がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシー、ファミリアバン、C56に乗るがく




豆汽車機関士秋の陣 其の一 国立




9月、子供が生まれた、わたくし。
生後1ヶ月半、です。
ワタクシの奥様になってくだすったお方は、ホントに心が広い。

国立、秋のミニSL、準備中
子供が生まれて一ヶ月半。
いよいいよ、汽車です。
いよいよじゃないですね。9月末には乗ってましたので。
C56 129 平山で走る
何が言いたいのかというと、うーん。
カミさん、そして両親さまがた、ありがとうという事で、以下普段の日記になります。

分割されてしまっているN700
ずびーん、現在最新鋭の新幹線が真っ二つ。
これには訳がありますが、国立のイベントに機関士としてオファーいただきました。

走るN700
小さな汽車・ミニSLの機関士してきました。
今回は自分の罐ではないですが、一日、機関車一台預けて頂いてみっちり機関士をして、
連続4週、其の四まである豆汽車機関士秋の陣、開幕にふさわしい安全かつ会心の走りをしてきました。
客車の方々に目配せしつつ、燃える炎、沸上がる蒸気、
そして心があるんじゃないか?と思う金属の塊・汽車と思う存分、コミュニュケーション対話して、
晴天の秋空の下、食事もおいしかったです。

EB10待機。AB10ですね
国立のお方が造り上げた府中に保存されているEB10。
パンタがないので王子でデビューしたばかりの頃のAB10と名乗ってた頃みたいな感じですね。

国立の汽車ぽっぽ公園を走るC21
今回もOSの罐を一日思う存分乗りましたが、いいですね。
くみ上げ方も最高です。
国立の汽車ぽっぽ公園を走るN700
同時運行のN700も、サウンドがいい。
マブチモータのRS545、侮れません。
国立を走るN700

娘の引っ越し道具を載せたファミリア
さて、今日はアパートに娘を連れて行く準備をしました。
タンボにもみ殻を持っていくタイタン
そして田んぼにもみ殻を撒きに行く為の運搬をして、
中目黒ミニSL
小一時間の弾丸ツアーで日野から中目黒のダンディなおじさんに会いに行きました。
お元気そうな御姿が拝見できうれしかったです。
おいしい物を頂きありがとうございます。
それから市川蒸気の方、お会いできてうれしかったです。
ちょっと無礼なところがあったかもしれないと後悔しています。
次回お会いすることがあったら、ゆっくりお話しさせてください。

そして、カミさんと娘をファミリアに乗せてアパートに戻りました。
本当はガレージの上に家を造りたいんですが、
ロータリールーチェとガレージとフライスとミニ旋盤とボール盤等々
以前ガレージに廃油を20ℓ近くぶちまけたのをカミさんに見られ、
臭いがすごかった事がありそれ以来ガレージハウスはNGみたいなので、
ガレージ迄徒歩数秒の場所に住む家が準備出来るまでアパート暮らしです。

朝、車庫の中でくつろぐ機関士に付き合わされるC56 129
今日も早朝に車庫の中で汽車をいじりました。ほぼ飯山線沿線遠征の準備は完了。
次の土曜に積み込みしたら、いよいよです。秋はいろいろあって楽しいなぁ。
そんな2日間でした。
飯山線冬装備C56と秋
スポンサーサイト
  1. 2014/10/26(日) 19:49:22 -
  2. ミニSL・ライブスチーム -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



