がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシー、ファミリアバン、C56に乗るがく




早朝性能試験-牽引荷重試験・コシヒカリ-




魚沼産コシヒカリ列車小さな蒸気機関車。小川精機製フォルテ[フォルテVer.MAZDA]
コッペルとかの小さな機関車をイメージした自由形蒸気機関車です。
この機関車が今年の夏に、
十日町情報館とマツダファミリアと小さな機関車十日町で走ること、になり、ほかにも幼稚園から中学校まで一緒だった、父や母になった幼馴染と、
白馬に行くことになったので、平坦地でどこまで牽引できるか早朝にライブスチーム性能試験をしました。
幼馴染もフォルテにて 
この機関車が、毎年秋に開催される、日野市中央公園に敷設されるミニSLの線路を走るとき、
そこそこの登り勾配があるところをほかの9600や電動車と同じペースで走るには、
牽引重量は自重を含めて、250kg程度にしておかないと.....でした。
白馬で走るときは、この機関車は1両程度がちょうどいい訳です。

編成重量250kgというのは、機関車運転整備重量約130kg+客車1両約30kg、乗客約90kg(子供4人相当)
なわけで、客車を2両にした場合は、250kgは簡単にオーバしてしまう世界です。

今度、軌道敷設を予定している十日町情報館はほぼ平坦地なので、日野市の某所に、レールをしいて試験と相成った訳で。

魚沼産コシヒカリが入っている、米袋機関車+運転台4人乗り客車×2という編成は機関士以外の人間を載せない状態で、編成重量約200kg。
そんな編成に、一袋30kgの米袋を載せて、試験です。
魚沼産こしひかりという文字一つ二つ三つと米袋を増やして、乗客に見立てた錘は、200kgにしても走行OK。
25kg位の8人の子供を載せた編成重量約400kgの状態で、平気だ、ということがわかりました。

フォルテVer.MAZDA、新緑の庭にて 大人8人を載せて走るのは無理だけど、子供なら平気だね、という気分。

フォルテVer.MAZDA,新緑とツツジの咲く庭にて 2あとは、予定している2日間、壊さないで走るだけ。

フォルテVer.MAZDA,新緑とツツジの咲く庭にてそんな感じの日曜朝でした。




スポンサーサイト
  1. 2012/05/27(日) 08:32:22 -
  2. ミニSL・ライブスチーム -
  3. トラックバック:1 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ



NIKKOR-S Auto F 1.2 55mmとNIKKOR-S Auto F 1.4 50mmとNEX-VG20




最近ソニーのNEX-VG20をスチルカメラとして使うときに使っている、ニコンのオールドレンズ、
NIKKOR-S Auto F 1.4 50mmとNEX-VG20 NIKKOR-S Auto 50mm F 1.4と、

NIKKOR-S Auto F 1.2 55mm NIKKOR-S Auto 50mm F 1.2。
オールドなニッコールとAPC-Sイメージセンサを搭載したNEX-VG20で撮った画像集。
まずは、NEX-VG20にNIKKOR-S Auto 50mm F 1.2をつけてとった画像です。

十日町のとある池の畔と、フォルテVer.MAZDA、走行中?機関車と池

採れたて、木の芽きのめ

ルーチェに積まれた、フォルテVer.MAZDA HC型ルーチェセダンのトランクと機関車

十日町情報館とフォルテVer.MAZDA十日町情報館と機関車

むーちゃんときょーちゃん母と子とラジオフライヤー

ライブスチームとBBQ夜と機関車

なぜか?すでにアメリカのファイアマンみたいなムームーちゃん

七輪でゆでゆでタケノコたけのこと七輪

はしれ、おんぼろ軌道!佐久間線走れ、機関車

ヒノモトロータリーベースに戻ったフォルテVer.MAZDAヒノモトロータリーベース。

これでもか!!!!ってくらい、浅い画が。
でもピントがまじでシビアです。
なので、F値が1.4のNIKKOR-S Auto 50mm F 1.4をNEX-VG20に装着して撮った画像がこれ。
夜のヒノモトロータリーベースをNIKKOR-S Auto F 1.4 50mmで

