がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシー、ファミリアバン、C56に乗るがく




NEVER STOP CHALLENGING(飽くなき挑戦)




NEVER STOP CHALLENGING
いよいよ届いた、NEVER STOP CHALLENGING(飽くなき挑戦)
ピエール・デュドネ著 / MZRacing データ制作・和訳協力
大判33cm x 27.6cm 重量約3kg
オールカラー350ページ日本語版価格11000円 + 消費税550円
(日本国内 500部限定)

いやぁ、分厚い、分厚い。
重さ約3kgで約30cm四方の本。
内容は、まぁー本当に濃いです。
本当にびっくりするくらい。

今まで、マツダとルマンに書かれた数々の日本書籍には、
マツダが発行していた熱い、熱~い、
ポールポジションがあり、その他には、

ル・マン―偉大なる草レースの挑戦者たち 黒井直志 著 
は、ちょっとアングラ!?な視点で、マツダ以外にも、
ルマンに挑戦した2つの大手メーカのルマンへの挑み方、
そして、それに関わった、各々日本のレース界を代表する、
人々の群像を描いた書。があり、

勝てる組織はいかにしてつくられたか―マツダ「ル・マン」制覇の軌跡
                        高橋 健二 著
は、開発当初のレース活動からを追い、そして、
主に、マツダのルマン制覇直前にマツダスピードと、
マツダの社内で起きた事が書かれ、

ル・マン、午後四時―伝統あるル・マンを制覇した人間たちのドラマ
                    寺田陽次朗 著
は、御存じ、マツダスピードの社員であり、
マツダワークスドライバーであられた寺田さんが書いた、
マツダスピードとマツダが永い時間をかけ、負けてもいつかは!と、
ルマンに参戦し続けた歴史、レースと人生のかかわりを、
レーシングドライバーの視点から書かれ、

マツダチームルマン初優勝の記録 
             GP出版 編
は、マツダのル・マン挑戦の歴史・91年の事・13B以降の、
レーシングロータリーに関する3部構成、
ドキュメント・ルマンに賭けたマツダ・ロータリーの苦闘と栄光 桂木洋二
ルマンを戦ったロータリーエンジンの技術的変遷 船木準一
マツダチームのルマン挑戦の歴史 三浦正人
という構成に別れていて、

船木準一氏は、当時はパワートレイン設計部RE設計Grに属し、
現在もマツダのパワートレイン開発の方、
三浦正人氏は、当時はマツダスピードの広報、今は、
MZ Racingの代表の方が書かれているので、
特に、レース本番中の事や技術的な内容に関して、踏み込んで書かれ、
ている気がする、

その他、‘91年優勝当時のレーシングオンやオートスポーツ、
CG、カーマガジン、それ以後、単発的にあったCGのロータリー特集や、
今年のオートスポーツなど、787Bやマツダのルマン参戦の歴史を、
紐解く書はいろいろありますが、
ピエールさんが書いた、NEVER STOP CHALLENGINGは、
’68年のマラソン・デ・ラ・ルートにコスモスポーツ/110Sにて、
参戦して以来の、主に欧州でのレーシングロータリーの歩みと、
その中でも最も苦戦したっと思われるル・マンについて、
詳しく書かれた本だと思います。

NEVER STOP CHALLENGINGのレイアウトは、大きな写真と詳細な文章、
そして”みだし”がページをめくるごとに交互に目に飛び込んできて、
次は?次は?という気分になる感じ。
もちろんマツダの現社長や、寺田さん、松浦さんをはじめとする、
さまざまな方々へのインタビューもあったり本当に見どころが満載の一冊。

ページ数が多すぎて、見どころはたくさんありますが、
“ルマンに勝つことは、単なるスポーツでの快挙に留まるものではない。
それはマツダ全車種の性能と耐久性の証明なのだ。
更にはその特徴を生かしてより力のあるメーカーに立ち向かうという、
メーカーとしてのダイナミズムをあらわすものなのだ。”
以上、 NEVER STOP CHALLENGINGより引用。

20年前に、マツダがルマンで勝った価値を端的に、
まとめているな~と思わせる”みだし”があり、
そういう、箇所がたくさんあって、マツダ、万歳!
という感じの本に仕上がっています。

“この本は、故大橋孝至とこの冒険の成功のために
寄与したすべての人々に捧げられる”
なんて事、いま、国産自動車メーカではマツダでしかいえないこと。
もう20年も経ってしまったわけですが、重みがある、そんな感じです。

