FC2ブログ


がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシーやC56に乗るがく




マツダルーチェに新しい靴を




ルーチェ
我がマツダ ルーチェ。
車齢30歳で、北海道の上川、宗谷支庁の辺りから、上京してきた東洋工業のLA22Sです。
今、履いているタイヤは、'78年製グッドイヤーNTC HR70だと思います。
ハヤシとグッドイヤー
70タイヤなのに、リムガード付。
70なのにリムガード付のグッドイヤーNCT

当時物なんで、自分で車検に持ち込んでも、しっかり見られると、「タイヤ、履き替えてきて~」って言われるくらい、ひびが目立ち始めています。
トレッド面にも、サイドウォールにも....
ましてやマツダに車検を頼むとなると、見積もりの時に、タイヤ、変えて!!!!って言われるのは、当然なのです。
はじめは、タイヤだけ変えようかって思ってたんですけど、今の185をひっぱっても、こういう感じにはならないな~と思い、ホイールを買うことにしました。
条件は、昔BGに履かせていた、195/60R14を履かせられるホイール。
PDCが110だから、中古市場で、あまり見かけない物。
大阪の軽自動車メーカーも一時期P.C.D 110だったことがあるので、そっちも考えたんですけど、オフセットがやっぱり違いすぎる。
高いスペーサーを入れるんだったら、オフセットの合ったホイールをという事で、買ったのはLONG CHAMP XR-4、通称ロンシャンXR-4。
磨く前のロンシャン
今のハヤシストリートが7Jなのに対し、6J。本当は、エンケイ ディッシュかなんかが欲しいんですけど、復刻した新品を買う余裕は無いし、探す猶予はあまり無いという事で、ロンシャンにしました。
早速、ルーチェに履かせると、
ちょっと引っ込んだ...
やっぱ引っ込んじゃった.....

フロントも、バネなしの状態で、組んでみた。
前はこんな感じ
なんだか、現行RX-8みたいな上品な引っ込み具合。
外観はちょっとおとなしくなるようです。
でも、楽しみな事があります。

ショックのアッパマウント ひび割れ品→新品
バネ→特注品
タイヤ→ひび割れ一切無し になります。

いままでは、アッパマウントとタイヤをいたわって、コーナリングはかなり自制して来ました。
土の上でドーナツターンしたり、行く時は行きまましたけど、片手で数えられる程度しか、自制を解いたことはありませんでした。
はっきり言って遅い走りしか出来なかった訳です。

でも、今度は違う。

ルーチェのコーナリングは、FR車の美点である素直さがベースにはありますが、やっぱり30年前のクルマ。
ただ操舵するだけでは、アンダーになる。
しっかり操ることを要求するクルマ。
フロントをリフレッシュするので、多分、いろいろ変わる気がします。
さらに、ダンパさえ変えればもう、鬼に金棒な気が。
バネが手元に来るであろう、今週末が今から楽しみ、楽しみ。

初夏とか夏の朝、魚沼スカイラインの枝道とかで、走るのが今から楽しみになりました。
スポンサーサイト



  1. 2006/02/13(月) 03:13:08 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:1 -
  5. ↑TOPへ


がく

01 | 2006/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search