がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシー、ファミリアバン、C56に乗るがく




谷保、うさぎ屋 銀静へ




プレマシーでうさぎ屋銀青さんへ
七五三の事で、みんなでご飯を食べに行く、少しリッチに行こうじゃねぇか、
という事で御店選びです。[義親様たち、ぜひご覧ください]
国立にミニSLの助っ人機関士をしに行っている時に道に迷いたまたま目つけた、
谷保の「うさぎ屋 銀静」というお店に行きました。

子供は「ルーチェで行きたい!!!」なんて嬉しい事を行ってくれてましたが、
雨なのでプレマシーです。

裏門を潜り
駐車場があるのは裏門なので、裏の門をくぐり、
うさぎ屋銀静さんのお庭を行く
離れの横を通り、
うさぎ屋銀静さんのホール
ででーん。
樹齢1000年の大木を使用したらしい机。
うひゃー。

お部屋から見える枯山水
個室から見える枯山水。
うさぎ屋銀静さんの個室から見えるお庭

一番安いコースを食べた訳ですが、満腹。
魚もおいしいし、本当にびっくり。
お酒が合いそうなメニューでした。
松茸御飯
松茸ご飯、出ました。
刺身があまり好きでないカミさんも
「美味しい、おいしい」との事。
俺的には、
「うまい、うますぎる」です。義親様、ここに決めます。

毎月メニューが変わるそうなので何が出るのか??お楽しみ~です。
こうご期待。
スポンサーサイト
  1. 2017/09/16(土) 23:55:33 -
  2. マツダ プレマシー -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



夏休み、マツダのミニバンで移動した夏




マツダプレマシーで移動
今年、マツダのラインナップから消えるプレマシーで、
今年の夏を楽しみました。
プレマシーにモペットも載せて

鞍ヶ池公園の屋内アスレチック
十日町から移動した、愛知では、
鞍ヶ池公園の屋内アスレチックで遊ぶ
豊田市にあるトヨタグループの財力で作られたと思われる公園、
鞍ヶ池公園の植物園
雨天でも遊べて、すべてがタダの植物園やアスレチックに行ったりしました。
滝つぼの中 鞍ヶ池公園
王滝渓谷
天気が悪く海で遊んだり川で遊んだりはできなかったけど、
トヨタのすごさが少しわかった気がしました。
古い街並みとモペット
そして、前にも書きましたが、
他所はやらないような事をするマツダの事がより好きになった気がした訳でございます。
七輪で焼き焼き
9連休、楽しかった。今日から仕事を頑張ろう。
  1. 2017/08/21(月) 00:36:21 -
  2. マツダ プレマシー -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



白馬へ[家族で汽車と自然を楽しむ週末]




トーマス 白馬ミニトレインパークにて
2017 OSLCS+JCFC合同白馬運転会に行ってきました。
今年はトーマスです。
初めて石炭で動かないマシーンのみで行ってきましたが、
端的な感想を述べさせていただくと、
次行くときはやっぱり、
ログとC56
蒸気で行ってこそ、と思いを新たにしました。
動画関係は来週までに何とかしようと思っているので、その時にも少し詳しい事を書きます。
今日の日記は家族と過ごす白馬の週末についてです。
と書いておいて、結局汽車の話なんですが、
なぜ?トーマスなの??という事についてです。
ハッキリ言うと2歳児の集中力では汽車は一日楽しめないのです。
したがって、運転会以外でも白馬を楽しむ、こういった目的で、今回のマシンはトーマスだったのでした。

プレマシーと白馬ジャンプ台
運転会以外の事。
これは白馬のジャンプ台。
白馬に来ると毎回、
マツダプレマシーと白馬のジャンプ台
乗って来た、
マツダファミリアバンと白馬ジャンプ台
マツダで、
マツダスクラムと白馬のジャンプ台
写真を撮るのが、
マツダタイタンダッシュとジャンプ台
恒例、
マツダボンゴと白馬のジャンプ台
な訳ですが、
RX-8と白馬のジャンプ台
今回は、
マツダルーチェと白馬のジャンプ台
初めて、
アクセラと白馬のジャンプ台
ジャンプ台に登ってみました。