我が子、ロータリー車に




今日は子供の一ヶ月検診でした。
マツダルーチェとカミさんと子供と俺
病院に行く際、子供をはじめてマツダ ルーチェ、ロータリーエンジン車に乗せました。
ルーチェやタイタン、そしてファミリアという2点式シートベルト装備車でも使えるて、
芋虫のおもちゃを押して音を楽しむ生後一か月の赤ちゃん
ゆりかごみたいな使い方もできるイーブンフローという所のベビーシートをルーチェに載せて。
(ちなみに上の画像は音の鳴る芋虫の人形を押して音を楽しんでいる所)
マツダルーチェに乗った、生後一か月の赤ちゃん
フルスロットルにはできませんでしたが、たぶん、ロータリーらしいサウンドと滑らかな回転感、
そしてそれとは対照的なアイドル振動を感じたのか?
「あー」「うー」と言っていました。多分何かを感じて居たようです。
じきに両親のであった十日町や飯山線沿線の飯山、津南、秋山郷とか大井川鉄道にルーチェで行ったり、
出来るようになるぞー!
楽しみだ。

カミさんと赤ちゃんと番犬
無事一ヶ月検診も終わり、これからはいよいよ外にジャンジャン出れます。
犬に触れたり、堆肥の傍に行って、ばい菌に触れてもらうぞぉ~
マツダタイタンと柿の木

カミさんとあかちゃんとC56 129と俺
ミニSL・ライブスチームであるC56 129の炭水車にも座ってもらいました。来年には客車にだったら乗れるかな??

飯山線冬装備C56と秋
秋ですねぇ~
C56 129とカキの実の生った柿の木
さて明日からはちゃんと会社ではたらくぞー
な午後でした。
  1. 2014/10/20(月) 18:37:14 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



東京稲作事情'14-小学生の稲刈・豊穣の秋、脱穀・飯山線の汽車遊び-




実った稲
木曜、毎度おなじみ、小学生が実習しに田んぼに来て、稲刈りしました。
小学生達、サー刈りましょー
サー刈りましょー
小学生が稲刈り
刈って束ねて、マルって(結ぶの意味)ハザガケですよぉ~
小学生が稲刈り中’14

小学生稲刈り中’14
いい経験になったかな??

さー脱穀するかぁ~??
土曜日。秋川のタンボで脱穀です。
ふぅー、さぁやるかぁ~??
脱穀開始'14
ほれほれ、ジャンジャン扱けよぉ~クボタクン。

収穫に使用、マツダの商用車
我が家の働くマツダ。
タイタンとスクラム。
豊穣の秋に感謝です。
脱穀機と籾袋を載せたマツダタイタン

タイタンへの荷役
今日も脱穀です。
タイタンの荷台への荷役、結構来ます。

ばった君の脱皮
ばった君が脱皮していました。

タイタンの荷台に載った籾袋
さて、脱穀も終了。険しい道でした。
脱穀終了

さて、農作業も重要ですが、汽車遊びの準備も重要です。
来週からは週末機関士4週連続が始まります。父になっても汽車も続行です。
汽車、機材も完調に、自分も体調を整えなきゃ。
土曜脱穀前にOSLSC関東の運転会にちょこっと行ったりしつつ、
早朝、フライスで部品切削
土曜は朝3時半から、フライスで部品を造ったり、
早朝、汽車磨き
汽車を磨いたり、

10月19日、早朝に造った物
日曜は4時から旋盤で、
過熱管のついているC56はスチームアップ時に過熱管へのダメージが減るように、
蒸気上げ時に使える部品を作ったり、
飯山線冬装備C56 129を早朝の庫で磨く
飯山線冬装備を本装着して汽車を磨いたり。
ちょっと庫から引っ張り出してみました。
C56 129 冬装備装着

お天道様の下で見ると網ヘロヘロにしすぎたかな??
塗装禿げちゃてるよ。
治さなきゃ。

これだけ体を動かしていると、まじで酒がうまいです。うひゃ
いい休日でした。
  1. 2014/10/19(日) 18:27:04 -
  2. 農業 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



久しぶりにルーチェに乗る[ロータリーと汽車イジリ]