夜の犬我が家の番犬。

夜のルーチェをNIKKOR-S Auto F 1.4 50mmでマツダのフラッグと、LA22S ルーチェ。

夜の犬をNIKKOR-S Auto F 1.4 50mmで番犬、こっちを見る。

洗浄中の客車をNIKKOR-S Auto F 1.4 50mmで客車洗浄中。

昼の犬をNIKKOR-S Auto F 1.4 50mmで昼の番犬。

そんな感じのニッコール。
やっぱりどうやら、キャノンに比べて、優しい色になるのは、
本当なようです。

VG20みたいな、レンズ交換式ビデオカメラを使うに当たって、
キヤノンとニコン、どう使い分けるか?楽しみな、今日この頃でした。



  1. 2012/05/26(土) 20:38:57 -
  2. カムコーダ・電気・電子 -
  3. トラックバック:1 -
  4. コメント:1 -
  5. ↑TOPへ



V6ルーチェで十日町を走る。-飯山線SL運行と絡んで、ミニSLを走らせる?-




ルーチェと弁天池初夏の十日町へV6ルーチェに乗って行きました。

ルーチェと関越トンネル入口朝、関越トンネル前。
やまを超えれば、越後です。

綺麗な苗場山初夏の新潟、きれいでいいなぁ~
魚沼スカイライン十日町展望台から見える六日町の景色まだ通行止めの魚沼スカイライン。
ゆっくりあるいていると、普段気がつかなかった、池を発見。
秘密な魚とか、いるかな??

5月19日、山桜を見る魚沼丘陵で桜を見ました。

粉布工房の前のいい感じのスペースここは、クロス10近くの、パン屋さん。
粉布工房さん。

粉布工房、制作中あれですね、人生の楽園状態だ!
自作で改築してるそうです。
工房「粉布」さんのパンごちそう様です。旨いパンでした。

さて、今回の十日町訪問は、
ルーチェ、ルーチェAP,ルーチェAP,コスモAP旧車からみではなく、
今年の秋に計画されているという、飯山線SL運行に関してちょっと。

今、十日町では、市長さんが会長をつとめる飯山線SL運行実行委員会が、運行本番時のいろいろな準備をして、
飯山線SL運行を応援する市民の会という、会がどうやって盛り上げるか?いろいろ考えていらっしゃるようです。
(微妙に間違ってるかもしれませんが)
生まれは、十日町、育ちは東京ですが、小さいころから何度も十日町に行っていた、自分。
飯山線にSLが帰って来る、というときおとなしくしていられるわけはなく。

十日町情報館とマツダファミリアと小さな機関車ここは、十日町情報館。図書館の進化版です。
私の祖父が十日町高校を辞めて、教育委員になっていた頃、日野の図書館へ視察に来たことがありました。
その視察がどんなふうに役に立ったのかは全く分からないけど、情報館になる前の、図書館が、従来より、
充実したのはその視察も少しは役に立ったのかな?と思っているわけですが、
今の十日町の図書館はさらに進化して、情報館になってました。

情報館前の芝と、フォルテVer.MAZDA今年、もしかしたら、情報館の前でミニSL・ライブスチームを走らすかもしれません。
SLが来る前の夏、ダイア発表される頃、告知イベントの一環として。

この丘の上には、かつて、十日町・千手間の軽便鉄道が走ってました。この丘の上には、かつて、信濃川発電所を造るために、国鉄が走らせていた、軽便鉄道が走っていたという場所です。
そんなところでミニSL?
十日町情報館とフォルテVer.MAZDAわくわくするねぇ。
今の情報館の館長さんは、母親と同級生で、高校は同じクラスだったという方だそうで、
お世話になってる方も、祖父に教わっていたなんていう方なので、話はとんとん拍子。
まじでどうなるんだろう?

ミニSL運行に関してのプレゼンPPTこんなパワポを造って、館長さんとかに細かいことを説明したりして。
細かいことが決まったら、いろいろ発表できるようになるかなぁ~??