白馬のジャンプ台 もういかなくていいか
風は最高に気持ちいいですが、
足元がスケスケ、地上まで数十メーターある階段を登るのはもう御免.....
白馬のジャンプ台 怖い
原田さんや船木さんはすごかったんだなぁ~
最近だと、さらちゃんか。
いやはや脱帽。しょんベンチビルかと思った。

白馬エポックのコテージ 外観
ここ5年位、ほぼ毎年泊めていただいているエポックさん。
長野五輪の時にカナダが借り切ったというくらいの場所です。
築20年以上経ったログハウスですが、本当に最高。
ログコテージの室内

エポック・白馬ミニトレインパークの湯
今回は、始めて貸切風呂に入ってみましたが、脱衣室も、
浴室も本当に最高!!!素晴らしい。人工温泉とほぼ露天になる風呂、最高。
雪のある冬にはいりたぃ!!!
ほぼ露天


白馬で肉を焼く
今回も夜は肉を炭で焼く。
白馬ミニトレインパークのBBQスペース
以前のように団体ではないですが、小人数もまた楽し。
真鍮のカーバイトランプと七輪

和味亭のテラスにて
今回は、CMにも出てきた出光の傍、和味亭にて、昼食を頂きました。
白馬 和味亭から見える景色
蕎麦も景色も本当に最高!!!
出汁も天ぷらも本当にうまし。
和味亭のテラス
また行きたいなぁ~

白馬の朝
白馬の人々は毎朝このような景色が拝める訳で、うらやましい。

ニレ池で釣
前から気になっていた白馬にある、ミニトレインパークからも近いニレ池にて、
釣を楽しんでみました。
助けましたが、子供、2尾釣りました。
ニレ池で釣れた
「かかった!かかった~」の声が頼もしや
ニレ池で釣を楽しむ


プレマシーと白沢洞門
最近はまっている、白沢洞門。
白馬が見える
今年も最近でした。
白馬の見える崖から


鬼無里の蕎麦屋さん
白馬から、山一つ越えた、鬼無里。
前から気になっているお蕎麦屋さん。
今度行っていたいぞ~。
鬼無里の鄙びたお蕎麦屋さん
白馬のある長野県北部。
東京に比べ素晴らしい景色、空気、本当に最高です。
しっかり仕事をして、また行きたいぞぉ~。
  1. 2017/05/28(日) 23:01:06 -
  2. マツダ プレマシー -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



雪道を行く・冬の日本海を眺めて




雪山が晴れた
冬の十日町。松代にある芝峠 雲海という温泉宿からの展望。
雪の山の夜明け
この景色を見るためにはヘリなどの空を飛ぶ道具がつかえない限り、
どうしてもご覧のような雪道をいかなければいけません。
極上のスノーロード

雪道を行くプレマシー
という事で昨年の4月から我が家のファミリーカー役を全うしてくれている、
プレマシーで雪道を思う存分堪能してきました。
雪道を行くプレマシー 松代の山道にて

日本海とプレマシー
日本海へも。
荒れた日本海とプレマシー
雪が止み、青空の見える一瞬でしたが、
海は荒れ荒れ。
日本海岸とプレマシー
日本海を眺めて。
荒れる日本海を見て、極上の雪道を家族でドライブ、楽しかった~でした。
日本海を見て佐渡を指さす娘
  1. 2017/02/20(月) 00:02:56 -
  2. マツダ プレマシー -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



秩父鉄道の初詣号




今日の脚、プレマシー
今日のお供はマツダのプレマシー。
家族を乗せて、秩父へ。
道中、やたら道が凍っていてひやひや。
霜にしちゃ分厚いねぇ、と思っていたら明け方に粉雪が舞ったらしい。
そりゃー、寒い訳だ。
三峰口の駅舎
久しぶりに来た三峰口。
三峰口の屋根の下
良い駅舎です。
駅前食堂
駅前も良いです。
三峰駅前の食堂
三峰神社への玄関口なのでまた活気がある。
お顔をだして

