がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシー、ファミリアバン、C56に乗るがく




裸足の女神




裸足の女神 KARA・KARA
私が、小学生の時、初めて買ってもらった、シングルCD。
昔は、今より、ビーイングの曲が、がんがんがんがんCMで流れていて、もっと強く抱きしめたなら、とか、短い時間でインパクトのある曲が多かったですが、その中で、一番インパクトがあったと感じたのが、B'zの裸足の女神。
「がくちゃんorがくがB'z??」って言われた頃聴いていたCD。
高校三年生の時の体育祭の入場行進曲は、無理やりこの曲にして、古ぃーよと言われました。
渚園の後のB'zのライブには行って無いですが、今後もB'zが活動する限り、やって欲しい曲です。
スポンサーサイト
  1. 2006/07/13(木) 22:01:29 -
  2. B'z -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



Pleasure'91




Pleasure'91
PLeasure'91。
B'zには多かった、A面曲じゃ無いのに、かなり良い歌の一曲。
今は、卒業シーズンですが、卒業時の歌が、さよならなんかは言わせないだとすると、卒業後数年経った時の歌。
LIVE-GYM Pleasureシリーズの開催や、ベストアルバム、Treasureでは、'91のその後が歌われていました。
でも、台風の渚園では、私が行った日は、カットされました。残念!!
また、いつか、LIVEで聴いてみたい一曲です。
  1. 2006/03/10(金) 06:04:12 -
  2. B'z -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



TIME




'92年リリース、BLOWIN’の2nd Beat、TIME。
この年にB'zがリリースしたもう一枚のシングル、ZEROの2nd Beatである、恋心、と共に、B'zの中で相当有名な2nd Beatです。
A面曲として発表されておかしくないほどいい曲です。
そして、B'zのファンアンケートだと長らく上位に食い込んでいた曲。
当時のB'zは、そういった曲が多々ありました。なんで、これがシングルじゃないの??という感じの曲が。

TIME。
さよならなんかは言わせない、と並んで海の情景が目に浮かぶ一番目を持つ曲。
いまのB'zとは違う音で作られています。
軽めだけど、みっちり詰め込んである音に仕上がっています。
ちゃかちゃかした音がいやな人はいやなんでしょうけど、軽めのメタルとかが好きな人にはたまらない音だとおもいます。
そんな音に、日本人が好みそうなメロディアスでちょっと歌謡曲チックな展開を持ってくる。
私、たしか、中学生になってから、松本孝弘のB'z ビート ゾーンで初めて聴いた覚えがあるんですけど、本当に吸い込まれるような感じでした。
詩の中身も、この歳になるとよくわかるような気がしてます。
この辺りのB'z、本当にいいですね~。
また、ライヴでやってくださいね~!!
  1. 2005/11/17(木) 06:51:03 -
  2. B'z -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



The 7th Blues




B'z The 7th Blues


’94年発売のB'zにとっては、7枚目のフルアルバムです。2枚組み。定価5500円、にもかかわらず、170万枚近く売れた...
発売当時、その頃のB'zの主流といえるファン層からはハードすぎる...とのことで、いまいちな人気だったアルバムだそうです。
私が、リアルタイムで聞き始めたB'zのアルバムは、ここから。
中1当時は、これのダビングテープをヘビーローテーションしてました。
特にお気に入りは、赤い河、闇の雨、春、破れぬ夢を引きずって、などなど...

この頃のB'z、ぱくり論争の真只中。
破れぬ夢を~は、バン・ヘイレンのRight Nowに似ていると言われ、実際、雰囲気も前奏も、似てますが、似て非なるものと私は思ってます。
AメロとBメロ、結構リフが変わっていたり、2回目にサビに入る前のギターなんかは、ヘイレンさんとは違うキレを聞かせてくれてます。
曲の進行はバンヘイレンとかぶる雰囲気はありますが、リフなどは、むしろボンジョビっぽい、どこどこした感じもありで、まじめに凄いプレーです。ライヴで聴いてみたい!!!

B'zの凄いところ、あるいは凄かったところ、これ、日本人の心に響くメロディーを作り上げていたというところだと思ってます。
洋楽っぽいけど、歌謡曲でもある!!みたいな。松本氏の根底はやっぱり、日本なのでしょう。
個人的には、今のB'zにはない世界で、IN THE LIFE → RUN、と来て7th、の流れが、最も聞きやすい感じでございました。

'06/3/5 加筆
  1. 2005/07/12(火) 11:44:00 -
  2. B'z -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



B’z 「海猿」 OCEAN←OPEN ARMS ?




私、がくは、小6のときの裸足の女神以来、B'z好きです。
昨日、B'zの新曲の報道が始まったようです。

http://movies.yahoo.co.jp/m2?ty=nd&id=20050608-00000030-sanspo-ent

巡洋艦内で、PVを撮るとか、いつもながらスケールが、でけえぇと思わされました。
そして気になる一文が...要約すると、
ジャーニーのオープン アームスにも負けない楽曲を依頼された!?
オープン アームスと言えば、エルグランドのCMとか、マライアキャリーもカバーした、あれ??海猿-映画に対抗して、B'zいう訳ですね?
今のB'zに、そういうのって出来るんだろうか??と私は思いました。
聞いてみると、JOURNEYのあっさりして線の細い感じというよりかは、AEROSMITHとかの方っぽい気が...次郎のテーマとか、あんな感じの。でも、今回のは、昔のB'zが好きな人も聞ける曲っぽいとおもいました。良かった良かった!
  1. 2005/06/09(木) 10:40:52 -
  2. B'z -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



さよならなんかは言わせない




一応、ファンクラブ入ってます。
台風の渚園にも行きました。
でも、最近は浜田省吾の方がお気に入り。歳とったからかな?
自分の中で、好きなB'zって、さよならなんかは言わせないとか、裸足の女神とか、赤い河、破れぬ夢を引きずって、TIMEとか、あのあたりなのです。
もう一回、熱くなって見たいものですな。

さよならなんかは言わせない、って本当にすごいと思ってた。
人間なら、誰しもそういう経験や思いを感じると思って。
さてはて、いつ、また経験できる事やら。
  1. 2005/06/01(水) 21:54:19 -
  2. B'z -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


がく

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search