がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシー、ファミリアバン、C56に乗るがく




RX-8、車検の案内が届く




RX-8 車検のお知らせ
RX-8、車検の案内。
アテンザ以降のマツダ車には、車種別ごとの車検のお知らせが届くんでしょうか??けっこう芸が細かいと思いました。
RX-8オーナーには、こういった物がこれから届くと思われます。
JDパワー社の集計では、2005年、マツダのディーラー評価は3位。
こういった小さい事が効くのかもです。
かつて販売促進グッツをたくさん用意していた生産・販売台数が長年2位でモータスポーツにも積極的なメーカーは4位になってました。
最近、昔のようには販促グッツを作らないからなのでしょうか??
よく分からないですけど...

RX-8 車検のお知らせ その2
もう登場から3年経ったんですね。
超初期型車なのに、これはやばいだろう!!!という故障は一切ありませんでした。
故障自体は無かったです。
RX-8、サービスキャンペーンはありましたけど、4ドア観音開きのボディは走行中の半ドアとかは発生しませんでした。
少し、前輪を高いところに乗り上げた状態でドアを開けても、ボディがよじれてドアをあけたときにドアが閉めにくくなるなんてこともなしでした。
前に乗っていたBGファミリアでは起きたんですけど....
当たり前ですけど、月日は自動車を大幅に進化させている!!ということを実感できたRX-8でした。
スポンサーサイト
  1. 2006/01/31(火) 05:58:18 -
  2. マツダ RX-8 -
  3. トラックバック:2 -
  4. コメント:3 -
  5. ↑TOPへ



マツダルーチェと戯れたら腰が...




ルーチェのバネを
車検に備え、いっそのことフロントのバネを特注してよりかっこいいルーチェを目指そうと思い、ルーチェのフロントに加重がかかった状態で、バネが何センチかを確認しました。

ルーチェのフロントサスは、I型アームを用いたストラット。
昔の車なんで、ナックルのボルトを外して、アッパマウントのナットを取っただけではショックは外れません。
キャリパを取り外しようやく車体から、外せます。
ナックル側にロータがあるのではなく、ブレーキロータはショックについたまま....

というわけで、ショックを外そうと、ロアアームにモンキーをかけて、ロアアームを押し下げた瞬間。
尻に鈍い痛みが....
久しぶりに、古いタイプのクルマのショックを外そうとしたら、筋肉だか筋だかが、痛くなりました。
幸いぎっくり腰じゃ無いので痛みはひき始めました。
片方外して、おしまいにしました。
今週末まで痛みが治ってますように!!
  1. 2006/01/30(月) 05:59:59 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ



カペラとルーチェ




カペラとルーチェ
カペラに乗る方に会いに行って、エアフィルタを受け取ってきました。
久しぶりに、旧車の話をさせていただきました。
長いこと、カペラに乗っているだけあって、ホント、いろんなことを知っていらっしゃいます。濃い時間でした。

帰り道、電磁ポンプがホントに絶不調になって、走行中にキースイッチをオンオフしまくって、アフターファイア炸裂したり、燃料流れすぎで煙を出したり、後ろを走っていた方々に迷惑をかけてしまったと思います。
どうもすいません。

最近、アイドラアームを換えて、フロントのショックを支えるマウンティングブロックを注文したり、そのほかもろもろはじめたら、電磁ポンプが....

作動音はうるさいですけど、ミツバにしようか他のにしようか考え中。




  1. 2006/01/29(日) 18:28:11 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:1 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



夜のルーチェ




夜の路地裏とルーチェ
夜は道がすいていて、信号に停められる事も減り、非常に気持ちいいドライブが楽しめる。
特に、ロータリーエンジンは、加速を繰り返すと、途端に燃費が悪くなるので、夜の方がいろいろ都合がいいのです。
昨日は、ちょっと夜にルーチェで出かけました。
飲酒検問で前の車の運転手氏がクルマから出て、ツートンのワゴンの方に入っていきました。
私、飲んだら自分は運転しない主義。
貫こうと決意を新たにしました。

ルーチェと水蒸気
今は冬。
排ガス中の水蒸気が排気管が温まっていないときには目に見えます。
温まると、水蒸気は見えなくなるみたいですけど、アクセルを多く踏み込んだときには違う種類の白い気体が出てるみたい。
でも、車検には余裕で通るクルマでも、触媒が温まってないときには、水蒸気じゃないものを吹くことがあるし、ルーチェには本当、たまにしか乗らないので致し方ない事だと思ってます。