八箇の山奥の田んぼさてさて、春・初夏の十日町を満喫を再開。
飯山線SL運行を応援する市民の会の方に案内されて、十日町の山奥の環状集落へ。
ここは、十日町の八箇峠近くのもっとも奥の集落。
山間地の稲作を見学する東京の稲作のせがれという感じ。
サンショウウオの卵サンショウウオの卵。

八箇の山奥の田圃と花十日町に何回も行ってるけど、初めて見る風景でした。
十日町にSLが来ることによって、普通だったら知り合えなかった人々と不思議な感じでつながり始めてます。
八箇の山奥の半鐘と笠の電球

ファミリアのラジオから聞こえる、BSN夕食の買い物をしに、祖父のファミリアに乗って走っていると、BSNから、とんねるずの、細かすぎて伝わらないものまね選手権
でおなじみ、アナログタロウのアナログタロウ 痛快!アナログヒッパレ~が。
所属事務所のHPを見ると、一番上に新潟放送の名前があるので、制作局はBSNなのかな???

採れたて、木の芽これは木の芽です。
祖父の家に行ってから、採りました。
アケビのツルです。
ゆでゆで、木の芽
さっと湯がくと苦み走ったおとなな味が味わえます。
ゆでたて木の芽
そんなこんなで、宴をたのしみ、ここからは、今朝。

ルーチェに積まれた、フォルテVer.MAZDAルーチェに載せてきた、フォルテVer.MAZDA。
十日町の水が、小さな機関車に合うか、テストです。

十日町のとある池の畔と、フォルテVer.MAZDA、走ってる?小さな機関車。池の畔を走る。

十日町のとある池の畔と、フォルテVer.MAZDA、走行中?走る。

十日町のとある池の畔と、フォルテVer.MAZDAすこし、ふかしました。
レールはないので、ちょっと浮かせて。
池のほとりと、フォルテVer.MAZDA無問題だね。

黒沢観光くり園の春黒沢観光くり園の春を見たり、
ルーチェと伊達原秘密飛行場跡伊達原秘密飛行場跡を疾走したり、
いろいろ盛り沢山な、十日町の春・初夏でした。


  1. 2012/05/20(日) 21:14:26 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:1 -
  4. コメント:3 -
  5. ↑TOPへ



マツダルーチェと丸善石油




マツダルーチェと丸善石油のツバメマーク日野市内をロータリーな旧車、マツダルーチェで走っていると日野の外れで、珍しモノを見つけました。
今はコスモ石油になっている、旧丸善石油のマークを。
丸善石油、大協石油、旧・コスモ石油が、'86年に合併したコスモ石油なわけですが、
ここのスタンドは、コスモからエネオスに代わっているため、後ろに見えるサインポールは、
エネオスという異色な雰囲気。

今はなき丸善石油のサインツバメのマークがかわいい。
丸善石油のツバメのマーク

丸善石油のツバメマーク'70年代前半のロータリーな旧車、マツダルーチェと’80年代には消えたツバメマークと2010年代の遭遇。
そんな感じの丸善のマークでした。


  1. 2012/05/17(木) 05:53:01 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:1 -
  4. コメント:4 -
  5. ↑TOPへ



佐久間で、ミニSL-おんぼろ軌道 佐久間線-




マー君列車、発車~静岡県浜松市天竜区佐久間町。
佐久間ダムの看板と、313系国内有数の佐久間ダムがある街です。軽く秘境ですが、幼馴染のマー君が住む町です
約2年前のこの日記に、

"まず、この趣味に理解を示したあなたに敬意を表します。
そして、敬意を表しますんで、寿退社して、
新しい生活がとんでもない山奥の陸の孤島な辺境の地で、
始まったら、都会見物ついでに、この小さな機関車を見に来てください。
なんなら、湖の湖畔まで出張して、走らせます。
そしたら、ミニSLを走らせてみてください。
そして、この魅力的な趣味に引きずり込まれ、
普通だったら理解の範囲を超えていてクルマが普通に買える金額なのに、
限られた場所でしか走れない、この小さな物体を使った道楽に対する理解を、
結婚生活後も続けていただきたいのです。
あなたの旦那になる人が、小さかった頃、
幼稚園に入る前からの幼馴染からの小さなお願いです。
よろしく!