さーのります、三峰口
三峰口に車を置いて、皆野という駅に行きます。
頂いた時刻表
時刻表を頂いて、自由に使ってくださいとのこと。優しいねぇ。

秩父ジオパークトレインにのって三峰口から皆野まで
ジオパークトレインでした。

皆野駅の一コマ
皆野駅でSLを待ちます。
駅のベンチと看板
秩父鉄道は武甲山近辺で採れる石灰岩を太平洋セメントの工場へ送る貨物輸送がまだある鉄道で、
交換駅も随所にあり、JRのような合理化はまだ影ぐらいしかない鉄道です。
そのためか???活気を感じました。
現役の古き良き駅、という感じでした。
合理化ということはそれは会社経営側からすれば普通なんでしょうが、
行き過ぎるとホント窮屈。
大昔の国鉄のような身内に超甘い、ユルユルさだとそれは会社がおかしくなってしょうがないんだと思うんですけど、
今日見た秩父鉄道位のおおらかさがあると、働く人も笑顔、
乗る人も笑顔、みんな幸せ、そんな事を新年早々感じました。

皆野駅の改札
皆野で30分近く待ち時間があるので、ぶらり。
皆野駅前のたたずまい
もうすべてが
いい感じ。
うなぎやさん
うなぎやさん。
結婚相談所の看板
エンゼル会、結婚できるのかなぁ??
汽車の画が
ホームへの踏切は汽車型。
皆野駅

良い看板
お醤油の会社らしい。
頂いたもの
SL乗車記念の物。
SLきたきた
サー汽車が来ました。
皆野駅のやって来たC58 363
C58 363です。
カーブを行くSL
車内でお昼を食べつつ。
C58が補機なしでゆっくりゆっくり坂を上っていきます。
ウハウハ。
汽車を見つめる子供
そして三峰口。
整備中、SL
新春早々いい旅でした。
石を石炭だと思う子供
  1. 2017/01/02(月) 23:55:32 -
  2. マツダ プレマシー -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



マツダプレマシーと'16




マツダ'スカイアクティブ'プレマシー CW型
我が家にアクセラの代わりにやって来た、
プレマシー。
モデル末期ですが、わけあってプレマシーでした。
AT免許のカミさんがアクセラ運転できない.....という悲劇によって、
アクセラわずか2年少々でサヨナラ、という。
残念だけどしょうがない。こういう荷物も乗る車なら、
ボンゴみたいな完璧な1BOXのほうがいいんですが、
それは叶わず。一生乗ることはないと思っていたミニバンに乗るようになりました。
プレマシーでデイ キャンプ
楽しむしかありません。
プレマシーと苔むした岩肌
東京の奥座敷に行ってデイキャンプ。
スライドドアのプレマシー、なんかいい感じ

プレマシーと山中湖畔の桜の木
FSWにも行きました。
プレマシーとFSW

CWプレマシーにC56を乗せたところ
プレマシーにミニSLを乗せたところ。
マツダCWプレマシー、芝生の上にて

マツダCWプレマシーと小さな鉄道
GW,よくできたレイアウトにお出かけ。
プレマシーにC56129という汽車を乗せる

プレマシーと雪国の春
十日町にも行きました。
プレマシー、パドルシフト
パドルシフト、楽しいです。
マツダファミリアとマツダプレマシー
さてプレマシーも来て、スクラムまで来たわけで、
ファミリアとプレマシー、リアビュー
いよいよファミリア退役まじか。
さびしいですがこれも家族の為。
ファミリアとプレマシー
プレマシーはベースがアクセラとアテンザですから、
ファミリアはプレマシーのご先祖様。
30年近くの間に車って外見がこんなに変わるんだなぁ、という事を実感する一枚でした。