ルーチェと路肩
いよいよ車検の期限が2ヶ月になりました。
先日、排ガス濃度を見てもらったら、懸念事項である炭化水素の排出量は基準値の1/3程度だったんで、ほっとしました。
  1. 2006/01/28(土) 12:56:43 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:1 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



ジンギスカン




ジンギスカン
ジンギスカン。
匂いが嫌いな人もいるようですが、私は好き。
北海道に行ってビール園に行ったら、飲み放題ビールとジンギスカンを必ず頂いてます。
北海道以外では、信州もジンギスカンが有名らしい。
小さい頃、祖父のHCルーチェ納車記念に松本のアルプス公園の食堂というかレストランor食事処でジンギスカンを食べた記憶があります。
長野のスーパーには普通に売っていた味付けジンギスカン。
今度長野に行くときは買って帰ることにします。
なつかしや~
  1. 2006/01/27(金) 18:41:37 -
  2. 食べ物 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



大型ラジコン用ロータリーエンジン




日東工作所のロータリーエンジン
ヘリコプター等、大型ラジコンに搭載される、バンケル型ロータリーピストンエンジン。つまりラジコン用ロータリーエンジン。
東大阪市の日東工作所の製品。排気量は約12ccと20ccだそう。
マツダR&Dセンター横浜で初めて見させていただきました。

このロータリーエンジンが発表された頃は、マツダのロータリーエンジンが風前の灯火状態だった頃。
この頃はたしか、アメリカの宇宙機関からだかどこかから依頼されて、2.5ccのロータリーエンジンを開発しているという話があったような無かったような。

FD3S型RX-7が280PSになってからしばらく時間が空きましたけど、マツダのロータリーも存続されて、本当に良かった、良かった。


  1. 2006/01/26(木) 20:32:49 -
  2. ロータリーエンジン -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



雪とファミリアSワゴン




雪の壁とファミリアSワゴン
すごい雪。
農道に雪を押し上げていると思われる場所で撮影しました。
二月がもうそろそろやってきますが、多雪が続きそう。
先週末は東京でも雪が降ってまだ日陰には雪が残ってますけども、雪国の雪は東京とは比べ物になりません。当たり前ですけど。

雪とファミリアSワゴンの後姿
雪のない前日。一晩経つと....

翌日のファミリアSワゴン
これで約20cm積もった感じ。
雪国だとすごく少ない部類なんだそうですけど、東京でこんな感じに積もる日には交通機関大混乱間違い無し!!!

雪をかぶった木々
雪のない地域の人々が見るとキレイに雪化粧した木々ですが、雪に悩まされる地域の方々には、時に腹立たしい物だそうです。

最近のクルマは車体の姿勢を安定させる装置が装着されているクルマが増えて来ましたけど、グリップの限界そのものは存在するわけで、性能を最大限出せるよう、制動、出力制御を行っても限界を超えれば、重量物が制御不能になって滑走し始めるわけです。
もしそうなったときは、もう大変。
私のファミリアにはマツダ流に言うとDSCという車体姿勢安定装置が装着されていない車。
予期して滑るときは良いですけど、予期せず滑り出すのはホント、心臓が飛び出そうになる事がある。

今回は予期しない滑りは起きなかったですけど、これからも予期しない滑りはなるべく起こさせない様な運転をしようと思いました。


  1. 2006/01/25(水) 19:03:01 -
  2. マツダ ファミリア -
  3. トラックバック:1 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ



雪の越後山脈




雪の越後山脈その一
雪の越後山脈。
雪の魚沼丘陵から雪の越後山脈を望む、大沢トンネルを出て少し行った先の直線から撮影しました。

雪の越後山脈その二
よく分からないんですけど、うっすら見えている山は、地図を見ると、多分、至仏山。

雪の越後山脈その三
巻機山と思われる山。

厳しい冬にちらりとのぞいた晴れ間でした。
  1. 2006/01/24(火) 18:54:36 -
  2. -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



雪道の新潟へマツダで




私の田舎。新潟。
中越地震といい、二年連続の豪雪。
どうしちゃったんでしょう?

