がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシー、ファミリアバン、C56に乗るがく




真岡鉄道を見に行く[アクセラ6MTリッター21キロ、3キロで動くキューロク、躍動のC12]




アクセラと田舎の駅
アクセラで、真岡鉄道を見に行きました。
ホントは雪がもっと残ってるかなと思ったんですが、真岡より、日野の方がずっと多いです。

SLキューロク館 ロマンが生まれる 情報センターSLギャラリー もあるそうな
さて、日野を朝八時に出発して、真岡に着いたのは九時四十分。赤切符にならない範囲で行きました。
話では聞いていたSLキューロク館。立派だね。
SLキューロク館

懐かしやキハ20 真岡駅
キハ20もいます。

真岡駅、駅の中に、レールとバラスを模したオブジェ
真岡駅も汽車です。
真岡駅も汽車です
情報センターSLギャラリー もあるそうです。
真岡鉄道の方に話を聞くと、最近、地方からよくSLを見学に見えてる人がいるよ、とおっしゃってました。
売店のおばさんは、「SLがなかったら真岡はこんなに観光客は来なかった思うはー」とおっしゃってました。

かつての真岡駅と思われる模型 いいねぇ
かつての真岡駅とおもわっる模型を飾ってありました。
いいねぇ

お雛様もあります キューロク館の中のスハフ44
キューロク館の中にはスハフ44が飾ってありました。暖房入ってました。
スハフ44車内

9600珍しい右運転席仕様
キューロク館の目玉、キューロクは函館の青函連絡船で入換機だったそうでカーブする構内で、
見切りをよくするために珍しい、右運転席仕様でした。
油滴る汽車 たまらん
油滴る。
油滴るクロスヘッド 9600
生きた罐だ!!
軸受に49671の刻印が

エアマン、わずか3キロだそうです 9600
機関士のおじさん曰く、圧は3キロ!だそうです。絶好調ですーねー。
9600 キューロク

走る9600
走ります。
小学生の頃から映画のVHS「天北峠に挑む9600」をみて、
桜と9600ミニSL・ライブスチーム
小学生のころから東工の9600のいろんな罐にふれあい、跨ってきたけれど
動く本物の9600は初めて見ました。梅小路の9600も動かない今は本邦で唯一、実働9600です。
子供達も乗せて走る9600
車掌車に大人子供を乗せて走ります。いいジャン良いじゃん!!!!
10時半、12時、14時半に運行しているそうです。

真岡駅前にある古い倉庫のカフェ
真岡駅前の古い石造りの倉庫を使ったカフェがあったり見どころいっぱいそう。
鞍野中で眠るC11 325 十日町に来てくれました
この前、飯山線にお越しいただいたC11 325もいました。
マツダルーチェとC11 325号機が牽引する信濃川ロマン号

ここでスチームアップするわけですね。真岡駅構内の庫
真岡鉄道で走る機関車の整備やスチームアップをするところ。
お金かかってるなぁ。
アッシュピット真岡駅
第三セクターの真岡鉄道、沿線自治体が鉄道を援助しまた汽車も動かしている鉄道です。
いいんでないかい??
いいなぁ、この構内の感じ

アクセラと田舎の駅舎 西田井
さてさて、C12 66の姿を見るために真岡駅の隣、西井田駅に行きました。

マツダアクセラとC12 66
まってましたー、C12 66が牽引する、もおか号。
立ち上る煙 C12 66
来たかいがありました。

西田井駅発車 C12 もおか号
ディーゼルカーと交換して、汽笛一声、発車ー。
かっこいいーC12
たまらん。

この様子は、動画もあります。
簡単にまとめた、構成がめちゃくちゃな今日の映像です。
汽車が画角いっぱいにおさまりきらなかったり、三脚を使ってないシーンはブレブレですが、
雰囲気だけでもどうぞご覧ください。

来てよかった。今度は乗ろうと思いました。

日光連山を北関東道より
日光に泊まりに行ったりしつつ、汽車、いいだろうな!!

