FC2ブログ


がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシーやC56に乗るがく




書籍 ロータリーエンジン と、RE四十周年




本日は今から40年前に当時は東洋工業という商号だった今のマツダが世界で始めて2ロータ ロータリーエンジンを搭載した自動車、コスモスポーツが市販発売された日だそうです。

今日の昼、13時にはロータリーエンジン40周年記念サイトがマツダで公開開始されます。
広島では式典があるそうで、どんな式典なんでしょう?

6月2,3日にマツダR&Dセンター横浜で開催される「ロータリーエンジンの過去・現在・未来」展の駐車場には古いクルマを含め、かなり凄いクルマが集まるらしく、今からどんなにふうになるのか楽しみなRE40周年記念日です。

今日、いろんな日記やブログでRE関連の事が書かれると思います。
で、私のところは、昭和44年7月30日に発行されて、ほぼ市販開始当時のREがわかる、

編者 山本健一 ロータリーエンジン について、書きます。

ロータリーエンジン という本は、

山本 健一 編 とあり

1.ロータリーエンジンの概念  森本 和彦
2.基本諸元            達富 康夫
3.基本構造            寺沢 保人
                    大関 博
4.ガスシール           広瀬 裕
5.冷却               前川 一生
6.潤滑               高木 謙明
7.エンジン振動          森田 泰之
8.点火装置            柴垣 匡男
9.エンジン性能・燃焼      竹内 永生
                   下司 正春
10.多ローターエンジン      森山 和彦
11.工作法             中村 芳彦
12.ロータリーエンジンの応用例 森山 和彦


によって執筆されたとあります。
(以上、敬称略)

当時の東洋工業、現マツダという企業が現在においても世界で他に類を見ないほどにまで開発に成功したロータリーエンジンに迫る専門的かつ歴史的価値ある書物であると思います。

はしがき、には、山本健一氏が
"このエンジンはなお発展の途上にあるため,現在の資料は一つの考え方を示すにすぎない.しかし本書が読者諸氏にとってNSU-Wankelエンジン理解の一助ともなれば、われわれの大きな喜びである。"
以上、ロータリーエンジン はしがき より原文のまま引用
と著しています。

184ページに渡り記され、解説されているロータリーエンジンの姿は、発行されてから38年経った今でもロータリーエンジンを理解の一助に十分なりうるものと感じます。
そして、かつてのロータリーエンジン研究部の面々、世に伝わるロータリー四十七士と呼ばれた方々が執筆したこの書は、読み応えある内容であるとおもいます。

本を読みながら、今後、REがより進化し、販売できる環境にある限り、REが販売される事を願う市販40周年記念日、です。
スポンサーサイト



  1. 2007/05/30(水) 00:00:12 -
  2. 書籍 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:4 -
  5. ↑TOPへ


がく

04 | 2007/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search