新潟にはよく行きます。
我が家のマツダの走行距離を伸ばす一因。
道路状況が相当よくなってきたので、雪のある季節にもがんがん行きます。
マツダルーチェと雪
国道17号、三国峠越えの途中のルーチェの写真や

マツダRX-8と雪
降雪中の雪道とRX-8の写真や

マツダファミリアでスライド
これは飛騨で撮った写真ですけど、ファミリアをがんがん滑らせたり

ファミリアでスライド
いろいろ楽しんでました。
雪上で滑らせてるのに写真で見ると結構すごいロールしてる気がする....
ちなみに安全な閉鎖された場所なので。

で、今回はファミリアSワゴンで新潟へ。

マツダファミリアと雪の壁
すごい雪。

マツダファミリアと雪

RX-8と雪

ほぼ同じ場所で撮影。
行った時期は同じくらいなので、今年の雪の多さが分かる一枚。

雪景色の道路
今年は寒いので、画像の雪は湿っていなく、コントロールしやすい雪でした。

克雪住宅じゃあないお家は本当に大変な冬。
春が待ち遠しい。
スキー場が結構空いていたのですけど、昔のように混んでいなく、今はウインタースポーツがしやすい状況になってきている気がしました。
  1. 2006/01/23(月) 05:05:59 -
  2. マツダ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



公共放送だから水素RX-8は




20051029131512.jpg
第11回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会、第11回ひろしま男子駅伝が開かれました。
長野が三連覇。
新潟は20位でした。
長野は高地トレーニングが効くんでしょうか??

で、私一家が注目していた、水素ロータリーエンジン搭載のマツダRX-8ハイドロジェンREは.....

画面の端の方に確認できるのみ....
MPV救急車の方が映っていた気がする....

RCCやTBSのJNN系列で放送されていたら、PR効果あったんでしょうけど。

たぶんしっかりRX-8も完走しているはず~
  1. 2006/01/22(日) 15:39:24 -
  2. 水素ロータリー -
  3. トラックバック:1 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



酒を呑む




お酒

20060121212110
私、新潟に居ます。
飲みまくり。
酒飲み家系にはたまらん世界!!!!!
  1. 2006/01/21(土) 21:21:10 -
  2. -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



RX-8のラジコン




RX-8のラジコン
ついつい衝動買いしてしまいました。
RX-8のラジコン。
自分で簡単に組み立てる式です。

ラジコンRX-8の部品
コンビニで買って、これが、たったの1000円。
1000円っつって....

すごい時代になった物です。
自分が子供の頃は、ラジコンなんてぽこぽこ買ってもらえなかったんで....
おもちゃは紙皿に祖父のルーチェや父のクルマのメーターを書いて遊んでみたり、積み木とか、レゴとかもう少し大きくなると、草刈機のエンジン....

ラジコン、安くなったんですね!!!

今度、ゆっくり組み立てまーす。
  1. 2006/01/20(金) 06:52:35 -
  2. マツダ RX-8 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:5 -
  5. ↑TOPへ



水素ロータリーの走行が見れる時




一般公道を走行する水素RX-8
ついに、マツダから発表されました。
第11回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会で、水素ロータリーエンジンを搭載したマツダRX-8ハイドロジェンREが伴走すると!!!!
競技会長車としての提供だそうです。

20051029131512.jpg
私、11月6日付で、全日本大学駅伝の中継でマツダをたくさん眺めた後に、今年の大分別府とかにハイドロジェンREが出るといいなーって載せていたんですけど、大会は違えど、いよいよ水素ロータリーが人間エンデューロ大会ともいえるイベントに登場する日が来ました。

毎度おなじみMPV救急車と共に、水素ロータリーを載せたRX-8がNHKの全国放送で生中継される!!!

東京モーターショーで水素ロータリーに乗せて頂いた身としては見るしかない!!!!
週末には新潟にいますけど、もう、見るしかない!!!!

私的水素ロータリーエンジンに関する.....

