそんな事は書かなくてもいいんじゃない??という事を書いているんですが、
今年も書きます。

最近はネット、それからFBみたいなSNSが発達しております。
FBで見学したいという事を伝えられてくる方もいらっしゃるし、
実際に汽車を運転している場所でも凄く興味深そうに見ている男の方々にお会いしますし、
ネットを介してこの日記に日に数件は「ライブスチーム」・「ミニSL販売」・「タキセ製作所」という、
検索ワードで入ってこられる方がいらっしゃいます。

ミニSLをやってみたい、と考えている方々に向けて、に最後に書かなきゃいいかもなことを書かせて頂きます。
ベテラン機関士さん達には全く関係のない話です。

ミニSL/ライブスチームをやっている方々にも高齢化社会、というのは着実に迫ってきております。
でも車両を持って自分で始める人の中で若い人って自分の周りでは数人しかいない。

この趣味を始めるにあたって、ハードルがいくつかあって、
それが原因でミニSL・ライブスチームにはなかなか足を踏み入れられない
んじゃないか要因じゃないか??と思っています。

高いハードルとは

ハードル1 
子供のぷらレールの巨大版、しかも跨って乗るという遊びな訳で、周囲の理解が得られない。

ハードル2 
子供の趣味な様でいて、投資金額は0では無い。むしろ簡単な電動車以外に手を出そうとすると、
クルマ1台買える金額を要する。

ハードル3 
電動車は簡単だけど蒸気になると運転にも整備にも経験を要する。
仲間がいないと、それもとっつきやすい先輩みたいな人が周りにいないと厳しい。

ハードル4 
ハマッていくにしたがい、整備用の道具や工作機まで欲しくなるが、置場が捻出できない

などなど。

ヨーロッパやアメリカではあまり問題にならない事でも人間性や国土の狭さがあって
日本では問題になるみたいに思います。

いきなり国鉄制式機を造ろうとしてとん挫しかけてしまう、
あるいはOSのキットですら完成させられない人がいるらしいし、この趣味、
事に蒸気をやるのは、情熱と先達みたいな仲間と労力が必要なようです。

項目別に分ければ、

・観察力
・構造を理解する。(対人関係においても)
・罐焚き、操縦法を理解する
・レイアウト建築まで行う場合は、軌道敷設に関するいろは
・お金(すくなからず絶対かかる)

これは最低限、必要だとおもいます。
いきなりすべてを手に入れるのは高額納税者さんでもほぼ不可能だと思う訳で、
進行速度の速い遅いはあるにしろだれでも順々にステップアップしていきます。
ここがミソで一度でも踏み入れたら、煤がいやだ!!にならない限り、
遅い速いはあるにしろ、絶対、ステップアップしていくと思います。
だって、好きで始めているんだから。いっぺんのって、やっぱいいや~の人はそこまで好きじゃなかった、
という事になると思われ。

たぶん好きで好きでしょうがなくてなってみたいと思ってどこかの常設レイアウトやイベント、
それはたぶんイベント業者さんがやっている場所じゃなくてレイアウトを持ってクラブとしてやってらっしゃるような場所に、
足を運んでいればすぐ、という訳にはいかないですが絶対始められると思うので、
やってみたい、と思っている人はぜひ始めてみてほしいなー。と思います。

そんな事を考えた、今年の産業まつりでした。

さ-て今年の残すイベントは、来週の飯山線沿線遠征とクリスマス。仕込み頑張るぞぉ~
今年の産業まつりも楽しかった。
何事もなければまた来年、産業まつりでお会いしましょう。
  1. 2014/11/09(日) 21:23:47 -
  2. ミニSL・ライブスチーム -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



タイタンで行く、紅葉の信越・越後




我が家の頼れるメイントランスポータ。
マツダ タイタン ダッシュ。
飯山でミニSL・ライブスチームを走らす為にお出かけしたわけですが、
道中は紅葉真っ最中。新鮮な空気を思いっきり肺とエンジンとカマに吸い込んで来ました。
この日記はその様子です。