マツダ プレマシーと白沢峠
今年は白馬にプレマシーで行きました。
マツダ プレマシーと白沢峠

マツダプレマシーと白馬のジャンプ台
白馬って本当にいいところです。
マツダプレマシーと白沢峠

プレマシーと白馬の新緑
緑が気持ちいい。

マツダプレマシーと三輪
新緑の中で休日を過ごして本当に楽しかった。
マツダプレマシーとログと

プレマシー依佐美の鉄塔跡と
東海・中部地方にも
プレマシーと佐久間発電所

マツダプレマシーと男川やな
ミニバンです。しかももう基本設計は10年も前の車です。
でも走って楽しいです。
ということで自然と山の方によくいきます。
CX-5とプレマシー

フキプランニングFK310 LAⅢ プレマシーで十日町へ
夏の十日町に家族とモペッドを載せていきました。
バンって本当に便利。
プレマシーと土市駅
4月から夏までに7000kmほど走ってしまいました。
楽に走れて助かります。
マツダプレマシー 星峠にて

マツダプレマシー新潟の田んぼにて
飯山線沿線にも何度も行って。
大河とプレマシー
家族との時間を本当にいい方向に演出してくれて助かる、
プレマシー、来年もよろしく。
  1. 2016/12/27(火) 23:55:43 -
  2. マツダ プレマシー -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



出発準備完了




いまから約4年前、あの時は、
ルーチェ、丑三つ時
ルーチェでした。
マツダルーチェと秋山郷の鳥甲山


今回は、
出発前のマツダプレマシー
家族の要望ありまして、また、ルーチェがマツダ100周年時に、
綺麗な状態で走れるようにプロジェクトによって、
さーて、向こう20年間、走り続けるために
こんな状態になっちゃってるので、
出発前のプレマシー
プレマシーで行きますが、
これから2日間、本当に楽しみです。

  1. 2016/10/19(水) 00:09:12 -
  2. マツダ プレマシー -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



夏休み子供と過ごす時間




家族でプレマシーの車内を掃除2016
夏休みです。
今年は家族と過ごす時間も充実。
秋は収穫に飯山線のSLに、仕事も来年度に向けて超忙しくなるらしいので.....
タイヤを洗う娘
家族で我が家のマツダを掃除しました。
プレマシーとスクラムのお掃除、おそうじ。

家族で花火2016日野
十日町でも花火をしましたが、日野でも、花火。
家族で花火2016日野

八王子の殿入中央公園の巨大滑り台
八王子の高尾の近くにある、無料なのに、
100mを超す巨大滑り台にも挑戦。
八王子の殿入中央公園の巨大滑り台にて
迫力ありまくり。
殿入の滑り台、完滑

子供と火熾し
火熾しをして、
あゆを焼く
あゆの味を覚えて。
子供とアユを焼く

田んぼとスクラムバン
田んぼの見回りにも行きました。
美味しいお米が採れるといいです。
出穂した稲に触る子供

谷保天満宮にて
夏休み最後は、隣町、国立の谷保天満宮へ。
大勢の人々
東日本最古の天満宮なんだそうで、境内は外と違いだいぶ涼しいです。
新幹線
毎年、年3回、お手伝いしている国立の方が実施したいた、
ミニトレインにお邪魔。乗る側として楽しませていただきました。
トーマスに乗る

16年8月21日の夕焼け
自分の今年の夏休みは8/13から8/21までの9連休でした。
いろいろあった。
子供は一寸たくましくなったような気がします。
楽しい楽しい夏休みでした。
さて今週は飯山線のSLに関する正式発表があるはずです。
楽しみ~!!
20160821の夕焼け
  1. 2016/08/21(日) 23:55:16 -
  2. マツダ プレマシー -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



十日町のお盆を楽しむ




マツダプレマシー 星峠にて
十日町のお盆。
星峠にて
今年も行きました。
プレマシー、星峠にて
今年の相棒は、マツダプレマシー。
真夜中のフキプランニングFK310 LAⅢ 
プレマシーの中に、家族と、フキプランニングのFK310を乗せて。
理由は家族で飯山線に乗るため、でした。
飯山線、交換駅が十日町-森宮野原間には既になく、
午後の列車に乗れば、十日町-森宮野原間が簡単に往復できるんですが、
それ以外の時間帯では帰ってくるには半日近く要する時間もあり、
そんなこんなで、バタバタ自転車の力を借りたのであります。
飯山線 土市駅より

