がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシー、ファミリアバン、C56に乗るがく




マツダルーチェ広報資料「LUCE」序文




マツダルーチェ
ハードトップ LA22H
セダン     LA22S
カスタム    LA22S
1972年10月18日に発表されたマツダ・ピラミッド計画の最頂位車です。
登場当初より、AP車と呼ばれる、低排出ガスエンジンを準備したり、
(昭和50年規制適合となるのは翌`73年より。
  日本の低公害優遇税制適用車第一号となった。)
登場後、パワーユニットにはREの13B、CEのVC・1800を追加し、
12A、13B、VCは当時始まったばかりの排ガス規制に適合したり、
車体ではワゴンやバンを加えながら、
`78年まで生産されたマツダのセダンの最高級車です。

そんな二代目ルーチェ、今年で登場してから40周年。

40周年という事で、ルーチェが発表された当初の、広報資料の
マツダルーチェ 広報資料 「LUCE」
序文に当たる部分を、起こしてみました。
(改行は、原文通りではない。空白の行が本来の改行位置)


<大いなるロータリー>ルーチェの思想は、「人間は個人である」ことの尊重です。

東洋工業が、まったく未知のパワーユニットであった
ロータリー・エンジンを将来の自動車エンジンの主流と考え、
研究開発に総力を注ぎ、世界でははじめて大量生産車シリーズに採用し、
単独で<ロータリゼーション>を進めてきたのも、
既成概念にとらわれぬ進取的な"個人"の存在を確信したからです。
世界中の30万人以上の個人達は、この信念の正しかった事を実証してくれました。

マツダ・ピラミッド乗用車体系の最頂位車としてデビューするルーチェは、
自由と余裕ある生活の意義を知る個性的オーナーのハイグレードな
欲求を満足させるトータル・カーです。
基本機種は、明確なコンセプトで区分された次の3種です。
*ダイナミックな流麗さを誇るスペシャルティ<ハードトップ>
*品格とゆとりのフォーマルカー<セダン>
*躍動と風格の調和したスポーツ・セダン<カスタム>
高級リムジーンの気品と重厚さのフォーマル・セダンと
サラブレッドGTの性能と迫力のスペシャルティカーの異なった個性が、
単一デザイン思想から生まれるわけはありません。
フロントフェンダーを除く、2車のすべてのパネルは、
まったく別の造形によるものです。

自動車の積極安全の根本は、「運転する者の意思に従い道路をしっかりつかむ」
という事です。ルーチェは、前1380mm、後1370mmの国産中型車級の
ワイド・トレッドを誇ります。
ハードトップの全高に対するトレッドの率は、なんと1:1で、国産車では、
スポーツカー以外にこの比率をもつ車は、ほかに例を見ません。
RH(Road Hugging)レシオと名付けたルーチェのプロポーションは、
入念なサスペンション設計とともに、抜群のロードホールディングと
操縦安定性を生み出します、

ワイド・トレッドにに支えられたワイド・ボディは、
ゆったりと余裕のある快適な居住スペースを5人の大人のために確保します。
コンパクトなロータリー・エンジン搭載はロングノーズ、ショートデッキの
イメージを表現しながらも、車長が冗長に走る非合理性をさけます。
操作力の軽く高剛性の反応の優れたバリアブル・レシオ・ステアリングと相まって、
混雑した都市交通においても、敏捷で取りまわしのよい車体サイズです。
カペラがそうであるように、ルーチェを待っているのは、
海外市場におけるヨーロッパの伝統ある高級ハイパフォーマンス名車群との
直接競合です。ルーチェの国内車体寸法概念の枠を破った
ヨーロピアン・プロポーションは、来るべき競争の強力な武器なのです。

