がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシー、ファミリアバン、C56に乗るがく




第43回 東京モーターショーを楽しむ[ロータリーと紅葉]




マツダルーチェと東京湾 有明第43回 東京モーターショーに水曜のプレスデーと、
土曜の一般公開日に行ってきました。

2013 TMS マツダブースの様子 2013 マツダブース。
プレスデーは飾ってあるクルマは全車プレミアムソウルレッド・赤色で、
一般公開日には、ロードスターは白、プレマシー・ビアンテなどは銀色の展示に切り替わっていました。


TMS2013 マツダプレスカンファレンスの様子 2013 マツダブースは、SKYACTIVEを前面に。
11月21日、新型アクセラが発売されたので、さながらアクセラ発表会のよう。

BM型アクセラとSKYACTIVE-G 1.5 新型アクセラBM型とSKYACTIVE-G 1.5。

SKYACTIVE-G 1.5 カットモデル圧縮比13という発電機として使用するんじゃなくて、
従来方法でのクルマの動かし方でガソリンエンジンでは考えられないほどの、
高圧縮比のエンジン。

マツダルーチェとBM マツダ 新型 アクセラ納車が楽しみだ~

屋外に展示してあった働くマツダこれは屋外の働くクルマゾーンに展示されていた、
ボンゴの移動販売車。
マツダサン、商用車やめないでー。

マツダコネクトシアターマツダブースは西館ですが、東館にはマツダコネクトシアターという施設があります。
アクセラから展開されるマツダコネクトが今後、どう進化していくか、
こうなればいいなという映像ショーでした。

マツダルーチェと東京湾の水面マツダのブースにはロータリーのロノ字もなかった。
いつかカムバックしてほしいなぁ~、マツダのRE。

高幡不動、ライトアップさて現在東京もだいぶ紅葉が進んできました。
地元に日野の名刹・名勝の高幡不動。
ライトアップも美しい。
高幡不動の紅葉

秩父御岳神社の紅葉ライトアップ東京モータショーの見学の後は、
飯能 吾野にある秩父御岳神社に行きました。

蝋燭で足元を照らす、階段、いいねぇ、秩父御岳神社数年ぶりに行きましたが、いいですねぇ~この雰囲気。
綺麗な紅葉ライトアップ綺麗だなぁ~
秩父御岳神社の出店うんうん、素晴らしい。
出店も素晴らしい。
おいしいものもいっぱいあったし、よかった。よかった。
マツダルーチェと東京湾の造成地区

スポンサーサイト
  1. 2013/11/23(土) 23:59:34 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



2013 東京モータショーへ行き、マツダのプレスカンファレンスを見る




2013 東京モータショーへ行き、マツダのプレスカンファレンスを見ました。
  1. 2013/11/20(水) 17:12:27 -
  2. マツダ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



日本の公道を走るチャージマツダ787Bに敬意を表し[ロータリー賛歌をルーチェで奏でる]




この週末、台場の公道で4ロータ・ロータリーエンジン搭載車である787Bが走りました。
787Bと旧ピット
お台場の公道をチャージマツダ787Bが走ったのを画像などで
見た酔っ払いは、翌朝一番でロータリールーチェで八ヶ岳山麓まで行くことを思いつき、
カミさんと一緒にREを搭載したルーチェで、早朝ドライブ。

談合坂 ギャルソンバーガー腹が減っては激走できぬ。
普段は通過する談合坂、激空き、5時台前半に受注製作のバーガを買って、
ギャルソンバーガを食す八ヶ岳山麓へ。

美しい景色 八ヶ岳山麓よりきれー

マツダルーチェロータリーとC56 96 C56 巡礼礼賛したり、
マツダルーチェロータリーとC56 149

マツダルーチェと美しい朝最高な休日。
やっぱり絶対REはやめられない。
マツダのアイデンティティ。
ハマったら抜け出せない、ロータリーの味。やっぱり次世代を味わいたい。
もう一回だけでいいから新車だして!!!!!!!!!!!!!!