飯山線より信濃川を
飯山線の車窓、最高。
朝の飯山線にて

飯山線の車窓 田んぼ
飯山線の始発列車に家族で十日町市内の土市から津南まで乗りました。
飯山線の車内
日本の原風景の中を日本一長い川である、
飯山線の車窓 信濃川
千曲川・信濃川に寄り添いのんびりゆったり。
信濃川鉄橋を渡る
来週にあるであろう、
プレマシーと土市駅
秋のSL列車の正式発表がますます待ち遠しくなる素晴らしい景色でした。
飯山線 林間を走る

妻有のある風景
十日町で数日間過ごした訳ですが、朝が本当に気持ちいい。
津南駅とスクラム
津南の松屋さん、お菓子屋さんでもありベーカリーでもあり。
お盆でも7時から営業されてました。
すごい。
津南の松屋さん

十日町 諏訪神社にて
十日町の市内を見下ろせる高台にある、諏訪神社。
十日町 諏訪神社からの眺め
最高にいいながめです。
芸術みたい。
芸術祭 パスポート
芸術祭も見て、
大地の芸術祭りを見る

十日町、街の景色
美しい景色を拝み、
十日町、朝の一コマ
温泉にも入り、
千手温泉
うまいもんと酒を飲み。
羽根川で水遊び
すぐ近くを流れる羽根川で水遊びをして。
羽根川で砂遊び
命の洗濯をした気分です。


榛東の公園
帰りには群馬で知っている方々もやってらっしゃる公園によって。

BR24,林間を行く
汽車に乗せてもらいました。
C50

新幹線が往く
新幹線のびのび走る。
林間を往く新幹線
休みは次の日曜まで。
幸先のいいお盆休みで気分のいい、十日町のお盆でした。
  1. 2016/08/15(月) 23:55:55 -
  2. マツダ プレマシー -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



東海を楽しむ




最近、本当に行動がおじいさん。
休みの日はとんでもなく早い時間に目が覚める。
プレマシーと佐久間発電所
という事で2時に日野を出まして、幼馴染のいる佐久間によって、
連谷到着
愛知の連谷という、棚田の里に寄ってから、
アイシンさんやデンソーさんのある場所へ。
連谷の棚田

山のおじいちゃんの小川にて、アマゴつかみ取り
そこから再び出発して、
山のおじいちゃんで遊んだあとで、

腰掛山荘の水車
作手の奥、というか豊田の奥の、
三河湖の腰掛山荘という場所に行きました。

腰掛山荘、開業は昭和46年。
腰掛山荘開業時のメニュー表
開業当時のメニュー表。
大自然に抱かれて、良いなぁ。
腰掛山荘の釣ができる渓谷
ここもBBQが出来て釣りもできるそうな。
良いなぁ。

CX-5とプレマシー
数年前、トヨタのハリアーからお乗換え頂いた、CX-5。
元気そうで何よりでございます。

刈谷にはフローラルガーデンよさみという、
旧軍の長波送信所の跡地にある公園があります。
でもって5インチのレイアウトがあり、
月の第一日曜にはクラブ員の皆様が列車を走らすというので、
乗りに行ってみました。
ミュー故障??
この日だけは無料らしく、始発列車が機材故障?
で大変そうになっていたので、乗るのはまた今度、にしましたが、
良いなぁ。
中京地方、大都会もあれば、大自然もあり、
その距離がとても近く凝縮、ぎゅーとしている感が、
本当にいいなぁ、でした。
名鉄7000系 依佐美にて
男川やなの見学をしてみたり、
いい旅でした。
DSC04221va.jpg
  1. 2016/07/04(月) 00:14:44 -
  2. マツダ プレマシー -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


NEXT

がく

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search