タイタンのサイドミラーに映った朝焼け
雨上がりの関越道。
タイタンのサイドミラーに朝焼けが映り込む時間頃は渋川にいました。
機材を積んだタイタンだと渋川の登坂車線をちんたら走るのと、一般道を走るのでは10分くらいしか違わないのと、
ガソリンの減りが全く違うので、渋川伊香保-月夜野の間は一般道を走り、月夜野で再び高速に。
マツダタイタンと月夜野の雲海

水上近辺の雲海
水上近辺では紅葉と雲海が拝めた後、
関越トンネル直近の紅葉
谷川連峰の紅葉がとても綺麗で、嬉しいなぁ。

そばまつりのキナーレ
マツダタイタン、十日町で祖父の脚になったあとは、そば祭りへ、GO。
そばまつり キナーレ大混雑
キナーレ大混雑です。
そばまつりで食べたそば うまいです
一杯300円。うまい!!!

マツダタイタンと魚沼スカイラインの紅葉と雲海
お約束。
走って良し、眺めも良し。
魚沼スカイラインにタイタンで。
大きなバスに乗っているような感じで眺めが最高です。

マツダタイタンと飯山線の臨時列車
飯山に行く途中、上桑名川と上境の間にて、飯山線の臨時列車が追い抜いてきました。

お役御免になる、飯山駅
これは11月8日にお役御免となる飯山駅本屋。
飯山駅の便所 ぼっとんです
これもお役御免になりそうな飯山駅の便所。
ぼっとんですが綺麗でした。手入れがいいんだろうな。

マツダタイタンと野澤の紅葉
早朝の野沢。
綺麗な紅葉だ。

飯山本町を走るC56 129
これは飯山本町を走るC56 129

飯山のC56 129
飯山の鉄砲町児童公園に静態保存されたC56 129
紅葉と飯山のC56 129

飯山の謙信笹すし
帰りのタイタンの中で頂いた謙信笹すし

今回も良い旅でした。マツダタイタン、最高。


  1. 2014/11/05(水) 05:47:30 -
  2. マツダ タイタン -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



豆汽車機関士秋の陣 其の二 飯山




DSC00026va.jpg
飯山の飯山本町にて小さな汽車・ミニSLの機関士してきました。
今回は自分の罐、C56129です。
DSC00003va.jpg
飯山の鉄砲町児童公園に保存されているC56 129を小さくした機関車に飯山線独特だった、
冬装備をしての登場です。
連続4週、其の四まである豆汽車機関士秋の陣、其の二です。

DSC00053va.jpg
飯山の堤防を走る国道117号の旧道になるのでしょうか?
そこにレールを敷いて。

DSC00017va.jpg
商店街の会長さんがCATVの取材で汽車っていいよなぁ、
みたいなうまい事を言ってくれてたみたいなんですが、
そういう方々に支えられて、たくさんの方々の協力がありました。
ありがとうございました。
DSC00052va.jpg
「あそこにおいてあるSLじゃん」という話声があちらこちらから聞こえてきました。
そうです。飯山にある宝、二度と手に入らない本物の蒸気機関車が飯山にはあるのです。
忘れかけられているC56 129。アピールに一役たったかな??

すごく混んでいる恵比寿講という古くからの行事でした。
DSC00054va.jpg
途中で、一旦止めといて~と言われて埋火して駐機していると、
DSC00056va.jpg
警察のブラスバンドが登場。
DSC00059va.jpg
長い長い。
3年に一度の行列だそうで......

DSC00040va.jpg
お土産にお酒やお菓子やら、いろいろ頂きましたが、
帰りに食べた謙信笹すし、まじでうまかったです。御馳走様でした。感謝感謝の一日でした。

さて、豆汽車機関士秋の陣、これで前半終了です。
残すところ、後二回。
今週末に向けて、タイタンからの荷降ろし、機材整備をして、次は、会社を休んで、
金曜から日曜までとなります。
今日の夜から準備です。頑張るぞぉ~
  1. 2014/11/04(火) 07:52:48 -
  2. ミニSL・ライブスチーム -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


がく

10 | 2014/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search