以上 2010/1/3 蒸気初め より"

とか書いたこともあった事、いよいよ実行の時です。
このブログに自分が書いたことはだいたい実現できるんで、こういうことも書いちゃおう。
「結婚するぞ」
マツダボンゴに、機関車や、レール、客車を積んで、さくま へ。
5月12日、青木ヶ原樹海の桜 ボンゴの車窓より青木ヶ原樹海にて、桜をみた。これは5月12日早朝。
いい兆候です。

マツダボンゴトラックと由比AP機材満載のボンゴ。
ガラガラな東名・由比PAにて。

新東名・ひろびろ!!!清水から第二東名へ。
ひろすぎでやることなくて、暇だ。
ルーチェと変な駐車場今度はREで行こう!!!

通行止めの原田橋そして遠三南道を通って、佐久間へ。
原田橋のワイヤが切れて、河原の迂回路へ。
あれれ?原田橋の切れたワイヤー???切れてるワイヤって、これ????
さてさて、佐久間につきました。
なぜか?すでにアメリカのファイアマンみたいなムーおやおや、ムーちゃんは、アメリカのファイアマン(機関士と機関助手・運転士と罐焚のひと)みたいなかっこうして
待っててくれました。

うーん、マンダム。

ラジオフライヤーにのったむーちゃんとボンゴロータリー野郎は気分がよくなって、ラジオフライヤーを出しちゃた。

むーちゃんときょーちゃんいいねぇ~
マー君もこういう写真、いいんでないかぃ?!そして、スポンサーからいろいろあれしてVG20、かっちゃえ!
そんなこんなで、敷設開始。
はしれ、おんぼろ軌道!佐久間線

フォルテver.MAZDA、佐久間にてそんでもって、昼にミニSLの罐焚きをして、準備完了。
はしるぞー。
おんぼろ軌道 佐久間線、マー君、試走一番列車の機関士は、もちろんマー君。
走れ走れ。

マー君汽車、発車~マー君列車、発車ぁ~。
佐久間にてミニSLに喜ぶ子供たちたまらんな、こりゃ。

七輪でゆでゆでタケノコたけのこをゆでたり(新幹線一族の方々、今年はまだ上納してなくてすんません。)
まーくんとムーの乗ったラジオフライヤーやきとり、を買いにいったりして、
やきとりの旗あっという間に、夕方に。

佐久間イチオシの看板?これは、佐久間でみた、イカシタ看板。

フォルテVra.MAZDAとKYOTYANとムー夕暮れのきょーちゃんとムー。とフォルテVer.MAZDA。

ライブスチームとBBQさてさて、夜です。
自分たちがまだ小学生だった頃、日工大で開催された、ミニSL/ライブスチームの世界大会で夜中にとかって、
自分たちはまだお呼びじゃない頃で、話だけは聞いていた、夜中にぴーぴーな汽笛とか、そういうあほらしーな
空気を味わってみたいよね!という感じでやってみた、BBQとミニSLの宴。
たまらん。
最高だった。

関係者各位
業務連絡です。
プロジェクト白馬7月7日、8日の方向でいきます。
7/7・七夕は、ロータリー最後の年は大黒でいろいろあると思うけど、
ルーチェと白馬ミニトレインパーク
自作さんや、マル運さま、NAO夫婦、白馬です。

フォルテVer.MAZDAとJR東海の313系
そんなこんなで、最高だった、佐久間でミニSL.
自己満ですがよかった~

鳳来峡をはしる、ボンゴたのしい時間はあっという間に過ぎて、帰宅。

ヒノモトロータリーベースに戻ったフォルテVer.MAZDAフォルテVer.MAZDAは、本拠地・ヒノモトロータリーベースに帰還しました。
最高な、五月晴れの日でした。




  1. 2012/05/13(日) 21:46:39 -
  2. ミニSL・ライブスチーム -
  3. トラックバック:1 -
  4. コメント:6 -
  5. ↑TOPへ



