FC2ブログ


がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシーやC56に乗るがく




マツダルーチェ広報資料「LUCE」序文




マツダルーチェ
ハードトップ LA22H
セダン     LA22S
カスタム    LA22S
1972年10月18日に発表されたマツダ・ピラミッド計画の最頂位車です。
登場当初より、AP車と呼ばれる、低排出ガスエンジンを準備したり、
(昭和50年規制適合となるのは翌`73年より。
  日本の低公害優遇税制適用車第一号となった。)
登場後、パワーユニットにはREの13B、CEのVC・1800を追加し、
12A、13B、VCは当時始まったばかりの排ガス規制に適合したり、
車体ではワゴンやバンを加えながら、
`78年まで生産されたマツダのセダンの最高級車です。

そんな二代目ルーチェ、今年で登場してから40周年。

40周年という事で、ルーチェが発表された当初の、広報資料の
マツダルーチェ 広報資料 「LUCE」
序文に当たる部分を、起こしてみました。
(改行は、原文通りではない。空白の行が本来の改行位置)


<大いなるロータリー>ルーチェの思想は、「人間は個人である」ことの尊重です。

東洋工業が、まったく未知のパワーユニットであった
ロータリー・エンジンを将来の自動車エンジンの主流と考え、
研究開発に総力を注ぎ、世界でははじめて大量生産車シリーズに採用し、
単独で<ロータリゼーション>を進めてきたのも、
既成概念にとらわれぬ進取的な"個人"の存在を確信したからです。
世界中の30万人以上の個人達は、この信念の正しかった事を実証してくれました。

マツダ・ピラミッド乗用車体系の最頂位車としてデビューするルーチェは、
自由と余裕ある生活の意義を知る個性的オーナーのハイグレードな
欲求を満足させるトータル・カーです。
基本機種は、明確なコンセプトで区分された次の3種です。
*ダイナミックな流麗さを誇るスペシャルティ<ハードトップ>
*品格とゆとりのフォーマルカー<セダン>
*躍動と風格の調和したスポーツ・セダン<カスタム>
高級リムジーンの気品と重厚さのフォーマル・セダンと
サラブレッドGTの性能と迫力のスペシャルティカーの異なった個性が、
単一デザイン思想から生まれるわけはありません。
フロントフェンダーを除く、2車のすべてのパネルは、
まったく別の造形によるものです。

自動車の積極安全の根本は、「運転する者の意思に従い道路をしっかりつかむ」
という事です。ルーチェは、前1380mm、後1370mmの国産中型車級の
ワイド・トレッドを誇ります。
ハードトップの全高に対するトレッドの率は、なんと1:1で、国産車では、
スポーツカー以外にこの比率をもつ車は、ほかに例を見ません。
RH(Road Hugging)レシオと名付けたルーチェのプロポーションは、
入念なサスペンション設計とともに、抜群のロードホールディングと
操縦安定性を生み出します、

ワイド・トレッドにに支えられたワイド・ボディは、
ゆったりと余裕のある快適な居住スペースを5人の大人のために確保します。
コンパクトなロータリー・エンジン搭載はロングノーズ、ショートデッキの
イメージを表現しながらも、車長が冗長に走る非合理性をさけます。
操作力の軽く高剛性の反応の優れたバリアブル・レシオ・ステアリングと相まって、
混雑した都市交通においても、敏捷で取りまわしのよい車体サイズです。
カペラがそうであるように、ルーチェを待っているのは、
海外市場におけるヨーロッパの伝統ある高級ハイパフォーマンス名車群との
直接競合です。ルーチェの国内車体寸法概念の枠を破った
ヨーロピアン・プロポーションは、来るべき競争の強力な武器なのです。

ルーチェ全機種のエンジンは、世界の名ロータリーRE12A型で、
1型120psに加え、3型130ps高性能型が登場しました。
トランスミッションは3種、サスペンション仕様4種、
タイヤは新開発の超扁平タイプを含む5種類。
インストルメント・パネル2種。
<<トータル・コンフォート(快適性)>>を約束するラグジュリー内装と
装備のチョイス。個性尊重のワイドバリエーションです。
マツダREはロータリーエンジンの本質的性格
(低鉛低オクタンガソリンの使用、レシプロに比べて、
格段に低い窒素酸化物の排出)に加え、独自の燃焼改良、
アイドルリミッター、ブローバイガス還元装置などの対策をしてまいりました。
ルーチェ全機種には、マツダ・コンデンスタンク式燃料蒸発制御装置
(AP車は更にキャニスターを装着)が標準設定され、公害対策は、更に進歩しました。

[以上 LUCE 昭和47年10月 編集・発行 東洋工業株式会社 
  印刷 中本総合印刷株式会社 より原文のまま2頁目を引用]

とまぁ、熱い熱い。

ロータリゼーション。ロータリー拡販の為に生産されていたといっても、
いいと思う、ルーチェ。
乗用車用6気筒エンジンを`86年まで持たなかったマツダがREを
スポーツ用と共に高級車用として使用しても不思議はなかった、昔。

ルーチェシリーズ(M13P,LA2系/3系,LA4系,HB,HC)は、
`69年から`91年にかけて、25万3261台が生産されていて、それは、
サバンナRX-7→アンフィニRX-7→マツダRX-7(SA/FB,FC,FD)の81万1634台、
サバンナ(S102A/124A)の28万5887台についで、
マツダのロータリーエンジン搭載車では、
車種別総生産台数の3位に入るという、ロータリーな車なのです。
(各生産台数はマツダ株式会社 2003年版 ロータリーエンジン広報資料により)

そんな二代目ルーチェ。
発売40周年の今年、マツダのロータリーエンジンは、一旦?それとも永遠に、
市場から撤退する訳ですが、どんな事が、我がルーチェと、
霧の中のルーチェ
そのオーナの自分に起こるか、
ルーチェと日本海
楽しみな今日この頃~
スポンサーサイト
  1. 2012/02/19(日) 20:52:56 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:10 -
  5. ↑TOPへ


がく

01 | 2012/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search