HYDROGEN RE RX-8に同乗試乗して

水素ロータリーエンジン

水素ロータリーのRX-8

水素ロータリーエンジンがテレビで

マツダ ハイブリットロータリー(HRE)プレマシー

週末は雪上走行&ドリフトを楽しみ、日本酒を飲み、テレビも楽しみ!!!な休日になりそうです。
  1. 2006/01/19(木) 20:36:36 -
  2. 水素ロータリー -
  3. トラックバック:1 -
  4. コメント:8 -
  5. ↑TOPへ



My HP更新




チャージマツダ787B

昨日、MINEサーキットを取得したと発表した自動車会社のマツダ。
昨年末にライブドアが広島東洋カープに触手を伸ばしていると報道されていた頃、マツダの井巻社長が、広島の企業として、カープを支える!というコメントをしたという力強い報道がありました。
そして、サーキットを取得してテストコースにという発表。
今年は、MPVさらにCX-7の発売も控えています。
MZRエンジンには、直噴ターボも追加され、今月から年産70.5万台規模になりました。

マツダは、本当に、10年前とは比べ物にならないほど、勢いが出て、取り戻した感じ。

スポーツカーと銘打ってクルマを作っている会社ならば、モータースポーツに復帰してもいい頃合になってきたような気がします。
とんでもなくお金がかかるでしょうし、レーシングREはすでに15年前に進化を停めているので、復帰してすぐは厳しいレースが続くでしょう。
でも、今年からは、国内でも全日本スポーツカー耐久選手権も始まることですし....ということで、チャージ マツダ787Bの画像をロータリーイーグルに追加しました。

リアカウル下がどうなっているのかが見れる感じの画像を追加しました。
エンジンルームの画像です。

興味がありましたらどうぞ~
  1. 2006/01/18(水) 21:09:00 -
  2. マツダ -
  3. トラックバック:1 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



マツダ株式会社 美祢を買う




20060117125119
山口県にある、MINEサーキット。
昔は西日本サーキットの名だったサーキット。
開設は1972年。
マツダ株式会社会社、MINEサーキットの公式ページ、共同通信によると、マツダが同コースを取得したと本日発表したというのです。
今後はマツダの美祢自動車試験場として開発に活用するんだそうです。
サーキットとしての営業はおえるそうなのでかなり気合いを入れてクルマの味付けをサーキットでするみたい。
コースも4つ増設するらしい。
休日には見学や安全運転教室を開く予定もあるらしい!!!!勢いありまくりですねぇ

もっとマツダのクルマが楽しく味わい深くなるんでしょうね!!!!
楽しみ楽しみ!!!!

つきましてはロータリーを載せたRX-8以上に楽しい世界中で振り向かれるスポーツカー、造ってください!!!

と書いたのは、職場で昼休みに携帯から。

モータースポーツが出来る場所が減ることへの事を書かれている方々もいらっしゃいました。
確かにそういうのも分かる気がする、私も富士が閉鎖されたら嫌だもん!!!

さて、西日本サーキットの頃は、FCのプレス試乗会も開かれていたという美祢。
昨年開催されたルマン・クラシックも美祢でした。

最近のマツダといえばマツダ デジタル イノベーション(MDI)計画を1996年からスタートさせています。
マツダのコンピュータ導入時期は昭和33年。
1958年だったそうで、国内自動車業界で初めての導入だったそうです。
そんなこともあり、操縦安定性を解析するプログラムの開発を1969年から開始していたそうなのです。
そして、時代は移り、車両開発をデジタル化することにより、現在では従来、開発に平均27ヶ月かかっていた期間を14ヶ月に短縮させる事に取り組み、シュミレーションにより試作車の製作台数まで減らせてるんだそうです。

でもなぜいまサーキットを自動車テストコースにするのでしょうか??

開発車種増大に合わせ三次を補完するのだそうですが、今よりさらに、もっと開発車種が増えるとか、モータスポーツ復帰に備えてとか、そういうことなのかな?と思ってしまいました。
増設するというテストコースはすべて走りの性能に直結することを評価する施設。
アクティブセーフティーがさらに高まり、より気持ちいい市販車誕生につながる事になるはず!!
環境に対することは無視できない時代ですけど、RX-7「FE3S」が復活するなら、これは相当期待が持てそうだと思いました。

'06/1/17 加筆・修正
  1. 2006/01/17(火) 22:06:28 -
  2. マツダ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



ルーチェで瑞穂埠頭へ




マツダルーチェと瑞穂橋
冷たい雨が上がった朝、ルーチェで、瑞穂埠頭の入口まで出かけました。
20050925043304.jpg
MRYへファミリアで行ったのは9月。
MRYに行った帰りにBar Star DustとPOLE STARの前までいって、クーラーが無いルーチェでも横浜まで走れる頃に行こうと思っていました。