東京稲作事情'12-樅ふり-




米の播種機今年も米作りの季節が来ました。

苗箱に土を入れて苗床にした所苗箱に土をふって、播種機を使って、

播種機の播種部分(米をまくところ)お米をまいて、

播種機の播土部分(土をまくところ)土をかぶせてハイ出来上がり。
今から約1か月後の田植えが今から楽しみです。





  1. 2012/05/09(水) 05:13:43 -
  2. 農業 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ



十日町の春を楽しむ




ルーチェの製造は40年前、なのでルーチェは旧車です。
最新のクルマにはかなわないけど、結構快適、そして、普通に速い。
かつてRE車は、SA22C,FC3S,FD3Sのようにコーナリングマシンというより、
直線番長でしたが、今でも、そんな感じ。
そんなルーチェで、'12年の雪溶け中の十日町を走った写真たち。

豪雨の中、ルーチェで走る 5月2日、夜 関越道を走るルーチェ。
豪雨の中でもエンジンはぐずらない。

ルーチェ関越トンネルを走る関越トンネルを抜ければ、そこは雪国。
青梅から湯沢まで平日の夜でも3000円で行けることにびっくりしつつ、十日町へ。

5月3日、十日町市役所前。
ルーチェ、ルーチェAP,ルーチェAP,コスモAP旧車ミーティングに参加した'70年代のロータリーエンジン搭載車達。
コスモAP,ルーチェAPワゴン、ルーチェ RE、またいつか戻ってきてね。 
2台のルーチェと十日町市緑道


5月3日、夜。
十日町 ハヤマ荘の夕暮れ十日町は六箇にある、薬草の湯・ハヤマ荘
ルーチェワゴンに乗る、ご一家がご宿泊。
ハヤマ荘の温泉マーク自分は雨の中、祖父の家から長靴を履いてのみに行った時、カエルを捕まえていったら、
一家の小学生の娘さん二人の長靴とカエルにびっくりした顔は忘れられない。
ハヤマ荘 ハヤマ荘の料理、いっぱいだった。
祖父は忘年会で何度も行ってるらしいけど、自分も今度泊まってみたいな。

5月4日、午前。
十日町駅前のギャラリー6坪に行った後で、飯山線SL運行を応援する市民の会の方にいろいろ連れてってもらいました。
十日町の昔、軽便が走っていたという、跡これは軽便鉄道跡。
ありがとうございました。

5月4日、午後。
幼馴染の嫁さんの実家がある小出へ。
ルーチェとエルエル Mr.KAZMAに教えてもらった、エルエルという、おしゃれな喫茶店へ。
本当に静かなムーちゃんと一緒に。

まだ結婚していない自分は、普段自分のルーチェにベビーカーが載るなんてことは無い訳ですが、
この日はたまたま、ルーチェのトランクにベビーカーが載りました。
載ってることを忘れて小出から十日町に帰ってしまって、幼馴染の嫁さんからベビーカー返して、と言われて、枯木又までファミリアバンでベビーカーを返しに行った。
祖父のファミリア・バンと幼馴染の車

5月5日、朝。
ルーチェとツツジ原 ルーチェと早春のツツジっ原。

ルーチェと靄のかかる杉林杉林の中には、まだ雪がたくさん積もってる。
マツダルーチェと靄のかかる杉林

マツダルーチェと靄のかかる池のできた杉林大量の雪解け水で、林の中に池ができてました。

ルーチェと変な駐車場変な駐車場にまた行った。
ルーチェバックビュー、変な駐車場ルーチェが不思議な角度で見れます。

ルーチェと、こいぃ、感じの小屋長岡の赤カブ氏が以前、日記に書いていた、十日町のディープゾーンを見に行った。

飯山線の鉄路の先に見える、苗場のほうの山 高山踏切飯山線の高山踏切から見た、たぶん苗場山のほう。

'12年 十日町の春ルーチェでを楽しんだゴールデンウィーク。


  1. 2012/05/07(月) 00:00:04 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:1 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ



軽便-十日町千手線跡を行く・飯山線SL運行を応援する市民の会




ルーチェと十日町緑道 5月4日、飯山線SL運行を応援する市民の会の方と、かつて、国鉄飯山線十日町駅から旧川西・千手、
そして、浅河原調整池のほとりをまわって、宮中まで、走っていたという廃線跡に行きました。

