FC2ブログ


がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシーやC56に乗るがく




雪の、いつかの...




20051128190310
雪のクリスマス、と、いつかのメリークリスマス。
'90年代前半に発表された、日本のクリスマスソングでは、たぶん、いちばん有名な二曲。
そして最近は、リニューアルバージョンが発表されている二曲。

雪のクリスマス。
まず、音が、冬。トナカイの鈴の音を連想させる音が全編にわたり、響いています。
どちらかというと、雪国というより、北国の空気で、めちゃくちゃ寒い感じがしてます。
'90年のシングルに比べ、WINTER SONGの3rdとしての雪のクリスマスは、デジタル丸出しな音が若干削除され、より現代風になっていました。
ドリカムって、デビュー当初から今、聞いても凄くいいという感じの曲が多い。
たぶん長らく今後も聞かれるクリスマスソング。

いつかのメリークリスマス。
やっぱり、B'z。
ALONEやTIMEとは少し違う感じの仕上がり。
雪のクリスマスが北国、雪国を連想させる音といえるならば、こちらは、都会なのクリスマス。晴れている感じです。
B'zといえば、やはり、重厚な、バックコーラスが聴き所でもあります。いつかのメリークリスマスも、むちゃくちゃ重厚ではありませんが、バックコーラス、やっぱりいい感じでした。
FRIENDSって、ミュージックステーションでも流れている、どうしても君を失いたくない、とかいい曲が本当たくさん。

二曲どちらも、一人のクリスマスなんだと思いますが、寂しい感じはいつかの、の方が上??
共にニューバーションが発表されていますが、やっぱり、元歌が一番な気がするまだだいぶ早い今年のクリスマスです。
スポンサーサイト



  1. 2005/11/28(月) 19:03:10 -
  2. CD・音楽 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


がく

10 | 2005/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search