でも中には、これ、読んだ元エースドライバの方は、
怒っちゃうんじゃない?とか、翻訳に協力されたという、
MZ Racingの人がどう翻訳するか、躊躇しただろうなという個所もありました。

最後には、永い本文の後半には、
今年は、ALMSシリーズチャンピオンになった北米マツダがメインとなって、
活動している旨を簡単に載せ、マツダとモータスポーツは、
今でも密接なんだぜ的な様子も載っていて、
いろいろ考えて書かれたんだろうな、と思いました。

いろいろ感想を書きましたが、

NEVER STOP CHALLENGING 手元に届いて良かった!
と思う宝物にしたい一冊でした。
スポンサーサイト
  1. 2011/11/26(土) 04:04:12 -
  2. レーシングロータリー -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



第45回日野市産業まつりでミニSLはしります~雨のレール敷設・秋晴れの運転~




我が客車を9600で牽引中
今日、第45回日野市産業まつりでミニSL走らせました。
明日も走ります。
午前10時から午後3時までです。
今日、たくさんのお客さんに乗ってもらえました。
今日は秋晴れ、すばらしい一日でしたが、
金曜、レール敷設の日は、雨。
土砂降りの雨。
雨の中レール敷設
もうびしょびしょ。
レール敷き、レール敷き、雨の中レール敷き
風邪はひくし関節が痛い....
でも、苦労があるから喜びがあるわけです。
レールを敷き終わあたと、
ヒノモトアールイーベースの春
ヒノモトアールイーベースで、
フォルテVer.MAZDAを、相鉄の運転士さんと幼馴染と一緒に磨いたり、
ヒノモトREガレージにて、フォルテver.MAZDAをみがく

バーベキュー荒幡にて、前夜祭
バーベキュー荒幡で、若い連中で前夜祭。
いやーのんだのんだ。風邪、治るといいなぁ。

フォルテVer.mazda 再び長大編成を牽く
そして朝、いよいよお客さんを乗せる日。
朝一、フォルテVer.MAZDAは、ボンゴからから駅まで、6両、鋼板製客車を牽引。
空荷なら何とかなるもんですね。

18年前、初めて、ライブスチームを運転した、思い出の地にて
一年前、小学生の時初めて機関士体験をした場所に、
初めて自分の機関車を持ち込んだ時は、客車まで手がまわらなかったけど、

フォルテVer.mazda、運転台車と、5インチゲージ用鋼板製客車を牽く
今年からは、自分の客車も。
約20年前の客車を化粧直しして台車を変えて、まるで新品!
ぞくぞくしちゃう。

我が客車、最後位にて、9600に引っ張られる
我が客車、9600にも引っ張られ、結構いい感じ。

すいぶん真剣に、罐をのぞいている、がく
久しぶりに乗った大型機、9600.
いやー乗りやすい。力があって、罐がいい。
本当に楽です。
ほしぃなぁ、こういう大きな奴。
60歳までには何とかしたい気分。
ミニSL・ライブスチームがほしいと思って、
頚城鉄道を走っていたコッペル
3.5インチは約8年後に形見として、5インチは18年後くらいに、
いろんな人に助けてもらって手に入れられたんだから、
後30年の間には何とかしよう!
久しぶりな大型機-9600の機関士をする
とまぁ、好き勝手書きましたが、今年の産業祭も、楽しい感じです。
日野市中央公園付近の方々、お暇でしたら、どうぞ。

追記 11/11/20
今年も無事に、産業祭、おわりました。
乗りにきてくださった皆様、どうもありがとうございました。
また、走らせる時は、どうぞ、よろしくお願いいたします。



  1. 2011/11/12(土) 19:24:40 -
  2. ミニSL・ライブスチーム -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:8 -
  5. ↑TOPへ



マツダだらけの一族




新潟県十日町市、東京都荒川区と日野市、埼玉県入間市、愛知県名古屋市、
大阪府吹田市とかに住んでいる、我が一族。
訳あって、十日町で、全員集合となった場所の駐車場の様子。
一族が乗ってきた車、すべてマツダ。
別に、マツダの関係者というわけではないですが、
なぜか、マツダだらけ。
マツダだらけ。ルーチェRX-8ファミリアデミオデミオ
ルーチェ・RX-8・ファミリア・アクセラ・デミオ・デミオ。
目の保養になります。

ついこの前の新潟に行きました。
三国峠の紅葉'11
これは、三国峠の様子。
きれいだなぁ。
HCFS・V6ルーチェと魚沼スカイライン
今年の秋はあんまりいろんな所へは行けてないけど、
秋はいいなと思った今日この頃でした。
HCFS・V6ルーチェと弁天池