"アメリカへと続く道
私が住んでいる街から横浜までは道が空いていると1時間程。

マツダルーチェとポールスター
春を思わせる空気が気持ちのいい朝でした。
オレンジ色の線が境界線。

スターダストとポールスター&マツダルーチェ
スターダストとポールスター前のルーチェ

橋の前にある看板
瑞穂橋には、戦後60年たった今でも、"許可なき物は立ち入り禁止"、いわゆる off limits の看板が立っています。
その向こうには横浜のビルが見えます。
横浜ってやっぱり異国情緒あふれるエキゾチックな感じ。

マツダルーチェと倉庫
一体は港湾地帯。
普段は海と縁が無い私には惹かれるものがあります。

倉庫
朝の瑞穂埠頭へ続く道には寂れた風情がありました。

朝焼けとマツダルーチェ
今度は夕方から夜、行きたくなりました。
もちろん、ルーチェで!
  1. 2006/01/16(月) 05:54:42 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



どんど焼




どんど焼

今日は地元でどんど焼がありました。
どんど焼2

これに火をつけ正月飾りなどを燃やしてというイベント。

燃やしている画像は、保存されていませんでした....
焼いた物

これを食べると、無病息災な効能があるということらしいんです。
無病息災でありますように!!
  1. 2006/01/15(日) 18:26:33 -
  2. 地元 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



マツダのルーチェ






私が乗るマツダ ルーチェ。
初代のルーチェロータリークーペとは違い、中古価格が安いので乗りたいと思ったら手に入れやすいクルマ。
部品代がファミリアやデミオ、カペラやアテンザと比べたら、かるとしても、やっぱり維持していこうと思えるクルマ。
といってよく壊れる訳でもないのです。予防的+クルマをいじくる喜びのために、高校生がバイクをかまうような程度にこちょこちょいじる。
楽しいひと時が過ごせます。

かつて、ロータリーゼーションを旗印に拡販を狙っていたた頃の東洋工業、マツダのフラッグシップであるルーチェ。
コスモやファミリア、カペラ、サバンナに乗っている方々もそう思うのでしょうけど、やっぱり、乗りたいからロータリーの旧車に乗るって思いがあると思います。

楽しいですからね!!!ロータリーは、やっぱり!!!
最新のRX-8より市販状態で速い性能を持つクルマがゴロゴロある今、ロータリーっていう内燃機関は、マツダ-フォード連合の会社の中に、REが好きな人がいて、ユーザーにも好きでたまらな人がいるから存続しているんだと思います。

鏑が発表された今、マツダ株式会社様は、これから発売されるかも?の屋根付の2ドア、あるいは3ドア車には、やっぱり、ロータリーを載せて、スポーティーなクルマの頂点に据えた方が良いと思うがくでした。

1月15日 加筆
  1. 2006/01/14(土) 22:37:22 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



八高線は北風に負ケズ




八高線は北風に負ケズ

八高線は北風に負ケズ
1993年発行

全線非電化であった頃の八高線が主題の本。
八高線全駅を紹介すると共に、いろんなエピソードが書かれています。
表紙には、当時全線で走り回っていたキハ30がのっていて、背表紙には....

八高線は北風に負ケズ 背表紙

DD51から渦巻き型の受けにタブレットが入っているキャリアを引っ掛ける姿が。

本文中には懐かしい北八の姿や沿線の写真、結構考えさせられる文章など、盛りだくさんの213ページ。
八高線沿いの風光明媚でどこか懐かしく、いい意味で田舎な空気が味わえる本。
なんとなく、冬の冷たい空気や、春の梅のにおい、夏の枕木から漂うコールタールの匂い、秋の田んぼのにおいがするような感じです。
今でも売っているようなので鉄道に何の関心のない人にも勧めな一冊。
東福生の章にはしっかり、米軍基地関係のことも書かれています。
個人的には、高麗川以北が特にお気に入り。

当時の気動車は加速時も制動時も超爆音でしたけど、そのことにも触れられてます。

この本は、小学校の頃、買ってもらった本。
当時、私、小学校の高学年で、友達と鉄道クラブっていうもの創設して、学校のクラブ活動で活動してました。
小学校の後半は、いったんクルマよりも好きな乗り物が現れていた私。
この本を読むと、当時が思い出されますです。
  1. 2006/01/13(金) 21:12:35 -
  2. 書籍 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