十日町・千手線とか呼ばれている、その軽便、今ではほとんど資料が残っていない鉄道ですが、
現在のJR東日本・千手発電所を建設した、昭和8年から30年ごろまで運用されていたらしい鉄道です。

2台のルーチェと十日町市緑道ここは、十日町駅から体育館や博物館、図書館の横を通って信濃川沿いの地点。

飯山線に43年ぶりのSL復活の大きな契機になったという、信濃川発電所の不正取水問題の話を聞きつつ、
旧川西へ。

十日町の昔、軽便が走っていたという、跡
これは、吉田のクロスカントリー練習所のそば。
かつて、この堀の中を軽便が走っていたらしい。
初めて知りました!!!連れて行って頂き、どうもありがとうございました。

ところで、飯山線SL運行を応援する市民の会というのは、

----以下 facebookより引用----

2012年の秋にJR飯山線を蒸気機関車に引かれた客車の臨時列車の運行が予定されています。
40年ぶりに飯山線をSLが走るせっかくの機会を一般市民,周辺住民みんなで楽しんじゃいましょう。

■目的と主旨
飯山線SL運行を自ら楽しみ、合わせて全国から多くの人々が訪れ、十日町が全国注視となり、また市民が楽しみ、盛り上がるようなイベントになるよう活動する市民の会

■会の活動について
定例会を毎月10日・20日午後7時より開催

■活動内容
1.SL運行先進地域のイベントの研究
2.市民レベルのイベントや個々ができるイベントの検討
3.関連グッズの製作・販売の研究
4.飯山線SL運行2012十日町市実行委員会への提案・具申・協力

----以上----

というような具合の会です。

十日町市が準備できたSL運行に関する予算は微々たるものらしい。
その予算は、試運転・本運転時の警備や、のぼり旗で消えてしまうんだそうで。
せっかく、SLが来るのにイベントがないのはさびしい、ならば、別働隊を造って市民が協力して、
なんかやろうよ!ということらしいのです。
大地の芸術祭とか、いろいろやっている十日町地域なわけですから、ポテンシャルはありそうな訳で。

小さい頃から、ちょくちょく十日町に帰省し、
飯山線を走るキハ52 
近くを走る飯山線をよく見に行っていた、私。

けっこう身近に飯山線を感じていたわけですが、そんな飯山線に、SLが来るという今年、
具体的に、何がどうなるか?とかは未定だけど、自分にもないかできることがあれば、お手伝いしますという気分。

飯山線SL運行を応援する市民の会の方に、地元の画家さんが書いた絵を見せてもらったり、
たのしい時間でした。
  1. 2012/05/06(日) 07:31:48 -
  2. 十日町 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



第12回いきいき旧車ミーティングinきもの祭り、に参加する




ルーチェカスタムGR2、ルーチェハードトップGS2、ルーチェワゴンGR2、コスモAP 十日町市役所前今年も、十日町で開催の、いきいき旧車ミーティングinきもの祭り、に参加しました。
今年の旧車ミーティングは、第12回。

我が生まれ故郷の十日町で、国道117号線を通行止めにしてその中で開催される、

第12回いきいき旧車ミーティングinきもの祭りに、ロータリーエンジン最後の今年は、
ルーチェ、ルーチェAP,ルーチェAP,コスモAPルーチェカスタム、ルーチェAP・2ドアハードトップ、ルーチェAPワゴン、コスモAPの4台が参加。
予定では、約100台集まるはずのこのイベントで、REが、4台もっていうのは奇跡。

コスモAP,かっこいぃ道楽おやじ様のコスモAP,かっこいぃ~

RE130が誇らしい RE130のエンブレムが誇らしぃ~
13B,いいなぁ~

ロータリーワゴンルーチェオーナーズクラブ会長のロータリーワゴン、
マツダアンチポリューションシステムマツダアンチポリューションシステム=REAPS車。

RE-130APが誇らしいこちらも、RE-130=13B車

ルーチェGS2のエンブレム Mr.KAZMAのルーチェは、12AのAP車。
パンパン言わしちゃおう!