高尾山の紅葉ンなこと考えながら、長野・山梨。神奈川・東京の紅葉を楽しみ、

マツダ T 1500八王子イチョウまつりの旧車を見て、
いさみ発動機

再度脱穀農な午後を過ごし
脱穀機の掃除

RX-8 冬支度我が家の最新RE・RX-8の冬支度をして。
そんな日曜、最高でした。








  1. 2013/11/17(日) 19:57:44 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



産業まつりアフターを楽しむ[BBQと汽車遊び]




ガーデンミニトレイン お庭でミニ列車 牽引機はC56 129今日は幼馴染の家で汽車遊びしてきました。
大人は肉と酒、子供は汽車でお遊びです。

試運転、大産業まつりにてなんだかんだで、11月初めの産業まつり

飯山線とC56 129が牽引するミニ列車戸狩恵比寿講
寒いので白煙を噴き上げて C56 129につづけて。

今年は全年間休日の1/2~1/3、汽車漬。
そんなおいらは、前から考え、実行していたことをしました。

自分が小さいときは、ミニSLの人と面識なかったから、触りたくても触れなかった。
自分にとっては勉強なんて比べ物にならない程、本気になったし、
この遊びをしたくてもいろんなハードルがあって到達できない大人も多いなか、
この道に入れたのは、日野のタキセ製作所、東海道新幹線運転手、きざげ職人、鉄道マニアの方々、
に何だかよくわからないけどに目にとめてもらったから.........感謝。

感謝ついでに小さい時にがんがえていたこと。

触れてみたい、触ってみたい動かしたい!
俺が操縦するんだ。そういう子どもっていっぱいいると思います。
実際できるかどうかは、大人になるまでその気持ちを持ち続けているかどうか????
まわりが認めてくれるかどうか何ですけど。
本物に行く子もいっぱいいると思うし、仕事ではないし趣味だから。
でもやってみたいって子はいっぱいいると思います。

機関車が好きな子供に、身近に機関車がある環境だと、どんな大人になっていくのか、
それが見たくて、また自分みたいな次世代が育つことを願って。
でもそれがミニSL限定ってわけじゃありません、
何かに興味を持つ、何かに向かって挑戦し続ける、そういう人、増えてほしい。
その入口になってほしい。そう思うようになりました。

坊ちゃんその真剣な眼差しを大人まで持ち続けていると、自分みたいな週末機関士になっちゃうぞ産業祭の後のゆるーい汽車遊びは自分の記憶が確かなら3年目。
自分は小学生の頃、体験していたことです。
汽笛を鳴らす坊ちゃんの眼差、眼光鋭く本気だ。いいね

イベントだと汽車にじっくり触れてもらう事までは出来ないので、まずは身近な子供たちの中で、
好きそうな子にはがんがん体験してもらって、
身近に機関車がある環境だと、どんな大人になっていくのか、楽しみです。

上にも書いたけど、こういう事にはまるっていうのは、この世界だけじゃなくほかの事にも応用が利く筈。
手先の器用さ、数値や数式では現せない本能・五感を使って何かをする感覚、
そういう事を養う訓練の場、次世代に先達たちからの知恵みたいなものを伝える環境として、
このミニSLを使ってこう、そういう事をするのが自分に課せられた使命、かもねな今日この頃な週末でした。
  1. 2013/11/16(土) 23:59:59 -
  2. ミニSL・ライブスチーム -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



小海線沿いのC56を見に行く[北国の街 に出演した101号機の運転台を見る]




澄んだ空気とC56 96 11月、寒い寒い。
仕事で久しぶりに長野に出張することになったので、小海線沿線に保存されているC56を見に行きました。

11月、氷点下になり始めた、C56 149清里の149号機。
一時は相当荒廃したそうですが今はきれい!!!!
11月。清里のC56 149

すんだ空気を感じる八ヶ岳の朝早朝、6時過ぎの八ヶ岳。
美しい

11月のC56 96野辺山の96号機。

C56 96 11月 野辺山にて朝日を浴びて美しい。
横浜の139号機を除くと、動態保存機への切り替えは、この号機が一番やりやすいかもしれません。

朝の霧氷が付いたカラマツ霧氷のついたカラマツ。いいねぇ

旧中込中学校の資料館にあった塚本先生の写真旧中込中学校の資料館に潜入して、見つけた
旧中込中学校の資料館にあった鉄道レールに関する資料小海線・佐久鉄道の資料
旧佐久鉄道の資料