  1. 2011/11/10(木) 05:47:29 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



鋼板製低床客車6両、完成




よみがえった台車
今日は、祝日、文化の日。
でも、仕事が忙しいので、午前中に仕事をした後、
来週末に迫った大きなイベント用に、5インチゲージ用客車製作の最終仕上げをしました。
いままで、こつこつ色を塗ったり、カッティングシートを張ってきた、
鋼板製低床客車に台車をつけて、
台車をつけつけ

完成した低床鋼板製客車-2011年型
縞鋼板ステップ付の5インチ低床客車いよいよ、軌道上へ。

完成した低床鋼板製客車-2011年型-6両編成
ついにレールに乗って走行可能になった、5インチ低床鋼板製客車。6両。
最近ひそかに流行っていそうな、7.5インチも台車を改造すれば、もちろんOK。
そして、3.5インチもそんな感じ。

2011年型鋼板製客車の先頭はフォルテver.MAZDA
まずは、我が機関車、フォルテVer.MAZDAが、先頭に。
フォルテが6両もの客車の先頭に立つのってちょっと不似合い。

2011年型鋼板製客車6両と、おんぼろ軌道用鋼板客車1両、フォルテVer.MAZDA用運転台車とフォルテVer.MAZDA_総牽引両数8両
でも調子に乗って、もう2両、牽引両数8両、
編成長約17mのライブスチーム長大編成。
ぞくぞくするね。
とまぁ、好き勝手書きましたが、
フォルテVer.MAZDAと運転台車と、おんぼろ軌道用鋼板製929型-1号客車
これから、自分のフォルテVer.MAZDAが、お客さんを乗せる時は、
機関車の出力に見合った、4人乗り鋼板製客車1両と運転台車を牽引するつもり。
列車名-ロータリー-、フォルテVer.MAZDAと運転台車と、おんぼろ軌道用鋼板製929型-1号客車
秋は、紅葉もいいけど、ライブスチーム・ミニSLの季節だなと思った、文化の日でした。
  1. 2011/11/03(木) 18:42:09 -
  2. ミニSL・ライブスチーム -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:5 -
  5. ↑TOPへ



第45回 日野市産業まつり、にてミニSL走らせます




今年も日野市産業まつりの季節がやってきました。
miniSL-9600型と雨
今年も中央公園で、ミニSL,走らせます。

12(土)・13日(日)共通の催しとして、
ミニSL(1回100円。小学生未満無料)]10:00~15:00

以上、広報ひの、より原文のまま引用。



今年も、七小・坂中の同級生な方々、自分に声かけてください。
もし、機関車に乗ってても、駅で"がくー"って声かけてもらえれば、
切符、渡します。

客車にカッティングシートを張って、妻板に色を塗って
さて、産業まつりが間近ということは、造っている客車も仕上がり間近。
鋼板車体にカッティングシートと、妻板に色を塗って、

客車に手すりをつける
手すりをつけて、

出来上がりつつある、客車
もう少しで完成。

七輪と、20年選手の客車たち
去年の終わりから、6両の客車を製作していて、
サンマを焼きつつとか、焼肉しつつ、ここまで来たわけですが、
そうなってくると、画像上に転がっている、20年選手な客車たちは、
お払い箱。
しかし、捨てる神あらば、なんとかで、
一年間のご褒美で、新幹線の元運転手様と自作さんと、
小田急大好きなひとで、山分け。

自分は、知る人ぞ知る蓮田のミニSLで走っているという、客車と同型の、
客車とかをいただきー!

20年選手に30ウン年もののAT-67を
20年選手の客車に

頚城鉄道を走っていたコッペル
30年以上前に製作されたコッペルの客車に使われていた、
AT-67のスポーク車輪付き台車を、5インチに改軌して、装着。
さび止めで化粧直しした20年選手と30ウン年もののAT-67

化粧直しした20年選手
ついでに、色も塗ってみました。
でも色塗りって、むずかしい.....


ついでに、少しは走り回らせてもらえるであろう、
フォルテVer.MAZDAのウィークポイントも、整備、整備。
ドレインコックの修正
クルマやビデオ以外にも、
こんな事を多々してるから、○○生活してた相手に、逃げられるんだ思いつつ、
フォルテの軸動ポンプを、オーバホール
整備。


初めてミニSLを運転してから運転19年目の日野市産業まつり、
今年も、楽しみです。
お暇な方は、どうぞお越しください。
  1. 2011/11/01(火) 06:04:46 -
  2. イベントのおしらせ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:4 -
  5. ↑TOPへ


がく

10 | 2011/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search