マツダルーチェと稲刈の終わったタンボ
すずめの追い払いを兼ねて、約二ヶ月ぶりにルーチェに乗りました。
久しぶりにロータリーエンジン搭載車に乗りました。
私が小さい時から慣れ親しんだ、ロータリー。
ブューという何かが回転している感じはレシプロエンジン車やハイブリッド車には無い感覚。
癒されました。
最近はいろいろあってREにのる日はだいぶ減りましたが、減った分、毎回新鮮な感覚を覚えます。
そして、そうそうこれだよ的な感じが癒しです。
やはりロータリーは最高です。
JCOTYの大賞・アタマをデミオがとりました。
'17年のRE復活、期待しています。
それから、子供が大きくなったら、旧FISCOにルーチェでレースを見に行きたいなと思いました。

大量の雪中梅
十日町の祖父の所に行った両親が持ち帰ってくれた、大量の雪中梅という日本酒。
誕生祝で自分への品ならこれでしょ!!とわかってくれてる方に頂きました。うれしいなぁ。

C56 129 現役当時 冬
ルーチェの日記のつもりだったんですが、汽車も書きます。
さて、これは飯山線SL運行を応援する市民の会 会長が昔、撮影した写真。
飯山線のC56はランボードの横の帯は白かった訳ですね。
さてさてさて、どうしたものか???

秋の飯山線沿線遠征に向けて。。。。うーん。しばらく悩みましたが、
ランボードの帯を白くするかぁ。という事で、今朝3時台から、作業。
早朝 汽車のランボードに白線を入れる
黒い車体に白い線は目立ちますね~

庫にてミニSL/ライブスチーム C56 129 冬装備を完ぺきにする
つららきりとスノープロウも付けて。
これでヘッドライトがシールドビームLP405だとナオヨシですが、それは来年以降の課題という事で。

ところで静岡の山奥に住む幼馴染のフランスかぶれ野郎のお嫁さんから、
かみさんの所に連絡があったそうです。要約すると、育児に関して、
「旦那さん、手伝うねぇー」
とのことらしく。旦那さんってのは俺のことですね。
多分、すごくよく手伝う人よりかは手伝っていないだろうし、手伝わない人よりかは手伝っていると思うんですが、
10月末からの週末機関士4連チャンを許してもらうからにはその位はしないと......です。
はい。

ガレージの薪ストーブ
ガレージの中の薪ストーブ、温かい。
もう少し子供が大きくなったら、お茶したいな。
以上、今回の日記、終。
  1. 2014/10/13(月) 20:24:12 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



東京稲作事情'14 -日野の稲刈り-




日野のタンボ、小学校の分を残し、稲刈り終了
今日は、日野のタンボで稲刈しました......
実は、平日も会社を早退して。
勤めている会社の経営者たちから、どういう目で見られているんでしょう???
ちょっとワイコーですが、台風が来るっていうんだから、しょうがない。
おじさん、ありがとう!!

タイタンに脱穀機を載せる
稲刈が終われば、次は脱穀です。
明日は無理でも数日後には。
マツダのタイタンに脱穀機を乗せて出撃準備です。

稲刈機を洗浄
年に数十時間しか稼働しない稲刈機。
お仕事が終われば、洗ってあげて給油して。来年に備えていただきます。


これは畔にて少し回っていただいた昭和年間初期製クボタF型発動機。
クボタのご先祖、田んぼにて
まわれー!!!

発動機 ホッパーの冷却水を排出す
ホッパーの湯を排出する発動機。
何だがおしっこしているみたい。

番犬、用水のほとりにて
夕方、番犬とタンボに。
雀の追い払い。

畑で採れた野菜を、焼く
夕食の準備のお手伝い。
サンマを七輪で焼く ランプと共に
酒と食事。
いいねぇ。
収穫の秋は、楽しいな。
  1. 2014/10/11(土) 21:56:48 -
  2. 農業 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



雨、男の隠れ家ガレージにて[子育てと趣味]




午前8時50分、まだ駐車場の電気がつく前のジョイフル本田 瑞穂店
今朝は深夜からザーザー雨が降っていたので、稲刈りは中止。
午前8時過ぎに家を出て、東京ドーム2.4個分の夢のような場所、巨大ホームセンタであるジョイフル本田に行って、
秋の飯山線沿線遠征で雨だったら使いたい雨除けの物を買いました。

腕の向こうの娘
遊びまわっている訳でありますが、それだけではありません。
雨で家に居るので朝からオシメを7回くらい変えました。哺乳瓶でミルクを合計200mL位、飲ませました。
育児初心者、育児出来る日はしていると思います。いいとこどりかな??