C56 101 フェンスの中に入れてもらう中込の101号機は屋根がかけられフェンスで守られていますが、
頼めば中に入れてもらえます。
なので入れてもらいました。

うぉー郷愁の社内キホハニ56の郷愁な車室内。

C56 101の運転台の中 C56 101 日活映画 北国の街 にも出演した汽車ですが、
ここの保存状態もそこそこいい状態でした。











  1. 2013/11/15(金) 05:52:49 -
  2. 外出 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



戸狩恵比寿講に呼ばれた小さなC56 129[紅葉・温泉・岸田屋・野沢温泉・飯山線にSLを]




飯山線とC56 129が牽引するミニ列車飯山の戸狩恵比寿講に御呼ばれして、C56 129を2日間、走らせてきました。
飯山線沿いにレールを敷いて、C56が戻ってきた、という感じで。
いろんな方々に懐かしい、とか思い出話を聴かせていただきました。なんか貴重な体験をした気がします。
それはまた後程、日記を書きます。

タイタン、トレーラの脇、中央道原PAにて今回は、東京から助人機関士と一緒に行く予定でいたけれど、いろいろあって、神戸から、
来ることになったので、高速バスを使って合流することになりました。
中央道原PAのモミジの紅葉霧と闇、まっくらけっけでよく見えなかったけど、紅葉がきれいそう~

試運転、大産業まつりにて産業まつりの後なので、腰が痛い.....けど、
タイタンで飯山へ。
C56 129とタイタン

火入れじゃ火入れじゃ!!現地で早速レールを敷設して、火入れ火入れ。

飯山線の横を走ります、ミニSL飯山線の横を走ります~!!!!

寒いので白煙を噴き上げて C56 129とても寒かったので、蒸気が白く見えます。

5インチ、サイクロン号と仮面ライダーもどき 1日目は十日町からも助っ人が来ました。いいねぇ。
いいねぇ、この感じ!!!!

夕日を浴びて C56 129夕日を浴びて走ります。

夕日の中、ラストスパート C56 129いろんな方々に機関車を楽しんでいただいて、1日目終了。

岸田屋さんの蔵今回の飯山、戸狩で手配していただいた宿は、岸田屋さん。
岸田屋さんの立派な構え

岸田屋さん、こういう廊下もとは飯山線に乗務していらした故 旦那さんやその仲間が集めた、グッツが所狭しと。
すごかぁ~!!!!!!!!!!

温泉からは高社山が見えます、岸田屋さん温泉から、高社山が見えたり、
警告盤と有名人のサイン

C56 126のナンバープレート飯山線にゆかりのあるC56 126のナンバープレートが飾ってあったりして、たまらない宿です。

岸田屋さんの夕食夕食、朝食もおいしく、量もたくさん。
夕食には馬刺し、天ぷら、炊き込みご飯に蕎麦、煮物、お肉に漬物とホントにおいしくて、
お酒が進む進む。
通常でも7400円で宿泊できるとのこと。
普通の旅館で温泉とこの料理があったらこの値段では絶対泊まれないだろうな、な宿でした。
泊めていただきありがとうございました。

11月の滝之湯さて、翌日は野沢温泉で気合を入れて、

おちびさん、フォルテも走りますふたたび汽車。
昼から雨が降ったけど、無事、2日間の日程を終了しました。
立役者さんたちを乗せてこの列車には、去年、飯山から日野まで、
C56 クリスマスイルミネーショントレイン 前よりイルミネーショントレインを視察に来た方や、
飯山の重鎮が乗っています。
ホントに30歳そこそこの小童にはなかなか体験出来ない事をいろいろ体験させていただいた今年の飯山。