ルーチェ全機種のエンジンは、世界の名ロータリーRE12A型で、
1型120psに加え、3型130ps高性能型が登場しました。
トランスミッションは3種、サスペンション仕様4種、
タイヤは新開発の超扁平タイプを含む5種類。
インストルメント・パネル2種。
<<トータル・コンフォート(快適性)>>を約束するラグジュリー内装と
装備のチョイス。個性尊重のワイドバリエーションです。
マツダREはロータリーエンジンの本質的性格
(低鉛低オクタンガソリンの使用、レシプロに比べて、
格段に低い窒素酸化物の排出)に加え、独自の燃焼改良、
アイドルリミッター、ブローバイガス還元装置などの対策をしてまいりました。
ルーチェ全機種には、マツダ・コンデンスタンク式燃料蒸発制御装置
(AP車は更にキャニスターを装着)が標準設定され、公害対策は、更に進歩しました。

[以上 LUCE 昭和47年10月 編集・発行 東洋工業株式会社 
  印刷 中本総合印刷株式会社 より原文のまま2頁目を引用]

とまぁ、熱い熱い。

ロータリゼーション。ロータリー拡販の為に生産されていたといっても、
いいと思う、ルーチェ。
乗用車用6気筒エンジンを`86年まで持たなかったマツダがREを
スポーツ用と共に高級車用として使用しても不思議はなかった、昔。

ルーチェシリーズ(M13P,LA2系/3系,LA4系,HB,HC)は、
`69年から`91年にかけて、25万3261台が生産されていて、それは、
サバンナRX-7→アンフィニRX-7→マツダRX-7(SA/FB,FC,FD)の81万1634台、
サバンナ(S102A/124A)の28万5887台についで、
マツダのロータリーエンジン搭載車では、
車種別総生産台数の3位に入るという、ロータリーな車なのです。
(各生産台数はマツダ株式会社 2003年版 ロータリーエンジン広報資料により)

そんな二代目ルーチェ。
発売40周年の今年、マツダのロータリーエンジンは、一旦?それとも永遠に、
市場から撤退する訳ですが、どんな事が、我がルーチェと、
霧の中のルーチェ
そのオーナの自分に起こるか、
ルーチェと日本海
楽しみな今日この頃~
スポンサーサイト
  1. 2012/02/19(日) 20:52:56 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:10 -
  5. ↑TOPへ



二月の罐遊び




フォルテVer.MAZDA、勾配に挑み中
2012年もあっという間に2月。
2月と言えば寒い時期。
寒い時期は、蒸気がよく見える、ということで、
なんだかんだで機関車遊びをしてしまいました。

フォルテVer.MAZDA編成2012-02
うーんたまらん。ミニSL遊びはたまらん。









寒い空気のおかげで、走ってるぜ!と目に見えて感じやすい蒸気が本当に
よく見えて、気分最高。ライブスチーム遊びはたまらん。

フォルテver.MAZDA、旋回中
まじで結婚できるんだろうか?
と自問自答しつつ、今年で、機関士になって20年目。
「わかっちゃいるけどやめられない」とはたぶんこのこと。
植木さんはいいこと言ったなぁ~

フォルテVer.MAZDA、複線区間にて
そんな2月の日曜でした。

  1. 2012/02/13(月) 05:52:14 -
  2. ミニSL・ライブスチーム -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:4 -
  5. ↑TOPへ



もうすぐ記憶の彼方へ去る、日野の堀之内研修所




マツダルーチェと堀之内研修所
東京・日野にある堀之内農事研修所。
今は堀之内研修所と呼ばれる事のほうが多い?
堀之内地域の寄り合い所です。

しかし、この研修所は、国道20号線のバイパス計画に重なってます。

日野バイパスの延伸部は八王子南バイパスとつながる予定で、
圏央道の高尾山IC、そして、高尾の国道20号の料亭へ日野から、
設計速度が60km/hの4車線道路で行けちゃうようになる訳で、
便利になるなぁ~、な道路。
その八王子の北野へつながる日野バイパス延伸部の開通が、
数年後に迫ったので、昭和な雰囲気の集会所や、
火の見櫓が姿を消すのは時間の問題。

この辺りにあった、丘の下の駄菓子屋さんももうないけれど、
自分が小さい時に遊びまわったこの界隈。
自転車で、クルマを気取ってすっ飛ばしてたあたりなわけですが、
もうすぐ記憶の彼方へ去る、日野の堀之内研修所をルーチェと一緒に、
撮っておく事にしました。

