FC2ブログ


がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシーやC56に乗るがく




指で操作する感じのペダルワーク




クルマ雑誌のドライビングテクニックのコーナなどを読むと、足の指で操作するようにというような表現を見たことがあるような気がします。
私は、ルーチェでも、FC、FD、SE3P、SE(ボンゴ)、エルフでも、そんな事をいちいち気にして車に乗るようなことは今までありませんでした。
ただ、衝撃が来ないように走るだけでした。なるべくスムースに動くようにと。
2週間くらい前に、私、家の中で、素足状態の親指の上に、RX-8のブアツイ整備書を落っことして、足の爪が、肉に食い込んでしまったのです。
だいぶ治ってきましたが、それ以来、指に力が入らないように、ペダルを踏むようにしています。
具体的には、指の下のあたりの肉球で踏むような感じです。
もうまったく、操作感が違う事に気づきました。同じように乗っている気でも、制動後の停止時に衝撃が来るとか、制動開始時に予想以上に減速してしますとか。
たしかに、指で操作するのは繊細な制御感覚なのだなと思っている今日この頃です。
スポンサーサイト



  1. 2005/07/20(水) 15:35:40 -
  2. クルマ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


がく

06 | 2005/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search