ルーチェ・ルーチェ・ルーチェ・コスモ、十日町の本町にてそんなRE車が、十日町の本町に集結。
いい眺めです。

十日町きものまつりのイベント、書初???十日町のきもの祭り、盛り上がってます。

十日町きもの祭りのにぎわいひとだらけ。
集合時は雨が降っていてどうなることやらと思ったけれど、10時過ぎに雨が上がって、3時の、解散時まで、なんとか天気はもって、さすが、きものまつりじゃ!
そんなこんなで、あっという間にイベントは、終了。

十日町オートクラブ・スポーツ旧車部会の会長。スタッフの方々、今年もうまかっただるま屋さん、
本当にどうもありがとうございました。
またよろしくお願いします。

コスモAP,ルーチェAPワゴン、ルーチェそんなこんなで、解散後、直線番長なロータリー軍団は信濃川のほとりにまたまた、集まりました。

ルーチェカスタムとルーチェワゴンとルーチェハードトップたまらん

コスモAP,かっこいいコスモAP,かっこいいなぇ~
乗ってる方々もいかしてるね

ルーチェAPハードトップGS2
KAZMAのルーチェも開放感があっていいねぇ~

コスモAP,ルーチェAP、ルーチェAP会長のワゴンもいいねぇ~本当に。

コスモAP,ルーチェAP、ルーチェAP 後ろからまたいつか!!!!

会長ワゴン、フェンダミラーに映る
たのしかったなぁ~
KAZMAルーチェ、フェンダミラーに映る


ハヤマ荘そんなこんなで、祖父の家から近いハヤマ荘に泊まった会長の事とか、

ルーチェと十日町緑道翌日の、飯山線SL運行を応援する市民の会の方とあった事とか、

ルーチェとエルエル堀之内のしゃれた喫茶店、エルエルにルーチェで幼馴染夫婦と泣かないムーちゃんとのことは、また次の日記に。




  1. 2012/05/05(土) 18:05:47 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:6 -
  5. ↑TOPへ



ライブスチームなゴールデンウィーク





OSLSC関東の運転会。

D51 326 試運転時の様子

ミニSL、ライブスチームな、ゴールデンウイーク前半。
そんな日記です。

映像は、全編、ソニーのNEX-VG20。
OSLSC関東運転会は、純正E18-200mm f3.5-6.3 ossで、
D51のほうは、E18-200mm f3.5-6.3 ossとキヤノンFD 50mm F1.4。

金曜夜、会社が終わった後、長野へ。
野辺山にある、はるき屋ここは野辺山。
JR最高地点の近く、国道141号線沿いにある、はるき屋、という食堂。
ラーメン一杯550円。
うまいです。

マツダスピードデミオと旧中山道・望月の桜土曜、早朝。
ここは、旧中山道の望月宿そば。
ここには、ルーチェの眠る、
マツダルーチェとふるい整備工場があったけど、つぶされてました。
さらば、という感じ。

マツダスピードデミオと八ヶ岳マツダスピードデミオと八ヶ岳山麓。
きぶんいいー。

八ヶ岳のC56本物蒸気機関車。
野辺山のC56.油のにおいがたまりません。

中央線もどき ミニ鉄道の電車そんなこんなで、冒頭の運転会とD51.
ゴールデンウィーク、ミニSL・ライブスチーム三昧。
D51型ライブスチーム_春-'12

ロータリールーチェと梅林と5インチ軌道と今回は久しぶりにルーチェに、

フォルテVer.MAZDAとつつじはやし'12機関車を載せて。

丸鋸と木端たちこれは、丸鋸とこっぱのやま。
たきつけ造りも。

フォルテVer.MAZDAと木端の山小さな機関車の焚口に入るような木端にするために、丸鋸で切り刻んだ後、鉈でさらに小さく。
そんなこんななゴールデンウィーク'12 前半でした。




  1. 2012/05/01(火) 00:00:54 -
  2. ミニSL・ライブスチーム -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:4 -
  5. ↑TOPへ


がく

04 | 2012/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search