朝の富士山




20060112202110
画像のちょい右寄りに見える白い物体が富士山。
その手前にあるのが丹沢の大室山。
麓にある山中湖が22年振りに全面結氷したってNHKが報道してました。
かなり幼い時に、山中湖の上で親がスケートして自分は氷の上を滑れる椅子みたいな物に乗った記憶が微かにあります。
一月三日に山中湖に行ったときは東側が凍っているだけでした。
見に行きたいもんです。

  1. 2006/01/12(木) 20:21:10 -
  2. -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ



古めなルーチェと古いストーブ




関東と言えども、正月前から近年にはない冷え込みが続いていました。
外で何かをするとき、ストーブがないと非常につらい寒さでした。
今年新たに購入したアラジンのブルーフレーム。
コロナのストーブとかのように、自動点火じゃ、ありません。
ほやを倒して...
ブルーフレーム 着火
火を着ける。
そして、ほやをかぶせてしばらくすると...
ブルーフレーム
ごらんのように青い炎になる。

このブルーフレームは、昭和51年から52年のもの。38型。
ルーチェで言えば二代目ルーチェが、公害対策を施され、国内では量産第一号車になって、ルーチェAPと呼ばれ、そのルーチェAPが後期型にバトンタッチされたあと、さらに、ルーチェAPの上級車種として、ルーチェレガートが発売されたのが昭和52年。
ちょうどその頃のストーブ。
マツダ ルーチェとアラジン ブルーフレーム
ストーブが昭和51~52年物。写っているルーチェは昭和48年初登録のクルマ。
共に味がある形をしておる!!!

アラジンは、当時、国産にはない無臭燃焼を誇った物らしい。
コスモスポーツ、ファミリア、ルーチェロータリークーペ、カペラ、サバンナ、そして、二代目ルーチェにも載ったロータリーは、当時のレシプロにはないスムースで天井知らずな回転特性を持っているエンジン。
共に独創的な物。

アラジンを買う (以前、書いたもの)

大切にします。
  1. 2006/01/11(水) 21:08:56 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:1 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



松坂屋の御饅頭




20060110181207
名古屋に住む、おばちゃんが贈ってくれた、名古屋松坂屋本店の御饅頭。
一個、420円するらしい...
高っ!!!!!!!
まんじゅうが四百円することに驚き!!!!
種類は、つぶあん、こしあん、しろあんこしあんの混合の三種。
高いけど皮は薄く、しっとりしてます。
酒飲みの味覚では大分甘いんですけど、上品でしつこくはないのです。
非常においしい御饅頭でした。
  1. 2006/01/10(火) 18:12:07 -
  2. 菓子 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ



ルーチェで桜ヶ丘へ




20060109173916
ルーチェで桜ヶ丘へ行きました。
今年二回目の走行。
屋上駐車場での一枚。
関東山地を望む場所に駐車しました。
お目当ての物は買えず、がっくし....
マツダの販売店に行こうとしていたのも時間の関係でまた次回になりました。
ルーチェ、今年、いよいよ車検です。
自分で通そうにも仕事の都合で今までの様に行けそうになく、どうしようか思案中ー
  1. 2006/01/09(月) 17:39:16 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



スピリット




映画 スピリット
2002年製作

"あきらめずに頑張れば、いつの日か必ず帰れる"
だいぶ臭そうなセリフですけど、それがテーマないい映画。
お馬さん活劇です。
どことなく、大草原の小さな家とか、ああいう話の流れを感じる作品。
馬はしゃべらない代わりに、ブライアンアダムスの歌と、マッドデイモンのナレーションがいい雰囲気をかもし出してます。日本の公開は2003年4月。
ただし、日本人はああいう表情が非常にアメリカンなアニメーションを好まない人はいたかも...
映像特典で、ブライアン氏の姿もちゃんと見れます。

さて、2002年7月、日本テレビ系列でドキュメント'02 で、当時開発中のマツダRX-8が1時間にわたり、取り上げられました。それが、マツダ 再生への道でした。
その番組のラストで流れていたのが、スピリットのテーマ曲であり、サントラにもちゃんと入っている、ブライアンアダムスのI Will Always Returnとメロディーと歌詞も良く似たThis Is Where I Belongでした。
劇中では始めの方に使われていました。
発売を一年後に待つRX-8が疾走する映像に、ブライアン氏の歌声。しびれまくり!!

