FC2ブログ


がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシーやC56に乗るがく




クラッチの遊び調整をする




ルーチェのミッションはフロア5速。
当然、クラッチがあります。
先週、ミニSLを走らせた後辺りから踏み込んだ時にマスタシリンダの辺りから異音がする様になってました。
どうやらクラッチの遊び、フォークとプッシュロッド間の隙間が狭くなって、マスタシリンダ内のピストンカップがコンペンセーティングポートをふさいだ瞬間に油圧が立ち上がってカップが削られるかシリンダとの接触の仕方がおかしくなって具合が悪くなったらしい?という事で、朝一でルーチェのボンネットを開けて作業しました。

ルーチェのクラッチ部のリリースシリンダとフォーク
現代のクルマのクラッチと違って、クラッチの調整は、リリース側のプッシュロッドでも出来る様になっています。

ルーチェのクラッチ部のプッシュロッド
さっそく、プッシュロッドの全長を少し縮めて、車内のオペレーティングロッドの長さも見直すと、異音はしなくなりました。
めでたし、めでたし。
マツダルーチェLA22S
一応、部品も発注して、異音再発に備える事にしました。
気兼ねなく出かけられる気分です。
スポンサーサイト



  1. 2007/01/27(土) 12:45:44 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ


がく

12 | 2007/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search