さて、日野と真岡の往復でマツダアクセラ6MTは約370km走りました。
約370kmを17.35Lで走ったという事はリッター21キロ!アクセラ6MT
給油量は満タンにして17.35L、つまりリッター21km走ったことになります。おったまげです。
120~130km/hで巡航してこの数値。すごいと思いました。平坦地では
80~95kmは燃費計で20.5~21km。
100~115kmは燃費計で17~20km。
120~130kmは燃費計で14~17km。
135~140kmは燃費計で12~14km。
って表示してるんですが、明らかに燃料の減りが少ない。
370km走ってやっと小メモリ3つしか減ってなくて、燃料残量は3/4を指している。
80kmでちんたら走ったわけじゃないし、赤切符にならない範囲で踏んで行ってこの数理。すごいなと思いました。

そんなこんなで楽しい一日でした。
スポンサーサイト
  1. 2014/02/23(日) 21:27:26 -
  2. マツダ アクセラ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



東京日野で40~60cmの積雪を味わう[除雪と風景と雪見汽車]




金曜日、帰宅途中のアクセラ
 2/14 金曜日。東京西部は朝から雪が降り、昼過ぎ、雪が強くなり会社から帰れ指令が出たのが午後3時。
帰ってくる最中のマツダアクセラ。
まさかこの雪があんなにたくさん積もるなんて?

土曜午前4時半、雪が50cm近く積もっています
 2/15 土曜日。朝4時半。
あれ?なんか先週の雪より多いんですけど。

侭下の雪
今となっては日野市の老人アパートの名前と電話支線名でしか残っていない、
日野 旧字名/侭下[ママシタ]、区画整理前までご先祖様のタンボがあった辺りなんですが、
積雪 40cmのところ
普通の場所の積雪、40cm。 吹溜りとかは60cm近くの積雪がありました。
おそろしや、東京でのこの積雪。
十日町雪まつりに行くはずだった週末だった訳ですが、
東京の日野の降雪が新潟の十日町の本気な雪降り日に対して2/3位の降りになった驚くべき日でした。
十日町雪まつりも東京から出演者がいけないとか、鉄道も止まって豪華絢爛なステージは中止になってしまったそうな。
十日町も東京も雪だなんて珍しいなぁ。
先週よりも積雪は多いし雪は重くこりゃ大変だー
とくれば、ロータリー一族の除雪隊の出番です。
除雪機で除雪開始
小さなロータリーで表面の雪を退治して仕上げはユンボの排土板です。
だいぶ片付いてきました、除雪

でも雪かきばかりしていると、飽きてきます。
せっかくなので、
雪の中を走るマツダスクラム
除雪機の移動や給油はフロントミッドシップマシンでドリフト三昧。
轍がすごくてパリダカ・グラダカに出るラリーレイドのみたいに跳ねまくりのボッコンボッコンだったけど、
スゲー楽しい。
またまた農協の直売を除雪

ユンボで雪を掘る
我が生まれ故郷の十日町では雪かきの事を雪堀と多々言います。
今日は東京でユンボの排土板とバケットで雪を片づけるまさに雪堀でした。
ユンボで雪を片づけろ

ユンボで雪をおっぺす
雪を押したり。
雪を押したコマツの小型ユンボ
あるとほんとに便利だなぁ。そんなこんなで土曜日終了。
酒がうまい!

日曜のとある路地
 2/16 日曜日。
 朝10時の日野のとある路地と都道。まだまだ雪がたくさん残ってるなぁ。
日曜のとある都道
日曜は会社の雪かきをしたり地元のほかの場所の雪カキをしましたが、午後3時くらいには余裕が出てきたので、

雪化粧した日野
一生のうち、東京でここまで雪が降ることはそうそうないと思うので雪の景色を脳みそに焼き付けました。

タンボに餌を探しに来た野鳥
我が家の田んぼに餌を探しに来た野鳥を見たり。
美しい雪
ガンガン降る雪は嫌ですが、雪って美しいと思いました。
夕焼け空と野鳥

さて、せっかくの雪で時間があるなら、
吹き上がる蒸気 ミニSL
ロッドの機構美と蒸気です。それを雪の中で。
ロッドの機構美と蒸気 ライブスチーム

雪の中を行くC56 129
雪見汽車。最高。
雪の中を走るC56 129

豪雪地帯を行くC56 129
ホントに、豪雪地帯を行くC56 129みたいだ。
くたびれたけどいい週末でした。
  1. 2014/02/16(日) 20:24:01 -
  2. 地元 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:4 -
  5. ↑TOPへ



45年に一度の大雪を、雪堀・除雪で楽しむ




C56 129 雪上 走れ
 '14/2/8未明より降り始めた雪は関東の東京に45年ぶりと言えるほどの雪を降らせました。
300年前から雪国の十日町にいたお袋のご先祖様の血を受け継いでいるロータリー野郎、雪を汽車で飯山線みたいに
楽しみ、
ロータリーで投雪中
除雪、小さな除雪用ロータリーで遊び迎えた2/9。
もう3時には目が覚めて、モーグル決勝を見たり中学生の如く街を徘徊したりして
午前3時過ぎの東京日野、旧田園地帯
午前6時より除雪。
クマ武・スノーダンプと除雪ロータリー
小さなロータリー除雪機と十日町の一品だというクマ武のスノーダンプが我が家の主戦力。
行くぜっ!!!
雪堀遊びを楽しみます。45年に一度ってんだから楽しむしかない!!!!!