かつて飯山線にのって、それこと無蓋車・貨車に乗せられて灰をあびつつ通学した方や、
いろんな方々に懐かしい思い出話を聴かせていただきました。
いい思い出も悪い思い出も、いろいろあるけど、どんどん人口が居なくなる飯山の現状打破ができるなら、
もう一度、汽車いいじゃない!!!
という方々にたくさんお会いしました。

マツダルーチェとC11 325号機が牽引する信濃川ロマン号 1年前に十日町に、40年ぶりに蒸気機関車が戻ってきたわけですが、
みんなの力で、飯山線にSLを、いいなと思いました。

十日町情報館 信濃川ロマン号 コンテスト 結果発表十日町ではSL運行一周年記念で、

かつて飯山線沿線の十日町を設定、実際のロケは飯山だったという映画、


映画「北国の街」の上映会をお知らせします。
監督:柳瀬観
原作:富島健夫
脚本:倉本聰
出演:舟木一夫・和泉雅子

■会場:十日町情報館 視聴覚ホール
■日時:2013年11月9日(土曜日)
1回目:pm.1時00分〜
2回目:pm.3時30分〜
3回目:pm.7時00分〜

■日時:2013年11月10日(日曜日)
1回目:am.10時00分〜
2回目:pm.1時30分〜
3回目:pm.3時30分〜

■入場無料
※毎回、先着100名様ずつの入場となります。
※無料入場券を10月下旬より市内各所で配布します。

主管:飯山線SL運行を応援する市民の会
共催:十日町情報館
後援:十日町市・(一社)十日町市観光協会・十日町商工会議所

が開催されていました。
イイねぇ~
行きたかったな!

飯山線沿線の主要都市でSLで盛り上がる週末でした。

今回の飯山でお酒を頂いたいたり、
戸狩のとてもおいしいレストラン みつわや さんの旦那さんから、
C56 129ナンバープレートの拓本を頂いたり、
みつわや さんから頂いたC56 129のナンバープレートの拓本いろんなことに感謝しつつ、最高な飯山・戸狩遠征でした。









  1. 2013/11/11(月) 21:00:40 -
  2. ミニSL・ライブスチーム -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



市制施行50周年記念事業 大産業まつり 第47回日野市産業まつりでミニSLを走らせる





'13年11月3・4日、日野のふれあい・スポーツ公園周辺で開催された、
第47回日野産業まつり。
今年は市制50周年記念として、大産業まつりと銘打って、
例年の会場・中央公園、市役所前から移動して大規模に実施されました。

大産業まつりの軌道案8つ今年初敷設となるのコースの設計は、
元新幹線運転士さんが、自分に対して、
「がくちゃん、かいてみな!」とおっしゃったので、
公園の設計図を採寸してCADで日野スポーツ公園に敷く5インチ軌道、8案書きました。
この11月で機関士にさせてもらってから22年が経ちました。
コースの企画・設計を任されるまでになりました。
子供みたいなことをしているけど大人になったなぁ、を実感です。
オーバルコースではなく、50m近いほぼ直線や、180°近いカーブ、間に直線を挟んだ、
S字など、客車に乗る人が楽しめる案で敷けるといなぁ~とおもいつつ、
土曜、朝六時から実家で積込、そして朝八時からタキセ製作所で機材を積んで、九時から、敷設開始。
マツダボンゴとタイタンこれは半年ぶりに会った、我が家のメ先代イントランスポータ、ボンゴ。
新天地でも活躍しているようで何より!!!
今年は、日野市のクルマ以外は、ボンゴとタイタンで汽車とレールを運びました。
軌道案の第4案で、敷設が完了して、
日野大産業まつり 軌道第4案

さっそくスチームアップ早速試運転です。

発車するSKYACTIVE LIVESTEAM フォルテ Ver.MAZDAと駐機中の9600一昨年、去年と自分は、おちびさんで参加しましたが

雨上がりの日野スポーツ公園の中を今年からは、C56 129。
ホントに大人になったなぁ、汽車に乗りたくて乗りたくてずーっと眺めていたのが懐かしい。

走る9600メインはもちろん大型機国鉄9600。
自重約100kg、1輌自重40kg近い5人乗り鋼板製客車を3輌牽引して、
お客さんを乗せると編成重量約1tになる列車を牽引しがんがん駆けます。