四國カルイ 2.5HP タイプB 石油発動機
近所に住んでいる、農協の組合員で、四國カルイとクボタ使いである発動機仲間のおじいさんに、
農協の組合員、発動機仲間のおじいさんから頂いた、花
自家製のお花を頂きました。うれしいです。ありがとうございます。

高校の同級生から貰った花
高校の同級生から祝の花を頂きました。うれしー。ありがと。

C56 129 飯山線沿線に送ろうかと思う、画像。どれがいいかな??
それから、空いた時間で秋の飯山線沿線遠征のご依頼主さんから頼まれている文章を書いて、
それに添える写真を選んでいます。どれにしようか?
そんな今日は北風が吹いて気温は10度前半になってしまいました。
娘が寝ている時に汽車を磨きましたが、今シーズン初、薪ストーブに火を入れました。
今シーズン初、男の隠れ家・ロータリーと汽車ガレージの薪ストーブに火を入れる
ボディやロッドをぼろで撫でます。
その際に、各部の遊びを確認してたり、ボルトやナットに緩みがないかどうかを確認。
どこを優先的にディテールアップしようか、妄想も先走ります。
そして、新造機関車の構造をどうするか、を考えたり。
雨ですが、男の隠れ家ガレージで汽車を磨くひと時、すごく充実です。

キャンセルが入らなければ、国立・飯山線沿線・日野・飯山線沿線と新米オヤジ、
機関士週末4連チャン、の予定なわけで、家にいるときはなるべくカミさんや娘の為になるように、
そしてこういう事を続けられるように、全方位全力活動だー、な日曜でした。
  1. 2014/10/05(日) 19:48:38 -
  2. マツダ ファミリア -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ



東京稲作事情'14 -秋川の稲刈り-




タイタンとスクラムと秋川のタンボと
今年も稲刈りの時期がやってまいりました。
タイタンにお米を干す馬を載せる
タイタンにお米を干す馬を載せて、しゅっぱーっ。

自作兄も稲刈り
親父が腰をやっちゃって、今週は入院するほど悪化しているので親戚のおじさんと、
機関士の先輩に手伝ってもらいました。

タイタンダッシュ 出発
パワフルな作業で例年、親父と自分、2人でやるよりも2時間位早く終了しました。ありがとうございました。
タイタンダッシュ、旧国道20号から川崎街道に入る

日野のタンボ
日曜は早朝より雨なので、家の近くのタンボの稲刈りは次の3連休にすることにしました。

さて、下の画像でひっくり返っているのは、手押し車、一輪車とかネコとか呼ばれる便利な荷車です。
小さいころから使っていた一輪車を溶接して治す
マツダルーチェと東京湾の水面
自分がホントに小さな頃、それこそ、
マツダルーチェロータリーとC56 149
祖父のルーチェに乗せてもらった記憶が残っている2歳半くらいの頃から、
マツダルーチェロータリーとC56 96
ずーと父が使っていて、自分も初めてつかった一輪車でした。
稲刈機が結束して吐き出す稲わらを運んでいたら、フレームの鉄が折れて捥げました。
過積載って怖いなぁ。
自分が小さな頃から使っている一輪車なので溶接して治しました。そんな土曜、いい一日でした。
  1. 2014/10/04(土) 22:42:32 -
  2. 農業 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


がく

09 | 2014/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search