FC2ブログ


がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシーやC56に乗るがく




テレビ東京 ワールドビジネスサテライト=WBS




テレ東のワールドビジネスサテライト、今日も相当良かった!!
マツダの欧州市場での"伸び"を軽く分析してくれました。
"個性的"
"スポーツ精神"
がく的には、昔から、マツダは個性的でスポーツ精神にあふれた車だと思っていたわけですけど、一時期の衰退を経て、再び、マツダが盛り返してきたのです。
"スポーツ精神"これは、受け取る人により、千差万別。レーシーなものから、ささいな日常的なものまでさまざまだと思います。今でも、マツダのハンドルはアシスト量が少なめで、"スポーツ"。少なくともアテンザとアコードならばアテンザのほうが普通に重い。8も軽くしたと言われてますが、速度が出ると、やはり重め。
ハンドリングも、直感的にスポーティー。アテンザの初期型なんかは、FFとは思えない程、テールハッピー。普通の速度の時は、ただ、機敏なだけですが、一線を超えると...うひゃひゃひゃひゃ!
もしも、ホンダみたいに軽いハンドルだったら、多分、ただの危ない車に感じるはず。
"個性的"これも、千差万別ですが、マツダは胸をはって"個性的"と言えるはずです。"ロータリー"、"オープンカー"、"デザイン"。
これからも、わくわくドキドキ、さしてください。
あと"スポーツ精神"が売りなら、もうそろそろ、まじめに、モータスポーツ、始めてくださいな。始めは負け続けても良いですから。

がく、明日はお台場である、水素ロータリーの開発動向の発表を傍聴して来ます。
スポンサーサイト
  1. 2005/06/16(木) 23:47:13 -
  2. マツダ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



アメリカ村




私、アメリカにあこがれる一面もあります。
で、前々から行きたいと思っていた、アメリカ村へ私も行ってきました。多摩川を渡って、立川基地跡の横を疾走するルーチェ。
ユーミンもクルマは違えど、おんなじ様なことしてたんでしょね。
村の入り口から、既に違う雰囲気。
入るともう全然違う。
151.jpg

町並みはアメリカ!!これで、家の間隔がもうちっと広かったら、完璧アメリカ。芝生の上に、BBQセットがあったり、やはり、日本の風景とは相当違う。
浜田省吾氏は"基地のフェンスの向うに揺れるスター&ストライプス"
って歌ってましたが、本当にフェンスの向うに入っちゃった感じ。

  1. 2005/06/16(木) 10:45:25 -
  2. 外出 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



Technics システムコンポGM700




私、小、高校と、音響関係の事をしていました。
文化祭や、体育祭なんかで、RAMSAとかの音響設備を野外や体育館に特設して、オペレートするのです。バンドから、ファッションショー用の音まできれいに聞こえるように。
でも、ディレイをかける設備はなく、いかに、聞きやすい音にするか、音のずれを感じさせないようにするか...に高校の頃は、苦心してました。
最近はPCなどでも、音楽が聞けるようになり、もっぱら、簡単なヘッドフォンで聞く日々でしたが、
266.jpg

'78年製、テクニクスGM700が手に入りました。
当時、システムで20万円程の物。もう今から27年も前の機材。
今の家庭用コンポには無い感じの音が出てきます。
SL-1200ではありませんが、D.Dターンテーブル、DCアンプ、リニアフェイズスピーカー、古くても、これはいい音でないの?、という感じで、うれしい日々。
久しぶりに、でかい場所で、がんがん音を出したくなりました。
  1. 2005/06/16(木) 09:16:07 -
  2. CD・音楽 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


がく

05 | 2005/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search