はしる中央線もう車歴25年近くになる、中央線もどきも走行(更新工事済)
こちらは、4人乗り鋼板製客車を3輌牽引して。
もうオレンジ色の電車が中央線から撤退して何年たったかな??
そのうち子供は、これ中央線じゃないって言い出すんだろな。

今年も多くの方々に楽しんでもらって、
多くの同級生・その子供に楽しんでもらった、日野産業まつりのミニSL・ミニ電車。

さて、今年の軌道は例年の約140mより一気に伸ばして、1周200m。

9600とC56、日野のスポーツ公園にて今年の産業まつりのミニSLは、
有料乗車人数が日曜800人、月曜600人、就学前の子供はタダなので、実際には2日間で
3500人が乗車したというイベントでした。
やっぱり規模そこそこデカいなぁ。

今年自分は、
中央線で走る間合いで中央線と、
9600でも走る 9600の操縦をしたほかは、全てC56を操縦しました。
日曜・1日目 11:00~12:00 13:30~15:10 までと、
月曜・2日目 13:15~15:00の最終列車を担当。
オールラスト、最終列車、最後の続行運転をけつからC56で最後の最後、最終列車という事で一気に3周走りました。
楽しんでもらえたかな???
今年も無事に終わってよかった、日野の産業まつり。
自分が日野のミニSL関係者に拾いあげてもらったのがもう22年も前。
4年くらい、毎年毎年汽車を見続けて、機関士にしてもらってからあっという間に月日が経ちました。
いまでは今年もたくさんの同級生が子供を連れて遊びに来てくれました。うれしかった。

小さかった少年も大人になって自分でお金を稼ぐようになって、自分の汽車を持つことができました。
22年間、ミニSLに関わっていたら、自分の汽車もレールも手に入れる事が出来て、
今では、レールなどの機材一式持ち込で飯山線にSLを!絡みのイベントで
今年は飯山線沿線に6回お呼ばれするようになりました。
そして、新しい場所にレールを敷く際の計画にもかかわれる、すごく充実した1年だったような気がします。

何事もなければまた来年、中央公園かスポーツ公園でお会いしましょう。
今年もどうもありがとうございました。
  1. 2013/11/04(月) 21:34:30 -
  2. ミニSL・ライブスチーム -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



FULL SKYACTIVE AXELA BM型フルスカアクティブアクセラ6MTへ




SKYACTIVE AXELA BM型フルスカアクティブアクセラを導入するヒノモトロータリーベースの日常の足を、2年半振りに更新することになりました。
次の車種は、フルスカアクティブアクセラ6MT。
日常の足、という事で新型アクセラの1.5ℓ。

ロータリー人生、10代の頃からファミリアにお世話になってました。
BF-ファミリアバンと伊達原秘密航空基地跡の蕎麦畑免許取りたての頃から、祖父のBFファミリアバン、

ファミリアでスライド BG-ファミリアハッチバック、

マツダファミリアSワゴンと新緑そしてBJ-ファミリアSワゴン、

マツダアクセラスポーツと越後山脈そして初代アクセラ-BKと、教習所で乗った車はBHファミリアだったし、
マツダのファミリア-アクセラの系統にはずーっとお世話になってました。
BG-BJ-BK、ずーっと1.5ℓでしたが、今回も1.5ℓ。

CX-5 買っちゃった名古屋の義理の父にお盆の時CX-5を購入、お買い上げいただいたときに続いて、
今回もマツダの広島でCAEを使ってE型マルチリンクなどの、
商品技術開発の事をされている方のお客様紹介を使わせて頂いての11万円引き。

アクセラから市販開始となる圧縮比13のSKYACTIVE-G P5-VSP、どんなエンジンなのか?
フルスカイアクティブがどんなものなのか?今から楽しみです。
マツダルーチェとBM マツダ 新型 アクセラ




  1. 2013/11/01(金) 05:26:08 -
  2. マツダ アクセラ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ


がく

10 | 2013/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search