マツダ スクラム軽トラにのった除雪ロータリーとスノーダンプとスコップ
実家の裏側は北で日当たりが悪く、カーブで車が石垣に突っ込んでくる事があります。
なので、念入りに。
小さなロータリーなので新雪状態が投雪にはベストコンディションです。
ががーっとやっていると、雪が湿らないうちに他の場所もやろう親父に言われて
ちいさな除雪ロータリー投雪中
日野の農協の直売所やその前の
小さなロータリー投雪中
国道20号バイパスの歩道を
小さな除雪ロータリーで投雪
翌朝
雪、投雪
凍らないように
ちいさな除雪ロータリー・国道の歩道で投雪中
除雪したり
日野の農協の直売所を除雪する
借りているアパートの前を除雪したり。
小さいけれどよく飛びます。
マツダ スクラム軽トラにのった除雪ロータリーとスノーダンプとスコップ
移動の軽トラはマツダ流に言うとフロントミッドシップ・つまりFRですから、ドリフトし放題。
雪見を走る、マツダスクラム

拝啓、軽トラの荷台より
青空、まぶしかった。

排土板で雪を除雪するユンボ
実家の裏は北っ側で凍ってしまいよく車が石垣に突っ込んでくるので仕上げはユンボの排土板でラッセルしました。
排土板で雪を除、コマツのユンボ

かまくらはまたいつか
もうくたびれてかまくら用に集めた雪は手を付けづ。

東京日野、高台の丘より午後3時

東京ではびっくりな雪、不謹慎かもしれませんが楽しかった
  1. 2014/02/09(日) 19:54:14 -
  2. 地元 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



雪のC56[走る汽車とアクセラとロータリー]




C56 129 雪の日出庫前
 2014/2/8朝6時。東京西部の日野は雪が降っていました。
画像は夜明け前の日野十日町機関区機関庫。明け番の機関士が罐に火を入れて一番列車が走るようです。

C56 129 出庫
いよいよ出庫です。

C56 129 雪景色の中
昨年に続きC56 129

DSC09472va.jpg
かつての飯山線で現役だった頃のように雪の中へ。

雪が嫌な番犬
雪がいやそうな番犬が見守る中、走ります。

C56 129で雪上を走る
たまらん、最高だ。

午後のBMアクセラ
新型アクセラでも走ります。滑らせて。

雪の上のC56 129
午後、だいぶ雪が深くなってきました。
スケールで2m。

かつての飯山線のようなミニSL・C56 129
もう本物の飯山線みたい!!!!!!!!

雪上 ミニSL C56 129
かつての姿です。
雪上ミニSL 真正面

DSC09697vb_20140208201259508.jpg
走れはしれ。
C56 129 ライブスチーム バックビュー


DSC09715vab_2014020820140047e.jpg
ライブスチーム、ミニSL遊び、最高です。
雪の中、吹雪の中でミニSL遊び。大人になってよかったー!
子供だったら外に出してもらえないくらい雪が降っていました。
東京は45年ぶりの大雪で都内でも27cmの積雪を観測したそうです。
日野は吹き溜まりは50cm、普通に30~40cm積もりました。
たのしいぞー
C56 129 雪上 走れ
飯山線にSLを   です。
すごい雪でした。C56 129はホントに飯山線みたいなことになりました。
走りは力強く、ブラスト音も最高!!!!!やめられねぇ。
スノープローと旧客・あるいは貨車、いつかは造らなきゃ、次の雪ではと思いました。

除雪・ロータリー出庫前
さて、そのよこでは除雪機・ロータリーがRX-8・ラストロータリーの横でスタンバッていました。

ロータリーで除雪前
出撃!!!!!!!!

