FC2ブログ


がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシーやC56に乗るがく




48時間




テレビで48時間を久しぶりにやっている。
初めて見たのは、中学校の頃だったような気がする。
ロータリー人生的には、出てくる車が気になる。
ポルシェ356!!にマリブ!?アメ車には詳しくないけど、正直かっこいいと思う。興味深いクルマがたくさん出てくる。
アメ車好きにはたまらない時代なんじゃないでしょうか!?無意味なテールスライドもいたるところに出てくるし。
中坊のころは大人って!!!イカシてんなー、かっこいいと思っていた話は....!?
VIVA'80s
スポンサーサイト



  1. 2005/06/02(木) 23:16:16 -
  2. ラジオ・テレビ -
  3. トラックバック:1 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



新技術




マツダ 溶接で新技術

詳しくは↓
http://www.mazda.co.jp/publicity/ 1820号


マツダは、RX-8より、アルミ同士の溶接で、摩擦ピンにより発生する熱で溶接する手法を用い、電気を使用した従来の手法より電力の使用を1/80程度低減していた。(マツダ技報 No.21、参照)
264.jpg

      [RX-8、リアドア部の溶接部]
今回は、アルミと亜鉛めっき鋼板との接合が可能になったとしており、ロードスターのトランクリッドなどから、採用されるという。
コスト削減と剛性確保、が簡単になると見られ(がく的には)、車体の軽量化と剛性確保がより簡単に、両立できるはずである。
シャーシの骨格部分には鋼板、そのほか外板などには、アルミを現在よりも使用しやすくなるはずである。
なお、異なる、金属同士の接合部分に発生しやすい錆も亜鉛めっき鋼板が相手の為発生しないという。
ホンダは、オールアルミのスポーツカー、ハイブリッドカーを生産しているが、この技術を用いれば、さまざまな車種の軽量化はもちろん、次期RX-7は剛性確保の上での軽量化がよりいっそう進むはずである
6/2 RX-8画像追加
  1. 2005/06/02(木) 13:16:15 -
  2. マツダ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



ロータリースピリット 比較




一週間前に家に届いた、ロータリースピリット
良く出来てます
本当の13B、FCとHC用(ルーチェ)の13Bターボと比較しました
261.jpg

各部の長さを測ると確かに1/5です
実際は、もう少し小さく見えるんですけど、ようわからん
  1. 2005/06/02(木) 12:44:36 -
  2. ロータリーエンジン -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



東京稲作事情 田まわり01




どうなんでしょうか?
なんだか少し元気が無いような...
やっぱり、馬鹿苗?
263.jpg

うまく育ってくれぃ
  1. 2005/06/02(木) 12:23:49 -
  2. 農業 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


がく

05 | 2005/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search