FC2ブログ


がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシーやC56に乗るがく




大人のおもちゃと特機




HVR-V1Jとマンフロットの三脚
こういう、業務用ハイビジョンカメラを仕事で使っている方々からすると、
このようなカメラを大人のおもちゃなんていうと怒られそうだけど、
はっきりいって、これ、趣味でいじるとなると大人のおもちゃです。
すごくすごく楽しい、おとなのおもちゃ。
素人が、業務用ハイビジョンカメラで撮影する。
自分みたいな素人には、いじりがい、相当ありまくり。
趣味でクルマのプロモーション・イメージDVDを造るのが、
主使用目的だと思うので、映画みたいなとか、CMみたいな映像を、
そして色を出してみたい。
今までの松下製のカメラには、シネライクガンマという、放送されているテレビ番組の
色合いではなくて、ぱっと見、少し古い映画のような感じが出せる
モードがあって、今度のソニーのにも、似たような、シネマトーンガンマが使えるんだけど、
けど、やっぱり松下・パナソニックのとは細部が違うのです。
パナソニックは、パナソニックの色だし、ソニーはソニーの色。
完璧に好みの問題だけど、去年、ルーチェのDVDで使った色も出せるように、
今日は朝から撮って
撮り比べて、松下の色も出せるように
は見て、
ルーチェ鑑賞中
撮っては見ての繰り返し。
梅、観賞中
 
空の撮り比べ鑑賞中
空を取ったり、
スイセン鑑賞中
スイセンを撮ったり、
アクセラのヘッドライト鑑賞中
アクセラを撮ったり。

HVR-V1Jには、素人には触れがたいくらい沢山の調整項目がありまして、いろいろできる。
液晶の辺りの設定ボタン群
アイリスやらガンマやら、色合いとか、シャッタ速度に
かなりきてる。
たとえば、シネマというピクチャプロファイル、という色の質感を選んでおいても
ホワイトバランスという物をいじるだけで、また感じが変わって、
こりゃ、超楽しい。
最後、どうしても同じ色にならないで、どうした物かと思っていたら、
ホワイトが違っていたのに気がついて、なんだかなぁ~とか思ったり、
そういう瞬間が超楽しい。
あさからずーっといじって、クルマを撮って、風景を撮って、というので、
使えそうな、色を造ってみました。
ちょっと、どぎついかも.....
この前までテレビ朝日、朝日放送系列でやっていた、
刑事ドラマみたいな感じを薄くした感じ。
色つくりも大切なんだろうけど、まずは、まともに撮れる様に、
月曜のマツダでの優勝報告会までに、レベルアップしなきゃ!
練習、練習っと。
さて、突然ですが、
にょきにょきのびるクレーン
これ、クレーンといいます。
こういうのを使うと上空から撮ったり、普通じゃありえない映像が撮れます。
撮影用クレーンとルーチェ
ルーチェの時にも使っていただいてます。
プロの方々は特機というらしいんですけど、
特機・撮影用クレーンの組立終了の図
はやく、このカメラで、クレーンを使った特機撮影、してみたいなぁ~
今年は、ルーチェじゃなくて、このエリちゃんを。
V1Jでとあるスポーツカーを撮る
と、カメラをいじくりまわしていたらとってもそんな気持~な土曜午前でした。
スポンサーサイト



  1. 2008/03/15(土) 11:21:46 -
  2. カムコーダ・電気・電子 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ


がく

02 | 2008/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search