ロータリーで除雪後
っという間に除雪。
東京西部の日野、すでに20cm場所によっては40cm位積もっています。
クルマは立ち往生が続出していました。そんななか久しぶりに我が家の除雪機・ロータリーが活躍できました。
生まれ故郷の十日町や飯山線沿線の方々は雪なんて糞くらえと思ってらっしゃると思いますが
僕の血の半分は300年くらい雪国にいたご先祖様の血が流れているので結構楽しめました。

ロータリーで投雪中
明日は人が動き出す前から地域の除雪がんばるぞ~
  1. 2014/02/08(土) 20:23:30 -
  2. ミニSL・ライブスチーム -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



BM アクセラ ナンバープレート位置変更・オートワイパー解除




BM アクセラ ナンバー位置変更 ノーマル位置サ 純正
我が家のメインマシン、マツダアクセラ。三代目のBM型6MT車です。
このアクセラ、ナンバーの位置が.....
ベストなんだろうけど、他の場所ならどうなるか気になる。
ナンバープレート移動したらどうなるか試してみました。

ナンバーステーを固定しているアルミの留具。4箇所あります
ナンバープレートステーはグリルに固定されています。
アルミの留具は外そうとすると、実際に移設するまでは外さなう方がよさそうな、
リベットの変形したようなものだったのでつけたままで試してみました。

BM アクセラ ナンバー位置変更 アンダ・センタ 中心下部
これはナンバープレートを中心・センターのまま下に下げてみたよ所。
冬やあんまり暑くならないところならばここでもいいかも。
2リッターのアクセラはここにオートシャッタがついて、がんがん冷却し無くていい時は、
閉めちゃうらしいし。

BM アクセラ ナンバー位置変更 サイド 横ずらし
これはライトの下にずらした様子。
教習車はこのあたり、或は反対側に仮免許教習中って表示するかもしれない?

BM アクセラ ナンバー位置変更 アンダサイド 下部 横 ずらし
お次は移すとしたら本命と自分は思っている場所。
ほうほう、そうなるんだ~

BM アクセラ ナンバープレート位置の案
ナンバープレートの位置を変更、移動した場合をまとめてみました。
純正位置が一番かも、と思いました。
でも換えちゃおうか!?とも思いました。なやむな。

さてマツダのクルマの多くは今、メーカーオプションでディスチャージを選択するとオートワイパーが、
ついてくるというのが2000年代初頭のzooom-zoomと言い出したころの、
アテンザやアクセラ、はたまたデミオもついてきてしまって、個人的にそこは嫌なところでした。
ディーラで設定を変えてもらうことは出来たらしいんですが、
今度のアクセラはマツダコネクトの車両装備の中でオンオフできるようになってました。
BM アクセラ オートワイパー 解除方法
早速オートじゃなくすといい感じ!
ワイパースイッチのINT・間欠調整ダイヤルを「-」にすると間欠間隔が広くなり、
「+」にすると感覚が狭くなっていい感じでした。

そんなこんなな、アクセラの日記でした。
  1. 2014/02/02(日) 17:15:01 -
  2. マツダ アクセラ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:10 -
  5. ↑TOPへ



ライブスチーム・ミニSL C56 129と朝焼け




本当は今日明日で京都に行って改築される前の梅小路を最後に見学したり、
C56 160が牽引する、びわこ号を見たかったけどお預けです。
家事を手伝おうと心を入れ替えたある男の日記です。

丘の上に上がったC56 129 ミニSL・ライブスチーム
2014年2月1日。早朝。晴れ。
C56 129は日の出前に街が見下ろせる丘の上に登りました。

C56 129 ミニSL・ライブスチームの煙と朝焼けそして朝日
空が紅く染まり、
C56 129 ミニSL・ライブスチームの煙と朝焼け
太陽が出てきました。

かつてこの丘には、
SKYACTIVE フォルテVer.MAZDAと朝焼け
おちびさんも登り、
ミニSL・C56 ミニSL・ライブスチームと朝焼け
 C56129も登った丘ですが、今日は有火状態で。
C56 129 ミニSL・ライブスチームの蒸気と眼下に見える街

C56 129 ミニSL・ライブスチームの煙と朝のひと時
 今度はもう少し雲のある日に登ってみたいなと思いました。
 いつになるかはわからないけど。
C56 129 ミニSL・ライブスチームの蒸気と朝焼け
心を入れ替えて半日くらい買物に行ったり布団を干したりしても、
早朝には好きなことが出来るということに気が付きました。

結局もととそんなに変わっていないです。
という事で早朝、写真を撮りに行ってみた後、
ぼっこぼこになったブロア・外付通風機
午後の空いた時間では前回のOS走行会で落っことしてぼこぼこになった外付通風機を治しました。

ミニ旋盤で真鍮丸棒を加工する
折れた巻ブッシュは真鍮棒で造り直して、
C56129ミニSL・ライブスチームと新しく作ったスペーサ
新しいスペーサをアルミの丸棒から削り出して。
C56129ミニSL・ライブスチームと新しく作ったスペーサと直したブロア
機械弄りは楽しいなぁ。と改めて感じた早朝と午後、たして半日でした。
  1. 2014/02/01(土) 21:33:52 -
  2. ミニSL・ライブスチーム -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


がく

01 | 2014/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search