ルーチェと堀之内研修所
主にルーチェの画像。
マツダLA22Sルーチェと堀之内研修所
サッシになっている研修所の窓、ついこの前まで、
木のサッシだった様な気がするけど、直してたんですね。
マツダルーチェともうすぐなくなる堀之内研修所付近

マツダルーチェと堀之内研修所の横にある古い消防団の小屋
ルーチェの奥に見える古い消防団の小屋。

古い消防小屋と古い、そして落ちそうな電燈
消防団の小屋の上についている、今にも落ちそうな電燈。
味あるなぁ~

マツダルーチェと堀之内農事研修所
そんなこんなな、ルーチェと堀之内研修所のひと時、でした。
  1. 2012/02/05(日) 18:28:39 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:3 -
  5. ↑TOPへ



ルーチェとコニ スペシャルD RX-4 and Koni Load -a- Juster SPECIAL "D"




コニのショック
我がルーチェにつけられる、コニ スペシャル D 
Koni Load -a- Juster SPECIAL "D"
調整式です。

今から約2年前、
昭和48年4月15日の北海道の道央道
  -そしてルーチェのショックアブソーバの交換に失敗する-

の時につけていなかった、そのショックをルーチェにつけてみました。

コニ スペシャルD、減衰力調整の為にばらしたところ
これは、一枚目の画像に写っているダンパをばらしたところ。
左から、
ダストカバー
スプリングショックアブソーバの筒
名前がわかんないけど、スプリングをとめる、分割式のスプリングストッパ
ゴムシート

という具合の、コニスペシャルD(ルーチェ用)

以前つけなかった理由が、2本のうち1本はすっかすか、だったから。
ルーチェ (二代目)
でも、画像の中の一番左、青いルーチェセダンに乗る大阪の方から、
"硬さは調整できます"
といわれていたことを思い出し、ようやく作業、作業。

ネットで調べてみると、ばらしたショックのうち、
ショックアブソーバの筒を、
コニ スペシャルD 全伸したところ

一番圧縮した状態にして、
コニ スペシャルDを全圧縮したところ
どちらかを押さえて、ぐりぐりっとまわすと、
何かに嵌ったような感触があります。
この状態で確かCCW、反時計回りに目いっぱい回すと、そこが一番やわらかい状態。

そこから約3回転でもっとも硬い状態。
ただしこの状態だと、ロッドを引っ張り出すことが、
自分には厳しいくらいの超絶な硬さ。

ルーチェ、後車軸の懸架関係をリニューアル中

一番やわらかい状態から、0.75回転くらいでルーチェに装着してみることにしました。

ルーチェ、トルクロッドをちょっとはずしたところ
ところで、わがルーチェは、トルクロッドつき。
このトルクロッドとは、パワーホップという後車軸のバタつきを押さえたり、
リーフスプリングとシャックル、そして、このロッドの位置関係により、
ロール剛性を高め、加速・制動・旋回などにより、車輪の位置が変わったときに、
リアスプリングのバネ乗数を高める効果があるものです。

つまりこれを装着したままだと、ショックを入れやすいように、
車軸を押し下げれば押し下げるほど、バネ乗数が上がって、
ひーひーになってしまう、というわけで、
ホーシングからロッドをはずして、ショックを装着。
ルーチェにコニのショック、スペシャルDを組んだ所

中古品ながら、ノーマルのすっかすかになったトキコよりかは、
良いだろうということで、早速試走。
ルーチェと久しぶりな横田基地
久しぶりに横田基地のほうにルーチェで行ってみました。
ルーチェから見る、フェンスの向こうはアメリカ
いやはや、脱帽。これいい。
トラックみたいだった乗り心地が、相当まともになった!
2年間もほっぱらかざずにさっさと変えればよかった!
という感じ。ぶわんぶわん煽られる事もないし、
バンプラバーがフレームを突き上げることも減った。
うれしいうれしい、コニのショック。
交換してよかった~な土曜でした。
  1. 2012/02/04(土) 22:04:04 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ


がく

01 | 2012/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search