スピリットは馬が困難にくじけず故郷に戻るという話。
マツダ 再生への道は、いろんな意味で多難を極めたという、マツダ SE3P、RX-8&レネシスの開発の話。
RX-8が発売されたことにより、REは量産自動車用エンジンとしてカムバックできたわけです。
田島氏の言葉どおり、マツダがやめたら、そこでおしまい!という状況だから、やり続ける事に大いなる意味があるというようなことなのです。
結構、通じるものがあると思いました。

マツダ再生への道、スピリットのサントラ、プロジェクトX、の私的感想は、こちらへ

マツダ再生への道

スピリット サントラ

プロジェクトX 技術者魂 永遠に 比較

最近、スピリットのサントラに入っている曲がテレビでよく流れています。
年末のBSでやったゴルフの番組とか、椎名 誠氏の自然探訪記とか。いい音楽です。
'06/08/25のNHKスペシャル「熱闘612球・早実VS駒大苫小牧」でも、インストが初っ端に流れていました。

今回、ようやく映画本編を見たわけなのですけど、本当に、いい話でした。

'06/08/25 加筆
  1. 2006/01/08(日) 22:35:09 -
  2. 映画 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



マツダ787B、FC3S、FD3S、動画追加




マツダ787B

私のホームページ、ロータリーイーグル
マツダ、サバンナRX-7・FC3SとRX-7・FD3Sの'03年のD1GPにおける動画公開と、マツダ787Bの動画を追加しました。
FISCOのヘアピンでのドリフト、スピンが見られます。
かなり荒い画なので、他社のクルマに関してはたいがい判別不能なはず....
改修前の富士スピードウェイでの動画です。
一緒にFISCOに行った幼なじみに感謝です。
公開中の、マツダルーチェ・LA22S、マツダRX-8・SE3P、マツダ787B、ネポンパールトイレ、ミニSLの動画とあわせ、お好みのものがありましたらどうぞ~!!!!
  1. 2006/01/07(土) 21:04:53 -
  2. レーシングロータリー -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



刈場坂峠の夜景




20060106183306
埼玉の西部にあるグリーンライン。
眺めのいい峠がたくさんあります。
去年の六月には白石峠の展望台は一応立入禁止でした。
なので白石峠なんかと肩を並べる位夜景がキレイな刈場坂峠にファミリアで出掛けました。
白石峠が関東一円の南から東をカバーする展望ならば、刈場坂峠は東から北方面が眺められます。
V604SHといえども、携帯のデジカメでは再現出来ないのが残念!!!
クルマの中から眺める景色は刈場坂峠の方が広い気がしました。
  1. 2006/01/06(金) 18:33:06 -
  2. -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:4 -
  5. ↑TOPへ



熱海の朝焼け




20060105175708
熱海の朝焼け。
ファミリアで出掛けて朝飯を食べた所での一枚。
この直後、雲が広がって結局朝日は拝めませんでした。
ガックシ
  1. 2006/01/05(木) 17:57:08 -
  2. 外出 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



白バイが西湘を




20060104094513
箱根駅伝で活躍した白バイの方々。
たまたま、朝の六時前に西湘バイパスで一緒になりました。
走行速度はきっちり制限70km/h。
料金所では特別扱いはなにもなく通行料金を払ってゲートを通過してました。
しかし早朝から昼過ぎまで寒風に当たりっぱなしの白バイ隊員の方々、お疲れ様ですと思いました。
  1. 2006/01/04(水) 09:45:13 -
  2. クルマ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



ファミリア走り初め




20060103161209
今朝は朝日を見に熱海へ行きました。
見終わった後は駅伝をしている箱根へ...
道路は雪の様な霜がおりて結構スリッピーでした。
駅伝を見た後は、乙女峠の旧道で御殿場へ抜けました。
旧道の静岡側は塩カルの散布が殆どなく、かなりツルツルでした。
FISCOでは走行している車を外から眺めて、最後はFISCOが見下ろせる明神、三国峠を走って帰ってきました。
ファミリアで今年もいろんな場所に行きたいものだと思いました。
  1. 2006/01/03(火) 16:12:09 -
  2. マツダ ファミリア -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



新年会




20060102213908
幼なじみと新年会で正午過ぎから気長に呑!!!!
送った帰り道、昔、自転車で区間通過時間からスピード競争した車は通れない坂道での一枚
今日は星がキレイです。
  1. 2006/01/02(月) 21:39:08 -
  2. 外出 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


NEXT

がく

12 | 2006/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search